受賞・実績

【前田ゼミ】知財活用スチューデントアワード ゼミ生の声 [2019年12月31日(火)]

 皆さん、こんにちは。と申しますか、年末ぎりぎりの投稿、失礼します。
 自称PR担当教員の前田です。

ゼミ生が発案した製品の狙いが記載されたプレゼン資料の1枚

 当ゼミ生が「2019年度 知財活用スチューデントアワード」(西武信用金庫主催)で最優秀賞を頂いたことは、以前にご報告致しました。今回はゼミ生9名のコメントをご紹介致します。ゼミ長と副ゼミ長以外は50音順です。

 鈴木亜未(ゼミ長):知財アワードの趣旨は大手企業の開放特許を活用し、学生の視点からこれまでの市場にない斬新な商品アイデアを創出することです。私たちはこのアワードに7月から取り組み、案を練ってきました。
 今回私たちが発案したのは、富士通株式会社様の開放特許である非接触バイタルセンサーを用いた乳幼児睡眠安全サポート機器”タピルス”です。
 プロジェクト開始当時は今とは全く違う案を考えていたことや、現在の案に辿り着いてからも実際に保育所に赴き現地で調査を行ったりと、慌ただしくいろいろな活動を行っていました。自分達の思い描いている理想型に辿り着くことができるのか毎日不安な気持ちで取り組んでおりましたが、様々な方々のご協力、ご指導のおかげでこのような素晴らしい賞を手に入れることができました。この場を借りて御礼申し上げます。

 杉田夏葵(副ゼミ長):私が担当した事業計画立案部分は分からないことが多く、担当教員や他のゼミ生からの助言のおかげでなんとか完成させることができました。今回学んだことをこれからに活かせるよう精進していきたいと思います。お忙しい中ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

 大塚優姫:たくさんの課題にぶつかり、不安もありましたが、実際に現場を見に行き、企業様へヒアリングをするなど、とても貴重な経験ができました。このような賞を頂けてとても嬉しく思います。協力して頂いた方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

 小田林葉月:話し合っては新たな課題が見つかり、試行錯誤を繰り返していた約5か月間でしたが、多くの方々のご協力により最優秀賞を受賞することができ、感慨無量です。今回学んだことを生かし今後も精進して参ります。

 神山桜:今回お世話になった全ての方に感謝致します。また、コンテストを通して、事業計画の提案をする面白い経験ができました。実際に企業様にヒヤリングしに行くために、特許の資料を必死に読み込み理解しようと努めた事は忘れられません。

 川端杏雪:0から案を作り上げることは本当に難しく、不安もありました。しかし、話し合いや企業様へのヒアリングを重ねることでより良いものになっていく感覚を掴め、自信を持つことができました。この経験が自分の糧になると思いました。

 佐藤祐:みんなで考えたものが最優秀賞という素晴らしい形で評価されてとても嬉しいです。ゼミのみんなはもちろん、ヒアリングに協力してくださった方々のサポートのおかげです。このアワードで学んだことを活かし、これからも頑張っていきたいです。

 曽我眞衣:多くの方の協力のもと、最優秀賞という素晴らしい賞を頂く事ができました。何度も話し合いやヒアリングを重ね、時には現場に足を運び、苦労した部分もありましたが大変貴重な経験でした。この経験を活かせるよう、これからも頑張っていこうと思います。

 山田愛華:このような貴重な経験の機会を与えてくださった方々に感謝致します。難しい課題などにもぶつかりながら、様々な視点から見ていくことの大切さを学ぶことが出来ました。最優秀賞を頂いたからには、これからも自分に出来ることを考えて行動に移して行きます。

【前田ゼミ】知財活用スチューデントアワードで最優秀賞受賞! [2019年12月15日(日)]

 みなさん、こんにちは。
 自称PR担当教員の前田です。
 本日は、当ゼミ生(3年)の活躍を報告させてください。
 12月14日に機械振興会館(東京都港区)で、「2019年度 知財活用スチューデントアワード」(西武信用金庫主催)が開催され、当ゼミの3年生の事業アイディアが最優秀賞(1校、優秀賞が2校)を受賞しました。
 このアワードは、以下の目的で毎年開催されています。「産学官金の地域支援機関が連携し、学生に大手企業等の開放特許活用によるアイデアを募集・ブラッシュアップ し、これまでの市場にない斬新な商品アイデアを創出する。そのアイデアを、各地域で支援機関が連携し中小企業に提供し、商品化を図るための活動を行うとともに、地域で選ばれた学生の商品アイデアを発表するアワードを実施する。アワードを実施することで、更なるアイデアのブラッシュアップと中小企業のマッチング機会の拡大を狙う」。
 単なるアイディアフラッシュだけに終わらせることなく、事業化のために必要な企業へのヒヤリングや市場調査を行うことこそ求められる、質実剛健とも言えるアワードです。
 当日は、東京、茨城、静岡、長野の予選会を勝ち抜いた計10チームがプレゼンテーションを行いました。当ゼミの3年9名(ゼミ長の鈴木亜未、副ゼミ長の杉田夏葵と大塚優姫、小田林葉月、神山桜、川端杏雪、佐藤祐、曽我眞衣、山田愛華)が、今年7月から練ってきたアイディア(富士通様の開放特許である非接触バイタルセンサーを利用した、乳幼児の見守りシステム)で、おかげさまで冒頭の賞を受賞できました。
 西武信用金庫の皆様初め、関係の皆様のご尽力、ご指導に、この場を借りて感謝致します。
 学生たちの苦労話や喜びの声は、別の投稿でお知らせいたします。

【今井ゼミ】Google課題解決プロジェクト [2019年07月23日(火)]

 今井ゼミ3年生は、マイナビ主催「課題解決プロジェクト_season3 」に参加、グーグル合同会社から出題された「AIを活用し、あなたが関心のある社会課題の解決策を提案してください」というテーマに取り組みました。

Team NewYorkerの提案(抜粋)


 マイナビの髙谷朱美さんから3回のレクチャーを受け、個人やチーム単位でさまざまなアイデアを提出したところ、このほどチームNewYorker(吉澤悠香さん、小島葵さん)が上位10チームに入選しました。

 食品の無駄(フードロス)を家庭からなくすため冷蔵庫の役割に目をつけ、AIを活用した食材の管理と活用を提案しています。詳しくはこちら

 このプロジェクトでは、これからMFC学生会員のみなさんに入選作品をご覧いただき、人気投票で「学生が選ぶAI課題解決企画」TOP3を決定するとのこと。
 みなさん、ぜひご覧になってみてください。

 今井ゼミでは、日本や世界の20代が感じている社会課題を英語で発信するサイトPlatteを運営しています。社会の問題に目を向け、多くの人々と共有するには、まず自分の身の回りの出来事を社会の問題と結びつける「視点」を養うことが不可欠です。そのため、今井ゼミではこのような学外のビジネスコンテストの機会を利用して、アイディエーション(発想を形にする)や論理性の強化に挑戦しています。

MOS検定、50名がWord、Excel両方合格 [2019年02月27日(水)]

MOS検定試験の様子。集中講座を受けた学内の教室で受験できます

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。
 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)検定資格取得のための集中講座が終了しました。1期と2期に分かれて、1期は2月19日、2期は2月26日に検定試験を実施し、合計でWord2016は53名、Excel2016は50名、計103件の合格という結果になりました。合格率はWordが94%、Excelは88%、両方合格は50名でした(うち2名は会計ファイナンス学科の1年生)。嬉しいことに、両方とも満点合格者が1名(1年)いました。
 合格者の皆さん、おめでとうございます。PCで様々な作業を効率よくこなせることは、大事なスキルです。このスキルを活かして、今後の勉学等を頑張ってください。

【湯川ゼミ】ビジネスアイデアコンテストで優秀賞 [2018年08月05日(日)]

 湯川ゼミの近藤由彩です。
 私たち(猪瀬友花、近藤由彩、原菜摘、松村佳琳、三ヶ島麻祐子)はゼミ活動の一環として「第2回大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」に参加しました。

 コンテストの本選は応募総数65件から選考を勝ち抜いた12大学15チームによって競われ、参加企業11社12名の審査員の前でプレゼンテーションを行った結果、優秀賞を獲得することができました。

 CSV(Creating Shared Value)は、企業が「社会と共有する価値」を生み出すことで、社会的課題の解決と同時に利益をあげ、持続可能な成長に貢献する取り組みです。私たちは、利益を確保しながら「食品ウェイスト(Food Waste)」をゼロにするアプリを提案しました。誰にでも利用可能なテクノロジーを使って、世界を少しでも良くできたらと思って考えました。 


 優秀賞の文字がスクリーンに映し出された時、正直私は信じられずにいました。壇上でトロフィーを受け取った時でさえ、何かの間違いではないかと思っていました。
 
 湯川ゼミのメンバー五人、全員がコンテストに向けて一ヶ月以上準備に勤しみました。もちろん全力で取り組み、やれることは全てやりました。それでも、他校のアイデアの素晴らしさ、企業分析の綿密さ、プレゼンスキルなど、様々な面で自分たちの詰めの甘さを自覚させられました。結果発表の前から私は、今後のゼミ活動で今回の経験をどう生かそうかと、すでに『次』を考えてしまっていました。
 
 しかし受賞の驚きが過ぎ去ると、今回の受賞は、企業の方々が私たちのアイデアを評価してくださった結果なのだと一種の感動を覚えました。メンバーの頑張りをずっと見てきた私は、できることなら誰かにその頑張りを評価してもらいたいという思いも抱いていたからです。こうして優秀賞という形につながったことはとても意義のあることでした。

 コンテストをきっかけに、メンバーそれぞれが長所を生かして準備をする姿を見られたことは、賞をいただけたことと同じくらい、私にとっては価値のあることです。ビジネスに関することだけでなく、今後の自分に影響するだろう多くの学びを得ることができました。

 なお、私たちの受賞は大学の広報にも記事にしていただいています。

「ふるさとハウス」が、学生ビジネスプランコンテストでアイディア賞に選出されました [2017年02月13日(月)]

こんにちは!3年の藤野真理です。
わたしは今、現代ビジネス研究所のベトナムプロジェクトに参加しています。私たち(3年・廣沢明佳里、1年・橋本真菜子)が一から考え出したビジネスプラン「ふるさとハウス」が、学生ビジネスプランコンテストでアイディア賞に選出された事をお知らせ致します。

表彰状
2020
年の東京オリンピックに向け、留学生を含めた訪日外国人の数が年々増加しています。得に、訪日ベトナム人は2015年通年で前年比49.2%増の18万人を達成し、今後も増加が期待されています。そこで、「ふるさとハウス」は、自分たちと同世代である留学生をターゲットに絞り、シェアハウスビジネスを練り上げました。

ベトナム人留学生向けにアンケートを実施したところ、家賃、生活費、アルバイト等のお金に関する問題が多く挙げられました。また、その問題の根底には、「親に心配をかけたくない」といった、ベトナム人の人柄が深く関わっていました。そこで、私たちはシェアハウスの運営だけに拘らず、ICTを利用したベトナム語教室を開催し、アルバイトを採用し、RA制度をも導入し、留学生の生活を徹底サポートできるような仕組み作りをしました。

何よりも一番難しかったのは、キャッシュフローです。良いビジネスプランを考えられたとしても、お金が回らなければビジネスとして成り立ちません。旅行者向けのインバウンドビジネスなども考えましたが、実現可能かという視点から諦めたプランも多々あります。

4月から半年間以上、挫けそうになりながら、メンバーとともに切磋琢磨してきました。今回この努力が高く評価されたこと、心より嬉しく思います。最後に、わたしをいつもサポートして下さった、メンバー、磯野先生、研究員方には深く感謝します。ありがとうございました。


photo

プロジェクト表彰式と卒業論文最優秀者報告会を実施 [2017年02月02日(木)]

2月2日、ビジネスデザイン学科では学生プロジェクト活動の表彰式と卒業論文最優秀者報告会を行いました。

学生プロジェクトでは下記5つのものが表彰されました。
学生によるプロジェクト活動がとても盛んになってきています。

■ カカオ・エンジェル・プロジェクト
■(株)ジーエスフード紅茶新商品開発(プロジェクトT)
■ Mothly talk event
■ 日本とベトナムを結ぶ「ふるさとハウス」プロジェクト
■ 保田ゼミ ギャツビー学生CMコンテストチーム

学生プロジェクト表彰のワンシーン

学生プロジェクト表彰のワンシーン

卒業論文最優秀者報告会ではゼミ(4年生ゼミは10つ)の代表者1名のみが壇上に上がって報告しました。
この代表者は各ゼミ内で選抜された学生です。
市場競争や会計、CSR、ホスピタリティ、ヒューマンリソース、情報行動、リーダーシップ教育、マーケティングなどビジネスデザイン学科の特徴が出た報告プログラムとなりました。

沢山の学生が来てくれました!

沢山の学生が来てくれました!

今年度はビジネスデザイン学科第1期生が卒業する年となります。
学生らは、ビジネスデザイン学科で4年間で学んだことの集大成として卒業論文を完成させました。
胸を張って卒業して、社会に出ても活躍してほしいです。

【お知らせ】ビジネスデザイン学科 初めての就職状況について [2016年12月06日(火)]

ビジネスデザイン学科は2013年4月に発足し、来年3月に第1期生が卒業を迎えます。
現在1期生151名は真剣に就職活動に取り組み、多くの学生が就職先を決定しています(12月5日現在内定率85.4%)。

来年5~6月になれば、就職先の企業名がすべて公表されますが、ここでは一足先に1期生の就職先の概要について速報します。

■主な就職先(12月5日現在)

3大メガバンク(みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行)9人、ステート・ストリート信託銀行(総合職)、地方銀行、大手信用金庫、証券会社、損害保険会社、生命保険、カード、リース会社

郵船ロジスティクス(総合職)、SGホールディングス(総合職)、日本通運(総合職)、日本航空(CA職)、旅行会社、Plan・Do・See、富士通(総合職:challenge&innovation枠で)、富士ゼロックス東京2人、ジェイアール東日本企画、OPT、松竹、セールスフォース・ドットコム、金融庁、公正取引委員会

■概況

金融系のほか、内定先は幅広い分野に及んでいますが、企業規模の大小にとらわれず、自分の特性を活かせるような業種、企業に進む学生が目立つように思います。

すべての就職先をここで紹介することはできませんが、ビジネスデザイン学科の1期生たちはそれぞれ自分の進路にこだわりを持ち、自身の能力や才能が活かせる就職先を開拓し、社会に羽ばたこうとしています。

 

ビジネスデザイン学科

-2015 年度プロジェクト特別表彰- 保田ゼミ「疑似会社女子大生 もしミカ」 プロジェクト [2016年04月28日(木)]

保田ゼミの「疑似会社女子大生 もしミカ」プロジェクトは、商品の企画・販売戦略およびその実践を学生が行うというプロジェクトの重要な要因だけでなく、このプロジェクトに関する疑似株式会社を起業・設立し、株主からの出資を求め、適正な賃金を設定し支払い、その全プロセスを株主総会で決算報告するという点に大きな特色がありました。

このような企業経営の重要な要素を学生が主導的に実践し、業績的にも目標以上の成果をあげたことは、新聞、テレビなどの各種メディアにも取り上げられ、本学のプロモーションにも大いに貢献しました。その努力の成果を称え、副賞を添えて特別に表彰されました。

保田ゼミのみなさん、おめでとうございます!

1moshimika

日系キャリアチャレンジプログラム2015で優秀賞受賞! [2016年01月21日(木)]

IMG_6255

2015年12月開催の、企業が出す課題に大学生がチームで取り組み、解決策を発表する「日経キャリアチャレンジプログラム」に久原ゼミから東田典子、瀬戸理紗さんの2名がそれぞれ他大学との混成チームメンバーとして参加しました。

約2か月間にわたる活動で東田さんのチームが提案した、日立ハイテクの免震装置を利用した地震国トルコの命を救うビジネスプラン「プロテクトX:守れトルコの命」は、見事参加16チーム中2位の優秀賞に輝きました。