授業

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑪堀川紗瑛(1C担当) [2019年09月11日(水)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、十一人目は1Cを担当した堀川紗瑛さんです。

★TAを志望した理由
 私は今までの大学生活の中で、『何をやってきたのか?何を頑張ってきたのか?』と、ふと自問した時がありました。その時、自信を持って『これを頑張った!』というものが無いことに気がつきました。サークルもやっておらず、バイトもそこそこ、なんとなく大学に行かなきゃ。何かに真剣に取り組むこともなく、ただ毎日を過ごしているときにこのTAのお話を聞きました。

 大学生のうちに何か夢中で頑張れる事がしたい!と思い、応募用紙に名前を書き、エントリーシートを提出する際、改めて志望動機を考えました。私の夢は起業して女社長になることです。90分の授業を運営し、ファシリテートする力は私の目標に繋がる力になるのではないかと思い、志望しました。

★TAをやってみて
 この半年間のTA活動は大学生活で1番頑張った活動だと、私は胸を張って言えます。どのような授業をすれば、1年生が楽しく課題に取り組み、学びの多い授業にできるのかと考えることが、大変な作業としてではなく、1つの楽しみになっていました。やり方の説明や授業の目的、この課題をやる意味などを1年生が理解してくれるためには、どうしたらいいかなと、自分で話す内容をあらかじめ考えてきたり、みんなに相談したりなど工夫をして、授業を重ねるごとに伝え方や説明の仕方も少しずつ上達できたのではないかなと思います。

 タクナルの課題は答えがないからこそ、この回答で正しいのかと聞かれた時は返答に苦労することもありましたが、私自身も一緒にその答えを考えるのが楽しかったりもしました。また、1年生達が楽しそうに課題に取り組んでる姿を見られたのはとても嬉しかったです。最初は高校生らしさがまだ残っていて、感想や意見も『難しかった』『すごいなぁと思った』など一言だったり、短い発言だったのが、最後のタクナルの感想をシェアするときは一人一人が堂々と自分の意見や感想、改善点まで発言できるようになり、私だけでなく1年生の成長も感じられました。

★TAを目指す学生へ
 大学生活で何か頑張れること、真剣に夢中に取り組めることをやってみたいと思う方には、是非TAに立候補してほしいです。リーダーシップやコミュニケーション力など、自信が無くても大丈夫。やっていくうちに自然と身についてきます。TAは大変そうと思われがちなのですが、大変と捉えるか、楽しいものと捉えらるのかはあなたの取り組み次第です。最初は私がTAをやるなんて想像もしていなかったけれど、振り返ってみると、とても楽しく貴重な経験が出来たと思っています。迷っていても、勇気を持って一歩飛び込んでみることも大切です。踏み込んだらなんとかなります。TAをやってみた後、きっと自分の成長に驚くと思います。私ももう一度やりたいです。一緒にやりましょう。笑

★1年生へのメッセージ
 1Cの皆さん、半年間有難うございました!至らない点も多くあったと思いますが、私たちについて来てくれて感謝しています。1Cは元気も良くて、話もしっかり聞いてくれたのでとても授業がやりやすかったです。発言や質問も積極的で、課題も真剣に取り組んでくれて…。楽しく授業が出来たのも1Cの皆さんのおかげです!大学生活はあっという間に過ぎていきます。有意義な大学生活を送って下さい。大学内で会った時など、気軽にまた話しかけてくれると嬉しいです。

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑩室谷奈那(1B担当) [2019年09月04日(水)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、十人目は1Bを担当した室谷奈那さんです。

★TAを志望した理由
 私がTAに立候補したのは、人前に立つと緊張してしまうことを克服したかったのもありますが、自分たちが教員という立場に立ち、授業を行うとはどんなものなのだろう?という疑問が芽生え、やらずに後悔するのは折角のチャンスを無駄にしてしまうなと感じたため、応募することにしました。

★TAをやってみて
 良かった点は、1年生の成長している姿を身近で感じることができたことです。4月の頃は大学生活が始まったばかりでお互いに緊張してしまっている様子でしたが、様々な授業を通して仲が深まった1年生は自然と自分の意見を相手に伝えたり、意見を聴いて反論したりするようになりました。また、最初は静かだったプレゼン発表も、最後の発表会では一人一人が楽しそうに発表をしていた姿を観ることができたのでとても嬉しかったですし、たった3ヶ月で人がこんなに成長することができるということを実感しました。

 大変だった点は、予測不可能な事態に柔軟な対応をすることです。90分という限られた時間の中で授業を進めていく中で、1年生たちの楽しいだけでなく苦戦している様子も見てきました。その時に私たちTAも共に考えたりしますが、そちらに夢中になってしまい授業終了が大幅に遅れることばかりでした。それは私たちの反省点でもあります。どんな状況になろうと学生に寄り添うことは大切ですが、決められた中で柔軟な対応をしていければ良かったなと思いました。

★TAを目指す後輩たちへ
 私みたいに伝えたいのにうまく自分の言葉で相手に伝えるのが苦手という学生も多くいると思います。しかし、そのような学生にこそこのTAに挑戦してほしいと思います。台本通りではいかないのが授業で、自分の言葉でその場で発言しなくてはならない場面も多くあります。最初は自分でも何を言っているかわからなくなることもありますが、自然と伝えたい言葉というのを言うことができるようになります。TAは他の授業では味わえない体験になるので、色んな学生に挑戦してもらいたいと思います。

★1Bの皆さんへ
 これからの大学生活ではこの半年間で行ってきたことよりも楽しいことや辛いことがあると思います。しかし、皆さんはとても逞しく、パワフルでまたとてもユーモアのある学生だと思っています。その素晴らしい能力をバネにどんな壁にも立ち向かっていって下さい!私は陰ながら応援しています。

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑨荒川真穂(1A担当) [2019年09月03日(火)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、九人目は1Aを担当した荒川真穂さんです

★TAを志望した理由
 志望した理由は2点あります。1点目は、1年生にとってTAが良いコネクションになれたらいいなと考えたからです。私が1年生の時は、先輩と話したりする機会が学寮などでしかなく、人によっては何も先輩との繋がりがなく困ることも多かったため、その助けになるのではないかと思いました。2点目は、人前で話すことへの苦手意識の克服です。以前から、何か重要な時や、人前に立って話すときにとても緊張してしまう傾向がありました。TAとして前に立ち、堂々と話すという行動で克服できるのではないかと考えました。

★TAをやってみて
 1点目の1年生とのコネクションづくりについては、達成できたと思います。特にテスト期間を目前に控えた7月は、授業が終わった後にテストについての質問を受けたり、学内で会うとあいさつをしてくれたりすることがありました。また、オープンキャンパスのお手伝いをした際には、TAを担当したクラスの1年生がたまたま一緒に手伝っていたので、たくさん話しをすることもありました。

 2点目の人前で話すことへの苦手意識については、完全に克服できたかというと、そこまでは自信を持って言えないと感じています。もちろん、日常的に人前で話すことは頻繁にあるのですが、それは授業ではなくサークルだったりして、自分の中ではその作業の重みが違うため、すらすら言葉が出ます。しかし、自分はいたずらに“授業”というものにとらわれすぎていたのか、TAとしてすらすら話すまではできなかったかなと思います。

 ですので、正直なところ、TAは大変だったと感じました。特に人前で話すことが苦手な私にとっては。同じ苦手意識を持っていれば1年生も大変だったのではないかと感じます。

 でも、もちろん良かったなと思える部分もあります。人前で話すことへの苦手意識が完全に克服できたわけではありませんが、少しは軽くなったと感じます。最終回に進むにつれ講義用の資料に書き込む量が減ったり、始まる際の自分自身の気持ちが徐々に落ち着いて来ました。

 また、これは私の癖かもしれませんが、砕けた優しい言い方よりも静かに厳しめな言い方をしてしまうことが普段から多く、基礎ゼミの始めの頃に教壇に立った時、顔も怖く言い方も厳しめな感じを醸し出してしまうことが多くあったと思います。しかし、授業の回数を重ねていくたびに、表情も柔らかくなり、言い方も良くなってきたと実感しています。

★1年生へのメッセージ
 半年間ありがとうございました。授業はいかがでしたか?ほかの授業との兼ね合いもあり大変だった時期もあったかと思いますが、頑張ってくれたと思います。この半年で学んだことは、今後の学生生活で絶対に役に立つときが必ずあります。すでに多くの授業でグループワークを経験したと思いますが、基礎ゼミで学んだことを、後期から始まる授業で活用していってほしいです。

★TAを目指す学生へ
 TAについていろいろな話を聞くことがあるかと思います。しかし、TAを経験した学生それぞれの感じ方があります。ポジティブなことやネガティブなことを聞いてもその学生にとってそう感じただけであり、あなたはどう感じるかはやってみなければわかりません。

 TAを経験したら、こうなる。というものはなく、一人一人の取り組み方やTAに対しての考え方で変わってきます。しかし、自身に変化をもたらしてくれるのは確かです。

 どうしても、新しいこと・ものに挑戦しようとするとき、ネガティブなことを考えてしまうと思います。やってみたら何かいいことがあるかもしれない、いいことかどうかはわからないけれど何か変化があるかもしれません。ネガティブなことばかりにとらわれず、何事にも挑戦してみるのが一番だと思います。その挑戦したことをバネにして、今後の生活が変わることもあるはずです。

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑧林茉奈(1B担当) [2019年08月30日(金)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、八人目は1Bを担当した林茉奈さんです。

★TAに立候補した理由
 TAとして授業補助を行うのではなく、学生主体で90分間の授業を運営していくことに大きな魅力を感じたからです。まだまだこのような方法をとっている大学は少ないと知り、この大学でしかできないような貴重な経験ができるのではないかと考え挑戦しました。

★TAをやってみて
 TAの活動を終えて一番感じている事は、「一人一人にあったリーダー像がある」ということです。自分は先頭に立って他の人を引っ張っていくことよりも、リーダーを陰でサポートするような役回りが向いているように感じます。TAをやる前はファシリテーターには、自分は向いていないのではないかと思っていました。しかし実際にやってみると、受講している学生一人一人の意見をうまく聞ける人、わかりやすい説明ができる人、時間の管理が得意な人、時には間違いを正せる人、場を盛り上げてくれる人、とTAのメンバーそれぞれの強みを活かした活躍が見られ、私も周りが言っているような理想にとらわれず、私らしいリーダー像を見つけることが大切であると気づかされました。

 これからTAを志望しようか迷っている人もいるかと思いますが、自分は向いていないと思う人こそ勇気を出して挑戦してみてほしいです。苦手分野の克服にばかり焦点を当てるのではなく、どのように長所を伸ばしていくべきか考えることができました。

★TAに必要なもの
 TAのメンバーの関係性が何よりも大切になってくると思います。同じクラスを担当していたメンバー同士で、良かったところも改善すべきところも話し合えた事が自分たちの成長に大きくつながりました。また何度も話し合ったことで、最終的に一年生にどんな風に成長してほしいのかを明確にして毎回の授業に臨む事ができました。ゴール像を共通認識としてクラスで確認することで、各ワークの動機付けにもつながったと思います。

★1Bの皆さんへ
 大変な課題もあったかと思いますが、回を追うごとにレベルアップした発表を準備してきてくれる真摯な姿勢が嬉しかったです。本当に温かくてかわいい子ばかりでした!

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑦阿部ひかる(1C担当) [2019年08月29日(木)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、七人目は1Cを担当した阿部ひかるさんです。

 授業終えて、帰り道に友達と寄り道したり、サークルに行ったり、アルバイトをしたりと毎日同じような日々に刺激が少ないと感じていた大学2年生の後期でした。『何かを始めて動かないと!』と思っていましたが、中々一歩を踏み出せない状況にいました。そんな時、私の学部の教授に勧められたのが、このTA活動です。『自分がTAになれるのか?』と最初は疑問に思っていましたが、気づいたら今こうしてTAとしての充実した活動を終了していました。

 元々、人前で話すことは好きでしたが、学生を惹きつける魅力のある授業をするのは簡単なものではありませんでした。実はこの授業の担当になってから私自身、沢山勉強しました。学生にとって有益なものを与えられるように色々な引き出しから情報を吸収し、その情報と私の個性や経験談を合わせて最高の授業をできるように常に取り組んでいました。

 どの授業でも毎回テーマがあるのですが、私はそのテーマに『学生自身が自分をあてはめて考えられるようになる』を目標としていました。なぜなら私達学生は常に自分で考え行動しなければ、何の始まりにも結果にもたどり着けないからです。『自分がやりたいと思ったことをやるためにはどういう風に行動を起こして、どのような準備をしなければならないのか?』と常に答えの分からない道を歩いて行くと思います。答えの分からない道に好奇心を持ってどんどん自分から進んで行ってほしいと思ったからこそ、このような目標を常に掲げ授業を行なっていました。

★これからTAをやる人たちへ
 大学生だからこそ出来るこのTA活動。やれるのであれば是非やってほしいと思います。せっかく大学生活という貴重な時間を与えてもらっているのだから、何か大学内で夢中になって成長出来るものをやってほしいです。私は大学生活で停滞し始めた時にこのTA活動をやったことによって、また新しい自分を知ることが出来ました。そしてなにより自信がつきました。『TAなんて出来ない』と思っている人にこそやってほしいです。出来ないと思ったことほど出来ます。そうやって達成出来た事こそ自分にとって大きな糧となります。

★1年生へのメッセージ
 1Cの皆さん、半年間私達TAの授業について来てくれてありがとうございました。毎回毎回、授業を重ねて行くごとに成長していく皆さんを見るのが私の頑張る源でした。この授業での経験を忘れずに、これから大学生活でもっと色んなことに挑戦していってください!そして充実した大学生活を送ってください!

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑥秋元結衣(1B担当) [2019年08月28日(水)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、六人目は1Bを担当した秋元結衣さんです。

 私がTAに立候補した理由は、人前に出ること・話すことといった苦手を克服したかったからです。TAは講師の立場で授業を進めると聞き、大勢の前で話すことに慣れるのではないかと考えました。

 大変だった点は、40人近くいる教室の中で話すことでした。特に、初回の授業は緊張のしすぎで、受け持った学生を見渡す余裕すらありませんでした。とにかく授業を進めようと必死だったのを覚えています。また、学生へのフィードバックも大変でした。一人ひとりの意見が違う以上、臨機応変なアドバイスを求められました。

 良かった点は、学生の成長を見ることができる点です。授業の最後に毎回振り返りをする場面があり、学生に良かった点・改善点を考えてもらいました。そして、次の授業では前回の改善点をもとにワークに取り組みました。回を重ねるごとに学生たちが力をつけていくのがわかり、それを見るととても嬉しかったです。

 TAという経験はなかなかできるものではありません。次にTAをする人には、そんな貴重な経験を今後に活かすために、何か明確な目標とそれを達成するという気持ちを持って挑戦して欲しいと思います。

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:⑤尾花麻帆(1A担当) [2019年08月26日(月)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、五人目は1Aを担当した尾花麻帆さんです。
 私は4月からの半年間、1年A組のTAとしてグローバルビジネス基礎演習の授業を担当しました。私がTAに立候補した理由は、このTAという仕事を通して自分自身を成長させたいと思ったからです。今までの大学生活では知識や経験を蓄えるだけで、誰かに発信することをしていませんでした。しかし、この仕事をすることで自分が身に付けていることを誰かに教え、伝えることで自分をより成長させたいと思ったからです。

 実際TAをやってみて、良かったことは2つあります。1つ目は自分が言いたいことを簡潔にまとめられるようになったことです。TAを始める前は自分の言いたいことがうまくまとめることが出来ず、相手には伝わりはしますが、説明が長くなってしまうことが多くありました。それが、TAとして授業でメインとして話す時や1年生と話す時に、なるべく分かりやすいように説明できるよう少し考えてから話せるようになりました。

 2つ目は1年生と関わりを持つことができたことです。私が1年生の時には先輩と関わる機会が少なく、学校のことや2年生前期のボストン留学について相談や質問したいことがあってもできないことがありました。学寮などで交流会などはありましたが、その場であった先輩にいきなり色々な質問をすることに抵抗があったので、毎週会って少しずつ関係を深めることで、私たち上級生が1年生をより理解し、また1年生にとってもなんでも相談できる先輩に、TAを行うことでなることが出来てよかったです。

 一方で大変だったことは、授業ごとに授業の進め方を変えなければならなかったことです。クラスの担当として授業を円滑に進めるために、授業で行ったワークやプレゼンテーションについてどう思い、今後どう改善していけばいいのかを考え、常に創意工夫をする必要があったことが大変でした。

 TAを経験したことで、TAに必要だと思ったことは「積極的に行動すること」、そして「臨機応変に対応すること」だと思います。授業がうまく行くか行かないかはTA次第です。そのためには、TAの間で積極的に意見出しや意見交換をすること、自分ができることを最大限することが大切です。授業の進め方を考えることは大変なことではありますが、一番やりがいを感じるところでもありました。そこを面倒くさがらずに行える人がTAに向いていると思います。

 また、授業当日に起きる様々な問題に臨機応変に対応する力も必要です。何かあっても冷静に落ち着いて行動できると良いと思います。私は今回のTA活動で学んだことを残りの1年半の大学の授業と今後の就職活動での糧にしていきたいと考えています。

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:④島崎茉子(1C担当) [2019年08月22日(木)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、四人目は1Cを担当した島崎茉子さんです。

 私は、ボストン留学から帰ってきて刺激的な経験が減ってしまったと感じ、何か新しいことを始めたいと思い、このティーチング・アシスタントに応募しました。

 最初は、「授業の冒頭でどんな話をしたら興味を持ってくれるか」「どんな工夫をしたらより活発な議論ができるか」など、初めての教師という立場に戸惑い、苦労したこともありました。しかし、毎週、授業終わりに反省会を行い改善を重ねたことで毎回パワーアップした授業をすることができたと思います。この活動を振り返ってみると本当にあっという間で、今では、もう少しやりたかったという想いが湧くほど充実していた半年間でした。

◆これからTAをやる人たちへ
 もし、TAをやろうか迷っている人は恐れずに挑戦するべきだと思います。この経験をすることで、一年生のサポートができるだけでなく自己成長につながります。TAは大変なこともありますが、それ以上に楽しいのでオススメです!頑張ってください!

◆一年生へのメッセージ
 1Cのみんな、半年間という短い間でしたがとても楽しかったです。学校ですれ違った時に挨拶をしてくれたことや、授業について質問をしてくれたことは私のやる気に繋がりました。私たち三年生が教えたことが、少しでもみんなの役に立っていたら嬉しいです。1CのTAになることができてよかったです!留学に向けて引き続き後期も頑張ってください!

TAからの手紙~1年基礎ゼミを担当して~:③田中莉乃(1B担当) [2019年08月19日(月)]

 皆さん、こんにちは。自称PR担当教員の前田です。
 「TAからの手紙」、三人目は1Bを担当した田中莉乃さんです。

 私がTAを志望した理由は、今までの経験を活かしチームで成果を上げるために、どうすればメンバーのモチベーションを維持できるかなどを考えながら、後輩と共に成長したいというとことです。実際に行う中で、授業への動機付けは常に頭を悩ませていました。始めにどのようにして学生のモチベーションを上げ、授業の意義を感じてもらうかを考えながら試行錯誤しました。結果的には、私たちTAの経験や就職活動に関連した話をする事で学生も実感が湧き、興味を持って聞いてくれました。人の気持ちや意識を動かすことは本当に難しいことだと改めて実感しました。

 私は、TAを行ったことで改めて、自分自身が楽しいと感じるものに出会えたような、それを再確認できたような気がします。中高の部活動でリーダーを務めていたこともあり、メンバーを支えることやコミュニケーションを取ってやりやすい環境を作ることが好きでした。今回似たような環境がTAにもあり、一年生と毎回の授業で徐々に打ち解けてコミュニケーションを取れるようになり、たくさんのことを学べる環境にするために同じTAのメンバーと様々な工夫を凝らしました。また、普段は教壇に立つ経験や40人近い人の注目にさらされることがなかなか無いので、実際にその場に立って気づいたことが自分自身の学びにもつながり、予期せぬ気づきが多い体験でした。

 今後は、TAを通して好きなこと楽しいと思えたことを忘れずに、自信を持って社会でその強みを活かしていきたいです。どんな企業に入ってもチームで成果をあげる場面はたくさんあると思うので、その時に積極的に行動したいです。

 TAを務めた前期が、あっという間に終わってしまうぐらい楽しく充実した経験ができたのも、一緒に仕事をしたTAのメンバーや関係の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。またこのような機会があったらぜひ参加したいと思います。

 1Bの皆さんへ。積極的で前向きに取り組もうとする姿勢に、授業を進める上でとても助けられました。例えば、それぞれのチームが前回の結果を越えようと努力している姿、発言の様子、難しい課題に取り組む姿勢などです。タクナルを通して身につけた様々なスキルと一人一人が持つ素敵な強みを自信に繋げて、チャレンジし続ける学生生活を送ってほしいです。

【BAA-SWU Joint Program】東京証券取引所訪問 [2019年08月16日(金)]

オーフス・ビジネス大学との夏季集中プログラムを参加学生がレポートするシリーズ、第6弾はビジネスデザイン学科で学ぶマレーシアからの留学生テイ・シンイーさん(4年生)が8月1日に行われた東京証券取引所訪問について英語で執筆しました。

~~~~~~~~~~~~~~~

Day 3: Visit to Tokyo Stock Exchange

August 12, 2019
Tee Xin Yee

What kind of scene would you imagine while mentioning stock exchange or floor trading? A crowd of people standing on the trading floor, holding a phone, staring at different giant monitors, and shouting at each other? Before visiting Tokyo Stock Exchange (TSE), I expected to witness a highly intense environment as I mentioned above that we usually see in the movies.

Hand-on experience of Tokyo Stock Exchange

Surprisingly, it was not the case. There were only a few people working in the center of the trading floor and the environment in TSE was incredibly quiet, just as if we walked into an art museum. So, does that mean we were fooled by the Wall Street movies?

Although the reality was quite disappointing, the answer is . . . “No.” We were not fooled and the movies did not lie, in fact, it was just that the image we had on the stock exchange was outdated. In this digital era, every trading is done through the computer. Therefore, people do not have to shout at each other and squeeze in the trading floor anymore. (It is a shame that we would never have a chance to witness such exciting situation by our own anymore).

No floor brokers, anymore. . .

Other than that, what else has changed or fade away together with the crowded trading floor? The unique sign languages that used to exist in the stock exchange business.

Have you ever wonder how the traders communicate with each other in the chaotic environment without messing up the deal? They had used the sign language. According to Professor Akashi Hongo of Temple University, Japan, people used to have different sign languages for each listed company of the stock market, as well as instructions such as “sell,” “buy,” “hundred,” and “thousands.” In addition to the sign language, there were certain physical requirements to be hired as a floor broker; being tall and having a loud voice. That was to ensure that they would not be drowned in the crowd.

However, all those sign languages lost their value and replaced by the advanced technologies nowadays. At the same time, people like me who is an average height with normal voice volume have less barrier in developing a career as a stockbroker.

Wrap-up session by Prof. Hongo

Although the visit to Tokyo Stock Exchange was short and brief, we not only learned some basic knowledge about the stock exchange and its history, we also obtained an idea about how the industry has changed over time.