1年基礎ゼミ

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ~本格的に議論をしてみよう・発表会~ [2019年06月05日(水)]

 

「HN2M3」チームの発表
今回のMVP!

 皆さんこんにちは。ティーチングアシスタント(TA)の秋元結衣です。
5月29日に1年生のグローバル基礎演習(通称;基礎ゼミ)の第5回授業を行いました。
 1BのTAは、秋元結衣、田中莉乃、林茉奈、室谷奈那(いずれも3年)です。今回の授業では、前回グループごとに企画した「移動動物園」の発表を行いました。どのグループも個性あふれた動物園になっていました。
 発表終了後、ワークの振り返りを行い、グループごとの反省点をクラスで共有しました。ただ発表で終わりにするのではなく振り返りまで行うことで、そこで出た反省点を次回に生かすことができます。ここでは「もっと計画的に準備する」という改善点が最も多く挙がり、これを次回のクラス目標としました。次回はこの目標を意識してワークに取り組んでもらいたいと思います。
 そして、わたしたちTAも授業毎に目標を決めるようにしています。これからも、それをもとによりよい授業ができるように頑張ります。

 今回見事MVPを勝ち取ったのは『HN2M3』チームです。動物を芸能人に例えるところがとても印象的でした。
 そして惜しくも2位になってしまった『タクタクナルナル』チームも、五感で楽しむ動物園というテーマがよく考えられていて素晴らしかったです。次回も頑張ってください!

「食欲系女子」チームの発表


「辛」チームの発表

「大澤王様」チームの発表


「タクタクナルナル」チームの発表

「ありさんマーク」チームの発表


「NIKU」チームの発表

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ~本格的に議論してみよう~ [2019年06月03日(月)]

TA(左)がリーダーにフィードバックしている様子

 皆さんこんにちは。ティーチングアシスタント(TA)の猪又です。1ATAは荒川真穂、猪又彩加、尾花麻帆、小原詩歩(いずれも3年)が担当しています。

 522日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称:基礎ゼミ)の第4回目の授業を行いました。この日のメインファシリテーターは荒川と猪又です。今回からいよいよ本格的なチーム議論が始まり、初回のテーマは「移動動物園を企画しよう」でした。1年生は,
今までに学んだ意見の聞き方伝え方を活用してディスカッションに取り組んでいましたが、みんなの意見を一つにまとめることや、オリジナリティある動物園にするためのアイディアを考えることに苦戦していました。

 初めてのリーダーズミーティングでは、各チームのリーダーは真剣な表情で耳を傾けていて、それぞれ納得のいく動物園作りに向けて積極的に発言をしている姿がみられました。また、授業外で発表の準備を進めるにあたり、前々回の振り返りで私たちが伝えたように、放課後はサークルで忙しいなら家でもできることを積極的に担当したり、準備が思うようにできないなら本番のプレゼンは誰よりも明るく堂々と話したり、小さなことでも自らチームに貢献することを心がけて欲しいと思います。

 Aクラスは積極的に手を挙げる雰囲気が醸成されてきたので、私たちTAとしては、少ない機会でも積極的に発言しやすい環境作りに心がけたいと思います。

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:PBLメソッドとTAの活躍の様子の動画です [2019年06月03日(月)]

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。いつもこのブログでご報告している、3年のティーチングアシスタント(TA)による、PBLメソッドを取り入れた徹底的なグループワークの講義も佳境に入っていきました。TAたちも講義運営に慣れ、お互いの講義を見学して検討会を開くなど、レベル向上に努めています
 今回は、そのようなTAの活躍の様子と講義に参加している1年の学生たちの楽しそうで、充実している表情をスライドショー形式の動画でお届けします。

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ〜意見を伝える〜 [2019年05月21日(火)]

 皆さん、こんにちは。ティーチングアシスタント(TA)の島崎茉子です。5月15日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称:基礎ゼミ)の第3回授業を行いました。

標語作成時の様子

 1CのTAは、阿部ひかる、上野真由、島崎茉子、堀川紗瑛(いずれも3年)です。今回の授業では、「自分の意見を伝えよう」を目的に3つのワークを行いました。ただ自分の意見を主張するだけでなく、しっかりと理由づけをし説得力を持たせることが出来ており1年生の成長を感じました。
 3つ目のワークでは、ディスカッションをする上で大事なことをテーマに標語を作ってもらい、聞き手の印象に残るような面白い標語を作成していました。
 また、授業後のTAミーティングは3クラス合同で行い、今後の授業をより良くするための工夫点やアドバイスをクラスごとに共有しました。来週から、改善点を意識しワンランク上の授業を1年生にできるようTA一同頑張ります!

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ ~議論~ [2019年05月08日(水)]

TAのミーティング風景

 皆さんこんにちは、ティーチングアシスタント(TA)の林茉奈です。

 4月24日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称基礎ゼミ)の第2回授業を行いました。

 1B担当は秋元結衣、田中莉乃、林茉奈、室谷奈那(いずれも3年)です。今回の授業では、活発な議論を展開するための姿勢をワークを通じて学んでもらうことが目的です。正解のない問題を議論することで、自分で思いつかなかったような考え方を発見することができます。実際のチーム内ディスカッションでは、最初は少数派だった意見が最終的にメンバーを納得させ、チーム全体の意見となった場面もありました。すぐに自分の意見を変えるのではなく、しっかり主張することを意識してもらうことのできた成果であると思います。

 私たちTAは授業後にミーティングを行っており、メンバー同士で意見交換を行ったり、先生方から直接貴重なアドバイスをいただいています。そこで出た反省点を活かし、回を重ねるごとにパワーアップしていくような進行を目指していきたいと思います!

ビジネスデザイン学科1年基礎ゼミ:TAによる初回授業を行いました [2019年05月01日(水)]

 皆さん、こんにちは。
 ティーチングアシスタント(TA)の尾花麻帆です。
 4月17日に1年生のグローバルビジネス基礎演習(通称:基礎ゼミ)の初回授業を行いました。1AのTAは、尾花麻帆、荒川真帆、猪又彩加、小原詩歩(いずれも3年)の4人で、この日の講義は尾花と荒川がメインを担当しました。

1年生による発表の様子

1年生による発表の様子

 今回の授業では「議論すること」と「チームビルディング」に慣れてもらうことを目標にグルーブディスカッションを行いました。クラス内で7つのグループを作り、そのグループで2つのワークを行いました。1つ目のワークはグループ内での自己紹介、2つ目のワークは見た目からはわからない自分自身の意外な一面を見せる「ギャップの王様」という相互理解ゲームです。
 発表が終わるごとに拍手をし、ワークのやり方についての説明をわかりやすくするために、面白い例を提示するなど私たちも授業の進め方に工夫をしました。そのおかげか1年生の会話が途切れることなく続いており、授業アンケートにも「普段話さないようなことを話せて楽しかった」という前向きな感想が多かったので良かったです。授業を通して、1年生の発言することに対する抵抗感が少しでもなくなってくれればよいと思っています。
 今後も1年生がより成長できるように私たちTAがサポートしていきたいです。

ビジネスデザイン学科の新入生を歓迎する夕食会 [2019年04月10日(水)]

夕食会の様子。右上はビンゴ大会の一コマです。

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。
 さて、当学科も7期生を迎えることとなりました。新入生109名が入学し、4月5日の夕方、学内で歓迎夕食会を行いました。司会は1年基礎ゼミを担当するTA(ティーチングアシスタント)たちです。
 毎年、この時期は華やいだ気分に包まれます。卒業生を送り出す際の華やかさは、ちょっとした寂しさ(と言っておきましょう)を伴うものですが、新入生を迎える時はそれがないので、純粋に楽しめます。
 新入生の皆さん。ちょうど本日(4月10日)から講義が始まりました。まさにスタート地点です。これからの4年間が実り多きものとなるよう、今日の新鮮な気持ちを忘れずに頑張ってください。教職員一同、全力で応援します。
 

ビジネスデザイン学科は2019年度もTAが活躍します [2019年04月05日(金)]

2019年度のTAはこの12名です。

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。当学科が3年生をTA(ティーチング・アシスタント)として採用し、彼女たちが初年次教育科目である「グローバルビジネス基礎演習」で講義の運営を担っていることは、何度かこのブログで報告してきました。1年生の学びが深まり、TAの3年生も成長する、当学科の目玉講義です。
 新年度も新3年生12名がTAとして選抜(2倍以上の倍率でした)され、講義を担当します。全員の意気込みを以下に書いてもらいました(順不同)。1年生の皆さん、頼りになる先輩です。よろしく!

田中莉乃:1年生と一緒に成長していきたいです。よろしくお願いします!
秋元結衣:TAとして引っ張っていけるように頑張ります。楽しい授業にしましょう!
室谷奈那:1年生の良い手本になれるように、私たちも頑張りたい。
島崎茉子:この貴重な体験を通して、一年生に何か良い影響や刺激を与えられることができたら嬉しいです。頑張りますのでよろしくお願い致します。
阿部ひかる:新一年生が昭和女子大学に入って、昭和女子大学での有意義な4年間を送るスタートダッシュのサポートを全力でしたいと思っております。私自身も1年生に教えることで沢山の事を学んで、より良い相互関係を作っていきたいと思います。
荒川真穂:初めての挑戦でどうなるか怖い部分もあるが、TAとして授業・準備をしている時は先生という意識を持って行動していきたい。
尾花麻帆:1年生と一緒に自分自身を成長させられるようにしていきたいです。
上野真由:大学生として大切な初めの半年の授業を担当し、みなさんが有意義な大学生生活を送るサポートをしていきたいと思います。よろしくお願いします。
堀川紗瑛:1年生にこんな3年生になりたいと思ってもらえるように成長したいです!
猪又彩加:いつも勢いでどうにかなるだろうと思ってやっているので、自分に自信がもてるように頑張りたいです。
林 茉奈:精一杯頑張ります!よろしくお願いします!
小原詩歩:皆さんの講義を担当できるのが楽しみです。私たちと一緒に成長していきましょう!TAとして一生懸命頑張ります。

ビジネスデザイン学科:TAによる1年基礎ゼミが終了しました [2018年12月06日(木)]

学生のプレゼン資料の例

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。
 これまで、この場を借りて当学科のグローバルビジネス基礎演習(通称基礎ゼミ)の様子をご報告してきました。学部3年生がティーチングアシスタント(TA)として、1年を指導するという新しい試みでしたし、徹底したグループワークを行うという面でも新たな挑戦でした。
 12月5日は、前期より計12回続いてきたTAによるグループワーク講義の最終日でした。この日の課題は、ブラスバンドサークル内でのもめ事を解決する方向性を探る、というものです。このカリキュラムの中では最難関です。各グループでケースを読み込み、「サークルのありたい姿を考え」「今、やるべきことは何か?」を提示します。
 どこの組織でもありそうな問題ですが、実は解決が難しいし、絶対的な正解はありません。写真左上のような詳細な分析と対応策を練ったグループもあり、このメソッドを続けてきてよかったと思いました。
 もちろん、TA14名の努力があってこその講義でした。TAの皆さん、ありがとう!、ご苦労様!
 来年度もこのメソッドを続けることになっており、現2年生から26名もの志願があり、先日、12名が選抜されました。12月8日にこのメソッドの体験会を行うなど、今から準備を行います。新TAの皆さん、頑張ってください。

解決策をプレゼンする学生たち。

ビジネスデザイン学科:学寮での「食事係効率化コンテスト」結果 [2018年10月30日(火)]

コンテストの総評(左上)、優勝した1Aの案(右)、1B、C、Dの案(左下)。

 皆さん、こんにちは。
 教員の前田です。
 本日は、(ちょっと遅れましたが)先日の学寮研修で1年が取り組んだ「食事係を効率化せよ」コンテストの結果をご報告したいと思います。
 学寮研修の食事は、毎食、食事係になった学生が配膳します。今回は教職員を含めれば約250人分を配膳しましたから、かなり大規模の宴会の運営をするような手間がかかりました。その配膳方法をクラス毎に工夫して、最も効率的だったクラスを表彰することにしました。
 ただし、条件があります。事前に当学科の湯川抗教授が「組織構造論」の講義を行い、企業組織の形態として「職能別」(A)と「事業本部制(の一形態である地域別本社制)」(B)の構造を説明しました。2クラスずつAかBを選んで、その組織形態で食事係を運営して効率化する、が条件です。
 学寮2日目の午後に湯川教授の講義と説明を行い、その日の夜に効率化案を決定してマニュアルを作成し、3日目朝食以降の食事で、各クラスの案を順番に試行しました。
 その前提として、配膳を担当する係の人数や食事の皿の数、食事を食べる人数の差に関係なく、効率化度合を平等に表す指標を決めなくてはなりません。指標は、学寮前にクイズとして学生に提示ししたところ、石川夏綺さん(1B)、内野真衣さん(1B)と梅原瑞花さん(1C)が「正解」を出しました。
 コンテストの結果は1Aの優勝でした。
 下の写真は、学寮後に全員が書く振り返りのうち、1Bの学生が書いたものです。このコンテストの肝の部分をきちんと理解してもらっており、実施した側としても嬉しい反応でした。