教員メッセーシ

グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科

教員から学部・学科の「学び」についてメッセージをお送りします。

To awaken sleeping English language “communication” skills

Business English, Reading and Discussion
矢澤オーリア
専任講師

   Easy access to information, the great mobility of modern Japanese and finally, the highly anticipated, soon coming Olympic Games have been for a long time changing the status of English in this country. グローバル化 and 国際化 are two of the most popular words in this country right now. Japanese people need and want to communicate internationally; however, the majority of college freshmen in Japan lack the ability to engage in spontaneous English speech, even when they have all necessary grammatical competence to do so. The goal of any communication is to reach a mutual understanding between participants. Unfortunately, an average Japanese high school does not always provide sufficient means for students to engage into spontaneous English discourse. The most of the curriculum in Japanese high schools is grammar-based. English lessons are usually held in the Japanese. Teachers rarely use English as means of communication between teacher and students, their instruction methods are teacher-centered and entrance exam oriented. As a result, students know how to spell difficult words, they pass college entrance examinations based on advance grammar tests, but they can`t understand basic requests nor answer basic questions in English in real life practical situations.

   I believe in learner-centered education. In my classes students are expected to think critically and talk every time they come in. Students are immersed in a fun, creative, but at the same time practical context, their learning becomes meaningful, and it motivates them to use the language naturally. My role as an English language instructor is not to break the cultural restrains of Japanese communication style, but rather to allow my students to rediscover new ideal selves, to awaken their sleeping English language “communication” skills. I help them create a bridge between written and spoken language. I enhance my students’ ways of observing, responding to, and representing the world. My teaching emphasizes interpreting and communicating ideas. Vocabulary and grammar are revised and recycled on regular basis through interactive online games, but fluency is always more important than accuracy. At the end, students finally learn not only how to pass a new test, but also how to communicate.

実際に国際交渉などを体験できて、自信がつきます!

地球環境学、交渉論
小西 雅子
特命教授

グローバルに活躍していくにあたって重要なことは、実は「私はできる!」という自分に対する自信です。本学は実務で活躍している教員が多く、私も世界最大級の国際環境保全団体で、気候変動の国連交渉に携わっている現役の教員で、気象予報士でもあります。専門は環境とエネルギーで、21世紀の持続可能なビジネスを研究しています。もともとはテレビ局のアナウンサーであったため、実践的なコミュニケーション学も担当しています。
これからはグローバルな課題解決につながるビジネスがさらに求められています。2015年には国連において、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が決められ、気候変動の国際的な対策を定めたパリ協定が成立しました。国際社会共通の目標として、貧困や飢餓の撲滅、ジェンダー平等推進、環境の持続可能性確保などが目指されています。
授業では、世界におけるグローバル課題の最前線の情報も交えて、ビジネスに必要な知見とスキルをみっちり提供します。そして大使館などの実際の専門家や多様な留学生たちと一緒に、模擬交渉を体験するといったアクティブに参加して学ぶ場も豊富に用意しています。十分な知識と英語力があったとしても、なかなかビジネス現場の議論には思い切っては飛び込めないもの。そこを後押しするのが私たちの仕事です。見違えるように自信をつけて社会へ飛び出す先輩たちに続いてください!
グローバルな視点でビジネスを考えられる視座をしっかり学んで、さらにビジネスに必要なコミュニケーション力、交渉力も身につけませんか?貴方にはたくさんの可能性があります!本学で“自信”をつけてグローバルに活躍していってください!

ICTイノベーションコースでの学び

ベンチャービジネス、インターネットビジネス
湯川 抗
教授

 本学科では、3年次になると、専門科目を「グローバル・ビジネス」、「ビジネス・デザイン」、「ICTイノベーション」の3領域の科目群から集中的に選択して学びます。
 「ICTイノベーション」の領域を選択した学生は、テクノロジーを活用して新たなビジネスを創造する、あるいは既存のビジネスを変革する方法に関して学ぶことになります。提供される講義や演習科目では、経営学の理論、ビジネスの実践双方に実績のある教員から学ぶことができるでしょう。特に演習科目では、実際のIoTを使った調査研究や、ビジネスプランコンテストの参加などを通じて、テクノロジーを活用したビジネスの企画・開発の基礎的な知識を得ることができます。
 また、本学は2018年に一般財団法人インターネット協会と大学では初めての提携し、大手ICT企業のビジネスの現場で活躍する実務家との交流も開始しました。こうした活動を通じて大企業が求める人材を育成するためのカリキュラム開発にも取り組んでいます。
 あらゆるビジネスの分野で技術進歩は急速に進展しているため、今後もICTを活用して少しでも世界をよい場所にできる女性イノベーターを育成したいと考えています。

実務家教員から知識、ノウハウを吸収してください

メディアやICTビジネス
前田 純弘
教授

 本学科の教員構成の特長として、実務家出身者が多い点を強調しておきたいと思います。
 かく言う私も、新聞社で経済記者として働いた後、デジタル部門でインターネットでの情報発信ビジネスを担当し、最後は財務部門で有価証券報告書の作成などを担当しました。この約30年のキャリアで得た知識、ノウハウを講義で提供しています。
 メディア論はAとBの2講義ありますが、前者はメディア産業論としてのアプローチ、後者はメディア接触状況調査等を扱っています。いずれも、データを重視し、業界全体を俯瞰的につかんだり、スマートフォンを使った自分たちの情報行動を調査して分析するなど、社会に出て実務に就いた際に役立つ構成にしています。
 他の分野でも、金融、IT業界等出身の教員が、実務経験を生かした講義や演習を展開しています。学生の皆さんは、是非、実務家教員からその業界に関係するものだけでなく、ビジネス一般に必要な知識、ノウハウを貪欲に吸収してください。この学科でしか得られない学びが満載ですよ。

グローバル人材とは何か?

経済学
八代 尚宏
特命教授

 グローバルビジネス学部とは何を学ぶところでしょうか。ビジネスは、国内だけでなく、国境を越えた取引も含みます。日本には、エネルギーの基本となる石油をはじめ、多くの原材料が存在していません。そうした日本が必要とするものを輸入し、相手国が求めるものを輸出するビジネスは、今後、いっそう拡大して行きます。いま、TPP(環太平洋経済連携協定)の締結が話題になっていますが、これも自由な貿易や投資を通じて、日本経済を発展させていくためのひとつの枠組みです。

 それにもかかわらず、日本では自由な貿易や資本の取引に反対する論理が盛んにみられます。例えば、TPPで日本の工業は得をするかもしれないが、競争力の弱い農業は壊滅するといったものです。しかし、日本のような温暖な気候、十分な水資源と農地があり、勤勉な農民のいる国の農業が、なぜ自由な競争をすれば外国に負けるのでしょうか。こうした基本的な疑問をもつことも、グローバルビジネスを理解するための基本です(「反グローバリズムの克服」新潮社2014年)。

 グローバルビジネスに欠かせないものは英語です。英語は英国や米国の国語であるだけでなく、アジアの共通言語でもあります。母国語以外の言語を学ぶことは、それだけ世界が広がることを意味します。自分は英語ができないと勝手に決めつけている人が少なくないですが、米国では子どもでも話している英語を大人がまったくできない筈はありません。英語に訳することが難しいと考えるのは、元の日本語が曖昧な場合が多いのです。論理的な日本語なら、タテをヨコにするだけで英語になります。英語を使うことは、同時に日本語の質を高めることにもなります。

 外国人と話すと、日本での常識が通用しない場合があります。仕方がないのでいろいろ説明しようとすると、自分自身が自国の歴史や経済の知識を良く理解していないことに気づきます。他人の言うことを鵜呑みにするのではなく、自分で考える習慣は、「空気を読まない」外国人との交流で自然に高まります。受験英語ではなく、コミュニケーションの手段としての英語を楽しむことが、グローバルビジネスの基本です。英語と経済学の知識を身につけることは、グローバル人材への第一歩となります。

グローバル化時代に不可欠な「先の先」を理解する力

グローバル発想とビジネス
今井 章子
教授

  進展するグローバル化社会では、日本にいても海外にいても国際的なつながり抜きに生きていくことはできません。ということは、望むと望まざるとにかかわらず、誰しもグローバル社会に対して多少の責任と義務を負わざるを得ないということでもあります。

  具体例を挙げましょう。あなたは、今日自分が来ているTシャツがいくらであったか覚えていますか。ノーブランドの平凡なものであれば1枚500円もしないでしょう。

  でも、高校生のアルバイトが時給800円弱の時代に、いくら「激安」とはいえ時給以下のTシャツが日本にあふれているのは、妙な気がしませんか?日本国内で売られているTシャツのほとんどは、海外の綿花を使い、海外で染色・縫製されて日本にやってきます。1枚500円程度でも大量販売でなんとか儲けが出せるのは、日本よりも原材料費や人件費が安い海外で作られているからです。

  Tシャツのサプライチェーンには、綿花を育てている農民、綿糸・織機・染色・縫製のための工場とその労働者、輸出入業者、小売・流通業者などがあり、それらの工程が4、5か国にまたがっていることも珍しくありません。よりよいものをより安く、より早く流通させようとするのが、自由資本主義市場の前提ですから、それを求めて今後もサプライチェーンは伸びていくことでしょう。

  では、あなたは、「激安」商品を手にしたときに、その商品に関わっている人々や企業が「公正」な対価を受け取っているだろうか、ということを気にしてみたことはありますか。

  オックスファムなど国際NGOの中には、「価格」だけではなく「公正さ」も大事にする消費者を代表して、世界にまたがる工場のひとつひとつへ足を運び、実態を発表しているところがあります。その結果、途上国の一部では、狭くて暗い工場で7歳未満の子どもたちが長時間働かされていたり、工場排気や排水が近隣に垂れ流しにされているなどの深刻な人権侵害や環境破壊が起こっているケースが明らかになってきました。

  グローバル発想とは、自分の目の前には見えないけれど、Tシャツのように身近なものをきっかけに、「つながっている」先の先まで想像力と調査力を発揮して理解を深めることであり、今の時代に求められるリーダーシップとは、そのような発想を持って、多様な国や文化の人々を尊重しながら、ささやかな新しい一歩を仲間ともに踏み出す力を蓄えることです。グローバルな環境下でキャリアを積んでいく(それが日本の中であっても)、若いみなさんにとって、まちがいなく必要になってくる力です。

  昭和女子大学ビジネスデザイン学科で、現代ビジネス研究所に所属する現役のプロフェッショナルとの対話を通して、グローバルな発想とリーダーシップの在り方を学んでいきましょう。

『ビジネス5つの知』とは何か?

マーケティング戦略論
藥袋 貴久
准教授

  社会をより豊かにするためには、ビジネスにおいて新しい価値が創造され、世の中に供給され続けていかなければなりません。
ビジネスを行う企業は、顧客の視点に寄り添うことを出発点とし、グローバルな視野と経済社会の仕組みを理解することで、価値をつくりだす方向を見定め、人材や物財、情報、資金などのさまざまな経営資源が結びつけられた、組織の活動を通じて、顧客の「こころ」に答えようとします。

  ビジネスデザイン学科では、こうした価値を創造するビジネスの仕組みを、「顧客づくり」、「組織づくり」、「経営資源づくり」、「視野づくり」、「経済学的思考」からなる『ビジネス5つの知』という視点でとらえ、その基礎から応用までを体系的に学んでいただくために、さまざまな科目を用意しています。2年次前期に全員が留学する昭和ボストンにおいても、『ビジネス5つの知』を英語で学ぶプログラムを準備しています。

  グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科という名称には、「グローバルな視野で、明日のビジネスをデザインする人材を育てていきたい」という想いが込められています。ビジネスの学びは、実践的なものでなければなりません。大学生活の後半では、『ビジネス5つの知』で学んだ知識をベースとして、「ビジネス研究」や「卒論プロジェクト」など、ビジネス活動の実際に触れる機会も用意されています。

  ビジネスデザイン学科での学びを通して、私たちは、当事者意識を持って自ら課題を発見し、その解決策をデザインできる女性、めざすミッションの達成に向けて責任をもって行動し、着実に成果を挙げることができる女性、そして新しい価値の創造に楽しさを見出すことができる女性を、一人でも多く社会に送り出していきたいと考えています。