学科の特長

グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科

ビジネスを切り拓く人材を育てる新しい学科です。

 これからのビジネスには女性の力が不可欠です。特に、職場でキャリアを積み、必要な経験や知識、判断力を持って、リーダーシップを発揮できる女性が求められています。グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科は、これからのビジネス界でリーダーとして活躍できる女性の育成を目指します。いまやビジネスは国境を越えて、世界全体が一体化(グローバル化)し、ビジネスの舞台もまた、グローバル化しています。カリキュラムの特長は、ビジネス5つの知(顧客づくり・組織づくり・経営資源づくり・視野づくり・経済学的思考)の学びからビジネスセンスを磨き、ボストンで使える英語を身につけ、企業との協働プロジェクトに取り組む点。企業で働く女性から話を聞き、社会人メンターからアドバイスを受けながら将来の生き方を考えていくこともできます。目標は、将来に夢を持ち、自ら行動できるビジネスパーソン。何もかもが新しい、女性のためのビジネス学科です。

 

カリキュラムの特長

 画像をクリックして頂くとカリキュラム表が表示されます。

3つの柱で編成

カリキュラム全体の構成は、基礎スキル、ビジネス専門科目、英語の3つの柱です。基礎スキルでは、1年次にグローバルビジネス基礎演習(基礎ゼミ)を用意し、徹底したグループワークとレポート・論文の書き方演習等を通じて、大学で学ぶため、社会に出てから活躍するための基礎力を鍛えます。同時に「ビジネスコンピューティング」でITスキルも身につけます。ビジネス専門科目では、3年次以降、グローバル・ビジネス、ICTイノベーション、ビジネス・デザインの3領域の中から興味があるものを選び、集中的に学習します。

デュアル・メソッドで効果的に学ぶ

1年次にビジネスの「専門の基礎」を学び、2年次に留学先のボストンでビジネス・プログラムを、今度は英語で学びます。これが学科独自のデュアル・メソッドです。講義レベルは同等ですが、繰り返し学習することで効果を高め、国際的な視野を広げます。

少人数クラスできめ細やかに指導

入学後から、集中した少人数教育を行います。一人ひとりに目が届くきめ細やかな指導で、基礎から応用まで段階的に習得しながら実力をつけていきます。たとえば英語の1年次は、レベル別・少人数クラスを学期ごとに編成。短期間で効果的にレベルアップを目指します。

社会人と一緒にプロジェクト研究

学生チームと企業や団体が協働で行うプロジェクトの活動拠点が「現代ビジネス研究所」です。企業から研究テーマを募集し、一般公募で選ばれた経験豊かな社会人研究員がサポートします。学生は実社会とつながりながら、現場の厳しさと楽しさを体感します。

社会人女性300人があなたの相談相手に

学生のメンター役として、本学に300人の一般社会人女性が登録しています。メンターとは、知識やスキル、経験などが豊富で、仕事や人生に有意義なアドバイスや支援をしてくれる人のこと。職業、年齢、経歴も多彩なメンターは、働く女性のお手本。希望条件で検索し相談すると、自分の経験を生かした助言や指導を個別にしてくれる仕組みです。

この学科で取得を目標とする資格・検定

公認会計士 税理士 司法書士 行政書士 不動産鑑定士 宅地建物取引主任者 社会保険労務士 中小企業診断士 販売士 ファイナンシャル・プランナー[AFP・CFP®] ビジネス実務法務検定試験® 法学検定試験 日商簿記検定試験 実用英語技能検定 TOEICテスト MOSなど

めざすフィールド
就職先
金融・保険 食品製造 食品流通 NPO・NGO 観光・ホスピタリティ分野 農業・環境関連分野 ファッション関連分野 ICT関連分野 デザイン関連分野 ヘルスケア関連分野 サービス産業 フードサービス エンターテイメント関連分野 コンサルティング 家業承継 起業など
進学先
昭和女子大学大学院 MBAコースなど国内・海外の経営・経済系大学院など