エフエム世田谷に訪問しました! [2018年07月13日(金)]

昭和女子大学 初等教育学科 朝小サマースクール広報班の西村です。
7月13日に用賀駅にスタジオを構えるエフエム世田谷さんに訪問させていだだきました。メンバーは広報班西村、畠山、リエゾンセンターの野口さんです。

朝小サマースクールin 2017では、朝小サマースクールの宣伝をさせていただき、世田谷区に住む小学生にも足を運んでいただいたということで、今年も宣伝のお願いとワークショップ出展のご協力のお願いをしに行きました。

初めてラジオスタジオに足を入れ、スタジオ見学させていただきました。実際に生放送中のスタジオも少し見学させてさせていただきました。


実際にスタジオにて📷

なんと今月の30日に開局20年のエフエム世田谷さん!!!20周年の記念放送などでお忙しい中、ご協力していただきました。本当にありがとうございました!


DJせたハチと一緒に📷

生放送を行う日程はまだ未定ですが、決まり次第報告します!放送をお楽しみに!!!

世田谷美術館を訪問しました! [2018年07月06日(金)]

日本語日本文学科2年の加藤綾乃です。7月6日、世田谷美術館を訪問しました。
橋本善八学芸部長に、展覧会開催についての講義をして頂きました。美術館の組織のしくみや、学芸員として展覧会をどのように開催するか等、大変貴重なお話を聞くことができました。展覧会を構成するためにどのような能力が必要か、というお話が1番印象に残りました。展覧会までのスケジュールが遅滞したときのリカバリー能力も求められているのだと学びました。

私は昨年度から引き続き本プロジェクトに参加しており、学芸員過程を履修しています。昨年度プロジェクト型協働インターンシップを1年間経験し、学芸員課程の勉強を進めることで、昨年度よりも深く講義内容を理解出来たと感じます。
講義後、橋本学芸部長に講義について、また世田谷美術館で行われる展覧会について等の質問メールを送らせて頂いた所、とても親切に丁寧に答えてくださりました。その後世田谷サービス公社の方々、セタビカフェの土佐谷店長にご挨拶をさせて頂きました。

この講義で各々が学んだことを、美術館カフェのプロデュースにも活かしていきたいと思います。

東京ビックサイト展示会 [2018年07月06日(金)]

こんにちは。ビジネスデザイン学科1年の南郷、土田です。先日7月6日(金)に、東京ビックサイトで開催された第10回販促Expo(夏)で、インターンシップ研修先である加藤紙器製作所さんの展示ブースを見学してきました。

加藤紙器製作所さんのブースでは、発注を受けている商品を入れる貼箱を始め、お客様のニーズに合わせて工夫された物入れやお道具箱などが展示されていました。

加藤紙器製作所の社員さんが展示品の説明をしてくださって、見るだけでは分からない箱がどのように作られたのかがわかりました。また、普段何気なく使っている「紙」でも、作り方などを1つ1つ変えることで、お客様の要望に応えることができると知り、紙の面白さを実感しました。
 
他にもたくさんの会社が出展していて、いくつかの会社からは資料やサンプル商品を頂きました。今回この展示会に参加するまでは知らなかった会社が多くあり、会社それぞれにお客様のニーズに応えるための工夫がされていて、展示ブースを通して、それを実感することが出来てとてもいい体験になりました。

東急電鉄との打ち合わせに行ってきました! [2018年07月06日(金)]

朝小サマースクール 広報班の畠山です。
朝小サマースクー2018では東急電鉄とのワークショップも企画しています。

1回目の打ち合わせ後はメールでやり取りをしていましたが、本日は当日参加していただく駅係員の方も含め、三軒茶屋駅務室を訪ね、ワークショップの内容について打ち合わせを行いました!
大学の最寄りでいつも使っている駅ではありますが、普段は絶対見ることのできない駅務室の中に入ることができ、とても貴重な体験でした。
今回の打ち合わせに参加したメンバーはリエゾンセンターの野口さん、広報班の西村と畠山です。

はじめに朝小サマースクールの概要を説明し、次にワークショップの内容について詳細を決めていきました。そのなかで駅員さんたちの日常や東急電鉄さんならではのユニークな取り組みが行われていることを知り、メンバー一同声を合わせて「え!!」と驚きました。
その内容もこのSLABOに今すぐ載せてしまいたいところですが、、、、朝小サマースクール 当日のクイズで出題予定のためまだシークレットです㊙️

↑↑↑さて、一体なんでしょうか??答えは8月8日、昭和女子大学1号館5S36で!

その後は当日お借りするモックアップを実際に見せていただき寸法を測ってきました。
こちらは三軒茶屋駅の駅員さん方と📸

東急電鉄を含めそれぞれのワークショップも徐々に形が見えてきたところです。朝小サマースクール 本番まであと約一ヶ月。まだまだ準備することはたくさんありますが、ワークショップ班と広報班、メンバー全員の力を合わせて頑張っていきたいと思います!

2018年度 第一回ミーティング [2018年06月27日(水)]

環境デザイン学科3年の植松です。
2018年度最初のミーティングを開催し、メンバー各々自己紹介や決意表明をしました。お互いに初めて顔を合わせる人が大半ですが力を合わせてこのプロジェクトをより良いものにしたいと考えています。
下記はメンバーの一言です。

「人前で話すことの苦手意識を克服し、自分の意見をしっかり伝えられるようになることとラジオを聞いてくださる方々に新しい発見をしていただけることが目標です。」
環境デザイン学科3年 西山綾夏

「キックオフミーティングに参加してみて、まだまだ活動はこれからですが精一杯頑張ろうと思います。
世田谷区民としても、自分の住む街をもっとよく知って地域活動に参加していきたいです。」
現代教養学科2年 内山蒼

「普段見ることのできないラジオの内側を知り、なおかつ発信するという経験ができるのが楽しみです。」
現代教養学科2年 近藤菜々子

「初めてのプロジェクトで緊張しますが、精一杯頑張ります。」
環境デザイン学科1年 田中さくら

学内販売試食会 [2018年06月21日(木)]

こんにちは。歴史文化学科3年の竹生瑠です。今回は、学内販売の予告です。現在、教員の方向けの学内販売を予定しています!
「日本酒でつけた曽我梅林の梅酒」や、おつまみにも合うお菓子類も追加しております。「神奈川県銘菓 曽我煎餅」は、普通のお煎餅と違って固くないので、サクサクとした食感とスッキリとした味わいがあり、とてもオススメです!

また、下曽我の特産品である梅や昨年好評だったみかんを使った商品を今回も沢山ご用意しています。
販売する商品を厳選し、早速商品の試食を行いました!

申し込みフォームは、7月4日開設予定です。
どうぞお楽しみに!

ランチミーティング [2018年06月21日(木)]

6月21日木曜日の昼休みにランチミーティングを行いました。

いよいよプロジェクトが本格的に始まりました。今回は個人で三重県多気町のホームページや三重テラス 日本橋のホームページなどを見て、気がついたことや改善したら良いこと、もっとこんな情報があれば多気町のことを知ってもらえるのではないかなどを事前にまとめ、メンバーで発表し合い、情報の共有を行いました。

次回はアンテナショップな物産店情報の共有したり、イベント企画の提案を行う予定です。
今回メンバーで共有した情報や実際に他県のアンテナショップに行って見たりして、どうしたら多気町の魅力を多くの人に知ってもらえるかを考えていきたいです。

第2回 三社合同企業説明会(KARAFURU・リリムジカ・ぱれっと) [2018年06月13日(水)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年の大橋です。6月13日に、インターンシップ研修先としてお世話になる、KARAFURUさん、リリムジカさん、ぱれっとさんをお招きして、どのような活動を行っているのかについて、お話を伺いました。

KARAFURUさんは、日本の伝統工芸を取り入れたアクセサリーの販売を行っています。日本の伝統工芸がこうして受け継がれていくことは素晴らしいと思いました。女性起業家として新しい事業を展開したお話もしてくださり、大変興味深かったです。

リリムジカさんは、高齢者に音楽を届けると同時に、施設全体を明るくするというプログラムを提供しています。実際の音楽プログラムの様子をビデオで見せていただくと、高齢者の方々が笑顔で生き生きと歌っている様子が伺えました。

ぱれっとさんは、知的障がいのある方がほかの人と変わりなく生きていけるように支援しています。「おかし屋ぱれっと」や「工房ぱれっと」の就労支援など、障がいのある人が自立して社会で生きやすく暮らせるように、様々な支援を行っていることが分かりました。

インターンシップではソーシャルビジネスや地域伝統産業の課題について学べるように頑張りたいと思います。

第1回ワークショップ [2018年06月08日(金)]

6月8日に多気町役場から担当職員の方にお越しいただき、三重県多気町の紹介と特産物の試食会を行いました。

多気町は三重県の真ん中、北は松阪、南に伊勢が位置しており豊かな自然を生かして数多くの特産品が生産されています。

今回は伊勢茶、しそもち、ときび餅、伊勢いもカステラ、椎茸せんべいを試食しました。どれもなかなか東京では手に入らない商品だと思います。特にしそもちは中はあんこで周りがしそでくるまれておりあまじょっぱくとてもおいしかったです。
 
椎茸せんべいもしっかりと椎茸の風味がついていて1度食べ始めると止まらなくなってしまいます。この他にも松坂牛や前川次郎柿、お米も有名でふるさと納税の返礼品としても送られています。

しかし生産数量に限りがあること、農家の後継ぎがいないこと、また実際私達も今回初めて特産物を知ったものが多くなかなか多くの人に知れ渡っていないことなどの課題もあります。

今後はミーティングやイベント企画、夏のインターンシップを通してさらに多気町の良さを知り魅力を発信していきたいです。三重県多気町応援プロジェクト、本格的に活動始まります!

第1回インバウンドツアー説明会 [2018年06月07日(木)]

歴史文化学科3年の栗栖光夏です。
7月に行うインバウンドツアーについて、参加者予定者に説明会を行いました。説明会の準備として、申込書やポスター、パワーポイントの作成などをしました。出来上がった申込書を見た時は、いよいよこのプロジェクトも終盤に差し掛かっているのだなと実感しました。

今回のツアーには様々な国から8人の留学生が参加をして下さいます。このツアーの目標は留学生が帰国した際、大切な家族や友人を鶴岡に連れていきたいと思ってもらう事です。そのためには、しっかりとした準備をして実行する必要あると感じます。ツアー開始日まで残り僅かですが、栞や英語表記などに力を入れて頑張りたいと思います!