2015年8月

FM世田谷:第1回ラジオ収録 [2015年08月26日(水)]

今回のプロジェクトのオープニングとして、昭和信用金庫の神保理事長と、昭和女子大学の坂東眞理子学長との対談が決定し、8月26日にラジオ番組収録が行われました。
1
場所は昭和信用金庫北沢本店の一室。神保理事長と坂東学長が向かい合わせに座り、機材を操作するFM世田谷のプロデューサーとディレクター、カメラを構える報道の方々や昭和信金の関係者の方々等、ものものしい雰囲気に包まれる現場で、プロジェクト・メンバーの学生6名も緊張した面持ちで見学に参加しました。
神保会長の質問に対して、坂東学長は間を置かずに的確に返答され、停滞することなく続く応酬に圧倒されました。学生たちも、自分たちが収録の現場に立つことを考え、様々な課題を見つけたようです。(福田)
 
[学生のコメント]
今回のラジオ収録見学では、坂東眞理子学長と神保理事長、お二方の世田谷という地域に対する考え方や教育に対する熱い理念を知ることが出来ました。私もその昭和女子大学の生徒の一人であることを嬉しく思い、身の引き締まる気持ちになりました。 また、インタビューの際の間合いの取り方や相づちの打ち方など、ラジオの雰囲気が少し掴めました。 次回の研修ではディレクションの方法やトークについて詳しく教えて頂けるということで、楽しみにしております。(ビジネスデザイン学科3年 西浦 美月)
—————-
昭和女子大学坂東学長と昭和信用金庫神保会長の収録を見学させていただきました。約30分ほどで行われ、とても早く終わりました。今回のように素早く収録するためにも台本作りはとても大切だと実感しました。次回の収録が私達の番組作りの第一歩になります。まずその台本をこれからしっかりと考えていきたいです。(現代教養学科2年 宮田 佳奈実)
—————-
ラジオづくりにおいて、原稿は非常に重要なものなのだなと感じました。
時間も気にしなくてはならないし、多くの細かなことに気を配らなくてはならない非常に繊細な作業、という印象を受けました。
そして、これらの作業が聞き手にとって、より快適なラジオを届けることに繋がるのだと感じます。これからのラジオづくりで、より多くの知識を学ばせて頂ければと思います。
(ビジネスデザイン学科3年 増田 佳穗)
—————-
初めて、ラジオの収録現場を見学して私達がこれから作っていく番組の大まかなイメージを想像することができました。現場の張り詰めた空気の中で行なわれた収録は、これからどのように編集され完成されていくのか放送が楽しみです。また、我が校の学長であられる坂東眞理子先生と昭和信用金庫さんの神保理事長との対談は大変素晴らしいものでした。昭和女子大学で何を学んで行くべきか、これから社会へ出て行く女性の在り方など学ぶことが沢山ありました。(環境デザイン学科2年 寺山 未那子)
—————-
本日は収録の様子を見学させて頂きましたが、自分たちが計画・収録をしていくイメージが少し出来たと思います。
また、神保理事長・坂東学長の貴重な話を聞いて、昭和女子大学での過ごし方、女性として社会で生きていくことを深く考えさせられました。(日本語日本文学科3年 沢田千菜美)
—————-
 
第1回ラジオ収録
8月26日(水)16時~ 昭和信用金庫北沢本店
出席者:沢田千菜美・宮田佳奈実・寺山未那子・齋藤祥子・西浦美月、増田佳穗、福田淳子

夏休み特別企画第2弾:夏休みの宿題確認 [2015年08月21日(金)]

前回も来てくれた生徒、今回初めての生徒、妹さんなど、合わせて4名が参加してくれました。

皆さん、ほとんどの宿題を終わらせていて(優秀です)、どうしてもわからないところだけ教えてほしいと持ってきました。
 
その内容は…”税”についての感想文(1200字)。これはなかなか難しいお題ですね。学生も”税”に関する資料など調べながら、日本の税や文章の組み立て方などを解説しました。
 
他には1次関数や漢字など。数式自体は解けるのですが、文章題を理解するのが難しく、読解方法を解説しました。
学生の皆さんも説明することの難しさを学んだようです。各々自分の課題を持って、10月3日から本格的に始まる「まなびの広場」の準備をします。
 
お姉さんが勉強中に、妹さん(アンジェリーナちゃん)は最近始めたバレエの練習。ハスさん(院生)も一緒にストレッチをやらされて、ヘトヘトでした。
 

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <10> [2015年08月09日(日)]

Z会おもしろ理科実験 虫眼鏡カメラを作ろう!
虫眼鏡と紙だけで自分だけのカメラを作ろう!
どんな景色が見えるかな?
 
 

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <9> [2015年08月09日(日)]

今日の午前の講演は、「林家たい平さんの親子落語塾」。始まる前に、プロジェクト運営委員会のメンバーと一緒に記念撮影!ちょっと緊張しました。

講演の司会は、初等教育学科3年 堀さんが担当しました。
 
話の中で、京扇子と江戸扇子の違いが説明されました。どこに違いがあるでしょう?
落語を楽しむには、想像力を働かせて、自分の頭のスクリーンに映像を浮かべてみようの説明に納得!
 
参加した小学生は、扇子と手拭いでいろいろ表現できることや日常を丁寧に観察して落語に活かされていることに、感動していました。
最後にご披露くださった落語の閉め方も面白く納得しました!

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <8> [2015年08月09日(日)]

朝小サマースクール 福祉社会学科ワークショップ
「目の見えない世界を体験しよう!」
福祉社会学科ワークショップを担当されていた南野先生からコメントをいただきました。

点字は「なんとなく知っている」という小学生や保護者の方がほとんどでしたが、点が文字となり、自分の名刺が出来上がっていくとどんどん点字の世界に引き込まれていました。
何人かの子どもたちは再び来場して、点字を作っては何度も触り、また何人かの子どもたちは、「ぼく点字の(器具)ほしい!これどこで買えますか?」と聞きに来ました。
子どもがもつ新しい世界への豊かな探求心に触れることができた、楽しい時間でした。
 

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <7> [2015年08月09日(日)]

学生食堂ソフィアでは学生が考案したH&B(ヘルス&ビューティー)ランチを食べることができます。
本日のメニューはお魚でできたコロッケ「ぎょぎょっと魚ろっけ」です。
レシピも配布していますので、食べに来てくださ~い!
 
 

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <6> [2015年08月09日(日)]

ギネス世界記録を2つ持つ「縄跳び道場」師範、SADA先生による「リフティング縄跳び」
残念ながらギネス記録更新はできませんでしたが、皆さんに感動を与えてくださいました。
また、隣の教室ではSADA先生が縄跳びのデモンストレーションを行ってくれました。
SONY DSC SONY DSC

facebookでは動画もご覧になれます。
クリック

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <5> [2015年08月08日(土)]

小学校対抗“豆つかみ”ゲーム大会
オーロラホールでは、フジッコ株式会社主催による豆つかみゲーム大会が開催されていました。事前に選ばれた小学校8校が、3人1チームで挑戦!
本学の附属小学校も参加!おしくも優勝は逃しましたが、会場は大盛り上がりでした。
SONY DSC 

また、3S08教室では豆つかみゲームにチャレンジできるイベントを行っていました。
SONY DSC 

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <4> [2015年08月08日(土)]

ハンドくん(12歳)とディビッドさんの楽しい大道芸
ディビッドさんは本学の英語コミュニケーション学科の教員です。今日はノリノリのトークとハラハラドキドキのジャグリングという意外(?)な特技を披露してくれました。そしてディビッドさんにはある秘密が...。
SONY DSC

SONY DSC
髪が...

SONY DSC SONY DSC

SONY DSC
担当した内山さん、志摩先生と記念撮影!

朝小サマースクール in 昭和女子大学 2015 <3> [2015年08月08日(土)]

朝から小学生たちが並んでいたリアル恐竜体験ライブショー「DINO-A-LIVE」。
全長6mの肉食恐竜アロサウルアスが現代によみがえりました。
迫力ある臨場感にドキドキしながら、アロサウルスと対面でした。
SONY DSC SONY DSC

facebookでは動画もご覧になれます。
クリック