2016年2月

来週はいよいよ結果発表 [2016年02月20日(土)]

英語コミュニケーション学科1年佐藤です。
本日のボランティア学生は3名、生徒はクリスティーナです。

数学のプリント、相似、面積比、体積比の問題を解きました。
解き方は頭に入っているのですが、問題文が難しく遠回しの表現で書かれているので、わからなかったのですが、最後には理解出来るようになっていました。クリスティーナはすごく頑張ってます!
先日受験した試験の英語は、600 Wordsを50分で書く英作文が出題され、時間が足りなくて正しい書けなかったと話してくれました。

試験の結果発表は来週の月曜日とのこと。合格しててほしいです!
来週のまなびの広場で吉報をお待ちしています!

プロジェクト型協働インターンシップ成果報告会 [2016年02月18日(木)]

早いチームは昨年3月からスタートしたプロジェクト型インターンシップ、学生27名が参加しました。
関係者の皆様のご支援のもと、無事全てのプロジェクトを進めることができました。学生の活動にご協力くださいましたことを感謝いたします。

本日は、プロジェクトの最後にあたり、学生が約6か月間に渡る取り組みと成果を発表しました。個性ある5つのプロジェクトに協働していただいた企業やアドバイザーも出席し、ご挨拶いただきました。
 
 

第二部の懇親会では和やかなムードで、学生が企業担当者やアドバイザーと歓談する姿が見られました。
 
 
 

インターンシップに参加した学生は、それぞれが企業の実情を知り、これから社会に出ても役立つ貴重な体験ができたと実感しています。
学生の皆さま、長期間に渡るインターシップ、お疲れさまでした!
 
 

2015年度プロジェクト型協働インターンシップ
(1)朝小サマースクール実施プロジェクト<朝日学生新聞社>
 
(2)東北を元気にする情報誌を作ろう!<城南信用金庫>
 
(3)特許からアイデア商品を提案Aチーム<富士通×城南信用金庫>
 
(4)特許からアイデア商品を提案Bチーム<富士通×昭和信用金庫>
 
(5)FM世田谷「商店街東奔西走」番組制作<FM世田谷×昭和信用金庫>
 

世界に一つだけの賞状 [2016年02月16日(火)]

知財活用アイデア西日本大会(12月12日)で最優秀賞をいただき、当日会場で渡されたのはダミーの賞状(それでも普通の賞状でした)でした。
そして副賞とも言える西陣織の賞状がついに納品されました。

 
受賞大学が決定してから作製にあたったこと、また年末年始と重なったことに加えて、紋図(=織るための設計図に近いもの)作成や織りなど製作工程が分業化されているため、完成までに約2か月間かかりました。

 
その西陣織の賞状を持って坂東学長にご報告に伺いました。チーム・トルストイは15日の学長講話でも「Students of the Year」をいただき、2日連続で坂東学長から賞状を手渡され、学生たちは大喜び!

 

 


この世界にたった1つの賞状は地域連携センター受付でご覧になれます。