2016年9月

くしびき産直 [2016年09月29日(木)]

健康デザイン学科1年天野です。
 
9月29日、産直あぐりの東京での販売会「くしびき産直」での販売体験をしました。朝は雨が降っていたにも関わらず販売開始予定の9時よりも前に続々とお客さんが訪れてきました。私たちは最初は何をすれば良いのかわからずあたふたしてしまいましたが、やっていくうちに慣れてきて最終的には「学生さんたちに手伝ってもらってよかったね」と言っていただきとても嬉しかったです。
販売会は大盛況で初めにはたくさんあった野菜や果物は終わる頃には売り切れてしまいました。
 
今回の活動では人気商品の傾向などが分かり、現地の方のお話も聞くことができました。この経験も生かしながらコラボ商品開発に向け頑張っていきたいと思います!
ちなみにこの「くしびき産直」は年5回神楽坂・毘沙門天前で行われています。旬の野菜や果物、お米などが販売しているので是非足を運んでみてくさい

鶴岡ガストロノミー・フィールド・ミュージアム9月研修 [2016年09月24日(土)]

鶴岡を知り、親しくなるために、研修鶴岡にやってきました。

福祉社会学科2年の坂本百合菜です。
山形県鶴岡市に3日間行ってきました!新鮮な空気に新鮮な食べ物、出会う人皆があたたかい方ばかりでした( ´﹀` )
今回初めて鶴岡市に行って、稲刈り体験やイカの一夜干し体験、正式参拝や山ぶどう収穫体験などの貴重な経験を沢山させて頂きました!体験すること全てが初めてで、色々な事を学び充実した3日間を過ごすことができ、何より最高に楽しかったです!
このプロジェクトはまだまだ続きます!今回の経験を次に繋げていき、頑張りたいと思います!関わった皆様、本当にありがとうございました☺また宜しくお願い致します!

ビジネスデザイン学科1年の佐々木里奈です。
鶴岡の沢山の食材は1つ1つ見た目も味も体への効果も異なっていて美味しかったし面白かった。初めての体験も多く出来、これから活動を通して鶴岡の人と深く関わっていきたいし、鶴岡のことをもっと知り魅力を存分にアピールできる楽しいビジネスプラン考えたいと思った。

現代教養学科、2年の中川有梨花です。
私は、今回が初めの鶴岡訪問でした!想像以上に畑や田んぼ、山が広がっていて東京との景色の違いをすごく感じました。『食文化創造都市』である鶴岡での食事は、作っている方々の愛情や技術だけでなく、昔からの歴史や伝統や知恵が深く関わっているという事を学ぶ事が出来ました。次の訪問でも貴重な体験を通して鶴岡の良さを発見していきたいです!想像と違って、精進料理食べやすくて本当に美味しかったです

現代教養学科2年の大下泰世です。
今回は初めて山形県を訪れました。山と海に囲まれた山形県は、とても景色が綺麗で見とれてしまいました。都会では見ることのできない大自然を目の当たりにできたことはとても貴重でした。また、稲刈り体験や山ぶどう狩りなど、普段できない体験もさせていただきました。都会で生活しているうちに忘れかけていた食への有り難さや、尊さを身に染みて感じました。2泊3日という短い時間でしたが、得た物は山ほどあり、私たちのために協力してくださった鶴岡市のみなさんに感謝しています。ありがとうございました。

現代教養学科2年の三宝由香です。
初めての鶴岡は、想像以上にとても良いところでした。海、山に囲まれた自然豊かなところで、昔から引き継がれている伝統や歴史も感じました。これから、もっと鶴岡のことを知り、鶴岡の良さをより多くの人たちに知ってもらいたいと強く思いました。3日間、大変お世話になりました。ありがとうございました!

英語コミュニケーション学科3年椎名舞子です。
鶴岡市は昔からの伝統が根強く残っていて、家庭料理や出羽三山の精進料理に関するお話を聞くことで古くから食に重きを置いているということがよく分かりました。精進料理は長期保存を目的として、多くの食材が工夫して保存・調理されていました。またとても興味深かったのは、出羽三山で行われる100 日間の山伏修行です。これは自然と人間との共生を体験することで自らを見つめ直すというものです。実際に体験された方からお話を聞くことや、これから修行に出る人を見ることで、神聖で地元の方々に大切にされている伝統行事であるということを学ぶことができました。
このインターンシップは2月まで続くので、これからも多くの人との出会いがあります。一つ一つの出会いを大切にして、鶴岡市の方々から引き続きインバウンドツアーを考えるにあたってのヒントを得ていきたいと思います。

日本語日本文学科2年尾形陽花です。
自然が豊かなだけでなく固有のその土地ならではのものが、残っており、地域にも根付いていることに感動しました。しかしどの産業においても、後継者問題が浮上している点をなんとかしたいと感じました。また、せっかく素晴らしいところなのに東京など都市からのアクセスの悪さ、鶴岡を知らない人が旅行プランを立てることの難しさを感じました。

美術館カフェ巡りの報告会 [2016年09月23日(金)]

こんにちは!日本語日本文学科1年の泉藍子です。
9月1日、4回目のミーティングを行いました。
夏休み中にメンバーが手分けをして11か所の美術館カフェを巡り、各自が調査したカフェについての報告会と、今後のスケジュールを立てました。
報告会ではメンバー7人各自が色々な視点で調査し、写真やイラストを交えて発表しました。お客様の年齢層やメニュー、価格、コンセプト、居心地の良い空間づくりに関する工夫などの様々な発見がありました!
今回の情報収集で得たことをセタビカフェのプロジェクトにどんどん活かしたいと思います(*^^*)

スケジュールについては、利用者へのアンケート調査方法を話し合い、イベントや広報について次回までに各自がアイデアを考えておくことになりました。
アンケート実施の準備と年度内に行う企画を同時に進めるのは大変難しいですが、良い提案ができるよう頑張ります。

もうすぐ中間テスト [2016年09月21日(水)]

初等教育学科1年の佐々木ひとみです。
9月17日、エミちゃんが、もうすぐ中間テストということで、社会(地理)の問題集を一緒に解きました。

問題文を読んで、教科書の中から該当部分を自分で探せるようになりました。読めない漢字や文章の意味を掴みきれないところは、解説しました。
1学期の頃に比べると漢字が書けるようになっていて、成長が感じられて嬉しかったです。

株式会社三恵を訪問しました [2016年09月20日(火)]

9月20日に㈱三恵を訪問し、収録にむけてのインタビューを実施しました!プロジェクトメンバーの感想を紹介します。
 
*現代教養学科3年の花田桃子です。今回、株式会社三恵の社長であり、三軒茶屋銀座商店街の理事長である飯島さんにインタビューをし、とても貴重なお話を聞くことができました。商店街とは何か、現在の三軒茶屋の商店街の実態や取り組みについて知ることができました。今回のインタビューを元に素敵なラジオ番組を制作していきたいです。

*現代教養学科2年の中村文香です。今回お話を聞いて、「三軒茶屋」というブランドを活かした地域の振興活動をなされているなという印象を受けました。日本の商店街が衰退していく中で、三軒茶屋の商店街が変わらず活気に満ち溢れているのは飯島氏をはじめとした商店街の方々の努力があってこそなのだなと感じました。今回のラジオではそのような商店街の方の頑張りをリスナーの方にお伝えできたらなと思います。

*現代教養学科2年の近藤慶です。今回飯島さんのお話を聞いてみて、飯島さんの三軒茶屋に対する強い思いや深い考えを聞くことが出来ました。ラジオ放送を通して、より一人でも多い人に三軒茶屋の魅力を伝え、三軒茶屋が賑わってくれればいいなと思いました!!

*歴史文化学科3年の秋山眞美です。本日は三軒茶屋銀座商店街 理事長の飯島様にインタビューさせて頂きました。三軒茶屋銀座商店街の取り組みや商店街の今後についてなど様々なお話を伺えました。数回しかインタビューの経験がない私にとってこの機会は非常に貴重なものになったと思います。緊張して、質問したいことが上手く言葉にできませんでした。また、話に広がりを持たせることが難しく、前段階の調査の大切さを痛感しました。今後は今回のインタビューをもとに原稿作りに取り組みます。情報を正しく伝えることを心掛け、楽しい番組作りができればと思います。

第一回ブラッシュアップ会 in 駒澤大学 [2016年09月20日(火)]

心理学科3年の坂本成実です。
7月20日、駒澤大学にて第一回ブラッシュアップ会が開催され、私たちのチームも参加しました。
 
自分たちの発表をしたり、駒澤大学チームの発表を聞いたりして、いまのアイデアではまだ足りないものが多いことが分かりました。
 
富士通様、昭和信用金庫様からの意見を取り入れ、よりよいアイデアを作り出せるよう皆で力を合わせていきたいと思います。

地場産業共創プロジェクト現地研修 [2016年09月16日(金)]

プロジェクト参加学生8名とアドバイザー教員が、9月16日に現地研修を実施しました。
全員のスケジュールが合うのが一日だけだったので、日帰りという厳しい状況のなかで、産直あぐりのある山形県鶴岡市に夜行バスで早朝到着のブドウの収穫や加工場の見学等、鶴岡市櫛引地区にある産直あぐりでお天気に恵まれた楽しい研修だったようです。

健康デザイン学科1年の天野美穂です。
初めて鶴岡・産直あぐりに行き、現地の方々とお話しすることができました。皆さんの鶴岡を盛り上げたいという熱意を感じ、私も全力で取り組んで力になれるように頑張りたいと思います。

現代教養学科1年の高島菜月です。
帰路の電車で夕食に産直あぐりに作っていただいたお弁当を食べて、コラボ商品としてお弁当を作ることはないと思いますが、冷めても美味しいお弁当に鶴岡のフルーツを使ったデザートが入っていると、鶴岡らしさが出てより良くなると思いました!
 
心理学科3年の水谷葉留香(リーダー)です。
今回のプロジェクトでは、改めて鶴岡の食材の魅力を感じると共に、その美味しい食材を育てるだけでは生計を立てられず、兼業する人がほとんどである農家の厳しさを見ることができました。
お弁当の中で特に印象に残ったものは、とうもろこしとおにぎりです。とうもろこしは普段東京で見かけるものよりも白く、デザートにしても良いと思えるほど甘かったです。また、おにぎりは、何も具が入っていない白いおにぎりがありましたが、お米本来の甘さで味付けをせずとも、十分においしく感じられました。どちらも、食材そのものが美味しいからこそできる料理であると思いました。
 

エフエム世田谷での研修会 [2016年09月15日(木)]

現代教養学科3年の佐藤梨奈です。
9月15日に「ラジオ収録・編集の研修会兼見学会」ということで、エフエム世田谷を訪問。
今回のインターンシップを進める上で必要な、番組作りの基礎を教えていただきました。

前半はまず、FM世田谷がどういった番組を制作しているのかを学びました。
世田谷区民に伝えるラジオ局であるため、区民の方がテーマ決めから、トーク、 録音、
編集まで担当する番組もあるそうです。
そういった地域に根ざした取り組みが素晴らしいと感じました。
番組制作に入る前の講習で、実際にそういった区民の方も使用しているという
教材資料をいただき、心構えやディレクターの役割、公共放送の気をつけるべき点などを
学びました。

後半は実際にスタジオに入らせていただきました。一人ずつ自己紹介を録音する
作業を行ったり、パーソナリティとディレクターの役割を 交代で行い、キュー出しや
音の調整のやり方を覚えました。
最後に録音した自分の声を聞いて、リスナーの方が聴きやすい話し方にするには
どうすればいいか、考えました。
私は語尾が上がる癖があることに気づいたので、本番の収録のときまでに改善します。

今日の研修でラジオ局でのお仕事のイメージが具体的になりました。
今日学んだことを本番で生かしたいです。

エフエム世田谷番組制作-第2回放送 [2016年09月01日(木)]

growあっぷSETAGAYA副代表の宮田佳奈実です。
8月に「Campus Tune @Setagaya」の収録をし、先日エフエム世田谷で放送されました。

今回は大学から少し遠くの世田谷を体感してコーナーを作りました。ラジオ制作にも徐々に慣れてきて、こうして体験談や自らの感想を音声にしてお届けできることはとても嬉しいし、またとないことだと思いました。

次回の放送は11月23日(水)12時30分から13時00分を予定しています。エフエム世田谷のHPからもご視聴できます。
—–
growあっぷSETAGAYA
日本語日本文学科3年 石川みのり(代表)
現代教養学科3年 宮田佳奈実(副代表)、
現代教養学科2年 森美香子、靏戸みゆき
—–
♪エフエム世田谷 83.4MHz http://www.fmsetagaya.com/
『Campus Tune @ setagaya』