2017年7月

小田原市役所観光課へ訪問 [2017年07月25日(火)]

7月25日に、プロジェクト担当教師の大谷津先生と、プロジェクトを代表して歴史文化学科3年の湯垣真唯で、小田原市役所の観光課を訪問させて頂きました。
観光課長の武井さんと観光振興係の足立さんと共に、合計4名で話し合いを進めていきました。
話し合いの内容は、私達曽我の里応援プロジェクトの活動についての説明と、今月26日から小田原で行われる「小田原風魔まつり」についてです!
有り難いことに私達曽我の里応援プロジェクトも風魔まつりで出店させて頂くことになり、今回は主に風魔まつりについての話し合いを行うことで方針や出店内容について固めていきました。
また、観光課では「『北条五代』を大河ドラマに!」というスローガンを掲げ、北条五代をモチーフに可愛らしいキャラクターが作られていました。

曽我の里応援プロジェクトでも、曽我兄弟のキャラクターを作り、曽我の里に伝わる曽我兄弟をより親しみやすい存在にする活動を行っています。
見習うこと、学ぶことが多い、とても実りある訪問になりました。
観光課の皆様ありがとうございました。

FM世田谷に出演します! [2017年07月22日(土)]

国際学科2年 米村真結です。
私はイベントを企画して、運営することに興味があるため、朝小サマースクール実施プロジェクトに参加しました。
朝小サマースクールとは、朝日学生新聞社が主催する朝日小学生新聞の読者が夏休みに様々なワークショップに参加できる体験型イベントです。
今年は10周年を迎え、昭和女子大学で開催されるのは、5回目です。今年は8月5日(土)の開催で、ゲストにさかなクンも出演してくださいます!

私たちは3月に朝日新聞本社を見学し、新聞ができる工程を学びました。新聞・マスメディアなどの座学を受けた後、広報チームとワークショップチームにわかれ活動しています。
私は広報チームで地域との連携を考え、三軒茶屋の商店街やエフエム世田谷様、東急電鉄などとコラボさせていただきます。

エフエム世田谷に私たちの企画を持っていき、なんと7月26日(水)9時45分からの「What’s UP Setagaya」に出演させていただくことになりました!
生放送ということなので、とても緊張しますが、朝小サマースクールをみなさんに知っていただく為に頑張りたいと思います。インターネットからも聴けますので、みなさんぜひ聴いてください!

エフエム世田谷
http://fmsetagaya.com/index.html

顔合わせ [2017年07月19日(水)]

こんにちは。日本語日本文学科三年 鈴木杏梨です。

五反田に位置する城南信用金庫本店に、インターシップの御挨拶に伺いました。
名刺交換をしたのち、インターシップの概要説明、今後のスケジュール確認などの打ち合わせをしました。

顔合わせということもあり、始めは緊張感がただよっていましたが、名刺交換や自己紹介を通して場は次第に和やかになり、ほどよくリラックスした状態で会議を終えることが出来ました。
これから本格的に活動が始まるので、気を引き締めていきたいと思います。

三茶子育てファミリーフェスタ [2017年07月19日(水)]

私たち多気町応援プロジェクトは、6月18日に昭和女子大学で行われた『第12回三茶子育てファミリーフェスタin昭和女子大学』に参加しました。

三重県の特産品である伊勢いもカステラ、おきん餅、しいたけせんべいを景品とした的当てゲーム、小さい子向けの手作り顔出しパネル、そして、多気町観光チラリズムのポスターを十数種類貼り出し、気に入ったものにシールを貼ってもらうアンケートを実施しました。
的当てゲームはペタペタマンという小さな人形を使用し行ったのですが、何回も遊びに来る子や終わっても離さない子がいるなど大人気でした。
私たちは伊勢いもカステラが人気だろうと考えていましたが、実際は大多数の子どもたちがおきん餅を欲しがり驚きました。大人と子どもの好みの違いを知ることができました。また、参加賞としてお配りした、三重県の特産である伊勢茶やみかんを使用のハンドジェルは、お母さん方に喜んでいただきました。

今回の子育てファミリーフェスタでは、多くの人たちに食という点から三重県や多気町の良さを知っていただくことができたと思います。多気町応援プロジェクトブースに訪れた人の中からは、「多気町に行ってみたい」という嬉しい声も聞くことができ、これからの活動に対する意欲が湧きました。
7月19日にはワークショップを行い、多気町について詳しく知ることができました。
多気町応援プロジェクト、本格的に始動です!

Tsuruoka Monitor Tour 2017 (24-25 June) [2017年07月18日(火)]

During my semester at Showa Women’s University as an exchange student, I had the great pleasure to be chosen for this amazing experience focused on discovering the beauty and touristic appeal of the City of Tsuruoka and its surroundings.
My name is Lavinia Scarpinella , and I am a Japanese Language and Culture student at Ca’ Foscari University of Venice.
Before the tour, I knew little to nothing about the destination of our trip, except it being located somewhere in the Tohoku region of Northern Japan. Later I would discover that getting to know more about Tsuruoka and its Prefecture of Yamagata was definitely worth the trouble! This tour was an amazing opportunity to leave behind the so well-known and talked about aspects of urban Japan and explore its more rural, and in a way, more genuinely authentic side.
Early in the morning on the first day we went cherry picking, and we were allowed to eat as much as we wanted for 40 minutes. Those lustrous red cherries were absolutely delicious!

Then we proceeded to produce jam from those fresh cherries under the guidance of a local producer. I was much fun and quite educational!
We each got our own Jam souvenir and were also offered a great variety of drink and food samples of the local production. I had the best apple juice of my life!

Then we went to have lunch in a traditional and very suggestive Japanese inn with Japanese style tasteful interiors. The food was all local produce kaiseki ryouri with small yet satisfying amounts and varieties of traditionally cooked and served vegetables, fish and non-stop rice. Everything was delicious!

Afterwards we went to the neighboring small town of Matsugaoka to see its silkworms and enjoy a handcrafting event featuring the silkworm cocoons. It was a very valuable and fun experience to get in touch with the local crafts and the city’s connection to silk production.

After a tasty kaiseki ryori dinner rich in local fish produce and a good night’s sleep at a nice and comfortable inn in the sea town of Yura, we woke up at sunrise to embark on a fishing boat were the local fishermen heaved the huge fishing nets aboard unloading the night’s catch in special storage boxes inside the boat. It was an exciting experience to help pulling the nets, holding and examining the fish, being explained what the various fish sorts were, feeding the seagulls and interacting with the local population. On land we the helped sorting out the various catches. There were Fugu (puffer fish), Aji (horse mackerel), Tobiuo (flying fish) and many more!
We also learned to cook some of them ourselves preparing lunch!

I had an amazing time and would warmly recommend anyone to come and discover the hidden beauty and charm of Tsuruoka and it’s surroundings!

グーチーム販売 [2017年07月11日(火)]

こんにちは、ビジネスデザイン学科1年の本山雛姫です。
私たちグー✊チームは7月10日・11日に学内販売を行いました!!

学生ホールの出口付近で呼びかけたり、早めに売り始めるなどの工夫の成果か、完売まではいきませんでしたが1日目よりも2日目の売上をのばすことができました☆
私たち考案のメニュー、アボカドチーズサラミも好評でとっても嬉しかったです!

次回は両日完売を目指し頑張りたいと思います!!

7月販売グーチーム [2017年07月04日(火)]

管理栄養学科1年の竹下ももかです!
私たちグーチーム✊は、10・11日に実施する学内販売の試食にいってきました!!
0704
辛口サラミとまろやかなアボカドとチーズが相性ぴったりでとてもおいしかったです!
アボカドとフリッツアの食感の違いもポイントです!
7月10・11日に販売しますので、是非買いに来てください!

パーチーム7月販売 [2017年07月03日(月)]

こんにちは!!健康デザイン学科2年の南部瑞季です。
私たちパーチームは7月13・14日に販売する揚げピザののメニューを考えました。私たちが売り出す商品は「フルーツトマト枝豆サラミピザ」です!!
今回はサラミを使ったピザを作るということでサラミに合う具材をそれぞれ考え、案を出し合いました。ピザのベースにはチーズ系のものとトマト系のものがあると野本さんに教えて頂きました。
0703
他の2グループはチーズを使ったものを売り出すと聞いたので私たちはフルーツトマトを使ったピザにしました。中に入れる具材は夏らしさと色合いの良さから枝豆に決めました。
7月13・14日のお昼休み、学生ホールまで是非お越しください。

セタビカフェ見学! [2017年07月02日(日)]

日本語日本文学科1年岡田優花です。
7月2日にプロジェクトメンバー一同でセタビカフェを訪問しました。

現場に訪れてみて、メンバー内からもさっそく様々なアイデアが出ました。
この日世田谷美術館は、エリック・カール展が最終日だったということもあり、大勢の方々が訪れていました。

世田谷美術館は7月3日から改修工事のため休館となります。
併設されているセタビカフェも休業に入るということで、年内に訪れる機会は今回が最初で最後となりました。
休業期間内に様々なアイデアを練り、再開と共により良いカフェになるようメンバー一同頑張っていきます!