2017年11月

出前講座@三茶おしごとカフェ (2) [2017年11月30日(木)]

「女性が社会で輝くために」シリーズの第2回、「化粧の心理学」を11月30日に開催しました。講師は今年3月まで資生堂で勤務されていて、4月から本学の教授となった健康デザイン学科の圷信子教授です。
化粧を施すということは自己実現のひとつ。鏡に映った自分の顔を見つめ、肌に触れることにより気持ちが鎮静化し、顔の筋肉を動かす、笑顔の表情をつくることにより気持ちが高揚化する。化粧により外見を美しく装うことに加え、これらの心理的変化が、その人の印象や行動を変え、魅力を高める。周囲の人とのコミュニケーションまで変わる。化粧を気軽に楽しみながら、いくつものなりたい自分を実現できる。
また、“化粧の可能性”として、あざや熱傷後のひきつれを化粧でカバーしてQOL(生活の質)を維持・向上できること、臨床面での化粧の活用について紹介。認知症の方や抑うつの方へ化粧療法が行われていて、症状が改善したケースが多くみられるとのこと。受講生からは、「ここまで精神面、身体面に良い影響をもたらすとは驚きでした。」「自己実現のための最も身近な行為だと改めて認識した」「もうひと手間何かやってみようという気持ちになった」といった感想を頂戴しました。

次回は12月15日(金)、ビジネスデザイン学科 飴善晶子教授による「社会でのマナー『より良い人間関係を築くために』」 です。

「知的財産を活用したビジネス創出」大会 学生感想 [2017年11月30日(木)]

大手企業などが保有する開放特許の活用を中小・ベンチャー企業に呼びかけるため、産学官金の支援機関が連携し大学生にアイディアを募る「知的財産を活用したビジネス創出」。
本学のチームは、近年問題となっているSIDS(乳幼児突然死症候群)に着目し、富士通の特許「顔画像からの脈拍計測技術」を使用したアイディア「Care Lover」を提案しました。保育園などで睡眠中の乳幼児に使用し脈拍と体温を確認できます。保育士さんたちの負担軽減やSIDS対策に繋がる仕組みです。

6月のキックオフに始まり、保育園訪問やアイディアのブラッシュアップを重ね、大会に挑みました。4校8チームが出場した大会で3位という成果を収めることができました。

以下、プロジェクトメンバーの感想です。


今回のプロジェクトから、プレゼンをする際にいかに相手の感情に投げかけられるかが重要であるということを学びました。せっかくいいアイディアが浮かんでいても、プレゼンの仕方によっては、相手にそのアイディアの必要性が伝わらず、台無しになってしまうことが分かりました。このことを今後の発表にも活かしていきたいです。
リーダー:ビジネスデザイン学科3年 高橋玲


半年間のプロジェクトはあっという間でした。このプロジェクトで、自分に足りない部分が発見でき、また自分にとって良い経験ができたと思います。この経験をこれからに活かしたいと思いました。他のメンバーには頼りきりになってしまった部分も多く、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
ビジネスデザイン学科3年 武井香歩


初めて、商品開発というものに携わりましたが、使う方がどのようなものを求めているかなどを考えるのは大変でしたが、とても有意義なものでした。今後、就職などでこの経験を生かせたらと思います。
日本語日本文学科1年 稲川晶子


初めてのインターンシップでドキドキしていましたが、先輩方がいて心強かったです。私は、昭和こども園の見学に行ったことが印象に残っています。実際に子供達の昼寝しているところを観れる機会はなかなか無いので、可愛かったし、商品を使う上での保育士さんの意見を取り入れた商品を発表できたと思います。今回のインターンシップでの経験を活かしていきたいです。
日本語日本文学科1年 岩橋菜緒


約半年のプロジェクト活動でしたが、第3位という良い結果に終わり満足しています。普段関わることがない企業や取材先の方々と接することができ、貴重な経験をさせていただきました。半年間ありがとうございました。
日本語日本文学科1年 榎本早紀


普段あまり身近でない、育児における問題と向き合うのは調べたり確認することが多くて大変でしたが、近所の保育園の方々に取材に行くなどして説得力のあるプレゼンにしていくことに関われて楽しかったです。
日本語日本文学科1年 新島黎

2017年後期 第7回公開講座「はじめての日本画 -和紙カードにクリスマスを描く-」 [2017年11月25日(土)]

11月25日(土)、初等教育学科 早川陽専任講師による「はじめての日本画」講座を実施しました。
 

日本画の歴史や、岩絵具、顔彩、水干絵具、胡粉など日本画で使われる絵具の種類がとても多様なこと、絵具を溶く際に展色剤として使われる膠(にかわ)の話から講座は始まり、講師が専門とする日本画作品の紹介の後、実際に体験するカード作りのデモンストレーション、そして作品作りにとりかかりました。
 

皆さま最初は緊張された様子でしたが、早川ゼミの学生2名のサポートのもと、描き始めると筆の進みもはやく、思い思いの色を選び、まわりの方々と見比べ、楽しみながら手を動かす様子が印象的でした。
 

終了後のアンケートでは「ぜひまた実施して欲しい」、「作品作りだけでなく画材の説明も丁寧にしていただき、近寄りがたかった日本画に親しみがわきました」といった声も。
 

「日本画は身近にあるようで、近寄り難い。でもちょっと体験してみたい。そんなお声を想定して、私の専門分野である日本画を題材に、親しみやすい内容を考えてみました。あっという間の90分でしたが、素敵なカードに仕上がりました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。」と、講師からのコメント。
 

次回公開講座は今年度の締めくくり、英語コミュニケーション学科 金子弥生教授による「ジェイン・オースティンと女性たち」(12月2日(土)10:40~12:10)です。まだ数席ご案内可能ですので、ご興味をお持ちの方は以下の方法でお申し込みください。
■申込方法:E-mail、またはホームページから
(1)受講希望日 (2)氏名 (3)連絡先 (4)性別 (5)年代 をお知らせください。
昭和女子大学 地域連携センター
E-mail▶openseminar@swu.ac.jp
HP▶申込フォーム: こちらをクリックしてください

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第4弾 [2017年11月23日(木)]

 世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」の第4弾を11月18日に行いました(第1弾はこちら、第2弾はこちら、第3弾はこちらをご覧ください)。
 今回はビジネスデザイン学科1年のA組です。A組がPRするイベントは12月3日に行われる第37回区民ふれあいフェスタです。世田谷区役所の担当部署にイベントの内容等をお聞きし、宣伝チラシの提供を受け、ポスターを自作しました。チラシに飴を添付する念の入れようでした。その甲斐あってか、用意した250枚のチラシは午前中で配布しきったそうです。

用意したポスターを八角堂の外壁に貼って準備。


中央はインスタグラム用の黒板アートです。世田谷区の方々が、毎回、準備してくださいます。


八角堂の中をのぞくとこんな感じです。


八角堂の中には、このように区内の観光スポットに関する資料がたくさんあります。


八角堂を訪れた方々の応対もタスクの一つです。

五反田さんぽ ステーキてっぺい取材 [2017年11月21日(火)]

日本語日本文学科3年の三浦瑠菜と初等教育学科2年の寺崎歩乃佳です。
11月21日、城南信用金庫営業部本店の方と情報誌「五反田さんぽ」の取材に行ってきました。

「うまいステーキをガッツリ食べて満腹の幸せを感じてもらいたい。」そんな想いから
2016年11月にオープンした、ステーキてっぺい五反田店は、カジュアルで落ち着いた雰囲気。お店の方のさりげない心遣いも感じるお店です。
メインであるお肉の前に、まず食べて欲しいのがオリジナルドレッシングのかかった てっぺいサラダ!ふんだんにかかっている、こってりとしてクリーミーなニンニクドレッシングがやみつきになり、このサラダをリピートするお客さんが多いというのも納得です。
 

ステーキは、てっぺい(サガリ)、ハラミ、ヒレ、サーロインの4種類で、全て食べやすいサイコロカット。お店の焼き加減はミディアムレアですが、お好みの焼き加減に変えることもできます。看板メニュー「てっぺい」は、プリっと柔らかジューシーな赤身肉。筋を丁寧に抜いてあるのでやわらかく、女性の方でもぺろりと食べられます。ソースはバ ター醤油、大根おろし醤油、にんにく醤油、ごまだれの四種類から選ぶことが出来、常連さんを飽きさせません。
 

また、私たちイチ押しなのがチーズハンバーグ!粗めのお肉がぎゅっと使われているため肉々しく、それであって柔らかい、まさに絶品です。チーズの溶けたデミグラスソースには、ステーキのお肉から取った牛筋が使われていて、ハンバーグの味をさらに美味しくしています。ランチには1日5食限定の煮込みハンバーグ¥1000があり、平日でも12時半には売り切れてしまう人気メニューです。
他にもリーズナブルなランチ、おつまみメニュー、コースも取り揃っているので、様々な用途で利用してみてはいかがでしょうか?
 

お忙しい中、取材にご協力くださいましたステーキてっぺいの皆様、ありがとうございました!

多気町ファン感謝祭2017 [2017年11月19日(日)]

私たち多気町応援プロジェクトは、11月17日(金)から19日(日)に、日本橋・三重テラスで開催された「多気町ファン感謝祭」のうち、18日と19日にスタッフの一員として参加しました。

6月のプロジェクト始動から約5か月間。実際に多気町を訪れたり、ワークショップを通じて、多気町に関する理解を深めてきました。今回行われた感謝祭は、「三重県多気町」と「昭和女子大学(三軒茶屋)」をかけた「多気茶屋」として、来場されたお客様にふるさと納税の返礼品を中心に試食していただき、多気町の美味しい特産品をアピールし、多気町のファン(ふるさと納税者)を増やすことが目的のひとつです。
 

夏に行った「伊勢~多気~松阪女子旅モデルツアー」の説明、また、そこで訪れたスポットや食べた料理の説明、オリジナル多気町マップを会場内に展示できるよう準備しました。
当日は、お客様へ試食品の説明、新しい返礼品候補アンケートの案内、子供コーナーでの輪投げ遊びの補助をしました。また、私たちの提案で、お客様の気に入った試食品や気になる特産物をポストイットに書いていただき展示するという試みもしました。これによりお客様のリアルな感想を知ることができ、大成功だったと感じます!
 

来場者様は、多気町へふるさと納税されている方・三重県ご出身の方・通りすがりの方……などなど、お子様からお年寄りまでさまざまでした。多気町ご出身の方などは、滞在される時間も長く、思い出話を聞くこともできました。また、当日調理に入られていた方(元・小学校教諭)のかつての生徒さんが、お子さんと一緒にいらっしゃり、再会され、とても喜ばれていたのも印象的でした。会場内に人が少なくなったときは、三重テラス前で呼び込みをしました。呼び込みで立ち寄ってくださる方も多く、意外な発見でした。通りすがりなのにも関わらず、たくさんお話を聞いていただけで私たちも嬉しかったです。

学生メンバーの感想を紹介します。
—–
・多気町を初めて知ったという人や、多気町で育ったという人など、いろいろなお客様と話すことができて楽しかった。
・実際にスタッフとしてイベントに参加することで、お客様に多気町について知ってもらいたい!という気持ちがより強くなった。
・考えてもなかった質問をお客様にされることがしばしばあった。まだまだ私たち自身も多気町について知らないことがたくさんあるな、と感じた。
・多気町プロジェクトの中でいちばんのイベントであった多気町ファン感謝祭。メンバーでアイディアを出し合って、展示を考え、それが当日会場に飾られていたことが嬉しかった。
・イベント当日、メンバーがそれぞれ自主的に動くことができてよかったと思う。
—–

多気町プロジェクトの集大成に向けて参加したイベントは、普段話すことのない世代の方と関わったり、その場その場で上手く言葉を選び、アピールしたり説明したりすることが大変でしたが、とても充実した時間になりました。私たちなりに、お客様たちとコミュニケーションを取るなかで、さらに多気町の良さに気付くことができたと感じます。また、町役場の方々、多気町伊勢いも農家の方々に「助かったよ!」と言っていただけたことが、何よりも嬉しかったです。イベントは終了しましたが、この先多気町をさらにアピールし続けたいです。とても貴重な経験ができた2日間でした。

【オリジナルたきちゃん缶バッジ(学生制作)】

町長さんもつけてくださいました!

【多気町おすすめグルメ】
  
(左から 前川次郎柿・伊勢いもカステラ・あげとろ)

秋桜祭での販売 [2017年11月19日(日)]

こんにちは。食安全マネジメント学科1年の齋藤愛加です!
11月11日・12日に行われた秋桜祭に出店しました!昨年からの目標であった秋桜祭での出店ということで、夏休みから計画を立ててどのような新メニューを作るのか考えました!!

秋桜祭では、野外で電子レンジを使用できないため、温めなくても美味しく、すぐに提供できるもの考えました!そして完成したのが、フリッツァの生地に具材をサンドして食べる「フリッツァサンド」!!!フリッツァのモチモチの生地を堪能できるフードになりました!?
中身の具材は、冷めても美味しいく、食べ応えのあるものということで、Wポテトサラダ(フライドポテト&ポテトサラダ)と牛肉のソテーに決定!
フリッツァサンドの他にも、歩きながら食べられる一口サイズの「ピッコロ」をシナモン味と秋桜祭オリジナルのきなこ味で販売しました!
 
しかし、秋桜祭実行委員会の規制によりフリッツァサンドは初日のみの販売となってしまいました。2日目は、セ・モア!の定番フリッツァ2種類(マルゲリータとクアトロ)とピッコロ2種類を販売しました。沢山の方に、フリッツァサンドを楽しんでもらいたかった反面、とても残念でした。それでも、2日目は、販売前から長蛇の列ができ、販売開始10分で完売状態でした!沢山の方々にフリッツァを食べてもらえたのでよかったです。

日曜日のサポーターズ・クラブのイベントでは同じ学科の日吉さんとプロジェクト活動の発表をさせていただきました。このプロジェクトに入ったきっかけ、プロジェクトで学んだことなどを活動内容や実際の体験と共に発表しました。緊張しましたが、先生方の支えのもと、私たちにしかできない発表をすることができたと思います。とても貴重な体験になったと思います。お店の宣伝にもなったのではないでしょうか。
 
秋桜祭に初めての出店ということで、アクシデントもありましたが、来年の課題も得ることができました。来年は、今年よりもさらにパワーアップした出店ができるように頑張ります!!!
購入いただいた皆さま、ありがとうございます!

今回、秋桜祭のために広報部を立ち上げました。SNSなどを活用して沢山の方々にプロジェクトを広め、買っていただけるように発信していきたいと思います。

秋桜祭 [2017年11月17日(金)]

歴史文化学科2年の栗栖光夏です。11月11・12日に開催された秋桜祭に参加しました。

こっしゃって鶴岡として初めての参加でした。多くのハプニングがありましたが、無事に終えることが出来ました。
秋桜祭では、鶴岡のお菓子の販売、鶴岡クイズや魅力を伝えるための写真の展示を行いました。教室が奥の方であったにもかかわらず多くの方に足を運んで頂きました。

 

 

 

 

 

だだちゃ豆のおかきとせんべいを販売しましたが、完売できるか不安でした。しかし、卒業生や先生方が買ってくださり、無事完売することが出来ました。秋桜祭が終わった直後には達成感がありました。

次の鶴岡での現地研修は来年2月です。10月の研修から間が空いてしまったので、今から楽しみです。充実した時間を過ごせるよう頑張りたいと思います。

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第3弾 [2017年11月09日(木)]

世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」の第3弾を11月5日に行いました(第1弾はこちら、第2弾はこちらをご覧ください)。
今回は、ビジネスデザイン学科1年B組が基礎ゼミの課題として実施しました。宣伝したのは、今週末(11月12日)に行われる「第12回世田谷246ハーフマラソン」です。学生たちは、主催者の世田谷区スポーツ振興財団から提供いただいたデータを使ってポスターを作成し(写真上)、チラシも200枚印刷して通行する方々に配布しました。

写真上部がポスター。下部はインスタグラム用の背景にできる黒板アート(by世田谷区)。

新商品 Frizzaバーガータイプ [2017年11月07日(火)]

広報担当の管理栄養学科1年 竹下ももかです。
秋桜祭に向けて新たに考案されたFrizzaのバーガータイプ。
生地の食感と具材をダイレクトに感じ、味の想像もしやすくなりました。試作を重ねてより良いものを提供できるように頑張ります!
先日試食会を行いましたが、全て美味しく、どれを販売するのかとても悩みました。
ポテトサラダ、鶏肉、牛肉2種類の中からどれが選ばれるか楽しみにしていてください!