ぷらっとSPOT

世田谷線三軒茶屋駅前の八角堂にてカフェプロデュースの宣伝をしました [2018年01月16日(火)]

歴史文化学科3年の中里優衣です。
1月15・16日に世田谷線三軒茶屋駅前の八角堂「世田谷観光情報発信センターぷらっとSPOT」で1月13日から開催されている「ボストン美術館パリジェンヌ展」と私たちのプロジェクト活動であるセタビカフェプロデュースの宣伝を行いました。

駅前ではパリジェンヌ展チラシとあわせて、セタビカフェの新メニュー「#Réve de Paris」やラテアートのことを書いた学生作成のパンフレットを配布しました。多くの方が受け取ってくださり、用意してたパンフレットは両日ともに約1時間程で配り終わることが出来ました。
 
八角堂内は、これまでの活動のパネルや、学生がデザインし実際にお店で使用されているランチョンマットを展示し、足を運んでくださった方には説明を行いました。
 
様々な方にセタビカフェやパリジェンヌ展のことを知っていただけて、実りある2日間になったと思います。今後もラテアートやアンケート調査などやるべきことは多くありますが、引き続き頑張っていきたいです。
 

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第5弾 [2017年12月02日(土)]

 世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」の第5弾を12月2日に行いました(第1弾はこちら、第2弾はこちら、第3弾はこちら、第4弾はこちらをご覧ください)。

 今回はビジネスデザイン学科1年のD組が担当しました。D組が宣伝するのは、ご存じボロ市です。「日本最大級のフリマ」という人もいるほど、有名かつ歴史が古いイベントです。
 D組は、自作のポスター以外に、使い捨てタイプのカイロに小さなチラシを貼って配布する工夫をしました。250枚用意したチラシは楽々と配布完了し、近くで行われている別のイベントのチラシを配布したり、世田谷区の観光に関するアンケートを道行く方々にお願いするなどの活動を行いました。

自作のポスターです。

配布したチラシ+カイロはこちら(画像を一部修正しています)。

世田谷線を降りた方々が主な宣伝対象です。

配布した別のチラシ(
左)と回収したアンケート(右)です。

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第4弾 [2017年11月23日(木)]

 世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」の第4弾を11月18日に行いました(第1弾はこちら、第2弾はこちら、第3弾はこちらをご覧ください)。
 今回はビジネスデザイン学科1年のA組です。A組がPRするイベントは12月3日に行われる第37回区民ふれあいフェスタです。世田谷区役所の担当部署にイベントの内容等をお聞きし、宣伝チラシの提供を受け、ポスターを自作しました。チラシに飴を添付する念の入れようでした。その甲斐あってか、用意した250枚のチラシは午前中で配布しきったそうです。

用意したポスターを八角堂の外壁に貼って準備。


中央はインスタグラム用の黒板アートです。世田谷区の方々が、毎回、準備してくださいます。


八角堂の中をのぞくとこんな感じです。


八角堂の中には、このように区内の観光スポットに関する資料がたくさんあります。


八角堂を訪れた方々の応対もタスクの一つです。

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第3弾 [2017年11月09日(木)]

世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」の第3弾を11月5日に行いました(第1弾はこちら、第2弾はこちらをご覧ください)。
今回は、ビジネスデザイン学科1年B組が基礎ゼミの課題として実施しました。宣伝したのは、今週末(11月12日)に行われる「第12回世田谷246ハーフマラソン」です。学生たちは、主催者の世田谷区スポーツ振興財団から提供いただいたデータを使ってポスターを作成し(写真上)、チラシも200枚印刷して通行する方々に配布しました。

写真上部がポスター。下部はインスタグラム用の背景にできる黒板アート(by世田谷区)。

観光案内@三軒茶屋プロジェクト第2弾 [2017年10月14日(土)]

三茶de大道芸の手作りポスターも作成し、ホロホロを購入して下さった方に、三茶de大道芸のパンフをお渡しして、PRに協力しました。

 世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」は、9月30日の第1弾に続き、第2弾を10月14日に行いました。
 ビジネスデザイン学科前田ゼミのゼミ生5名(西宮麗、須永このみ、小谷野莉子、大塚沙耶、鈴木みなみ)が、10月21日、22日に行われる「三茶de大道芸」のPRをしつつ、世田谷みやげにも選定されている、焼き菓子「ホロホロ」のハローウィーン特別パッケージを販売しました。
 小雨、曇りで気温が低いというあいにくの天候でしたが、100個以上のホロホロを売ることができました。ホロホロは、世田谷区内の福祉作業所の工賃向上のために、futacolabが企画しているソーシャルビジネスの商品です。また、この販売で得た収益は、ゼミ生が中心になって進めている「女子高生に世界をみてもらおう!」というプロジェクトで、エッセイコンテストに優勝した高校生をボストン短期留学に送り出すための費用にあてます。

世田谷線三軒茶屋駅脇の八角堂の前でホロホロを販売しました。


販売したホロホロのハローウィーン特別パッケージ。

観光案内@三軒茶屋プロジェクト [2017年09月30日(土)]

秋桜祭実行委員会の学生が世田谷線三軒茶屋駅前の八角堂で世田谷区のイベントと秋桜祭をPR。
9月30日
 
 世田谷線三軒茶屋駅前にある八角堂を拠点とした「観光案内@三軒茶屋プロジェクト」が2020年東京オリンピックの年に向け、スタートした。
 
 第1弾は10月8日の「区制85周年」イベントのPR。本学では11月11・12日に開催する秋桜祭の宣伝を兼ね、ビジネスデザイン学科 前田教授と秋桜祭実行委員会の学生が世田谷区のイベントのPRもプロデュースした。区内で行われるイベント宣伝することで、少しでも地域活性化のお手伝いをするためだ。
 参加した学生は、実行委員長の岩﨑佑衣さん(日文3年)に加え、大橋優さん(同)、鈴木悠乃さん(同)、高杉留美さん(同)、飯田杏さん(歴文3年)、中尾茉由さん(同)、金子裕香さん(日文2年)、佐藤里華子さん(歴文2年)の計8人。
 
 本日は区のイベント「世田谷線つまみぐいウォーキング」も重なり、三軒茶屋駅前は大賑わいとなっていた。学生たちは、八角堂の前を通行する方々に、イベントを宣伝するチラシを渡して八角堂に案内し、区の観光に関するアンケートをお願いするという活動を行った。
 
 八角堂は「ぷらっとSPOT~世田谷区観光情報発信センターか」の名称で、今後も月1~2回のペースで、学生がイベントをPRする予定。

★区制85周年記念イベント
 10月8日(日)10:30-16:00 @世田谷区役所/入場無料
 http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/107/157/692/693/d00155424.html

★第25回 秋桜祭 ~輝~
 11月11日(土)・12日(日)10:00-16:00 @昭和女子大学
 https://univ.swu.ac.jp/campus_life/c_seikatsu/cosmosfes/