特別公開講座

公開講座「モンゴルとモンゴルの伝統文化」 [2016年12月15日(木)]

今年度最終となる第8回公開講座が12月3日、「モンゴルとモンゴルの伝統文化」をテーマに、モンゴル人留学生3名を講師に迎えて開催しました。

ナラソさんからはモンゴル語について。母音が7つあり、縦に書くこと、13世紀にはモンゴル文字が使われていたことがわかる石碑が見つかっていることや、日本のアニメもモンゴル語に翻訳されて現地で人気となっているとのお話しでした。

ハスさんはモンゴルの伝統的な遊び“シャガイ”を紹介。1頭の羊から2個しかとれないくるぶしの骨を使った遊びで、それぞれの年齢にあった遊び方があり、子どもから大人まで楽しめるうえ、子供の算数の勉強にもなり、占いもできるのこと。実際にどのように遊ぶかを披露してくれました。
最後はイミンさんが内モンゴルのフルンボイルで遊牧生活をしているご家族が、季節にあわせて家畜の成長のためにゲルを移動させる話や、ゲル内の様子を、里帰りをした際に撮影した写真を交えて、話してくれました。

それぞれの話の後に現代教養学科のフフバートル先生から補足があり、イミンさんにはモンゴルの歌をリクエスト。とても素敵な歌声に感激した受講生からは、講座終了後に直接、留学生たちにお話を聞けて、モンゴルにさらに親しみがしたという感想を多くいただきました。
※イミンさんの歌声は地域連携センターのFacebookでご覧になれます。
https://www.facebook.com/swu.Chiikirenkei/

これで今年度の公開講座はすべて終了となります。来年の公開講座につきましては、詳細が決まり次第、大学HP等でご案内させていただきますので、どうぞお楽しみに!

第1回 公開講座「湯島天神周辺の坂道を歩く」 [2016年05月21日(土)]

2016年度公開講座の第1回目は日本語日本文学科・太田鈴子 特任教授の「湯島天神周辺の坂道を歩く」。22名の方が参加しました。
 
大学で東京の地形などの講義のあと、湯島天神まで移動し、周辺の尾根道、坂道について太田先生が史跡の紹介をしながら13の坂を実際に歩きました。
 
東京の地名(特に文京区)は江戸時代と比べると区画整理され、名称が変わっていますが、坂の名前は今も変わらず残っているそうです。
 
切通坂からスタート、湯島天神女坂、男坂を見上げ、清水坂まで身体で坂を感じ、さらに急な坂を上から覗き込みながら湯島天神まで戻りました。
大変好評で受講生からは東京の坂道シリーズを開催してほしいと要望も出たほどです。
 
次回は6月11日(土)10:40~
ビジネスデザイン学科・八代尚宏 特命教授先生「少子高齢化社会への対応」です。
●お申込み・お問合せは
 昭和女子大学地域連携センターまで
 https://univ.swu.ac.jp/course_events/2016/04/06/18910/

特別公開講座「考えよう!血糖値と食事の関係」 [2016年01月30日(土)]

1月31日(土)、今年度最後となる特別公開講座「考えよう!血糖値と食事の関係」を開催しました。講師は大学院生活機構研究科の森髙初惠先生です。

糖尿病の怖いところは自覚症状がないことです。毎日の生活習慣が血糖値の上昇を招き、それが長年続くことによってさまざまな合併症を引き起こします。今回はその仕組みを科学的に解き明かし、どんなことに気をつけて食事をとったら良いのかを詳しく教えていただきました。

まずは、野菜→魚(または肉)→ご飯 の順に食べること。一口食べたら30回噛むこと。材料はあまり細かく切りすぎず、ご飯も硬めに炊くと良いということ。そして水溶性食物繊維を多く含む食品を食べること。
健康に直結するテーマなだけに皆さんとても熱心で、質疑応答もいつもより長い時間行われました。
 

地域連携センターでは平成28年度も特別公開講座を企画しています。センターのFacebookをはじめ、大学のホームページでもお知らせしてまいりますので、是非またご参加ください。

協定大学連携講座、特別公開講座 [2016年01月28日(木)]

雪の予報も出ていた1月末、本学と協定を結ぶポーランドのワルシャワ大学より、東洋学部日本学科長を務めるアグネシカ・コズィラ教授が来日されました。

協定大学連携・特別公開講座の一環で28日は「ポーランドと日本の関係-ポーランドでの日本学の発展-」、29日には「ワルシャワ大学学生のキャリアプラン-なぜ、日本学科が人気なのか-」というテーマのもとコズィラ先生の講義が日本語で行われ、両日ともに一般参加者を含む200名以上が参加しました。
ワルシャワ大学で1919年に始まった少人数の学生を相手とした日本語講座は、中国学科のカリキュラムの一部だった時代を経て1956年に日本学科として独立。現在は200名の学生が日本学科に在籍しているそうです。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そんな学生たちが日本語を学ぼうと思ったきっかけは、やはりアニメやゲームで興味をもったという人が圧倒的に多かったとのこと。また、そんな学生たちの卒業後のキャリアプランとして挙げられた職業の第1位は翻訳・通訳、第2位は日本語講師だそうです。
ワルシャワ大学の図書館の一角には「懐庵」という名のお茶室もあり、今年は学科設立60周年記念の年となる日本学科。4月にはこの日本学科からの留学生もやってくる予定です。今後のさらなる交流が楽しみです!

特別公開講座「はじめての日本画」 [2015年12月19日(土)]

2015年最後となる特別公開講座「はじめての日本画」を開催しました。

講師は初等教育学科専任講師の早川陽先生です。募集開始とともにあっという間に満席になってしまい、やむなくお断りさせていただいた皆様には申し訳ありませんでした。

最初に日本画の基礎や、これまでの先生の活動をお聞きした後、いよいよワークショップが始まります。パネルを作って和紙を張り、下塗りした後、金箔を散らして乾かすところまで(ここが一番大変!)を先生がご準備くださり、受講生は下図を描くところからスタート。墨で輪郭を描き、水干絵の具、岩絵の具の順に彩色しました。皆さん慣れない作業にご苦労されていましたが、それぞれ個性のある素敵な作品が仕上がりました。
絵の具の材料となるラピスラズリやサンゴ、クジャク石なども見せていただき、日本画の奥深さに触れたひとときでした。
 

さて次回は年明け1月30日(土)、森髙初惠先生の「考えよう!血糖値と食事の関係」です。まだ席に余裕がありますので、是非ご参加ください。
▶お問合せ・お申込みは
昭和女子大学地域連携センター(オープンカレッジ)03-3411-5100

特別公開講座番外編「ジャマイカという国そして人」 [2014年11月22日(土)]

国際シンポジウムのプレイベントとして、ジャマイカ大使館よりアリコック駐日大使をお招きし、ジャマイカの文化や人、日本とジャマイカの共通点、異なる点など、大使が日本に来て感じたことをうかがいました。
日  時:11月22日(土)14:00-15:30
講 演 者:ジャマイカ大使館 アリコック駐日大使
参加者数:学生12人、一般26人
ジャマイカ1 ジャマイカ2