プロジェクト型協働インターンシップ

しもそが五郎十郎市 [2019年02月17日(日)]

こんにちは!日本語日本文学科2年の稲川です 。
2月16日、2月17日の2日間、私たちは神奈川県下曽我の梅の里センターで開催された、五郎十郎市に参加してきました。
 
この日は、曽我の里プロジェクトとして「五郎・十郎の缶バッジづくり」のワークショップと物品販売のお手伝いを行いました。ワークショップを通しては、子供たちや子供連れの方と、そして、販売を通しては遠方からの方はもちろん、地域の方々と交流する機会となりました。
 
今までも好評だったみかんジュースはもちろん、新発売のみかんゼリーやみかんジェラートも大好評でした。ワークショップと物品販売にいらした方々にプロジェクトや傘焼き祭の宣伝をすることが出来ました。

前日までの寒波の影響を受けることなく、暖かい気候の中お手伝いが出来ましたこと、また、たくさんのご支援や差し入れなどを頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

プロジェクトの今年度の活動自体は今回の五郎十郎市が最後となります。来年度以降のプロジェクトがより良いものとなることを目指し、今年の反省点を踏まえて来年度以降の活動メンバーへと引き継いで参ります。

昭和リエゾンセンタープロジェクト研究発表会に参加しました。 [2019年02月15日(金)]

環境デザイン学科1年の清水美由紀です。2月15日に昭和女子大学にて2018年度昭和リエゾンセンタープロジェクト研究発表会が行われ、我々「美術館カフェ・プロデュース」も参加させていただきました。

発表内容としては
・プロジェクトの目的、目標
・一年間のスケジュール
・活動内容
の3つについてお話しさせていただきました。

発表を聞いていただいた昭和女子大学の先生方や職員の方々、他のプロジェクトや昨年度にこのプロジェクトに参加されていた学生の方からコラボメニューやランチョンマットの案にお褒めの言葉をいただいたり、実現出来なかった企画に対してのアドバイスをくださったりと非常に勉強になりました。

梅まつり [2019年02月11日(月)]

こんにちは!歴史文化学科3年の瀧谷です 。
2月11日、私たちは神奈川県下曽我の曽我別所梅林にて開催している梅まつりに参加してきました✨
曽我の里プロジェクトとして「五郎・十郎の缶バッジづくりとおめんづくり」のワークショップを開き、無事大盛況で終わることができました。
 
お子さん連れの方々を始め、地元の方や遠方から梅を見に来た方など老若男女問わず多くの方に接する機会となり、ワークショップを通じてプロジェクトのPRや来年度の傘焼きまつりの宣伝も行うことができたことを嬉しく思います。

また、今回のためにデザインしたオリジナルパッケージのチロルチョコも大好評でした!デザインを担当した身として、とてもありがたく思います。
寒い中ではありましたが、たくさんのご支援や差し入れなどを頂きまして心より感謝申し上げます。(梅まつりで売られている、つきたて餅や梅肉を使ったうどんは絶品です…!)

梅まつりについてですが、曽我別所会場では早咲きの梅が見頃を迎え満開です!梅祭りは3月3日までの開催と、長い期間にわたって梅の花を楽しむことができます。ぜひ、曽我の里35,000本の梅の花を満喫しに一度訪れてみてはいかがでしょうか。
 
15日の大学でのパネル展示も終え、残す活動は16日、17日に下曽我の梅の里センターで行われる五郎十郎市でのワークショップのお手伝いとなります!
一年を通した活動もあっという間に感じられますが、最後まで気を引き締めて頑張りたいと思います!

市政報告会 [2019年02月08日(金)]

2月8日に市政報告会が行われました。場所は江戸川区船堀駅の近くです。山形の鶴岡と東京の江戸川区。実は接点があります。戦時中に、江戸川区の学童が鶴岡に集団疎開したことをきっかけに、今もなお、友好都市として交流が続いています。

私たちは、これまでの活動のプレゼンや、ブースをお借りして地域の食に関する物販、活動成果物の展示や説明を行いました。

プレゼンでは、想像より沢山の方々が発表を聞いて下さり嬉しかったです。私たちの発表に皆さんはどんな反応をするのだろうかと緊張していましたが、発表後、興味をもって私たちのブースに来て成果物をもらってくれる方々もいて、手応えを感じました。

成果物の1つとして、ギフトボックス型と、トラベルバック型の鶴岡パンフレットを作成したのですが、特にこの販売促進ツールに関心が集まったように感じました。このツールは、鶴岡のことをまずは知ってもらおうという目的でビジネスデザイン学科のメンバーが考案したものです。旅行代理店などでは冊子のパンフレットが主流である中、立体型や新しい形のパンフレットは人目や興味を引くのではないかというアイデアです。 この他にも、鶴岡市の地域ごとに作成したパンフレットや、旅行ツアーの企画書、それに対応するしおり、活動全体の報告書を成果物として展示しました。色々な方々に成果物を見ていただけたことで、私たちのプロジェクトを知ってもらえる良い機会であったと感じます。

また、物販も好評で、用意した干しダコ、鮭とば、だし入らず!八乙女うどん、小鯛だしは全て完売しました。これらの商品は、活動でお世話になっている、鶴岡の“由良”という地域の商品です。由良は日本海に面した 浜辺の地域で、オレンジに輝く夕日、海に浮かぶ白山島、笑顔が絶えない地元の人々など、豊かで心癒される自然の風景、温かい人々、新鮮で多様な海の幸に恵まれたとても素敵な所です。

2月16日には鶴岡市での報告会が控えています。今回の報告会のプレゼンや発表内容をより良いものにして、しっかりと活動の成果を伝えられるよう、準備に望みます。

Earth Garden“冬”2019 出店します! [2019年01月18日(金)]

イベントのお知らせです!!
1月19日、20日と代々木公園にて開催されるEarth Garden“冬”2019 に出店します!

多気町応援プロジェクトは元丈の館さんとコラボして薬膳カレーやハーブクッキー、ハーブティー、はちみつを販売します。今回は参加するイベント選びから販売商品確定、仕入れ先との調整まで学生が直接行い準備を重ねてきました。

看板やチラシも学生オリジナルです!

Earth gardenでは他にも雑貨や衣類・地元の特産品販売・展示等さまざまなブースが出展されます。多気町ファンの方、オーガニックに興味のある方、どんな方にでも楽しんでいただける内容となっております。そして今回販売する商品はどれも東京では普段手に入らないものばかりです。ぜひお越しください。お待ちしております!!

多気町 学内予約販売 [2018年12月22日(土)]

新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します😊昨年の末に行いました学内予約販売のご報告です!🌳

学内予約販売では、大学の先生方はもちろん、大学職員の方や中高等部やこども園の職員の方々にも沢山のご予約を頂くことが出来ました。多くの方に多気町自慢の商品をお届けすることができメンバー一同嬉しく思っています。

ご予約販売の商品は全て、多気町ふるさと納税の商品として取り扱っている商品ですので、「多気町 ふるさと納税」と検索して、みなさん是非チェックしてみて下さい🌞!!

商品を手にした皆様が、「すごく楽しみにしていました!!」 「美味しそう!早く食べたい!!」とおっしゃっていたのが印象的です🌻皆さんの期待以上の美味しさをお届け出来たと思います!!!

今回は前回までの活動を生かし、仕入先との値段交渉や仕入れ調整などを自分たちだけで行いました。日程調整の難しさなどを経験しながらでしたが、無事に全ての方に商品をお配りすることが出来ました。これは多気町役場の方、仕入れ先のお店の方、そしてリエゾンセンターや先生のお力のおかげです。多くの方々のサポートで成り立っていることを改めて感じることが出来ました。
そして多くの方々に多気町の魅力を知って頂ける様に今後も活動していきたいと思います!

★ふるさと納税のチラシ

秋桜祭 [2018年11月11日(日)]

こんにちは。歴史文化学科3年の木下季美です。
私たち曽我の里プロジェクトは11月10、11日に行われた秋桜祭に参加しました!

今回は昨年に引き続き、曽我の特産品である梅を使った梅干し、梅びしお、梅のしずく、みかんジュースのほか、新たに下曽我の名店「正栄堂さん」の曽我煎餅や五郎餅といった商品を販売しました。

また、新たな試みとして傘焼き祭りや梅の花の写真を使用したポストカード、リーフレットの配布を行いました。ポストカードを見てプロジェクトの活動や曽我物語に興味を持った方がいて嬉しかったです。

初めて曽我の里や曽我物語のことを知ってくださった方、以前に曽我の梅干しを買ってからリピーターになってくださった方などたくさんの方にご来場いただき、人気のみかんジュースをはじめ完売する商品も出るなど大盛況となりました!
曽我の里の魅力を多くの方に伝えられた2日間になったと思います!

プロジェクトとしての次回の活動は2月に下曽我の梅林で行われる梅まつりへの参加を予定しております。曽我物語についての情報や梅を使ったレシピが載ったパンフレット、プロジェクトオリジナルのキャンディ製作などを計画していますのでエスラボやTwitterで情報をぜひチェックしてください!

秋桜祭 [2018年11月11日(日)]

日本語日本文学科4年の増子です。11月10・11日に秋桜祭が開催され、鶴岡ガストロノミープロジェクトは11日に参加しました。
 
今回は、これまでの活動写真やインバウンドツアーの紹介、鶴岡市にまつわるクイズや旅行に関するアンケートをいくつかとらせていただきました。アンケートについては、宿泊数や旅行の目的、ツアー費用など7つの質問から、一般の方と女子大生に項目を分けて、当てはまるところにシールを貼っていくという形式で行いました。

「鶴岡市はどこにあるの?」という質問が多かったのですが、鶴岡市を知っている方や鶴岡市出身の方もいました。興味を持ってお話を聞いてくださる方が多くいて嬉しかったです。
 
鶴岡市に関するクイズは昨年も行いましたが、好評だったため今年も行いました。あなたはいくつ分かりますか?
 
当日は思っていた以上に、多くの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。秋桜祭も無事終了。
次は2月に行われる市政報告会や学内インターンシップ報告会などに向けて、これまでの活動の総括をします。今回とった旅行のアンケートも生かしつつ、しっかりとまとめてより良いものにしていきたいと思います。

世田谷サービス公社の方々へ企画案のプレゼンテーションを行いました。 [2018年11月07日(水)]

心理学科2年植松遥香です。
11月7日(水)昭和女子大学にて、世田谷サービス公社の方々にお越しいただき、それまで2つの班に分かれて話し合ったブルーノ・ムナーリ展とのコラボメニューやランチョンマット案についてのプレゼンテーションをさせて頂きました。

提案したコラボメニューのうち、ブルーノ・ムナーリの作品である「陰と陽」をイメージしたドリンクはその場で作り、お越しいただいた方々に召し上がっていただきました。材料はメロンソーダ、氷、アラザン、青ストローを使用しました。

しかし、コラボメニューは、現在セタビカフェ側で進めているメニューがあるということで実現が難しいというお話でした。既存メニューのアレンジについては、提案したロシアンティーに使用するために、世田谷区初のジャム屋さんのジャムを使用するというところに魅力があり、それを実現するためには紅茶に合うジャムを模索する必要があるなどのアドバイスをいただき、今後の活動の方向性を定める重要な手がかりを示して頂きました。

また、ランチョンマット案については、著作権の問題を考慮に入れながら、前向きに検討していただけるようでした。
このプロジェクトは5年計画であり、私たちは3年目のメンバーで、ほとんど全てのメンバーが初めて携わったにも関わらず、年々良くなっていっているといううれしいお言葉も頂きました。
これからもたくさんの方々からご協力いただいていることを自覚し、感謝しながらセタビカフェの更なる発展を目指して活動を進めていきたいと思います。

ブルーノ・ムナーリ展は2019年1月27日(日)まで、世田谷美術館で開催中です。
開館時間は10:00-18:00(入場は17:30まで)、休館日は毎週月曜日と12月29日(土)から1月3日(木)までです。
皆さまぜひ足を運んでみてください。

江戸川区民まつり [2018年10月07日(日)]

歴史文化学科3年の栗栖です。
10月7日、江戸川区民まつりの鶴岡ブースでお手伝いとして参加をしました。会場となる都立篠崎公園はとても広く、様々な団体の催し物が有り、天気が良かったことからたくさんの人が訪れていました。
 
私たちは、肉巻きおにぎりと焼き鳥の販売をお手伝いさせて頂きました。中でも肉巻きおにぎりは大盛況でお昼過ぎには完売していました。みなさんとても優しい方で、鶴岡に行く時には是非お店にお邪魔したいと思いました。
 
東京で鶴岡の方と交流することができる事はとても良い機会だと改めて感じました。また機会があれば参加したいと思います。