プロジェクト型協働インターンシップ

成果報告会 [2018年02月14日(水)]

日本語日本文学科3年の増子若菜です。
2月14日に行われたプロジェクト型協働インターンシップ成果報告会に参加しました。
鶴岡東京事務所の清野様、庄内トラベルの岡村様が来てくださり、他のプロジェクトやその関係者の方々が見ている中での発表するのはとても緊張しました。
 
報告会では、この1年間のプロジェクト活動について振り返り、今年度の活動から感じたことや思ったこと、来年度の目標について発表しました。
 
その後の懇親会では、来ていただいた方々とお話をすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。
 
今年度の活動はまだ終わってはいません。2月24日から26日まで鶴岡市現地研修が行われます。その時にも、お世話になった鶴岡市の方々に向けて、今年度のプロジェクトの活動報告を行います。新たにパワーポイントの修正や発表の練習を行い、万全な準備で現地研修に臨みたいです。

市政報告会 [2018年02月10日(土)]

歴史文化学科2年の栗栖光夏です。
2月9日に船堀で行われた鶴岡市の市政報告会に参加しました。私たちはこの1年間をどのように活動してきたか、そして感じた事などをスライドにまとめ発表を行いました。鶴岡と関係の深い方々の前での発表だったので、とても緊張しましたが無事に終えることが出来て良かったと思います。また、鶴岡市役所の方が私たちの活動写真をまとめた素敵なポスターを作成して下さいました。
 
発表の前後は受付やクロークでお手伝いをし、その後は交流会に出席し多くの方々とお話をしました。寒鱈まつりの際にお世話になった方々とも再びお話をすることが出来、とても嬉しかったです。このような繋がりを大切にしたいと感じました。そして、鶴岡市長の皆川さんとも少しでしたが会話と写真を一緒に撮っていただき、貴重な1日になりました。
 
次は、14日に地域連携センター主催の成果報告会で発表を行います。鶴岡の魅力を少しでも伝えられるような発表が出来るように頑張ろうと思います。

寒鱈まつり [2018年01月27日(土)]

食安全マネジメント学科の矢倉有莉です。

1月27日に、江戸川区舟堀で開催された「寒鱈まつり」のお手伝いをしてきました。
 
すごく冷え込んだ天気のなか、多くの方に足を運んで頂くことができ、とても嬉しかったです。
去年も足を運んでくださった方も多くいらっしゃって、愛されてるお祭りなんだということを実感しました。このお祭りを通して少しでも皆さんに山形県鶴岡市に興味をもっていただけたら嬉しいです。
 
私たちのプロジェクトのゴールは外国人観光客に向けた鶴岡市のツアー企画です。より多くの人に鶴岡市の良さを伝えられるような企画にできるよう、2018年の活動も気合いをいれて頑張ります。

世田谷線三軒茶屋駅前の八角堂にてカフェプロデュースの宣伝をしました [2018年01月16日(火)]

歴史文化学科3年の中里優衣です。
1月15・16日に世田谷線三軒茶屋駅前の八角堂「世田谷観光情報発信センターぷらっとSPOT」で1月13日から開催されている「ボストン美術館パリジェンヌ展」と私たちのプロジェクト活動であるセタビカフェプロデュースの宣伝を行いました。

駅前ではパリジェンヌ展チラシとあわせて、セタビカフェの新メニュー「#Réve de Paris」やラテアートのことを書いた学生作成のパンフレットを配布しました。多くの方が受け取ってくださり、用意してたパンフレットは両日ともに約1時間程で配り終わることが出来ました。
 
八角堂内は、これまでの活動のパネルや、学生がデザインし実際にお店で使用されているランチョンマットを展示し、足を運んでくださった方には説明を行いました。
 
様々な方にセタビカフェやパリジェンヌ展のことを知っていただけて、実りある2日間になったと思います。今後もラテアートやアンケート調査などやるべきことは多くありますが、引き続き頑張っていきたいです。
 

セタビカフェ店長と打ち合わせを行いました! [2017年12月28日(木)]

日本語日本文学科1年の加藤綾乃です。
12月28日に、セタビカフェ店長、世田谷サービス公社の方とセタビカフェにて打ち合わせを行いました。
リニューアルするセタビカフェの変更点や1月13日の「パリジェンヌ展」初日から販売される新メニューなどについて貴重な話し合いの機会を設けて頂きました。

新しく販売されるデザートセットです!
店長と直接お話をさせて頂く事で、私達のセタビカフェのプロデュース案についての課題を明確にすることが出来ました。

13日のリニューアルオープンに向けて、更に案を練っていこうと思います。

カンボジアから、思いのつまったウエディングドレスを【NPO法人ポレポレ】 [2017年12月22日(金)]

≪NPO法人ポレポレでのインターンシップ≫

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年の山田智恵です。
約7日間、NPO法人ポレポレでインターンシップをさせていただきました。同社のインターンシップで学ばせていただいたことは、ここでは書ききれないほどたくさんあります。今回の記事では、私が学ばせていただいた中で、特に印象的だったことをまとめさせていただきました。

~メコンブルーウエディングの新企画~ http://wedding.mekongblue.jp/
 
今回私は、同社の高橋さんと富永さんのもとで、メコンブルーウエディングについて取り組ませていただきました。
メコンブルーウエディングでは、カンボジアの女性たちが織るシルク生地をウエディングドレス用の生地として提供する、流通のサポートを行っています。私はそのメコンブルーウエディングドレスの魅力をもっと多くの方々に知ってもらうために、広報の面から、いくつか企画の提案をさせていただきました。しかし私は結婚式の経験がないので、ウエディングドレスについての知識がとても乏しいところからのスタートでした。そのため、富永さんのサポートで、結婚式経験者とオーダーメイドウエディングドレス工房の方々にインタビューをさせていただけることになりました。そのインタビューのおかげでアイデアの幅がぐっと広がり、実際に聞いてみなければ分からないことがたくさんあると実感しました。

~インターンを通して感じたメコンブルーウエディングの魅力~
今回のインターンシップで初めてメコンブルーウエディングを知り、その魅力にどんどん引き込まれていきました。
上質なシルクをたっぷり使ったオーダーメイドウエディングドレスという魅力だけでなく、カンボジアの織り手さんたちの思いがつまったシルクであるというところに大きな魅力を感じました。また、メコンブルーウエディングのようなエシカルウエディングは、地球に優しいと言われていますが、それだけでなく、作る人と着る人をつなげるところにも魅力があるのではないかと思います。私は、メコンブルーウエディングを通して、カンボジアの女性たちが、自分たちが織ったシルクが美しいウエディングドレスになっているということを知って働く喜びを感じ、また、シルクドレスを着た人が彼女たちの思いに共感してドレスに愛着を持ってくれるような、素敵なサイクルにとても魅力を感じました。そのサイクルのサポートとして、自分が出来ることからやっていきたいと思います。

企画案のプレゼンを行いました! [2017年12月06日(水)]

環境デザイン学科1年 土井詩絵瑠です。
世田谷美術館学芸部長と世田谷サービス公社の方々に向けて、SeTaBi Caféプロデュース企画案について、プレゼンおよび意見交換会をおこないました。
 
「人×アート×カフェ」が融合した新しい憩いの場としてのSeTaBi Caféの姿の実現、カフェ認知度の向上、集客率アップに向け、メニューや内装、サービス、宣伝普及活動などの視点から具体的に提案をしました。また、基本的な収支算出方法、費用対効果等についてレクチャーをしていただきました。

実行にあたり、経費と収益が大きな問題となることが浮き彫りになりました。世田谷美術館リニューアルオープンも来年1月13日に迫ってまいりました。企画展「パリジェンヌ展」も同時開催予定です。話し合いを通し、今後の活動方針や活動の終着地点も見えてきました。5年計画の2年目としての成果を残し、次年度以降につなげていきたいと思います。
 

「知的財産を活用したビジネス創出」大会 学生感想 [2017年11月30日(木)]

大手企業などが保有する開放特許の活用を中小・ベンチャー企業に呼びかけるため、産学官金の支援機関が連携し大学生にアイディアを募る「知的財産を活用したビジネス創出」。
本学のチームは、近年問題となっているSIDS(乳幼児突然死症候群)に着目し、富士通の特許「顔画像からの脈拍計測技術」を使用したアイディア「Care Lover」を提案しました。保育園などで睡眠中の乳幼児に使用し脈拍と体温を確認できます。保育士さんたちの負担軽減やSIDS対策に繋がる仕組みです。

6月のキックオフに始まり、保育園訪問やアイディアのブラッシュアップを重ね、大会に挑みました。4校8チームが出場した大会で3位という成果を収めることができました。

以下、プロジェクトメンバーの感想です。


今回のプロジェクトから、プレゼンをする際にいかに相手の感情に投げかけられるかが重要であるということを学びました。せっかくいいアイディアが浮かんでいても、プレゼンの仕方によっては、相手にそのアイディアの必要性が伝わらず、台無しになってしまうことが分かりました。このことを今後の発表にも活かしていきたいです。
リーダー:ビジネスデザイン学科3年 高橋玲


半年間のプロジェクトはあっという間でした。このプロジェクトで、自分に足りない部分が発見でき、また自分にとって良い経験ができたと思います。この経験をこれからに活かしたいと思いました。他のメンバーには頼りきりになってしまった部分も多く、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
ビジネスデザイン学科3年 武井香歩


初めて、商品開発というものに携わりましたが、使う方がどのようなものを求めているかなどを考えるのは大変でしたが、とても有意義なものでした。今後、就職などでこの経験を生かせたらと思います。
日本語日本文学科1年 稲川晶子


初めてのインターンシップでドキドキしていましたが、先輩方がいて心強かったです。私は、昭和こども園の見学に行ったことが印象に残っています。実際に子供達の昼寝しているところを観れる機会はなかなか無いので、可愛かったし、商品を使う上での保育士さんの意見を取り入れた商品を発表できたと思います。今回のインターンシップでの経験を活かしていきたいです。
日本語日本文学科1年 岩橋菜緒


約半年のプロジェクト活動でしたが、第3位という良い結果に終わり満足しています。普段関わることがない企業や取材先の方々と接することができ、貴重な経験をさせていただきました。半年間ありがとうございました。
日本語日本文学科1年 榎本早紀


普段あまり身近でない、育児における問題と向き合うのは調べたり確認することが多くて大変でしたが、近所の保育園の方々に取材に行くなどして説得力のあるプレゼンにしていくことに関われて楽しかったです。
日本語日本文学科1年 新島黎

五反田さんぽ ステーキてっぺい取材 [2017年11月21日(火)]

日本語日本文学科3年の三浦瑠菜と初等教育学科2年の寺崎歩乃佳です。
11月21日、城南信用金庫営業部本店の方と情報誌「五反田さんぽ」の取材に行ってきました。

「うまいステーキをガッツリ食べて満腹の幸せを感じてもらいたい。」そんな想いから
2016年11月にオープンした、ステーキてっぺい五反田店は、カジュアルで落ち着いた雰囲気。お店の方のさりげない心遣いも感じるお店です。
メインであるお肉の前に、まず食べて欲しいのがオリジナルドレッシングのかかった てっぺいサラダ!ふんだんにかかっている、こってりとしてクリーミーなニンニクドレッシングがやみつきになり、このサラダをリピートするお客さんが多いというのも納得です。
 

ステーキは、てっぺい(サガリ)、ハラミ、ヒレ、サーロインの4種類で、全て食べやすいサイコロカット。お店の焼き加減はミディアムレアですが、お好みの焼き加減に変えることもできます。看板メニュー「てっぺい」は、プリっと柔らかジューシーな赤身肉。筋を丁寧に抜いてあるのでやわらかく、女性の方でもぺろりと食べられます。ソースはバ ター醤油、大根おろし醤油、にんにく醤油、ごまだれの四種類から選ぶことが出来、常連さんを飽きさせません。
 

また、私たちイチ押しなのがチーズハンバーグ!粗めのお肉がぎゅっと使われているため肉々しく、それであって柔らかい、まさに絶品です。チーズの溶けたデミグラスソースには、ステーキのお肉から取った牛筋が使われていて、ハンバーグの味をさらに美味しくしています。ランチには1日5食限定の煮込みハンバーグ¥1000があり、平日でも12時半には売り切れてしまう人気メニューです。
他にもリーズナブルなランチ、おつまみメニュー、コースも取り揃っているので、様々な用途で利用してみてはいかがでしょうか?
 

お忙しい中、取材にご協力くださいましたステーキてっぺいの皆様、ありがとうございました!

多気町ファン感謝祭2017 [2017年11月19日(日)]

私たち多気町応援プロジェクトは、11月17日(金)から19日(日)に、日本橋・三重テラスで開催された「多気町ファン感謝祭」のうち、18日と19日にスタッフの一員として参加しました。

6月のプロジェクト始動から約5か月間。実際に多気町を訪れたり、ワークショップを通じて、多気町に関する理解を深めてきました。今回行われた感謝祭は、「三重県多気町」と「昭和女子大学(三軒茶屋)」をかけた「多気茶屋」として、来場されたお客様にふるさと納税の返礼品を中心に試食していただき、多気町の美味しい特産品をアピールし、多気町のファン(ふるさと納税者)を増やすことが目的のひとつです。
 

夏に行った「伊勢~多気~松阪女子旅モデルツアー」の説明、また、そこで訪れたスポットや食べた料理の説明、オリジナル多気町マップを会場内に展示できるよう準備しました。
当日は、お客様へ試食品の説明、新しい返礼品候補アンケートの案内、子供コーナーでの輪投げ遊びの補助をしました。また、私たちの提案で、お客様の気に入った試食品や気になる特産物をポストイットに書いていただき展示するという試みもしました。これによりお客様のリアルな感想を知ることができ、大成功だったと感じます!
 

来場者様は、多気町へふるさと納税されている方・三重県ご出身の方・通りすがりの方……などなど、お子様からお年寄りまでさまざまでした。多気町ご出身の方などは、滞在される時間も長く、思い出話を聞くこともできました。また、当日調理に入られていた方(元・小学校教諭)のかつての生徒さんが、お子さんと一緒にいらっしゃり、再会され、とても喜ばれていたのも印象的でした。会場内に人が少なくなったときは、三重テラス前で呼び込みをしました。呼び込みで立ち寄ってくださる方も多く、意外な発見でした。通りすがりなのにも関わらず、たくさんお話を聞いていただけで私たちも嬉しかったです。

学生メンバーの感想を紹介します。
—–
・多気町を初めて知ったという人や、多気町で育ったという人など、いろいろなお客様と話すことができて楽しかった。
・実際にスタッフとしてイベントに参加することで、お客様に多気町について知ってもらいたい!という気持ちがより強くなった。
・考えてもなかった質問をお客様にされることがしばしばあった。まだまだ私たち自身も多気町について知らないことがたくさんあるな、と感じた。
・多気町プロジェクトの中でいちばんのイベントであった多気町ファン感謝祭。メンバーでアイディアを出し合って、展示を考え、それが当日会場に飾られていたことが嬉しかった。
・イベント当日、メンバーがそれぞれ自主的に動くことができてよかったと思う。
—–

多気町プロジェクトの集大成に向けて参加したイベントは、普段話すことのない世代の方と関わったり、その場その場で上手く言葉を選び、アピールしたり説明したりすることが大変でしたが、とても充実した時間になりました。私たちなりに、お客様たちとコミュニケーションを取るなかで、さらに多気町の良さに気付くことができたと感じます。また、町役場の方々、多気町伊勢いも農家の方々に「助かったよ!」と言っていただけたことが、何よりも嬉しかったです。イベントは終了しましたが、この先多気町をさらにアピールし続けたいです。とても貴重な経験ができた2日間でした。

【オリジナルたきちゃん缶バッジ(学生制作)】

町長さんもつけてくださいました!

【多気町おすすめグルメ】
  
(左から 前川次郎柿・伊勢いもカステラ・あげとろ)