曽我の里

曽我の傘焼き祭り 1日目 [2018年05月19日(土)]

こんにちは、歴史文化学科3年の松原加奈です。
私たち曽我の里プロジェクトは5月19日に神奈川県小田原市下曽我で行われた「曽我の傘焼き祭り」に参加してきました。

「傘焼き祭り」とは、日本三代仇討ちの一つ、『曽我物語』の曽我十郎・五郎兄弟が父の仇を討つ際に、傘を燃やして松明にしたという故事にちなんだお祭りです。
祭りのメイン会場でもある梅の里センターでは、この『曽我物語』に関する浮世絵や書籍の展示が行われていました。

また、地元の小学生による『曽我物語』の劇の発表が行われました。殺陣などの難しい演出に取り組む子供たちの真剣な姿からは、地元の文化を大切にしていきたいという強い思いが感じられました!

そして、祭り一日目のラストを飾る松明行列は宗我神社から始まります。私たちは宗我神社のお掃除の手伝いと松明行列に参加しました。
 

行列が祭りのメイン会場に到着すると、いよいよ傘焼きの神事が始まります。
祈願傘に松明の火が灯されると一気に火柱が燃え上がり、あたりは幻想的な空気に包まれ、祭りの熱気も最高潮になりました!
 

今回傘焼き祭りに参加して、本当に地元の方々に愛されているお祭りなんだなあということを改めて感じました。
これからはプロジェクトを通して、地元以外の方々にも曽我兄弟の物語や曽我の里の魅力を知ってもらえるように、私たちもより一層頑張りたいと思います!

下曽我フィールドワーク [2018年05月13日(日)]

こんにちは、歴史文化学科2年の﨑原麻央です。私たちは5月13日に神奈川県小田原市下曽我に来ました。フィールドワークで訪れた施設を一つご紹介します。

宗我神社をご存知ですか?平安時代の末期の1028年、大和の国の宗我都比古神社の神主であった宗我保慶が創設しました。由緒正しく市民にも愛されている神社です。参拝してみてはどうでしょうか?

当日は外に出た途端雨が降りましたが、濡れた植物の生命の美しさと力強さに気づく事が出来ました。

さて5月19日と20日は曽我の里傘焼まつりですね!皆さんの願いを叶える為に19日は夜に20日は昼に傘焼き神事が梅の里センターの隣の広場で行われます。20日には私たち昭和女子大学曽我の里プロジェクトが制作した輪投げと缶バッジ制作のワークショップを行います。

梅の里センターには小田原産の梅、玉ねぎ、緑みかんを加工した商品を販売しております。皆様ぜひお買い求めください。

曽我の里傘焼まつりで、お会いできることを楽しみにしています!

★小田原市 曽我の傘焼まつり
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/MAY/kasayaki.html

曽我の里プロジェクト 2年目スタート! [2018年04月12日(木)]

こんにちは、歴史文化学科3年の瀧谷珠里です。私が参加しているこの曽我の里プロジェクトは本年度で2年目の活動となります!
このプロジェクトでは、神奈川県小田原市下曽我で行われている伝統的な傘焼き祭りを継承していくことが地域の人々にとってどのような意味を持つのか、地域を活性化するにはどうしたらいいかというテーマに沿った企画、提案、広報媒体、運営のマネジメントに学生自ら取り組みます。
私は去年も参加していて、学内のみならず沢山の人達の協力を得て活動する中で、学ぶことの多い貴重な経験となりました。
今年は一年目に築けた活動の基盤を元に全メンバー8人でさらにパワーアップして曽我の里を盛り上げていきたいと思います!!
4月20日(木)昼休みは今後の活動について新メンバーでミーティングを行いました。継続するメンバーは私1人と不安もありますが、プロジェクトリーダーとして皆を引っ張っていけるよう頑張ります!

次回は5月13日に現地見学を行います。いよいよ、プロジェクトがスタートした!という感じでとても楽しみです(*^^*)
曽我の里の魅力をたくさんの方々に届けられるようにS-LABOやTwitterから発信していきますのでチェックをよろしくお願いします✨

理事会にて経過報告 [2017年09月26日(火)]

歴史文化学科2年の瀧谷珠里です。
9月9日に下曽我の梅の里センターで行われた曽我兄弟遺跡保存会の常任理事会に私たちもこれまでの活動の結果・報告をするために参加してきました。
 
今回の理事会での報告では、これまでの企画で体験したこと、感じたこと、今後に向けた提案や検討事項などについて発表しました。
5月頃から始動したこのプロジェクトの活動を省みて、子育てフェスタや、学内販売、風魔祭り、SNSでの広報などで下曽我の魅力を伝えるのに沢山の機会があり、その度に学ぶことが多いと改めて感じられました。
また、Twitterのアカウントの設置に際し作成した曽我兄弟をモチーフにしたプロジェクトオリジナルキャラクターも保存会の方々から改めて公認して頂けたので今度はこのキャラクターたちの名前も決められたら…と思います!

保存会の方々側からの意見や提案も受け、今後の活動に向けてますます精進していきたいと感じられる良い機会となりました!保存会の皆様、ありがとうございました。

小田原市観光課研修 [2017年08月28日(月)]

8月28日、私達は小田原市観光課研修をしてきました!
小田原市役所観光課の方々のお話を聞きに行き、小田原市の観光スポットをご紹介頂きました。観光課の方に、小田原市の人口や産業などの現状のお話を聞きました。小田原市の現状に触れ、たくさんのことを学ぶことができました。

その後、車を出して頂き、小田原市の観光スポットを周りました。最初に行ったのは、『松永記念館老欅荘』です。「電力王」と呼ばれた実業家、松永安左エ門が建てた居宅です。数寄茶人でもあった松永氏のお茶へのこだわりがわかる居宅でした。
 

お昼には小田原市役所の方一押しの「金時」というお店に連れていって頂き、海鮮丼などの美味しい料理を食べることができました✨

次に行ったのは、小田原市の一番の見所と言っても過言ではない『小田原城』です!
小田原城は平成28年5月1日にリニューアルオープンしたばかりで、平日にも関わらず多くの人で賑わっていました。中の展示もとても綺麗で見やすく、楽しめました。
特に、『常盤木門SAMURAI館』で見たプロジェクションマッピングは、メンバー全員感嘆の声をあげるほど綺麗でした。

今回の研修で小田原市について歴史など、たくさんのことを学ぶことができました。このような機会を用意してくださった小田原市役所の方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
小田原市には素晴らしいものがたくさんありました。下曽我や小田原市を盛り上げるお手伝いを一生懸命していきたいと思います!

忍者の里 風魔まつり [2017年08月27日(日)]

8月26、27日に小田原城址公園で「忍者の里 風魔(ふうま)まつり」が開催されました!
「風魔」とは、戦国時代小田原城を拠点として関東八州を治めていた北条氏に仕えた忍者一党のことです。その風魔忍者のことをより多くの人に広めるために風魔まつりは毎年行われています。
まつりは、手裏剣打ちや吹き矢の体験、迫力満点の舞台でのパフォーマンスなど、子どもから大人まで楽しめるプログラムが盛りだくさんで、大勢の人で賑わっていました!

私たちは27日に参加。乗馬体験のスタッフとしてお手伝いさせていただいたり、出店ブースで曽我の特産品を販売しました。当日は暑かったこともあり、みかんジュースが特に人気でした。曽我の里の紹介を通して多くの方と交流することが出来ました。
  
今回得られた成果や新たに見つかった課題を活かし、今後の学園祭や梅まつりでの出店に向けて、メンバーや地域の方々と協力しながら曽我の里を更に盛り上げていきたいと思います!

小田原市役所観光課へ訪問 [2017年07月25日(火)]

7月25日に、プロジェクト担当教師の大谷津先生と、プロジェクトを代表して歴史文化学科3年の湯垣真唯で、小田原市役所の観光課を訪問させて頂きました。
観光課長の武井さんと観光振興係の足立さんと共に、合計4名で話し合いを進めていきました。
話し合いの内容は、私達曽我の里応援プロジェクトの活動についての説明と、今月26日から小田原で行われる「小田原風魔まつり」についてです!
有り難いことに私達曽我の里応援プロジェクトも風魔まつりで出店させて頂くことになり、今回は主に風魔まつりについての話し合いを行うことで方針や出店内容について固めていきました。
また、観光課では「『北条五代』を大河ドラマに!」というスローガンを掲げ、北条五代をモチーフに可愛らしいキャラクターが作られていました。

曽我の里応援プロジェクトでも、曽我兄弟のキャラクターを作り、曽我の里に伝わる曽我兄弟をより親しみやすい存在にする活動を行っています。
見習うこと、学ぶことが多い、とても実りある訪問になりました。
観光課の皆様ありがとうございました。

イベント初参加 ~三茶子育てファミリーフェスタ~ [2017年06月18日(日)]

私たち曽我の里プロジェクトは、6月18日に昭和女子大学で行われた『第12回三茶 子育てファミリーフェスタin昭和女子大学」に参加しました。

当日は曽我の特産品である、おひるねみかんジュース、梅干し、梅びしおの販売、子供向けに顔出しパネル、紙相撲コーナーを設けました。紙相撲は歴史文化学科の有志の方に曽我物語に登場する五郎と十郎をデザインして書いて頂きました。

また小田原市のマスコットキャラクターである梅丸くんが応援に駆けつけてくれました。梅丸くんは子供達に大人気で、写真を撮ったり、ハイタッチをしたり、と引っ張りだこでした。警視庁から同じく駆けつけたピーポくんとともに○×ゲームにも参加させて頂きました。

生憎のお天気でしたが、多くの方々に私たちのブースを見て頂きました。特に昔ながらの製法で作られている梅干しは皆さんに興味を持って頂き、すぐに完売してしまいました。梅びしお、みかんジュースも完売し、次への意欲に繋がりました。

曽我の里のプロジェクトとして、曽我をアピールする初めての機会だったので、たくさんの発見がありました。終わった後にメンバーで意見を出し合い、これからの活動についての方針も固まってきたように思います。次の、小田原市で行われる忍者の里風魔まつりに向けて話し合いを続け、メンバー一丸となって頑張りたいと思います。

曽我の里応援プロジェクト [2017年05月20日(土)]

私たち、曽我の里応援プロジェクトは、曽我の里を盛り上げるべく、活動を開始しました。
メンバーは、歴史文化学科の三年生2名、二年生2名、英語コミュニケーション学科、心理学科の一年生2名で、5月11日から始動しました。

まず、5月14日、下曽我の曽我兄弟所縁の地を、曽我兄弟遺跡保存会の方々に案内していただきました。曽我兄弟はこの梅林で遊んだのかな、などと想像しながら曽我の名所の梅林を歩きました。

そして!5月20日、21日は第60回 曽我の傘焼きまつりでした!20日は夜に宗我神社に集まり、松明を持って練り歩き、地元の人たちのお願い事を書いた傘に火をつけました。

21日は大本命のパレードです!三年生2名がパレードの主役である曽我五郎、十郎役に、二年生1名が五郎の恋人である化粧坂の少将に扮し参加しました。そのほかの三人も、はっぴ隊(他3名のメンバー)としてプラカードを持ったり、裏方として盛り上げてくれました!
これから、1年かけて曽我の里を応援していきます!!