曽我の里

小田原市役所観光課へ訪問 [2017年07月25日(火)]

7月25日に、プロジェクト担当教師の大谷津先生と、プロジェクトを代表して歴史文化学科3年の湯垣真唯で、小田原市役所の観光課を訪問させて頂きました。
観光課長の武井さんと観光振興係の足立さんと共に、合計4名で話し合いを進めていきました。
話し合いの内容は、私達曽我の里応援プロジェクトの活動についての説明と、今月26日から小田原で行われる「小田原風魔まつり」についてです!
有り難いことに私達曽我の里応援プロジェクトも風魔まつりで出店させて頂くことになり、今回は主に風魔まつりについての話し合いを行うことで方針や出店内容について固めていきました。
また、観光課では「『北条五代』を大河ドラマに!」というスローガンを掲げ、北条五代をモチーフに可愛らしいキャラクターが作られていました。

曽我の里応援プロジェクトでも、曽我兄弟のキャラクターを作り、曽我の里に伝わる曽我兄弟をより親しみやすい存在にする活動を行っています。
見習うこと、学ぶことが多い、とても実りある訪問になりました。
観光課の皆様ありがとうございました。

イベント初参加 ~三茶子育てファミリーフェスタ~ [2017年06月18日(日)]

私たち曽我の里プロジェクトは、6月18日に昭和女子大学で行われた『第12回三茶 子育てファミリーフェスタin昭和女子大学」に参加しました。

当日は曽我の特産品である、おひるねみかんジュース、梅干し、梅びしおの販売、子供向けに顔出しパネル、紙相撲コーナーを設けました。紙相撲は歴史文化学科の有志の方に曽我物語に登場する五郎と十郎をデザインして書いて頂きました。

また小田原市のマスコットキャラクターである梅丸くんが応援に駆けつけてくれました。梅丸くんは子供達に大人気で、写真を撮ったり、ハイタッチをしたり、と引っ張りだこでした。警視庁から同じく駆けつけたピーポくんとともに○×ゲームにも参加させて頂きました。

生憎のお天気でしたが、多くの方々に私たちのブースを見て頂きました。特に昔ながらの製法で作られている梅干しは皆さんに興味を持って頂き、すぐに完売してしまいました。梅びしお、みかんジュースも完売し、次への意欲に繋がりました。

曽我の里のプロジェクトとして、曽我をアピールする初めての機会だったので、たくさんの発見がありました。終わった後にメンバーで意見を出し合い、これからの活動についての方針も固まってきたように思います。次の、小田原市で行われる忍者の里風魔まつりに向けて話し合いを続け、メンバー一丸となって頑張りたいと思います。

曽我の里応援プロジェクト [2017年05月20日(土)]

私たち、曽我の里応援プロジェクトは、曽我の里を盛り上げるべく、活動を開始しました。
メンバーは、歴史文化学科の三年生2名、二年生2名、英語コミュニケーション学科、心理学科の一年生2名で、5月11日から始動しました。

まず、5月14日、下曽我の曽我兄弟所縁の地を、曽我兄弟遺跡保存会の方々に案内していただきました。曽我兄弟はこの梅林で遊んだのかな、などと想像しながら曽我の名所の梅林を歩きました。

そして!5月20日、21日は第60回 曽我の傘焼きまつりでした!20日は夜に宗我神社に集まり、松明を持って練り歩き、地元の人たちのお願い事を書いた傘に火をつけました。

21日は大本命のパレードです!三年生2名がパレードの主役である曽我五郎、十郎役に、二年生1名が五郎の恋人である化粧坂の少将に扮し参加しました。そのほかの三人も、はっぴ隊(他3名のメンバー)としてプラカードを持ったり、裏方として盛り上げてくれました!
これから、1年かけて曽我の里を応援していきます!!