鶴岡ガストロノミー・フィールド・ミュージアム

鶴岡現地研修5月-2日目- [2018年05月27日(日)]

英語コミュニケーション学科3年の山田です。今回はボストン留学帰国後初めての鶴岡でした。青空の下には雪で覆われた山・水が張られた田園があり、日本らしい美しい風景が広がっていました。

2日目も前日に引き続き鶴岡の各所を訪れ、7,9月のツアー実施に向けての打ち合わせを行いました。
駅前のホテルから宝谷に移動し、ツアー企画のワークショップ・そば打ち体験・周辺散策を行いました。

今回のツアー企画の対象は、留学生です。私達だけの視点ではなく、価値観や文化の違い等たくさんのことを考慮して作りあげていく必要があります。
「鶴岡で思い出を作り、また来たいと思わせる」という目標設定を立て、どのようなアクティビティを組んだら喜んでくれるか皆で考えました。
そば打ち体験では、地元のお母さんの慣れた手つきに感動しつつ、私たちも見習ってお蕎麦をこねました。生地を切る際には大きな包丁を使いそれぞれ交代で行い、みんなで協力して捏ね上げました。麺の太さには個性が出ていて、手作り感のある美味しいお蕎麦ができました。
 
食後は庄内平野一帯を挑める眺めの良い場所に移動し、お蕎麦の魅力的を語っていただきました。
 
午後からは昭和英文科卒OGとお会いしました。外国人の応対を積極的に行なっている方からの貴重な意見をいただきました。鶴岡の魅力を伝えることはもちろんですが、鶴岡の人達も留学生たちから何か得ることができるような企画ができたらいいなと考えました。
あっという間の2日間でしたが、地元の方の思いを聞くことができた実りある日となりました。アイディアがさらに広がりましたが、同時にその中から絞ることの難しさを感じました。
今後のミーティング等で内容をより具体的にし、実施に向けて一同頑張って行きたいと思います。

鶴岡現地研修5月-1日目- [2018年05月26日(土)]

食安全マネジメント学科2年の矢倉です。
5月26日から27日にかけて、鶴岡市現地研修に行きました。
今回の現地研修の目的は、私たちが企画した留学生対象のモニターツアー案について現地のひとたちと意見交流をすることでした。

現地研修初日のはじめは、鶴岡市定番の観光名所である羽黒山にいきました。羽黒山は精進料理が有名です。精進料理は山で修行している山伏(やまぶし)が食べていた食事がもとです。山でとれた山菜や地元の孟宗竹などを使った料理で、料理ひとつひとつに意味やおもいが込めらていて、鶴岡の食文化を代表するものです。
 
今回は羽黒山の頂上付近にある宿の料理長さんにお話しを伺いました。精進料理の話を聞き、理解を深めました。また、モニターツアーの新しいコンテンツやスケジュールの細かい時間、宿の予約をとれるのかといった話もできました。
 
羽黒山のあとは海辺にある由良地区に移動しました。夕日がとてもまぶしくてきれいでした。由良では、企画したコンテンツが実際にいくらかかるのかの話し合いやツアーで由良のなにを感じてもらいたいのかなどのお話しを伺いました。話し合いの際、手作りの差し入れをいただきました。ほんとにおいしかったです。ありがとうございました。
 
次、鶴岡にいくときはもうモニターツアー実施のときなのでそれまでにしっかり準備をして留学生にも鶴岡の人にも心に残るツアーにできるようひとつひとつ頑張っていきます。

2月研修3日目 [2018年02月26日(月)]

歴史文化学科2年の栗栖光夏です。
この日は午前中に芳村捺染の見学と鶴岡市役所の方々との話し合い、ワークショップを行いました。芳村捺染では私たちの質問に丁寧に答えて頂いた後、実際にスカーフを作っている様子を見に行きました。スカーフとなるシルクの生地の上にスクリーンを置いて、色を乗せ一気に染めます。その作業を、スクリーンの柄ごとに何度も繰り返し行います。その時に柄のズレがないように染めている職人の方々の姿が印象的でした。出来上がったスカーフを見させて頂くと丁寧で細かく鮮やかで、職人の方の凄さを改めて感じました。
 
鶴岡市役所の方々との話し合いでは、外国から来て鶴岡市の職員として働いている方々ともお話をする機会がありました。どのようにしたらより鶴岡に人が多く来るのかなどを話し合い、歴史が多く残る鶴岡で私たちが別の視点から新たな魅力に気づきたいと感じました。

午後は、西さんとワークショップを行いました。インバウンドツアーを組む過程でのおおよその日程や、私たちの打ち合わせの仕方などについて、アドバイスを頂きました。少しだけ形が見えてきたので、メンバー内で話し合いを増やして良いものが出来るように練っていきたいです。

2月研修2日目-報告会- [2018年02月25日(日)]

健康デザイン学科2年の山下茉美です。

2日目にあたる2月25日は鶴岡市の皆様への報告会を15時からFOODEVERで行いました。今年度の現地での研修を通して私達が何を感じ、学び、インバウンドに向けてのコンテンツ作りとしてどの様な考えをもっているのかを伝えることができたのではと思います。なぜ?どうして?と掘り下げていくと報告時はとても緊張してしまい、「伝えたい事をどこまで話したのだろうか?」と思ってしまうくらいに頭が真っ白になってしまいましたが、隣に仲間がいる事で少し落ち着き、笑顔で比較的良い発表が出来たのではと思います。

報告終了後に皆様から一言ずつコメントを頂戴した時の言葉を聞いて、1年間このプロジェクトに参加してきて本当に良かったと感じました。私達の活動はこれほどまでに多種多様な方達に支えられているからこそ自由度の高い活動ができているのだと再確認することが出来ました。

今回の報告会に参加していただいた皆様、誠にありがとうございます。3ヶ年計画の最終年度にあたる4月からもどうぞ宜しくお願いいたします。

2月研修初日 [2018年02月24日(土)]

今年度、最後の2月研修の初日目です。湯ぽか温泉にて平昌オリンピック、カーリング女子選手たちのニュースが流れる中、地元の方々も使う食堂で朝食、お風呂で癒しをとりました。いつものごとく、どこから来たの?と気軽に話しかけてくださる方もいて、初日の朝から人の温かみとコミュニティを感じました。また、入り口には長靴が多く、朝から農作業を終えた人達だと思われ、山もある鶴岡ならではの面白いところだなと感じました。

富樫ろうそく店で、水ろうそく絵付け体験をおこないました。自分で色を選び、何を書こうか、失敗しただの、可愛いと言い合ったり…笑 とてもわくわくしました。最近では外国人観光客も多くいて、国別に書くスピードもこだわる方も異なることを話を聞いて面白いなと思いました。細かい筆使いは難しく職人技ですが、それぞれ可愛らしい個性ある絵ろうそくが完成できて嬉しかったです。
昼食は、鶴岡駅周辺のFOODEVERの中で”ファリナモーレ”という鶴岡を堪能できる奥田シェフの店でした。寒鱈と岩のりのクリームパスタとても美味しく斬新で魅力的でした。

昼からは、八乙女ホテルでホテルの方と、ホテルに泊まる台湾のツアープランナーの方に話を伺いました。由良のことや、お客様で多い国籍、年齢層、外国観光客へのスタッフ対応、おもてなし、Wi-fi環境、観光客で困っていること、最長で一泊のみのお客様しかいない、冬の時期の客の少ない現実を知りました。鶴岡市は文化の40~60代が多く中国語の挨拶などを学び実際に法被で接客もさせていただきました。台湾のツアー客は鶴岡では加茂水族館だけということを聞き、やはり東北巡りの短期ツアーで鶴岡に滞在、1日過ごしてもらうことさえも厳しい現状を知りました。他にも魅力的なところは多いのに難しいなと思い、どうやったら惹きつけられるか考える際の参考になったと思います。由良レディース3人の方にも来期の旅行を企画する際の由良でできることの確認と、今までのイベントで反響が大きいもの、小さかったとの、漁業、魚離れの現状など値段や時間も含めさせていただきました。英語でのコミュニケーションは難しいですが持ち前の明るさ、生の方言や地元の方と交流、由良は体験の良い機会となるので企画に取り入れていこうと改めて意識しました。今回の研修は来年度のヒアリングを目的としていて、初日の活動で学んだことはとても今後に活かすことのできる中身で、とても勉強になりました。夜は、こたつを囲い次の日の報告会に向け内容を詰め、話合いました。

成果報告会 [2018年02月14日(水)]

日本語日本文学科3年の増子若菜です。
2月14日に行われたプロジェクト型協働インターンシップ成果報告会に参加しました。
鶴岡東京事務所の清野様、庄内トラベルの岡村様が来てくださり、他のプロジェクトやその関係者の方々が見ている中での発表するのはとても緊張しました。
 
報告会では、この1年間のプロジェクト活動について振り返り、今年度の活動から感じたことや思ったこと、来年度の目標について発表しました。
 
その後の懇親会では、来ていただいた方々とお話をすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。
 
今年度の活動はまだ終わってはいません。2月24日から26日まで鶴岡市現地研修が行われます。その時にも、お世話になった鶴岡市の方々に向けて、今年度のプロジェクトの活動報告を行います。新たにパワーポイントの修正や発表の練習を行い、万全な準備で現地研修に臨みたいです。

市政報告会 [2018年02月10日(土)]

歴史文化学科2年の栗栖光夏です。
2月9日に船堀で行われた鶴岡市の市政報告会に参加しました。私たちはこの1年間をどのように活動してきたか、そして感じた事などをスライドにまとめ発表を行いました。鶴岡と関係の深い方々の前での発表だったので、とても緊張しましたが無事に終えることが出来て良かったと思います。また、鶴岡市役所の方が私たちの活動写真をまとめた素敵なポスターを作成して下さいました。
 
発表の前後は受付やクロークでお手伝いをし、その後は交流会に出席し多くの方々とお話をしました。寒鱈まつりの際にお世話になった方々とも再びお話をすることが出来、とても嬉しかったです。このような繋がりを大切にしたいと感じました。そして、鶴岡市長の皆川さんとも少しでしたが会話と写真を一緒に撮っていただき、貴重な1日になりました。
 
次は、14日に地域連携センター主催の成果報告会で発表を行います。鶴岡の魅力を少しでも伝えられるような発表が出来るように頑張ろうと思います。

寒鱈まつり [2018年01月27日(土)]

食安全マネジメント学科の矢倉有莉です。

1月27日に、江戸川区舟堀で開催された「寒鱈まつり」のお手伝いをしてきました。
 
すごく冷え込んだ天気のなか、多くの方に足を運んで頂くことができ、とても嬉しかったです。
去年も足を運んでくださった方も多くいらっしゃって、愛されてるお祭りなんだということを実感しました。このお祭りを通して少しでも皆さんに山形県鶴岡市に興味をもっていただけたら嬉しいです。
 
私たちのプロジェクトのゴールは外国人観光客に向けた鶴岡市のツアー企画です。より多くの人に鶴岡市の良さを伝えられるような企画にできるよう、2018年の活動も気合いをいれて頑張ります。

秋桜祭 [2017年11月17日(金)]

歴史文化学科2年の栗栖光夏です。11月11・12日に開催された秋桜祭に参加しました。

こっしゃって鶴岡として初めての参加でした。多くのハプニングがありましたが、無事に終えることが出来ました。
秋桜祭では、鶴岡のお菓子の販売、鶴岡クイズや魅力を伝えるための写真の展示を行いました。教室が奥の方であったにもかかわらず多くの方に足を運んで頂きました。

 

 

 

 

 

だだちゃ豆のおかきとせんべいを販売しましたが、完売できるか不安でした。しかし、卒業生や先生方が買ってくださり、無事完売することが出来ました。秋桜祭が終わった直後には達成感がありました。

次の鶴岡での現地研修は来年2月です。10月の研修から間が空いてしまったので、今から楽しみです。充実した時間を過ごせるよう頑張りたいと思います。

鶴岡現地研修 -10月最終日- [2017年10月09日(月)]

健康デザイン学科2年の山下茉美です。10月9日最終日は頂いた食材でご飯を作る「0円食堂」を行いました!

まずは3人ずつ2グループに分かれました!事前に協力頂いた民宿や旅館の方から食材を頂いたり、歩きながら地元の方に頂ける食材は無いかと相談したりして食材集めをしました。

分けて頂いた皆様ありがとうございます(^○^)

その結果…

沢山の食材を頂きました!ありがとうございます!商店の方からも頂けて嬉しかったです(≧∀≦)

ゆらまちっくの皆様の協力の元、昼食を作りました!サメは皮をを剥いで加熱して酢味噌で!ヤドカリも大きいサイズを2個頂いたので味噌汁にしました。蟹は蟹汁にして…。

 

只管作って完成した料理がこちらです!刺身、揚げ物、煮物、炒め物、汁物、鯛飯なんでもあります。

長机にギリギリのせることができる量の料理達

協力頂いた由良の皆様ありがとうございます!本当に今回3日間ずっと由良の方達にはお世話になりました!本当に皆優しくて好きです(^○^)翌日学校が無ければ延泊したいねと皆で言い合っていました(^ ^)