出前講座@三茶おしごとカフェ

出前講座@三茶おしごとカフェ (2) [2017年11月30日(木)]

「女性が社会で輝くために」シリーズの第2回、「化粧の心理学」を11月30日に開催しました。講師は今年3月まで資生堂で勤務されていて、4月から本学の教授となった健康デザイン学科の圷信子教授です。
化粧を施すということは自己実現のひとつ。鏡に映った自分の顔を見つめ、肌に触れることにより気持ちが鎮静化し、顔の筋肉を動かす、笑顔の表情をつくることにより気持ちが高揚化する。化粧により外見を美しく装うことに加え、これらの心理的変化が、その人の印象や行動を変え、魅力を高める。周囲の人とのコミュニケーションまで変わる。化粧を気軽に楽しみながら、いくつものなりたい自分を実現できる。
また、“化粧の可能性”として、あざや熱傷後のひきつれを化粧でカバーしてQOL(生活の質)を維持・向上できること、臨床面での化粧の活用について紹介。認知症の方や抑うつの方へ化粧療法が行われていて、症状が改善したケースが多くみられるとのこと。受講生からは、「ここまで精神面、身体面に良い影響をもたらすとは驚きでした。」「自己実現のための最も身近な行為だと改めて認識した」「もうひと手間何かやってみようという気持ちになった」といった感想を頂戴しました。

次回は12月15日(金)、ビジネスデザイン学科 飴善晶子教授による「社会でのマナー『より良い人間関係を築くために』」 です。

出前講座@三茶おしごとカフェ (1) [2017年11月02日(木)]

今年のテーマは「女性が社会で輝くために」。「敬語の使い方」「化粧の心理学」「社会でのマナー」の3回のシリーズで学びます。
11月2日には第1回目、人間文化学部日本語日本文学科 嶺田明美准教授の「敬語の使い方『敬語表現と配慮』」を開催しました。

“言葉の乱れ”や“誤用”と言われるものでも、社会への広がりとともに正用となることがあったり、正用であっても敬意が足りないと捉えられてしまう可能性があることから必要以上に言葉を付け加えて使われていたりする実態があること。また、伝統的な日本の習慣では使わないことばも配慮を表すためにあえて使うといった話などを交えながら、円滑なコミュニケーションのための敬語について解説。
受講生からは、曖昧だったことを改めて学ぶことができた、思っていたよりも理解していなかったことに気が付けて良かった、今後仕事をするうえでの参考になったといった声が聞かれました。

第1回出前公開講座 [2016年05月13日(金)]

今年のおしごとカフェでの出前公開講座が始まりました。テーマは、一昨年ご好評を頂いた『地域の外国人とのコミュニケーションのために』で、3回のシリーズです。

5月13日の第1回は、「日本語教師の仕事とは」で、講師は昭和女子大学日本語日本文学科専任講師植松容子先生でした。
 
 植松先生より講座後に以下のようなご感想をいただきました。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
 本日は前半に日本語教師の仕事の概要についてお話しし、後半には日本語教師が避けては通れない「日本語の分析」にチャレンジしていただきました。
 受講生の皆様は熱心にお聞きくださり、また、私が質問を投げかけると必ずどなたかがすぐに回答をくださったので(時には3人同時に手が上がることも!)、活気ある雰囲気の中で楽しくお話しすることができました。特に後半の日本語の文法分析では積極的な意見交換が行われ、受講生の方々の言語センスの良さを感じました。
 今後もこの講座を通して学んだ「日本語を外国語として捉え直す」ことを意識して、日常生活の中の日本語を楽しんで分析していただけたらと思っております。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
次回は5月20日(金)、テーマは「外国人に伝わる日本語とは」で、講師は日本語日本文学科准教授 大場美和子先生です。

出前講座@三茶おしごとカフェ 第2回 [2015年07月09日(木)]

7月9日、三茶おしごとカフェで第2回目の講座を開催しました。
第2回目はグローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科 前田純弘 特命教授の「メディアを活用しよう!(情報収集編)」。
1
まずは、受講生(16名)に使用しているメディアについてアンケート調査を行いました。新聞購読者(5名)、パソコン・タブレットを所有している(14名)、携帯電話(スマホ12名、ガラケー4名)、ラジオを聴く(4名)、SNSをやっている(9名)
1日のTV視聴時間(2h以内5名、2-5h 9名、5h以上1名)、1日のネット視聴時間(2h以内11名、2-5h 5名)と面白いデータが取れました。
これをNHK放送文化研究所が調査した国民生活時間調査と比較して説明しました。
国民調査ではスマホの普及率は6割ですが、前田先生が授業で学生に聞いたら、ガラケーは1人でした。世代によって違うようです。
また、若者はスマホの影響でテレビ離れが進んでいるのに対して、高齢者のテレビ視聴時間は高いなど、興味あるデータでした。
2 3
後半は、YOUTUBEでの企業CM、スモールワールド実験、大災害時にメディアはどうなるか、デマ・噂が流れた時の対処法など、動画を紹介しながらの講義でした。中でも印象的な言葉は「フィルター・バブル」。Googleで検索すると自分が興味のある情報ばかりが出てくる、など誰もが身に覚えのある出来事が、実は私たちは知らぬ間に情報を操作されているということだったと、改めて知りました。
インターネット普及により便利になった反面、情報収集の仕方やその留意点を考えなければならないと感じました。
4 5
次回は7月14日(火)、現代教養学科 天笠邦一 専任講師「メディアを活用しよう!(情報発信・セキュリティ編)」 です。

出前講座@三茶おしごとカフェ 第1回 [2015年07月07日(火)]

7月7日、三茶おしごとカフェで第1回目の講座を開催しました。
今年のテーマは「お仕事でメディアを理解し使いこなそう!」。氾濫する情報をどのように取捨選択し、有効に活用できるかを3回のシリーズで学びます。
第1回目は人間社会学部現代教養学科 清水真 准教授の「メディアを捉えなおそう!」。
1 2
第1部「新しいメディアとの向き合いかた」では、初音ミク、Google Earth、ドローン、フラッシュモブなどを例に動画を見せながら、新しいメディアが出てくると根本的な変化をもたらすと解説しました。
3 4
第2部「改めて新聞をとらえなおす~回し読み新聞」では、3~4名のグループで「回し読み新聞」のワークショップを行いました。
回し読み新聞とは、気になる記事(1人3件)を切り抜き、なぜ気になったかプレゼンします。レイアウトなどをみんなで話し合い、模造紙に記事を貼り付けていき、タイトルなどを書いてオリジナルの新聞を作成します。
自己紹介も兼ねたワークショップでグループの仲間と打ち解け合った感じです。
このために全国各地から集めた地方紙に自分の出身地の新聞やなでしこJAPANの記事を切り抜く姿が見受けられました。
5 6
次回は7月9日(木)、グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科 前田純弘 特命教授「メディアを活用しよう!」 です。

出前講座@三茶おしごとカフェ [2014年10月13日(月)]

地域の外国人とのコミュニケーションのために
「三茶おしごとカフェ」セミナールームにて、世田谷区産業振興公社との協働による出前講座を開催しました。
テーマ「地域の外国人とのコミュニケーションのために」

 第1回
10月30日(木)15:00~17:00
参加者数:24人
テーマ:『日本語教師のお仕事とは』
講 師:日本語日本文学科 植松 容子 助教
 第2回
11月6日(木)15:00~17:00
参加者数:18人
テーマ:『外国人に伝わる日本語とは』
講 師:日本語日本文学科 大場 美和子 准教授
 第3回
12月4日(木)15:00~17:00
参加者数:12人
テーマ:『留学生との交流会』
講 師:日本語日本文学科 西川 寿美 教授

おしごとカフェ1 おしごとカフェ2

第1回:10月30日 担当:植松容子 昭和女子大学日本語日本文学科 助教
テーマ「日本語教師のお仕事のあらまし&外国人の日本語の実際」
日本語教師になる方法は?具体的にどこでどんなことを教えるの?全然日本語が分からない人にはどうやって教えるの?本講座の初回は、日本語教師のお仕事のあらましを中心にお話しいたします。また、後半では実際に外国人が書いた文章を観察して、どの部分をどう直したらいいか、またそれはなぜか等についてグループで自由に討議するワークショップを行います。日本語教師のお仕事を、ちょっとのぞいてみませんか。

第2回:11月6日 担当:大場美和子 昭和女子大学日本語日本文学科 准教授
テーマ「外国人に伝わる日本語とは」
日本語教育の現場では、日本語から日本社会に至るまで、学習者から多様な質問を受けます。教師はその質問に対し、学習者にもわかるように情報提供を行うことが求められます。そして、これは教室の中だけでなく、日常会話から公的な連絡まで広くあてはまると考えられます。本講座では、どのようにしたら学習者にわかりやすく情報が伝えられるのか、会話や文章の例を見ながら検討し、実際にみなさんにも学習者にわかるように文章を書き直すタスクをしてもらいたいと考えています。

第3回:12月4日 担当:西川寿美 昭和女子大学日本語日本文学科 教授
テーマ:「留学生との交流会」
講座のまとめとして、昭和女子大学に留学中の外国人学生を教室によんで交流会を実施します。日本語教育用教材を題材に用いて、おしゃべりを中心にした活動を体験していただきます。活動の前に、学習者の日本語習得が進み、かつ日本人参加者、外国人参加者ともに新しい学びが起こるような活動のための留意点についてお話しします。交流活動の後にも、短時間の振り返りを行いたいと思います。