2017年後期 第7回公開講座「はじめての日本画 -和紙カードにクリスマスを描く-」 [2017年11月25日(土)]

11月25日(土)、初等教育学科 早川陽専任講師による「はじめての日本画」講座を実施しました。
 

日本画の歴史や、岩絵具、顔彩、水干絵具、胡粉など日本画で使われる絵具の種類がとても多様なこと、絵具を溶く際に展色剤として使われる膠(にかわ)の話から講座は始まり、講師が専門とする日本画作品の紹介の後、実際に体験するカード作りのデモンストレーション、そして作品作りにとりかかりました。
 

皆さま最初は緊張された様子でしたが、早川ゼミの学生2名のサポートのもと、描き始めると筆の進みもはやく、思い思いの色を選び、まわりの方々と見比べ、楽しみながら手を動かす様子が印象的でした。
 

終了後のアンケートでは「ぜひまた実施して欲しい」、「作品作りだけでなく画材の説明も丁寧にしていただき、近寄りがたかった日本画に親しみがわきました」といった声も。
 

「日本画は身近にあるようで、近寄り難い。でもちょっと体験してみたい。そんなお声を想定して、私の専門分野である日本画を題材に、親しみやすい内容を考えてみました。あっという間の90分でしたが、素敵なカードに仕上がりました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。」と、講師からのコメント。
 

次回公開講座は今年度の締めくくり、英語コミュニケーション学科 金子弥生教授による「ジェイン・オースティンと女性たち」(12月2日(土)10:40~12:10)です。まだ数席ご案内可能ですので、ご興味をお持ちの方は以下の方法でお申し込みください。
■申込方法:E-mail、またはホームページから
(1)受講希望日 (2)氏名 (3)連絡先 (4)性別 (5)年代 をお知らせください。
昭和女子大学 地域連携センター
E-mail▶openseminar@swu.ac.jp
HP▶申込フォーム: こちらをクリックしてください