2018年 第1回座学 [2018年04月11日(水)]

福祉社会学科2年の梅村です。
朝小サマースクールインターン型プロジェクト1回目の座学ではマスコミ業界の基本的知識、また新聞業界の事などについて学びました。

まず、代表的なマスメディアとしてテレビ、新聞、雑誌、ラジオがありますが、新聞の特性として、媒体としての信頼性が高いという事、地域によるセグメンテーションが可能であり、雑誌と比べて多くの読者を持つ事、広告原稿の締め切りから掲載までの時間が短く、タイムリーな広告展開が可能であるなど以上のことが新聞の利点です。

また、最近では社会問題になりつつある新聞離れにも触れました。プロジェクトメンバーの中にも新聞を読みたくても全てを読む時間の確保が難しい、新聞は大きい為電車の中で広げては迷惑になってしまうなど様々な問題があり新聞に触れる機会が減ってしまっているという現状があるという事を改めて知る事が出来ました。

8月上旬に昭和女子大学で開催される朝小サマースクールが朝日小学生新聞をご愛読して下さっている読者の皆様、地域の皆様にとってより良いイベントとなる様尽力していきます!