FM世田谷対談「昭和信用金庫理事長×しもきた商店街振興組合副理事長」 [2015年11月30日(月)]

アドバイザーの福田淳子です。11月30日、昭和信用金庫本店(下北沢)でFM世田谷の番組収録をしました。昭和信用金庫理事長の神保氏と、東洋興業株式会社専務取締役でしもきた商店街振興組合の副理事長やまちづくり委員長をされている小清水克典氏との対談に、学生3名が参加させていただくという形での収録でした。

小清水氏が下北沢で展開されているまちづくりについて下調べをし、11日(水)に小清水氏にインタビューを行い、その内容をもとに話し合いを重ねながら台本をまとめ、本番に臨みました。
 
8月末に坂東学長の収録を見学はしていたものの、実際に話をするとなると勝手が違ったようです。台本になかった神保理事長からの質問に答える場面では、学生たちは相当緊張していましたが、それぞれの持ち味を生かして答えることができたと思います。ぜひ、放送を聴いてくださいね!
 
——
FM世田谷 83.4MHz 番組名:「商店街東奔西走」
放送日時:2015年12月4(金)・11日(金)・18日(金)・25日(金)の全4回
各回14時50分~15時00分
インターネットからも視聴できます。 www.fmsetagaya.com
——
[学生のコメント]
今回は、対談相手の小清水様とのインタビュー、それをふまえた台本制作から参加させていただき、収録を終えた達成感を感じています。
収録では、ホスト役の神保理事長が、台本だけでは堅苦しくなってしまっていた部分を自然な流れでまとめてくださいました。また、収録に加わった私たちにも話を振ってくださいました。とても緊張しましたが、ラジオ番組内でこのような貴重な経験をさせていただき、参加できて本当によかったと感じました。
収録を終えて振り返ると、インタビューの仕方や話のまとめ方など、準備する上で今までに学んできた授業を生かしきれていなかった点もあると思いました。次回の収録にこの反省点をつなげて、さらに良い台本づくりに協力したいです。
現代教養学科2年 宮田佳奈実

—————
初めてのラジオ番組の収録で大変緊張しました。昭和信用金庫の神保理事長が私たち学生もラジオで発言しやすいように話を度々振ってくださり、無事収録を終えることができました。緊迫した雰囲気の中での収録は、良い経験となりました。
また、小清水さんの街づくりにおける感覚は、私が今学んでいることにまさに相応しており、良い刺激を与えてくださいました。特に「ネガティブな部分をポジティブに」という取り組みは、今後私も何かをデザインするときに参考にしていきたいと思います。
今回のプロジェクトで多くの社会人の方々と触れ合うことができました。今回の収録の対談相手となった小清水さんはいろいろな企画を下北沢で行っており、学生も参加できるということですので、今回だけの一度きりの出会いだけで終わらず、機会があったら是非参加していきたいです。
環境デザイン学科2年 寺山未那子

—————–
初めてのラジオの収録で緊張しました。神保理事長と小清水様の対談に自分たち学生も参加出来たことは、大変貴重な体験となりました。また、小清水様のインタビューをもとに作った原稿でラジオが進行されていくのを見て、感慨深かったです。
日本語日本文学科3年 沢田千菜美

—————–
◆第2回ラジオ収録
11月30日(月)17時~18時 昭和信用金庫本店(下北沢)
対談「昭和信用金庫理事長 神保和彦氏 × 東洋興業株式会社専務取締役 小清水克典氏」
学生:沢田千菜美・寺山未那子・宮田佳奈実
アドバイザー:福田淳子