インターンシップ活動報告~NPO法人ぱれっと ~① [2017年09月07日(木)]

現代教養学科3年の津城と野澤です。
私たちは8月21日〜25日、9月4日~8日の1人5日間ずつ「NPO法人ぱれっと」さんでインターンシップをさせていただきました。同社は、就労・暮らし・余暇などの生活場面において障がいのある人たちが直面する問題の解決を通して、すべての人々が 当たり前に暮らせる社会の実現に寄与することを目指し活動しています。

私たちはぱれっとさんの数ある事業の中から、おかし屋ぱれっと、工房ぱれっと、グループホームでの作業を体験させていただきました。この①では、おかし屋ぱれっとでの体験の一部を報告していきます。おかし屋ぱれっとでは、知的に障害がある人たちが手作りのクッキーとパウンドケーキを製造し販売しています。
こちらでは、通所員の方がクッキーやパウンドケーキの材料を計る時の分量のダブルチェック、作業のサポートを行いました。作業中の皆さんは集中して黙々と作業をこなしながらも、和気あいあいとした雰囲気で、緊張していた私もすぐに打ち解けられ作業ができました。

ここで余談ですが、作業の合間のおしゃべりで、私より2歳年上で出身中学が同じ通所員の方がいることがわかりました。その方と昼休みに、今は統廃合で無くなった母校に思いを馳せたのもとてもいい思い出となりました。

☆ここで、クッキーやパウンドケーキが作られています。

長くなったのでここまで。②では、工房ぱれっと、グループホームでの体験を報告します。最終日にいただいたクッキーがあったのですが…写真を撮る前に食べてしまいました(‘▽’)おいしかったです(‘ω’) 皆さん、ぜひお店で買ってみてください。
おかし屋ぱれっとショップホームページ http://www.palette-ss.net/