インターンシップ活動報告~NPO法人ぱれっと~② [2017年09月08日(金)]

現代教養学科3年の津城と野澤です。
②では工房ぱれっとと、グループホームでの体験を報告していきます。
工房ぱれっとでは、アクセサリーや雑貨を中心に「ものづくり」にこだわった温かみのある手工芸品を制作・販売しています。こちらでは主に通所員の方に飾り付けをしてもらうためのラブラビというぬいぐるみの型の採寸や裁断、ボディー作りを行いました。

私がインターンシップに参加した時期は、マレーシアに送る商品の制作の真っ最中であったため、世界に1つしかない個性豊かな作品が制作されている現場に立ち会うことができました。また、皆さんの良い作品を作り上げるために、集中して作業に取り組んでいる姿も拝見させていただきました。
個人作業ではありますが、休憩時間にはお茶を飲みながらお話ししたりと障がいのある方と沢山コミュニケーションを取ることができ、とても貴重な経験になりました。

続いてグループホームのえびす・ぱれっとホームです。えびす・ぱれっとホームは、障がいがある人が当たり前に地域で暮らすことを目指し、”暮らしの場は安らぎの場”であることを大切にしながら、本人の心の自立と社会人としての地域生活をサポートしています。こちらでは、緊急で利用されていた方の夕食づくり、入居者の方とのお話しをさせていただきました。

☆左下から時計回りに、枝豆ごはん、トマトと卵の炒め物、サラダ、海鮮五目あんかけ(レトルト)です。知的障害以外にも障害のある方だったため、全てミキサーにかけてお出ししました

おかし屋や工房ぱれっとなどの作業所とは違い「ホーム」なので、入居者の方がゆったりくつろげるような場所で、思わず自分もゆったりしてしまいました。ホームでの作業は1日だけだったので本当に短い時間でしたが、ホームでの過ごし方や決まり、仕事の話など、沢山コミュニケーションをとることが出来ました。

☆リビングでの1枚。快く写真を撮らせてくださいました。ありがとうございます。

5日間作業を体験させていただいて、障がいのある方にどのように接すればよいのか、ともに生活していくためにできることは何か、そのほか各々の課題などと向き合うことが出来ました。戸惑うこともありましたが、職員の方のアドバイスや通所員の方との交流で真面目ながらも楽しくインターンシップをさせていただけました。今回得たもの忘れないように、これからの実生活に活かしていきたいです。5日間、本当にありがとうございました!