世田谷美術館を訪問しました! [2018年07月06日(金)]

日本語日本文学科2年の加藤綾乃です。7月6日、世田谷美術館を訪問しました。
橋本善八学芸部長に、展覧会開催についての講義をして頂きました。美術館の組織のしくみや、学芸員として展覧会をどのように開催するか等、大変貴重なお話を聞くことができました。展覧会を構成するためにどのような能力が必要か、というお話が1番印象に残りました。展覧会までのスケジュールが遅滞したときのリカバリー能力も求められているのだと学びました。

私は昨年度から引き続き本プロジェクトに参加しており、学芸員過程を履修しています。昨年度プロジェクト型協働インターンシップを1年間経験し、学芸員課程の勉強を進めることで、昨年度よりも深く講義内容を理解出来たと感じます。
講義後、橋本学芸部長に講義について、また世田谷美術館で行われる展覧会について等の質問メールを送らせて頂いた所、とても親切に丁寧に答えてくださりました。その後世田谷サービス公社の方々、セタビカフェの土佐谷店長にご挨拶をさせて頂きました。

この講義で各々が学んだことを、美術館カフェのプロデュースにも活かしていきたいと思います。