三重県多気町インターンシップ活動報告[2日目] [2018年08月06日(月)]

8月6日、現地視察2日目です!朝日で気持ちよく目覚めました。
この日の活動は、宿泊先である五桂池ふるさと村の中にある農産物直売所「おばあちゃんの店」にてアンケート調査を行うことから始まりました。お客さん・生産者さんにアンケートを取るだけでなく、どのように店内を回りどの商品を買っているのかも調査しました。

店内を回ると、どの農作物も新鮮で、東京では考えられないほど安いお値段!この立派なカボチャは230円!!パプリカは5つで100円!!
 
種類も豊富で、初めて見る「バナナうり」という野菜もありました。バナナ味という訳ではなく、”バナナのように”やわらかくて甘いそうです。私たちも気になって買ってしまいました…!

調査中、仕入れ業者の方にバナナをもらい、その後三日間の朝ごはんになりました^^

同じくふるさと村の中にある「ふるさと食堂」で昼食を食べ、多気町役場でアンケート結果の集計を行いました。町外や県外から来ているお客さんも多く、消費者・生産者の両者の立場から店だけでなく多気町の農業についても分かりました!

次に、多気町の勢和地域 丹生で江戸時代末期に活躍した「西村彦左衛門」さんの生家へ。丹生周辺では水利がなく米がとれず、村人は大変苦しい生活を送っていました。そこで西村彦左衛門は私財を投げ出し、12年かけて紀州藩を説得して、3年で大工事を成し遂げ「立梅用水」を完成させました。今も地域の人々の暮らしを支えています。

立梅用水の歴史を事務局長さんの紙芝居で学んでいる様子です。

現在はお休みしていますが、併設されている「カフェフルサトヤ」の「ベジフル甘酒豆乳スムージー たっぷりイチゴ」をいただきました!いちごの果肉感とスッキリとした甘さがとてもおいしかったです!

隣にある「西村彦左衛門記念公園」の西村彦左衛門さん!

次に、地元の野菜やおみやげが買える「ふれあいの館」へ。なんと鹿の角も売ってます!!

「伊勢茶ソフトクリーム」や「ほうじ茶シェイク」をいただきました!お茶の香りがとてもよかったです!

次に、伊勢いも農家の長井さんと逵(つじ)さんと一緒に、伊勢いもの圃場の見学へ。辺り一面に伊勢いも!!

藁を敷き支柱を立てたり、より質の良いものにするために1つの種芋から1つの芽に絞って他の芽をかき取ったり、伊勢いもはとても手間をかけて育てられています。
 
そして、スーパーへ買い出しへ行き、農家さんと伊勢いもを使った晩ごはん作り!伊勢いもは形が複雑で皮をむくのがとても難しかったのですが、さすが農家さんは器用にむいていました。みんな手こずりながらも頑張りました!!(むいてある状態の伊勢いももあります。)
 

むいている間も いもから糸が引いていたのですが、すり鉢を使ったときの伊勢いもの粘り気のすごさには本当に驚きました!!それまでは長芋と同じような感じだろうと想像していましたが、長芋の何十倍も粘り気があります!!なんとすり鉢もひっくり返しても落ちてこないそうです…!

晩ごはんは農家さんに多気町のお話を聞きながらいただきました。
とろろご飯もお好み焼きも、伊勢いもならではのコクや旨みがあってとってもおいしかったです!!
 
2日目もとても充実した一日を過ごすことができました!
実際に見て感じたことを活かせるよう、今後の活動も取り組んできいます。