エフエム世田谷での研修会 [2016年09月15日(木)]

現代教養学科3年の佐藤梨奈です。
9月15日に「ラジオ収録・編集の研修会兼見学会」ということで、エフエム世田谷を訪問。
今回のインターンシップを進める上で必要な、番組作りの基礎を教えていただきました。

前半はまず、FM世田谷がどういった番組を制作しているのかを学びました。
世田谷区民に伝えるラジオ局であるため、区民の方がテーマ決めから、トーク、 録音、
編集まで担当する番組もあるそうです。
そういった地域に根ざした取り組みが素晴らしいと感じました。
番組制作に入る前の講習で、実際にそういった区民の方も使用しているという
教材資料をいただき、心構えやディレクターの役割、公共放送の気をつけるべき点などを
学びました。

後半は実際にスタジオに入らせていただきました。一人ずつ自己紹介を録音する
作業を行ったり、パーソナリティとディレクターの役割を 交代で行い、キュー出しや
音の調整のやり方を覚えました。
最後に録音した自分の声を聞いて、リスナーの方が聴きやすい話し方にするには
どうすればいいか、考えました。
私は語尾が上がる癖があることに気づいたので、本番の収録のときまでに改善します。

今日の研修でラジオ局でのお仕事のイメージが具体的になりました。
今日学んだことを本番で生かしたいです。