体験・滞在の研修 第2弾 [2016年10月10日(月)]

連休を利用しての山形県鶴岡市での体験・滞在の研修、昨夜遅く帰宅しました!
 
福祉社会学科2年の坂本百合菜です。
今回が2度目の鶴岡研修で、前回とは異なる経験をさせて頂きました!由良港大漁祭のお手伝いや貝殻クラフト作り、加茂水族館や善寳寺、庄内観光物産館の見学をしました。
お祭りでは、初めてみる由良あなごをはじめ、お魚を生で売っていたり焼いていたり、カニ汁やアンコウ汁、サザエなど地元では考えられない海を感じることができました!✨ また、加茂水族館では様々なクラゲを見ることができ、見ているだけで心が癒やされました❤
最後に訪問した物産館では、お話を聞いたあとに沢山のお土産を買い、とても楽しい時間を過ごすことができました!
深夜バスから出発して鶴岡に到着した時は疲れが溜まっていましたが、疲れを忘れてしまうくらい充実した時間を皆と共有できてよかったです(*^^*) 今回の経験を、また次回に活かしていきたいです!!
 
英語コミュニケーション学科1年の山田陽菜です。
私にとって2度目の鶴岡。今回も鶴岡の方々は、私達を温かく迎えてくださいました。
由良の大漁まつりで、アンコウ汁カニ汁の販売のお手伝いをしました。魚全体を豪快に使ったこの汁には、海の恵みに感謝を示すという、漁師さん達の気持ちがこめられている一品でした。だしもたっぷりでとても美味しかったです。また、商品開発や販売戦略についてのお話しを伺う機会もありました。売り手側は、様々な視点から顧客の動向やニーズを分析し、それに応じた商品の開発・販売をしていることが分かりました。そういった分析の方法は、非常に参考になり、学ぶことばかりでした。
加賀水族館ではサクセスストーリーをお聞きし、ご開帳が行われている善寳寺では、中々入れない場所に入ることができたなど、貴重な体験をした2日間でした。2回の研修を通して鶴岡をより知ることができました。他メンバーとも協力し、インバウンドツアーの創出に向けて一層頑張りたいと思います。