【学科長より緊急メッセージ】 [2020年03月26日(木)]

こんにちは!会計ファイナンス学科学科長の山田です。

皆さんも報道等でご存じの通り、オリンピックが延期になったり、東京が封鎖される可能性などもあって、いろいろ不安だと思います。特に、今年ご入学される新1年生においては、昭和女子大学会計ファイナンス学科で学ぶことを大変楽しみにしている学生も多いと思います。残念ながら入学式は中止となり、当日はクラス単位で教室に集合する形に今のところなりました。

しかし、私たち会計ファイナンス学科の教員は決して皆さんをがっかりさせません!今は「我慢」の時かもしれませんが、我々は“決して学びを止めません!”皆さんが自宅にいても、例えば、簿記検定試験に向けた勉強を計画的にできるような案も考えています。休講せざるをえない授業は、いずれ補講をしなければならず、皆さんに迷惑をかけることになりますが、学科としての学びの「質」を落とすつもりは全くないので、皆さん、どうかご理解下さい。そして期待して下さい!

今は「自粛ムード」で「1日中家にいるなんて耐えられないよ~。」と、先生だって思います。若い皆さんなら尚更でしょう。気持ちはとてもよくわかります。人間にとって最も難しいことは「何もしないこと」なのです。皆さんは、「なんにもしたくない~」と言いますが、それは、やらなければならないことを頑張ってやった後に出てくる感情です。やらなければいけないことは人間としてやらなければならない。しかし、今は、「何もするな」と言われているのに等しいわけです。遊びに行きたい、大学に行きたい、したいことがあるのに「何もするな」は人間として最も苦痛なことです。今はそれを迫られています。「何もしないこと」が人間は最も苦手なのです。今、それが皆さんに試されています。

みなさんはパスカルという哲学者を知っていますか?倫理などで学んだと思います。パスカルは17世紀に既にこんなことを言っています。
“all of humanity’s problems stem from man’s inability to sit quietly in a room alone. ” -by Pascal-
すごいですよね。こう考えると、人間ってはるか昔から変わってないんですね。

地方からこちらに引っ越してくる学生も不安だと思います。そういう時は気軽に我々に相談して下さい。いつでも君たちの相談に乗ります。
今後の展開はとても流動的で誰も予測はできません。薬ができワクチンができて、終息するのをじっと待つしかありません。もちろん、不要不急の外出はしない、手洗いをきちんとする等、我々にできることもたくさんあります。一方で、学びはいつでもどこにいても起動することはできます。この時間を少しでも無駄にせず有効に活用できるよう、我々教員は絶え間なく皆さんにアプローチしていく方針です。皆さんが卒業する時に、「私は昭和女子大学会計ファイナンス学科に入って本当に良かった!」と思ってもらえるよう、知恵を絞り全力で教育にあたります。意欲のある学生には最大限の満足度を、この4年間で提供します。人に会えない時こそできること、それは1人で“考える”ことです。いろんなことを考えてみよう!思考は自由です。将来の夢なんかをもう一度真剣に考えよう! 最後に、もう一度、“我々は学びを止めません!”

「日商簿記検定試験(2月)の結果」 [2020年03月24日(火)]

 会計ファイナンス学科簿記担当教員の加納です。

先月の本ブログで、近年難易度が急上昇している「2級」に本気で取り組む学生の様子を書きましたが、今般その結果が出ました。今回の試験では、2級に1年生5名が受かりました。すでにご報告のとおり、11月に6名の1年生が合格していますので、今年度は11名の1年生が2級に合格したことになります。なお、1年次(11月もしくは2月)に2級合格を目指すクラス(1年次後期に編成)には25名が在籍していましたので、クラスの4割強の学生が2級の学習を始めて概ね5か月以内に合格したことになります。

東京商工会議所管内の合格率が30.7%であることからも分かるように、今回の2級も決して易しい問題ではありませんでした。多くの問題を反復してこなすことにより基本的な問題は失点せずに確実に正解させる力が求められると同時に、問題を解くスピードや問題全体を俯瞰して解く選球眼など戦術的な要素も必要だったと思われます。したがって、かなりのトレーニングを積んだ上での受験でなければ、今回の本試験をクリアすることは難しかったと思います。

ただ、今年の一年生をみると、2級の学習期間の短い学生の場合、実質5か月の学習期間で、(前回の11月検定の合格者を合わせると既に11名が)2級に合格していることから、全く歯が立たない試験ではありません。合格するには相当の集中力と問題の反復練習が求められますが、一定量の学習時間の確保とモチベーションの維持ができれば、合格できる試験であると言えそうです。事実、一年生の合格者の中には、かなりの短期間で集中的な学習を積み、合格を勝ち取った学生がいました。

検定合格はあくまで一つのステップですが、その目標に向けて本気で学習を積み重ねて自分の限界に「チャレンジ」していくことで、何より自分自身が大きく成長し、実り豊かな収穫がもたらされます。そしてそこで獲得したことは、生涯にわたり皆さんの「力」になってくれます。会計ファイナンス学科では、「自分の成長は自分の手で勝ち取っていく」そんな気概のある学生をとことん応援しバックアップできる体制を整えています。

【FP3級の試験結果】 [2020年03月13日(金)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

先日、ファイナンシャルプランニング技能士(FP)3級の試験結果が発表になりました。今回は受験生32名中19名が合格(合格率約60%)となりました。今回の受験生の多くは今年度入学した1年生でしたが、簿記の勉強もしながらよく合格したと思います。FPの試験は「学科」と「実技」の2つがあり、両方の合格をもってFP3級合格となるわけですが、今回、その両方を合格できた学生が19名いたということになります。もちろん、学科あるいは実技のどちらかは合格済みの学生もいます。

会計ファイナンス学科では、大学3年生になるまでに日商簿記検定2級とFP3級の合格を目標として掲げていますが、1年生の段階で両方をクリアしてしまう学生がいるということです。もちろん、学生の努力の賜物ですが、我々教員も学生から引かれる(!?)ぐらい厳しく指導しています。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、まだ初々しく意欲に燃えている1年生の頑張りは素晴らしいと思います。

よく世間では、「資格をとっても意味がない」とか「この資格は役に立たない」などといわれますが、資格を取得するには、その分野の基本的あるいは専門的な知識・理論・考え方を修得しなければならないわけです。果たして、それが、資格を取得した本人のためにならないなんてことがあるのでしょうか・・?勉強したことは必ず自分を助けてくれると我々は思っています。また、学んだことがすぐに役立つこともあるでしょうが、10年後20年後になって役に立つこともあります。教育の成果とは短期的には測定できません。その人の全生涯に渡るものです。我々は資格取得を学修の励みとしていますが、資格取得の過程で「勉強の仕方」というスキルを修得できれば、それも生涯にわたって役に立ちます。

周囲の雑音に惑わされず、自分がこれだと決めたことを無心でやり遂げてみましょう!そうしたら、いろいろなことが見えてきますよ。

「簿記検定試験直前の学び」 [2020年02月18日(火)]

会計ファイナンス学科簿記担当教員の加納です。

本ブログでも度々書きましたが、会計ファイナンス学科の学生が学修成果の目安の一つとして受験している日商簿記検定は、近年の出題範囲の大改定を受けて難易度が急上昇しています(特に2級)。しかし逆に言えば、ビジネスパーソンとして身に付けておくべき内容が全て盛り込まれた価値の高い検定試験になってきたということもできます。学科では、この急激な難易度上昇に対し、ただ手をこまねいて傍観している訳ではありません。

本学科で発足した「簿記研究会」では、本日から日商簿記検定2級の対策講座(正課外)の一つとして過去問をベースとした「解法テクニック講座」を開講し(3時間/日×5日間)、1・2年生計18名が参加しました。近年の日商2級の商業簿記は、解ける問題を見極める「選球眼」と、「確実に」正解する力が求められます。それは、従来はより上位の検定試験や国家試験に求められてきた能力だと言えます。また工業簿記でも、実務面の実情をふまえ、本質的な理解力や全体を俯瞰する能力を問う出題が散見されるようになってきています。今回の講座では、合格のカギとなる工業簿記を中心に、学生が陥りやすい「盲点」や、重要論点ごとの「ポイント」を整理しながら、直前対策として必要不可欠な内容を盛り込んで進めています。

一方、簿記研究会では専門学校の情報収集力・分析力も取り入れて、それらを学生に提供しています。既に希望者を対象に、TACによる直前答案練習講座・総まとめ講座も実施しています(3時間×6回)。

検定合格はあくまで一つのステップですが、その目標に向けて自分の集中力を高めて簿記会計の学習を積み重ねていくことは、大きな実りをもたらします。今、学生は皆「本気」で簿記会計の学修に取り組んでいます。会計ファイナンス学科ではそんなやる気のある学生をとことん応援しバックアップできる体制を整えています。

【AO・推薦入試合格者向けスクーリングを実施しました】 [2020年02月17日(月)]

どれだけ高いタワーができるか検討中

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の高木です。

2月13日にAO・推薦入試合格者向けのスクーリングを実施しました。これは入学後の学びをスムースに行うために、会計ファイナンス学科設立時から毎年実施しているイベントです。

このイベントでは、まず合格者同士でコミュニケーションをとるために、「マシュマロチャレンジ」を実施しました。最初は緊張しながら会話をしていた高校生もすぐに打ち解け、そしてスパゲティ、紐、テープ、そしてマシュマロを用いて、いかに高くタワーを作り、そしてその頂上にマシュマロを刺し、倒れずに維持できるかに挑戦しました。

みんなで意見を出し合ってポスティング!!

次に、2年次のビジネス・ファイナンスの講義でも実際に行われるビジネスプランの作成を、合格者にも行ってもらいました。「カフェを起業する!」というテーマで「どこに?」、「誰に?」、「どのようなカフェを?」などの点から、各チームが本学科教員に対して提案を行いました。各チームの発表はいずれも興味深い提案だったので、教員も本気になってコメント・アドバイスしていました。

最後は、会計ファイナンス学科の在学生にも参加してもらい、資格検定対策の勉強方法や大学生活についての座談会を、お菓子を食べながら行いました。高校と大学は様々な点で異なっているので、在学生から直接情報を受け取るのは重要であると考え、この座談会は毎年実施しています。入学者は資格やその勉強方法についてはもちろんのこと、三軒茶屋のおいしいレストランやカフェなどについても在学生に聞いていました。

先輩たちとの座談会で和気あいあいとした一時を過ごしました


今回のスクーリングには、40名以上の入学予定者が出席し、しかも関東及び近郊の学生のみならず関西や東北等からも参加してくれました。会計ファイナンス学科が東京だけでなく、様々な地域の「しっかりと勉強したい!」という高校生に認識されてきたのだなと嬉しく感じています。私たちは今後も少人数できめ細やかな教育を提供し、資格検定の合格や、その後の希望するキャリアに進むためにサポートを全力で行っていきます。

参加してくれた合格者の皆さん、ありがとうございました。
4月にまた会えることを楽しみにしています!

【女子大生がビジネス書を本気で解説するプロジェクト】 [2020年02月12日(水)]

会計ファイナンス学科2年の光野・滝澤です。

会計ファイナンス学科も設立からもうすぐ丸2年になります。第1期生の私たちは今年の春に3年生になるわけですが、そうなると決めなければならないのがゼミナールです。

先日、ゼミの選考結果発表があり、私たちは第1志望の高木ゼミに入ることになりました!

高木ゼミは産官学連携のプロジェクト活動を数多く行っていて、それに惹かれて応募しました(プロジェクト活動についての詳細はこちら)。

まだゼミの活動は本格的には始まっていませんが、プロジェクトの一環として、忙しいビジネスマンの方々に向けて動画を配信しています。私達女子大生が、ビジネス書を本気で解説しているので、ぜひ動画をチェックしてみてください。

【女子大生がビジネス書を本気で解説するプロジェクト】動画リスト

早く先輩達に追いつけるように、私達2年生も頑張っていきます!暖かい目で見守っていてください!笑


【A日程入試合格者の皆さんへ】 [2020年02月06日(木)]

合格おめでとうございます!学科長の山田です。

4月にこの世田谷のキャンパスで会えることを教員一同とても楽しみにしています。
会計ファイナンス学科は「勉強する」学科です。大学だから勉強するのは当たり前だろうと皆さんは思うかもしれませんが、実際にはバイトやサークル活動に浮かれて勉強を疎かにする学生が散見されるのも事実です。オープンキャンパスで学科説明を受けた学生なら覚悟ができているかもしれませんが、多くの一般入試の合格者は「こんなに勉強するの・・こんなに厳しいの・・。」といった感想をよくもらします。会計ファイナンス学科の目標は、皆さんが大学3年生になるまでに日商簿記検定2級とFP3級に合格することです。これは決して実現不可能な目標ではなく、努力した学生は1年次のうちに合格してしまいます。基本的には、専門学校に通うといったダブルスクールなしに、大学での学びだけで合格にもっていきます。ですから、入学後、皆さんの「やる気」次第で、いくらでも皆さんのレベルアップが図れます。皆さんは、本学の他に行きたい大学があったかもしれませんが、卒業するころには皆さんの方がはるかに成長していることでしょう・・。

また、会計だけでなくファイナンス教育においても、この学科には「株式仮想売買シミュレーション」といった画期的な学習ツールを装備しています。日経QUICK社の株価・財務データベースも使うことができます。皆さんの学修や研究に大いに活用できます。そして、教員はそれぞれがその道のプロフェッショナルであった実務家出身の教員から構成されています。理論と実践の架け橋となるような教育がなされます。

1・2年次に資格取得を励みに会計やファイナンスの基礎理論を叩き込み、3・4年次はそれを使えるものに変えるべく「ビジネススクール型」教育を行っていきます。経営者や株主の立場に立って、企業価値向上を考える実践的な授業が展開されます。もちろん、在学中に公認会計士や税理士の国家資格に挑戦する学生のサポートも徹底して行います。

是非、勉強して下さい。学ぶことはあなたの人生を助けます。学ばない人間は簡単に他人にだまされます。皆さんが抱えている多くの悩みは、「学ぶことでおおかた解決」していきます。ですから、入学したら、遊ばないで4年間じっくり勉強して下さい。社会に出てから遊べるように、この貴重な4年間を有意義に過ごしてもらいたいと思います。

<学科推薦図書>
①『スッキリわかる 日商簿記初級 第3版』滝澤ななみ, TAC出版開発グループ (著)  TAC出版
②『スッキリわかる 日商原価計算初級』滝澤ななみ, TAC出版開発グループ (著)  TAC出版
③『ビジネス・アカウンティング 第4版』山根節, 太田康広, 村上裕太郎 中央経済社
④『ざっくりわかるファイナンス』石野雄一著 光文社新書
⑤『新エコノミクスシリーズ 金融論 第2版』村瀬英彰著 日本評論社

<入学準備>
学科推薦図書①に示した『スッキリわかる 日商簿記初級 第3版』(すでに購入済みの場合には第2版も可)を活用して日商簿記検定初級の学習をしてください。入学後のオリエンテーション期間中に日商簿記検定初級を受験していただきます。すでに日商簿記初級の学習を終えた方は、日商簿記3級の学習をしてください。

「監査法人オフィスツアー」 [2020年01月29日(水)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

すでに過去のブログ等にも書きましたとおり、会計ファイナンス学科には、公認会計士を目指して勉強中の学生がいます。
1月24日(金)に、公認会計士を目指している学生たちと一緒に有限責任 あずさ監査法人様のオフィスツアーに参加してきました。なお、有限責任 あずさ監査法人様は、全国主要都市に約6,000名の人員を擁する大手の監査法人であり、153か国に広がるネットワークを通じてグローバルに展開するKPMGインターナショナルのメンバーファームです。
オフィスツアーでは、有限責任 あずさ監査法人様についてご説明いただいた後に、オフィスを見学させていただきました。また、写真のとおり、2つのグループに分かれて公認会計士の先生方にさまざまな質問をさせていただきました。
このツアーに参加したことで、学生たちの勉強へのモチベーションがさらに高まったようです。
ご多用中にも関わらずご対応いただきました有限責任 あずさ監査法人様に感謝申し上げます。

2つのグループに分かれて質問等をさせていただきました

【授業紹介:ビジネスファイナンス】 [2020年01月14日(火)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。
12月のこのブログで日商簿記検定の合格率などが加納先生から紹介されていましたが、今年も1年生の7割近くが既に日商簿記検定3級に大学での学習だけで合格し、2級については、この時期では、昨年の倍以上の1年生が既に合格しました。これは、合格率からいったら、専門学校よりも高いのではないかと思います。もちろん、会計ファイナンス学科の学生は簿記だけを勉強しているわけではありません。大学ですから、他にもいろいろな科目があります。そういった環境下で、時間管理を自分で行いながら、大学および自宅での学習を習慣化しているのだと思います。勉強は自分のためにするものです。自分を大切にする一番の方法は素直な心で「学ぶこと」ではないでしょうか。
さて、私はファイナンスを専門としている教員です。今回は2年生になって履修できる「ビジネスファイナンス」という授業について紹介します。これは20名程度の少数で行っている授業です。3名~4名程度のグループを作り、ほぼ毎回、実際に経済社会で起こっている企業のケースについてディスカッションします。出された課題に対してまずは「個人」で考えて解決策を見出す。その後に、「グループ」で議論する。最終的に、「クラス全体」で議論し、最適な解決策を提示する、といった流れです。例えば、「みなさんがGoogleの経営者だったら、どのような企業を買収したいですか?」といったお題を出します。また、ある時は「皆さんは将来、住宅ローンを組みますか?」といったお題も出ます。経営分析したり、財務戦略を立案したり、個人の資産形成についても考えたり・・。しかもそれらを「論理的に」説明できないとなりません。
受講生は毎回楽しそうに活き活きと授業に参加しています。なにより、教えている私も楽しい、というのが「ビジネスファイナンス」という授業です。
受験生の皆さん、春はもうすぐです!身体に気をつけて頑張って下さい!力を出し尽くした、と思った時から本当の勝負は始まります。粘り強くいきましょう!4月に会えることを楽しみにしています。

【貿易ゲーム】 [2019年12月16日(月)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。
先日、私の「ファイナンス基礎」という授業で「貿易ゲーム」を行いました。8人程度のチームを8つ作り、それぞれのチームに封筒を渡します。そこにはいろいろなものが入っているのですが、チームによって中身は全然違います。

各チームで戦略を立てます


 各チームはその封筒の中にあるものを活用し、製品を製造し、売らなければなりません。製品をたくさん売って、どれだけ多くのお金を獲得したかが勝負を決めます。具体的な内容は、皆さんが入学後のお楽しみとします。
 実は、それぞれのチームは、「先進国」、「新興国」、「発展途上国」に分かれています。当然、皆さんは「先進国」が圧倒的に有利だと思うでしょう。しかし、最もお金を稼ぐのは「発展途上国」のことがよくあります。今回も第1位は「発展途上国」でした。なぜでしょう?

相手チームの偵察も大事


 学生たちはいろいろ知恵を使いながら、自分たちの国が豊かになる方法を模索します。このゲームで学ぶべきポイントの1つに「先進国のあり方」があります。世界にいまだに貧富の差や国力の差が厳然と存在しているのは、もしかしたら発展途上国そのものに責任があるのではなく、“先進国のあり方”に問題があるのかもしれません。

結果

 
 今回、この教室で起こったことが現実の世界でも起こっています。世界から紛争がなくならない理由も学生たちは掴んだようでした。

 会計ファイナンス学科は机に向かい簿記ばかり勉強している印象があるかもしれませんが、ファイナンスの授業ではアクティブラーニングやケーススタディを多用し、理論が現実の社会でどのように機能しているかを体感できる、臨場感あふれる授業を心掛けています。