ゼミナール [2018年07月11日(水)]

プロのメイクアップアーティストを招いてのMakeup講座

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。会計ファイナンス学科はまだ1年生しかいませんが、3年生になると専門分野に分かれてゼミに入ります。会計ファイナンス学科ではゼミは必修です。どの先生のゼミに入るかは大学生活においてとても大切です。そのために、日々の授業を真剣に受けながら、自分の研究テーマを絞り込んでいく必要があります。研究テーマが決定したら卒業論文を執筆しなければなりません。きちんとした論文が書けるようになることは、研究者にならなくても、皆さんの役に必ず立ちます。

一方で、ゼミ活動は厳しいだけでなく、大変楽しいものでもあります。大学生活の思い出の多くがゼミ活動であったという卒業生も少なくありません。食事会やゼミ合宿、プロジェクト活動等々、わくわくすることもいっぱいあります。また、ゼミでの仲間が生涯の友人になることもよくあります。苦労を共にした仲間で、将来、旅行に行ったらきっと楽しいですよ。ゼミは基本的に学生が主体的に運営するものです。可能な範囲内でやりたいことができるわけです。また、多彩なゲストを呼んで、普段聞けないような話をたくさん聞くこともできます。社会人基礎力の向上や幅広い教養の修得に役立ちます。実践的なビジネスの訓練もできます。会計ファイナンス学科では資格取得を通じて修得した知識を「使えるものに変える」ことが目的です。

私は現在、ビジネスデザイン学科の方でゼミを持っていますので、ゼミ活動に興味のある方は、姉妹学科であるビジネスデザイン学科の学科ブログを覗いてみて下さい。

会計ファイナンス学科の1年生が3年生になる時に、ゼミ生の募集を本学科でも開始します。それまで、私のゼミ活動はビジネスデザイン学科のブログにアップされますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい!

7月22日(日)はオープンキャンパスです。学科長である私が「学科説明会」を行います。是非、昭和女子大学会計ファイナンス学科の「特設ブース」に立ち寄って下さい。先輩たちが優しく楽しく大学生活を話してくれます。また、「学科説明会」および「体験授業」を是非聴講しに来て下さい!皆さんのご来場を心よりお待ちしております!

(*)ゼミでは写真のようにプロのメイクアップアーティストを招いてMakeup講座などもやったりしています!

簿記チャンピオン大会 [2018年06月21日(木)]

簿記チャンピオン大会は、自分の実力を測るのにうってつけの大会でした!

こんにちは。会計ファイナンス学科1年の酒井です。

6月3日(日)に、TACが主催する「簿記チャンピオン大会」に参加して来ました。

「簿記チャンピオン大会」は、1級~3級まであり、自分で級を選択して簿記検定試験と同じ環境で問題を解き、その点数を個人戦か団体戦で競い合うというものです。会計ファイナンス学科からは、自分を含めた団体2組と個人戦では1名が参加しました。

この大会に参加しようと思ったのは、大学入学後の2ヶ月間の学習でどれぐらい簿記ができるようになるのかに興味があったからです。ただ、大会は簿記検定試験の前週だったので、簿記検定が近づくにつれて「時間がないのに何で参加することにしたのだろう。」と焦りと不安でいっぱいになりました。そこで、仲間と朝早く大学に行って勉強したり、授業のない時間帯に分からない箇所を先生に質問したりしました。しかし、大会の日を迎えていざ問題を解こうとすると、分からないことや理解してないことが多いことに気が付きました。「今の力では来週の検定試験に受からない」と思いました。しかも、チャンピオン大会の結果は「本当に今まで勉強してきたのか」というくらいの点数で、自分の弱点をはっきりと知ることができました。

検定試験の前に模擬試験という形でこの大会を経験することによって、今まで見えていなかった弱点が見えるようになりました。ケアレスミスをしやすい箇所やどういう計算で躓くのかが分かったことで、検定試験までの残された時間をどのように勉強すべきか、計画を立て直すことができました。

上記のようなメリットがあるので、検定試験の直前で何をしたらいいのか悩む時は、この大会に参加することで自分の実力を試してみると良いと思います。皆さんもチャレンジしてみてください!

6月17日オープンキャンパス [2018年06月18日(月)]

学科長 山田隆教授による学科説明会

会計ファイナンス学科で学科長をしております教員の山田です。

去る6月17日(日)にオープンキャンパスが開催されました。今年度に第1期生を迎えた会計ファイナンス学科ですが、多くの高校生が学科特設ブースや学科説明会、体験授業に参加してくれました。また、オープンキャンパスでは「AO受験相談」も行っておりますので、AO入試を希望している受験生は必ずこの「AO受験相談」を受けるようにして下さい。

会計ファイナンス学科の1年生は入学してまだ3か月足らずですが、既に簿記を50時間程度は勉強しています。会計やファイナンスの知識は汎用性が高く、将来、どのような進路に進もうと役に立つものです。写真は私が学科説明と体験授業を行っている模様です。大勢の方々にお越し頂きました。みなさんも是非、オープンキャンパスに来て下さい!お待ちしております!来月(7月)のオープンキャンパスは22日になります。

学寮研修中の簿記特別演習 [2018年06月05日(火)]

読書室にこもって簿記三昧の3泊4日でした!

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

会計ファイナンス学科1年生は、ビジネスデザイン学科3年生と一緒に東明学林での学寮研修(日程:5月22日~25日)に参加しました。学寮研修では、学寮研修の意義と目標のもと、様々なプログラム(労作奉仕や野外研修、学科プログラムなど)が用意されています。今回は、会計ファイナンス学科1年生が参加した学科プログラム(簿記特別演習)について、ご紹介します。

今回の学寮研修の学科別到達目標は、「日商簿記3級合格をめざそう!」です。この到達目標を達成するために、以下の簿記特別演習を実施しました。

5月22日(火):「簿記特別演習Ⅰ」

5月23日(水):「簿記特別演習Ⅱ」、「簿記特別演習Ⅲ」

5月24日(木):「簿記特別演習Ⅳ」

5月23日(水)に行われた「簿記特別演習Ⅱ」および「簿記特別演習Ⅲ」には、日商簿記検定試験対策講座の実施経験が豊富な外部講師をお招きして、日商簿記検定試験直前対策講座(講義と問題演習)を行いました。

外部講師からは簿記検定3級攻略のためのポイントを教わりました!

いつも講義を受けたり演習を行ったりしている大学の教室とは全く違った環境の中で、学生たちは真剣に講義と演習に参加していました。ほとんどの学生が大学入学後に簿記の学習を本格的に始めたので、まだ学習期間は2カ月弱ですが、日々の学習で少しずつ、しかし、着実に力を付けてきています。

学寮研修の伝統行事の一つである「灯の集い」での一コマ。一人ずつ「これからの抱負」を発表しました。

会計ファイナンス学科1年生の皆さん、検定試験に向けて頑張りましょう!

公認会計士制度説明会 [2018年06月01日(金)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

5月30日の2時限目(基礎ゼミ)に、日本公認会計士協会広報委員会副委員長の寺井久美子先生にお越しいただき、公認会計士制度説明会を実施しました。説明会では、同協会が制作した動画を視聴した後に、寺井先生から公認会計士制度について、ご説明いただきました。

寺井久美子先生の貴重なお話に、興味津々な学生たち。

ご説明いただいた後には、学生の質問に丁寧にご回答いただきました。さらに予定のお時間を過ぎた後にも学生たちの個別質問にご対応いただきました。ご多用中にもかかわらず誠にありがとうございました。

お忙しい中、学生たちの質問に一つ一つ丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

公認会計士は女性が活躍できる仕事であることなどに、学生たちは自らのキャリアを考える上で、とても興味を持ったようです。公認会計士は超難関な国家資格ですが、目標を高く持ち学習を継続して、ぜひ挑戦してほしいと思います。

「日経STOCKリーグ」への参加 [2018年05月09日(水)]

こんにちは。会計ファイナンス学科の関です。

会計ファイナンス学科1年生は基礎ゼミでの活動として、「日経STOCKリーグ」に参加する予定です。

この「日経STOCKリーグ」は、中学生、高校生、大学生のためのコンテスト形式の株式投資学習プログラムです。具体的には、チーム(3~5人)で自分たちが興味を持ったテーマに基づいてポートフォリオ(10~20銘柄)を作成し、その過程をレポートにまとめて提出し、審査を受けるものです。毎年多くのチーム(中学生、高校生、大学生)が参加しています。なお、最優秀賞を受賞したチームは海外研修旅行に招待されることになっています。

本日の基礎ゼミの時間には、「日経STOCKリーグ」を後援している野村ホールディングス株式会社の酒井賢一様(コーポレート・シティズンシップ推進室 金融リテラシー推進課 ヴァイス・プレジデント)にお越しいただき、「日経STOCKリーグ」の概要の他、株式市場等についてご説明いただきました。

とてもユニークかつわかりやすくご説明いただきました。

学生たちには、大学で学んでいる簿記・会計やファイナンス等の知識を活用して、積極的に取り組んでもらえればと思います。

この中から最優秀賞に選ばれるチームが出ることを願うばかりです。

「公認会計士・監査審査会 廣本会長、金子検査官による特別講義」 [2018年04月26日(木)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

本日(4月25日)の2時限目(基礎ゼミ)に公認会計士・監査審査会の廣本敏郎会長、金子美紀公認会計士監査検査官にお越しいただき、ご講義いただきました。

廣本会長からは、「グローバル経済のインフラ 会計・監査」について、金子検査官からは「公認会計士の魅力 - なりたい自分になるために」についてお話いただきました。

ご講義後には、廣本会長と金子検査官より、学生の質問に丁寧にご回答いただきました。ご多用中にもかかわらず誠にありがとうございました。

今回ご講演くださった廣本会長(写真右)と金子検査官(同左)。貴重なご講演をありがとうございました。

真剣に話を聞く学生たち。公認会計士を目指したい!という学生も増えたようです。

 

今回の特別講義は、入学してまもなく1カ月が経過する会計ファイナンス学科の1年生にとって、大学での日々の学習にしっかりと取り組むことの重要性が再確認でき、また、公認会計士という将来の選択肢を考える良い機会になりました。

日商簿記検定初級の受験と春季集中講義 [2018年04月16日(月)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

会計ファイナンス学科に第1期生となる新入生が入学してから2週間が経過しました。

ところで、会計ファイナンス学科では、入学前課題として日商簿記検定初級の学習に取り組んできました。そして、その学習成果を確認するために、新入生全員で4月9日(月)に簿記検定初級を受験しました。入学までに学習してきた力を十分に発揮して合格した学生の皆さん、おめでとうございます!

残念ながら力を十分に発揮できず、合格できなかった学生たちは、再チャレンジに向けて猛勉強中です。教員も全力でサポートしますので、引き続き頑張りましょう!

 

また、6月10日(日)には、全員(すでに合格している学生を除く)で日商簿記検定3級を受験します。そのために役立つ学習として、春季集中講義「簿記入門」(必修科目)を実施しています。この「簿記入門」は、主に簿記を初めて学習する学生が簿記の基礎知識を身に付けることを目指して、4月中の土曜日3日間で実施するものです。

4月14日(土)には第1回目の集中講義を行いました。午前9時から午後6時までという長丁場ですが、講義終了後にも教室に残って教員に真剣に質問する学生もおり、真剣さが伝わってきました。今週、来週と集中講義が続きますが、「継続は力なり」です。入学早々、大変だと思いますが、一緒に頑張っていきましょう!

関先生の講義に真剣に耳を傾け、手を動かす1年生たち。みんなあと2週間頑張ろう!!

シラバスを読もう! [2018年03月13日(火)]

こんにちは、会計ファイナンス学科教員の山田です。

「簿記初級検定」の勉強は進んでいますか?「継続は力なり」です。簿記の理解度を高めるためには、毎日継続して簿記を学ぶことです。スポーツに近いかもしれません。運動も練習を少しでも怠るとすぐに筋力が低下します。11時間でもいいから毎日これから簿記に触れることが、上達の近道です。毎日の予定に「簿記」を入れるのを忘れずに!

 入学するとすぐに皆さんは「履修登録」をしなければなりません。自分がこの1年間に学ぶ科目を選択するわけです。その案内役として「シラバス」というものがあります。いわゆる「講義要項」です。皆さんは、自分の空き時間や大学に来たい時に合わせて授業を履修するかもしれませんが、授業はきちんと「シラバス」を読んで決めた方がいいです。必ず読んでください!

さて、ここからがとても大事です。

皆さんが今までしてきた勉強は、基礎の基礎から先生が教えてくれました。しかし、大学の授業において、基礎の基礎のようなものは「自分で予習」してくるものへと変わります。

「先生、これはまだ習っていません。」と皆さんは授業で言うと思いますが、大学では、その部分は「自分で勉強してくるものです!」に変わります。ですから、「いきなりそんなこと言われてもわからない・・。」といった言い訳は大学では通用しません。こちらとしては、「当然予習してきてるよね。」という前提で授業が展開されます。だから「シラバス」を読んでほしいのです。皆さんの「予習」の時間も「単位」に含まれているのです。もちろん、教員は懇切丁寧に教えます。しかし、大学は中学や高校とは違います。皆さんが自主的に学ぶところです。この点は、皆さんがこれから大学で学ぶにあたって大変重要なものです。

ですから、授業を聴いていて、「そんなのまだ知らない。」と思ったら、それはあなたが予習をしてこなかったからです。

324日(土)にはオープンキャンパスが開催されます。昭和女子大学会計ファイナンス学科に興味のある高校生、既に入学が決まった皆さん、お時間があれば是非来て下さい!

待ってるよ~。

簿記初級検定の勉強はしてますか? [2018年03月02日(金)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

もうすぐ待ちに待った大学生活がスタートしますね!昭和女子大学は三軒茶屋にキャンパスがあり、美味しいお店もいろいろあります。渋谷にもすぐに出られるので、おしゃれな大学生活を満喫できるでしょう。

皆さんが入学してすぐに「簿記初級検定」があります。これは大学内で受験できるものです。8号館の6階にパソコンルームがあり、そこでのwebテストになります。みなさんは指定されたテキストを既に購読されていることと思いますが、しっかり勉強して来て下さい!一発合格を目指しましょう!

皆さんの最終目標は「簿記2級」に合格することです。ですから、この初級は単なる通過点に過ぎません。テキストを何度も何度も読み、練習問題を解いて下さい。特に、間違えた問題は、5回は復習して解けるようにしておきましょう。そのぐらいやれば完璧です。1回できたぐらいではだめですよ。「5回」です!5回正解できたら完璧です。まだ1ヶ月ありますから、充分勉強できます。計画を立てて、一日1時間でもいいですから毎日簿記に触れましょう!

先生が若い時に、テレビを観ていたら、ギターの名手がインタビューを受けていました。その時の質問が「やる気がない時はどうしているのですか?」というものでした。その時に、そのギタリストは何と回答したかというと、「私はやる気がない時ほど思い切り練習する。」というものでした。普通の人はやる気がない時はやらないですよね。やはり、一流と呼ばれる人たちは違うのです。プロはすごいなと思った瞬間でした。やる気がなくても練習を続ける人には勝てないですよね。では、皆さん、やる気がない時に勉強する方法を考えてみましょう。例えば、机をかたづけているとやる気が出てくるとか、本を音読しているとやる気が出てくるとか・・そういった自分なりのスイッチを入れる儀式を作ればいいのです。脳の研究によれば、「やる気はやり始めないと出てこない。」そうです。やる気がない時こそ、無理やり始めてみてはいかがですか・・・。