簿記チャンピオン大会(2018年11月) [2018年12月12日(水)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

ご報告が遅くなりましたが、11月18日(日)の日商簿記検定に先立ち、11月11日(日)にTAC主催の簿記チャンピオン大会が開催されました。今回の簿記チャンピオン大会は、本学の学園祭(秋桜祭)と日程が重なっており、多くの学生が参加することができませんでした。
このような状況でも日程を調整して積極的に参加した会計ファイナンス学科1年生の長谷川茜さんが会場(渋谷会場)個人賞で2位を獲得しました。長谷川さん、おめでとうございます。今後は日商簿記検定2級に向けて頑張りましょう!

簿記チャンピオン大会 2位 おめでとうございます!

簿記検定結果(2018年11月) [2018年12月07日(金)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

2018年11月18日(日)に行われた日商簿記検定(3級)の結果をご報告します。

会計ファイナンス学科1年生の合格者は29名(合格率は85.3%)でした。東京商工会議所が公表している東京都23区内・横浜市内の合格率が44.9%ですから、当学科の合格率は、東京商工会議所の合格率を大きく上回っています。
なお、当学科では6月10日(日)の検定試験ですでに24名が合格しているので、入学後8カ月弱で合計53名が合格したことになります。入学時点ですでに3級に合格していた学生が数名いますので、実質的には約9割の学生が8カ月弱の学習期間で3級に合格しました。

以前にも書きましたとおり、当学科の学生のほとんどは大学入学後に簿記の学習を本格的に始めます。また、会計ファイナンス学科といっても専門学校とは違うので簿記以外の授業もたくさんあり、毎日簿記ばかり勉強できるわけではありません。さらに、学生の中にはサークル活動やアルバイトをしている人もいます。皆、限られた時間の中で勉強時間を確保しています。今回の検定試験前にも授業の合間や土曜日などに教員が主催する勉強会に参加したり、友人同士集まったりして夜遅くまで勉強していました。

今後は、日商簿記検定2級の合格に向けた本格的な学習が始まります。われわれ教員も全力でバックアップしていきます。

【貿易ゲーム】 [2018年11月26日(月)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。
私の「ファイナンス基礎」という授業で先日、「貿易ゲーム」を行いました。
授業では、8人前後のグループに分かれて行いました。それぞれのグループが「先進国」、「新興国」、「発展途上国」に分かれます。しかし、最初は自分たちのグループがどの国なのかはわかりません。勝敗は自国のGDP(国内総生産)をいかに高めたかによって決まります。実際にやってみると、必ずしも「先進国」が勝つとは限りません。「新興国」や「発展途上国」が知恵を働かせて「先進国」を凌駕することもあります。なかなかエキサイティングなゲームで、学生たちはみな活き活きと取り組んでいました。このゲームを行うと、「なぜ世界から紛争がなくならないか」が身をもってわかります。また、「なぜ経済格差が広がるのか」、「経済成長しない国はどのような国なのか」等々、様々な気づきがあります。小さな教室で起きていることが、まさに世界で起きていることなのです。
会計ファイナンス学科は机に向かって資格試験の勉強をしているイメージがあるかもしれませんが、本学科のカリキュラムは多岐にわたっており、バランスのとれた金融リテラシーの獲得を目指しています。このような体験型の学習の機会が会計ファイナンス学科には豊富にあります。我々教員も試行錯誤しながら自らのスキルアップを図り、昭和女子大学だからこそ受講できる素晴らしい授業を目指して自己研鑽しています。学生自らがまだ気づいていない個性や能力を引き出すのが我々教員の役目です。

グループに分かれて検討中!

グループごとに作成します

銀行で資金調達

「貿易ゲーム」最終結果

会計ファイナンス学科オープンキャンパス(10月27日) [2018年11月13日(火)]

こんにちは。会計ファイナンス学科1年の黒川です。
10月27日(土)に本学のオープンキャンパスが開催されました。お越しくださった高校生と保護者の皆様、誠にありがとうございました。
AO入試は既に終えていたので、今回は推薦入試を控えている方が多かったように思います。

オープンキャンパスは誰でも気軽に学科の話を聞いたり質問をしたりできる場です。私たち会計ファイナンス学科の学生は、教員と一緒に学生ホール「会計ファイナンス学科特設ブース」でお待ちしております!
ここでは、主に教員が学科のカリキュラムや入試システムなどの説明を、学生が学生生活や皆様のお悩みなどの相談に乗っています。

会計ファイナンス学科は今年新しくできた学科なので、皆様の高校や先輩のアドバイスだけでは対策しづらいし不安だと思います。しかし、私たち在学生(1年生)が高校3年生のときにどのような試験対策をしていたか、試験で実際にどんな面接や問題があったのかというような情報も入手することができる機会です!

会計ファイナンス学科特設ブース

昨年度の問題と似たものが出るとは言い切れませんが、不安や緊張を少しでも減らすお手伝いをできるのではないかと思います。
実際に先日のオープンキャンパスでも「推薦入試の願書提出が近いから内容を見てほしい」、「面接対策はどんなことをするべきか」といった質問を多く受けました。その質問やお悩みにお答えしたところ、「全然わからないことばかりだったけど、アドバイスを聞けて良かった!」、「今からとても不安だったけど、少し気持ちが楽になった!」というお言葉をたくさんいただきました!!

会計ファイナンス学科はできたばかりの学科です。少ない情報で困っている方や不安な方は、短い時間でもお越しいただくことを強くおすすめします!

ところで、推薦入試がもう間もなくですので、私からいくつか面接のアドバイスをさせてください!
私は推薦入試で合格して、今、本学の会計ファイナンス学科で学んでいるのですが、昨年のこの時期は不安で仕方ありませんでした。あがり症の私は試験当日かなり緊張していましたが、面接を終えて事前対策で押さえておいてよかったと思った点が次の3つです。
① 対策で用意する質問の答えを文章で暗記しないこと。
② 聞かれたこと以上のことを答えないこと。
③ 素直に答えること。

どんなに対策しても本番は緊張されることでしょう。これらはあくまで私の考えですが、本番で少しでも落ち着いていられるように、よろしければ参考にしてくださいね。

本学の今年度のオープンキャンパスは、12月8日(土)が最後の開催となります。この頃には推薦入試も終わり、残すは一般入試の方々だと思います。焦ってくる時期ですし、ほんの少しの時間も惜しいとは思いますが、私たち学生や教員が皆様のお悩みや質問をお受けして少しでもお力になりたいと思います!
是非、会いに来てくださいね。

【山田隆ゼミ ラジオ出演!】 [2018年11月11日(日)]

昭和女子大学の文化祭である「秋桜祭」がTBSラジオ『土曜ワイドラジオ TOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』でレポートされました。
番組では在学生が秋桜祭を案内。山田 隆 会計ファイナンス学科長も登場!
山田隆ゼミが出店している「たかしのチョコレート工場」が取材されました。
以下のURLより聴くことができます。 ※開始から1時間、20分間昭和女子大学についてたっぷりご紹介しています!
TBSラジオCLOUD「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」

たかしのチョコレート工場

TBSラジオ取材

【山田隆ゼミ】学園祭(秋桜祭)出店のお知らせ [2018年11月08日(木)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

今週の土日、11月10日、11日は昭和女子大学の学園祭(秋桜祭)です!

私のゼミの学生が出店しますので、是非、高校生のみなさん、ご来場下さい。

私も可能な限り、いずれかのお店におります。詳細はビジネスデザイン学科の学科ブログに掲載しています。ご覧ください。

よろしくお願いいたします!

わらび餅

カカオエンジェルズ

イチゴチョコレート

日経STOCKリーグ [2018年10月30日(火)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。以前に、このブログに会計ファイナンス学科1年生が基礎ゼミでの活動として、「日経STOCKリーグ」に参加することをご紹介しました。なお、「日経STOCKリーグ」は、中学生、高校生、大学生のためのコンテスト形式の株式投資学習プログラムです。チーム(3~5人)で自分たちが興味を持ったテーマに基づいてポートフォリオ(10~20銘柄)を作成し、その過程をレポートにまとめて提出し、審査を受けるものです。

山田隆先生のアドバイスを受けながらレポートを作成します。

現在は、チームで決めたテーマに基づいて投資する会社(銘柄)を選んでいる最中です。前期に履修した簿記・会計関連科目や後期から履修し始めたファイナンス関連科目で身に付けた知識等をフル活用して、チームで活発に話し合いながら、ポートフォリオを作成しています。

投資する会社(銘柄)を選んでいる最中!!

会計ファイナンス学科では、講義等で身に付けた知識やスキルを、実践に近い演習等で定着させ、社会で使える知識・スキルにしていきます。

「日経STOCKリーグ」の取り組み状況は、今後も随時ご紹介します。

【資金調達ゲーム】 [2018年10月27日(土)]

会計ファイナンス学科教員の山田です。私が担当する授業で「ファイナンス基礎」があります。ファイナンスは一見、難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実はとっても面白い学問です。必ず皆さんの役に立つものです。今回はその授業の1つを紹介します。

各グループの中で経営者、銀行、投資家を決定!

私の授業では「理論」と「実践」の双方を重視しています。この学科のポリシーでもある、「学んだものを使えるものに変える」ことを意識しています。今回は「資金調達ゲーム」を行いました。簡単に説明すると、まずクラスをいくつかのグループに分けます。各グループの中で、経営者、銀行、投資家を決めます。経営者はこれから自分の会社で行おうとしているプロジェクトを選択します。どのプロジェクトを選択するかは、ファイナンスの知識が必要になります。プロジェクトの実行のためには資金が必要になります。銀行から融資を受けるか、投資家から出資という形で調達するか。経営者は自身が選択したプロジェクトをアピールし、銀行や投資家から目標とする金額の資金を調達しなければなりません。交渉がスタートします。銀行から資金を調達するにはどうしたらいいでしょうか?銀行はどのようなプロジェクトに、どれくらいの金利で、いくらまでなら融資するでしょうか?株主となる投資家はどのようなプロジェクトを好むでしょうか?今回は、経営者は2000万円を調達しないとなりません。そして、最後に、果たしてそのプロジェクトは成功するのか・・・!?

どのプロジェクトを選択するかは、ファイナンスの知識が必要になります。

銀行は融資したお金を、利息を含めて回収できるでしょうか?株主はリターンを得られるでしょうか?

高校生の皆さん、入学したら是非挑戦してみましょう

3年生ゼミ [2018年10月25日(木)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

学科長の山田先生も以前にこのブログに書いていましたが、会計ファイナンス学科は新設学科のため、まだ1年生しかいません。しかし、教員はビジネスデザイン学科の3年生・4年生ゼミを担当しています。

会計ファイナンス学科で行われるゼミとは若干違うと思いますが、参考として私の3年生ゼミの活動をご紹介します。

関ゼミ(3年生)では、簿記会計について学習するとともに、プロジェクト活動に取り組んでいます。その一環として、11月3日(土)・4日(日)に三軒茶屋「ふれあい広場」(世田谷区太子堂2-17-1)で開催される「なまらいいっしょ北海道フェア」(主催:北海道商工会連合会)に参加し、湧別町(ゆうべつちょう)商工会様のブースで販売支援等を行います。また、湧別町商工会様のブースに来ていただいたお客様に簡単なアンケート調査をさせていただき、来年のフェアに向けた提案を行ったり、新たな特産品の開発等に学生の視点からご協力したりしていく予定です。

湧別町のブースでは、オホーツクの塩ポテトチップス、塩キャラメルブッセなどを販売しています。ぜひ「なまらいいっしょ北海道フェア」の湧別町商工会様のブースにお越しください。

湧別町商工会様のブースにお越しください

【野村證券寄附講座がスタート】 [2018年10月09日(火)]

野村證券株式会社様による「金融の基礎」 授業の様子

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

後期の授業がスタートしました!後期から新しくスタートした科目として、野村證券株式会社様による「金融の基礎」という授業があります。この講義は、毎回、実務の最前線で仕事をされているプロフェッショナルの金融マンをお招きして、その専門分野について、理論と実務の架け橋となるような講義をして頂くものです。毎回、証券業界のリーディングカンパニーである野村證券の社員の方々が外部講師として来てくれます。このような恵まれた講義が受講できるのも、昭和女子大学会計ファイナンス学科の特色です。この学科ブログでも、簿記の授業が度々クローズアップされますが、簿記だけでなく、会計ファイナンス学科では、金融のプロフェッショナルを育成すべく、バランスのとれたカリキュラムを構成しています。女子大でこれだけ理論と実務の両面において充実したカリキュラムが組まれている大学は他にはないと自負しています。

この講義の内容は、日本および世界経済の理解から始まり、金融市場の分析、株式、債券、投資信託等々だけでなく、未来の予測も含めて、様々な知見が得られるようなものになっています。この寄附講座も、私と野村證券の担当の方と何度も打ち合わせを重ねて内容を吟味しました。大変ためになる講義であると考えています。

高校生の皆さん、是非、昭和女子大学の会計ファイナンス学科に入学して下さい。
10月のオープンキャンパスは10月27日(土)です。大学ホームページにて詳細をご確認下さい。お待ちしています!