日商簿記検定初級の受験と春季集中講義 [2018年04月16日(月)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

会計ファイナンス学科に第1期生となる新入生が入学してから2週間が経過しました。

ところで、会計ファイナンス学科では、入学前課題として日商簿記検定初級の学習に取り組んできました。そして、その学習成果を確認するために、新入生全員で4月9日(月)に簿記検定初級を受験しました。入学までに学習してきた力を十分に発揮して合格した学生の皆さん、おめでとうございます!

残念ながら力を十分に発揮できず、合格できなかった学生たちは、再チャレンジに向けて猛勉強中です。教員も全力でサポートしますので、引き続き頑張りましょう!

 

また、6月10日(日)には、全員(すでに合格している学生を除く)で日商簿記検定3級を受験します。そのために役立つ学習として、春季集中講義「簿記入門」(必修科目)を実施しています。この「簿記入門」は、主に簿記を初めて学習する学生が簿記の基礎知識を身に付けることを目指して、4月中の土曜日3日間で実施するものです。

4月14日(土)には第1回目の集中講義を行いました。午前9時から午後6時までという長丁場ですが、講義終了後にも教室に残って教員に真剣に質問する学生もおり、真剣さが伝わってきました。今週、来週と集中講義が続きますが、「継続は力なり」です。入学早々、大変だと思いますが、一緒に頑張っていきましょう!

関先生の講義に真剣に耳を傾け、手を動かす1年生たち。みんなあと2週間頑張ろう!!