2018年5月

「日経STOCKリーグ」への参加 [2018年05月09日(水)]

こんにちは。会計ファイナンス学科の関です。

会計ファイナンス学科1年生は基礎ゼミでの活動として、「日経STOCKリーグ」に参加する予定です。

この「日経STOCKリーグ」は、中学生、高校生、大学生のためのコンテスト形式の株式投資学習プログラムです。具体的には、チーム(3~5人)で自分たちが興味を持ったテーマに基づいてポートフォリオ(10~20銘柄)を作成し、その過程をレポートにまとめて提出し、審査を受けるものです。毎年多くのチーム(中学生、高校生、大学生)が参加しています。なお、最優秀賞を受賞したチームは海外研修旅行に招待されることになっています。

本日の基礎ゼミの時間には、「日経STOCKリーグ」を後援している野村ホールディングス株式会社の酒井賢一様(コーポレート・シティズンシップ推進室 金融リテラシー推進課 ヴァイス・プレジデント)にお越しいただき、「日経STOCKリーグ」の概要の他、株式市場等についてご説明いただきました。

とてもユニークかつわかりやすくご説明いただきました。

学生たちには、大学で学んでいる簿記・会計やファイナンス等の知識を活用して、積極的に取り組んでもらえればと思います。

この中から最優秀賞に選ばれるチームが出ることを願うばかりです。