2019年6月

【第2回オープンキャンパス(2019年6月23日)】 [2019年06月26日(水)]

こんにちは、会計ファイナンス学科教員の高木です。

6月23日(日)に2019年度第2回オープンキャンパスが開催されました。学科相談ブース、AO事前相談とも多くの高校生にお越しいただきました。

オープンキャンパスの際も説明しましたが、本学科は「学ぶこと」を強く打ち出しています。この理由は、私たち教員は、大学4年間の「知識の貯金」が、その後の生活を幸せにすると経験的にも理論的にも理解しているからです。そして、このことを実現するために私たちは、(1)簿記会計、(2)ファイナンス、そして(3)産官学連携プロジェクト活動を本学科学生に提供しています。

オープンキャンパス学科相談ブース

学ぶことは時に大変なこともあります。しかし、本学科での学びは「学ぶための学び」ではなく、「将来のための学び」です。「会計ファイナンス学科での学びは役に立つ!」そう思って4年間学んでみませんか?

次回のオープンキャンパスは、7月21日(日)10:00~15:00になります。皆さんのお越しをお待ちしています。

【公認会計士監査審査会の会長 櫻井先生による講演会を実施しました】 [2019年06月21日(金)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の加納です。

6月19日(水)の2時限目「キャリアプランニング基礎演習」(一年生必修科目)に、公認会計士監査審査会の会長 櫻井久勝先生をお招きし、ご講演賜りました。
「経済社会を支える会計と監査」と題し、会計の歴史・本質を分かりやすくご説明いただき、公認会計士の使命と仕事及び試験制度などについてかみ砕いてお話いただきました。

ご講演される櫻井先生


学生たちは、先週の公認会計士制度説明会に加え、本日、公認会計士・監査審査会会長である櫻井先生の話を聞くことで、公認会計士の内容はもちろん、現在自分たちが学んでいる簿記・会計に対する理解が相当深まり、勉強に対するモチベーションが上がってきたようです。皆熱心に先生の話を聞き、質問などをしていました。

質問をする学生の様子


簿記・会計を学ぶことは生涯の大きな武器になります。
会計ファイナンス学科で一歩一歩着実に簿記会計の学びを積み重ねていき、自分の描く夢の実現に役立てて行きましょう!

公認会計士制度説明会 [2019年06月20日(木)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

6月12日の2時限目(「キャリアプランニング基礎演習」(1年生必修科目))に、日本公認会計士協会東京会広報委員会副会長の公認会計士・平林元之先生、公認会計士・木村加奈子先生、2018年度試験合格者の方および同会広報課の大後様にお越しいただき、公認会計士制度説明会を実施しました。この説明会では、動画を視聴した後に、平林先生から公認会計士制度についてご説明いただきました。また、木村先生からは「女性会計士の働き方」についてご講演いただき、2018年度試験合格者の方からは合格体験談をお話しいただきました。

平林元之先生からの公認会計士制度のご説明

公認会計士は女性が活躍できる仕事であることなどに、学生たちはとても興味を持ったようです。また、合格者の方から合格までの道のりをお聞きすることで、今後の学習の参考になりました。
なお、この説明会は1年生向けでしたが、公認会計士を目指している2年生2名も参加していました。この説明会に参加したことで勉強への意欲をさらに高めたようです。

学生からの質問に丁寧にお答えいただきました。

公認会計士は、医師や弁護士(司法試験)と並ぶ難関国家資格ですが、目標を高く持ち学習を継続して、ぜひ多くの学生に挑戦してほしいと思っています。

【新任教員のご紹介】 [2019年06月03日(月)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

今年度(2019年度)から新しい先生がこの会計ファイナンス学科に加わりました。前回の学科ブログに登場した「加納先生」です!

加納先生は「税理士」です。税理士の資格を保有しながら、長年、短期大学で女子学生を対象に簿記教育を行ってきました。まさに、「簿記教育のベテラン」であり、「実務家教員」でもあります。教え方も非常に丁寧で、早くも学生から高い評価を得ています。物腰の柔らかい優しい先生です。このような加納先生に簿記を教わってみたいと思いませんか?

会計ファイナンス学科では教員の採用にも非常に神経を使っています。教育に情熱があり、授業が上手くなくてはなりません。会計ファイナンス学科では「実務家出身」にこだわります。しかし、自分のキャリアを自慢するような教員ではなく、しっかりとした学術的なバックボーンを重視します。常勤教員は、実務家出身であっても、MBAや博士の学位を保有していなければなりません。かつ、なんらかのライセンス・ホルダー(資格保有者)でなければならないという厳しい条件があります。

私もファンドマネージャー出身で、約20年間金融業界で働いてきました。簿記や証券アナリストなどの資格を保有しています。このブログにも登場する関先生も、プライベートバンカー出身で、簿記やFP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を多数保有しています。さらに、我々は専門分野で「博士」の学位も取得しています。

会計ファイナンス学科では教育する側の“質”にも徹底的にこだわります。

高校生の皆さん、6月23日(日)の「オープンキャンパス」に是非お越し下さい!私達とお話しましょう!先輩達も待ってるよ!

昨年度オープンキャンパス 学科ブースの様子