【新任教員のご紹介】 [2019年06月03日(月)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。

今年度(2019年度)から新しい先生がこの会計ファイナンス学科に加わりました。前回の学科ブログに登場した「加納先生」です!

加納先生は「税理士」です。税理士の資格を保有しながら、長年、短期大学で女子学生を対象に簿記教育を行ってきました。まさに、「簿記教育のベテラン」であり、「実務家教員」でもあります。教え方も非常に丁寧で、早くも学生から高い評価を得ています。物腰の柔らかい優しい先生です。このような加納先生に簿記を教わってみたいと思いませんか?

会計ファイナンス学科では教員の採用にも非常に神経を使っています。教育に情熱があり、授業が上手くなくてはなりません。会計ファイナンス学科では「実務家出身」にこだわります。しかし、自分のキャリアを自慢するような教員ではなく、しっかりとした学術的なバックボーンを重視します。常勤教員は、実務家出身であっても、MBAや博士の学位を保有していなければなりません。かつ、なんらかのライセンス・ホルダー(資格保有者)でなければならないという厳しい条件があります。

私もファンドマネージャー出身で、約20年間金融業界で働いてきました。簿記や証券アナリストなどの資格を保有しています。このブログにも登場する関先生も、プライベートバンカー出身で、簿記やFP(ファイナンシャルプランナー)などの資格を多数保有しています。さらに、我々は専門分野で「博士」の学位も取得しています。

会計ファイナンス学科では教育する側の“質”にも徹底的にこだわります。

高校生の皆さん、6月23日(日)の「オープンキャンパス」に是非お越し下さい!私達とお話しましょう!先輩達も待ってるよ!

昨年度オープンキャンパス 学科ブースの様子