公認会計士制度説明会 [2019年06月20日(木)]

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の関です。

6月12日の2時限目(「キャリアプランニング基礎演習」(1年生必修科目))に、日本公認会計士協会東京会広報委員会副会長の公認会計士・平林元之先生、公認会計士・木村加奈子先生、2018年度試験合格者の方および同会広報課の大後様にお越しいただき、公認会計士制度説明会を実施しました。この説明会では、動画を視聴した後に、平林先生から公認会計士制度についてご説明いただきました。また、木村先生からは「女性会計士の働き方」についてご講演いただき、2018年度試験合格者の方からは合格体験談をお話しいただきました。

平林元之先生からの公認会計士制度のご説明

公認会計士は女性が活躍できる仕事であることなどに、学生たちはとても興味を持ったようです。また、合格者の方から合格までの道のりをお聞きすることで、今後の学習の参考になりました。
なお、この説明会は1年生向けでしたが、公認会計士を目指している2年生2名も参加していました。この説明会に参加したことで勉強への意欲をさらに高めたようです。

学生からの質問に丁寧にお答えいただきました。

公認会計士は、医師や弁護士(司法試験)と並ぶ難関国家資格ですが、目標を高く持ち学習を継続して、ぜひ多くの学生に挑戦してほしいと思っています。