2019年10月

第5回オープンキャンパス [2019年10月28日(月)]

夏休みにリニューアルした学生ホールにて、初めてのオープンキャンパスでした。

こんにちは。会計ファイナンス学科教員の加納です。

10月26日(土)に、2019年度第5回オープンキャンパスが開催されました。
学科相談ブース、学科説明、体験授業にお越し下さいました高校生の皆さんと保護者の皆様、誠にありがとうございました。

本年度は既にAO入試が終了しており、今回は推薦入試を控えた受験生の方やその保護者の方々が主として相談などに来られました。
ある受験生は、同じ受験区分で合格した会計ファイナンス学科の学生から面接対策や願書の記入に関するアドバイスを受け、また入学後の具体的な勉強内容やスケジュールなどを聞き、不安や焦りを解消されていた様子でした。

また別の受験生は、入学後は税理士を目指して勉強を進めたいと、入学後の具体的な勉強方法などかなり踏み込んだ質問を教員にされていました。
このように熱心に質問し話を聞かれる多くの高校生を見て、われわれ教員も改めて身の引き締まる思いがしています。

学科長・山田隆教授の学科紹介では、詳しい学びの説明がなされたのはもちろん、自分の持ち味や人柄を磨き、大きな成長を果たしていくためには、とりわけ「素直さ」が大切である旨が強調されました。
本学科は四年間を通し「学ぶこと」を強く打ち出しており、前半の二年間では簿記検定やファイナンス(FP技能士検定)等の資格取得に力を入れ、後半の二年間では、前半で獲得した知識やスキルをもとに、プロジェクト活動、また女子大初となる株式仮想売買シュミレーションシステムやケースメソッドでの学びと各教員のゼミでの学びなどを通し、徹底的に「実践力」を磨きあげていきます。