【学科長より緊急メッセージ】 [2020年03月26日(木)]

こんにちは!会計ファイナンス学科学科長の山田です。

皆さんも報道等でご存じの通り、オリンピックが延期になったり、東京が封鎖される可能性などもあって、いろいろ不安だと思います。特に、今年ご入学される新1年生においては、昭和女子大学会計ファイナンス学科で学ぶことを大変楽しみにしている学生も多いと思います。残念ながら入学式は中止となり、当日はクラス単位で教室に集合する形に今のところなりました。

しかし、私たち会計ファイナンス学科の教員は決して皆さんをがっかりさせません!今は「我慢」の時かもしれませんが、我々は“決して学びを止めません!”皆さんが自宅にいても、例えば、簿記検定試験に向けた勉強を計画的にできるような案も考えています。休講せざるをえない授業は、いずれ補講をしなければならず、皆さんに迷惑をかけることになりますが、学科としての学びの「質」を落とすつもりは全くないので、皆さん、どうかご理解下さい。そして期待して下さい!

今は「自粛ムード」で「1日中家にいるなんて耐えられないよ~。」と、先生だって思います。若い皆さんなら尚更でしょう。気持ちはとてもよくわかります。人間にとって最も難しいことは「何もしないこと」なのです。皆さんは、「なんにもしたくない~」と言いますが、それは、やらなければならないことを頑張ってやった後に出てくる感情です。やらなければいけないことは人間としてやらなければならない。しかし、今は、「何もするな」と言われているのに等しいわけです。遊びに行きたい、大学に行きたい、したいことがあるのに「何もするな」は人間として最も苦痛なことです。今はそれを迫られています。「何もしないこと」が人間は最も苦手なのです。今、それが皆さんに試されています。

みなさんはパスカルという哲学者を知っていますか?倫理などで学んだと思います。パスカルは17世紀に既にこんなことを言っています。
“all of humanity’s problems stem from man’s inability to sit quietly in a room alone. ” -by Pascal-
すごいですよね。こう考えると、人間ってはるか昔から変わってないんですね。

地方からこちらに引っ越してくる学生も不安だと思います。そういう時は気軽に我々に相談して下さい。いつでも君たちの相談に乗ります。
今後の展開はとても流動的で誰も予測はできません。薬ができワクチンができて、終息するのをじっと待つしかありません。もちろん、不要不急の外出はしない、手洗いをきちんとする等、我々にできることもたくさんあります。一方で、学びはいつでもどこにいても起動することはできます。この時間を少しでも無駄にせず有効に活用できるよう、我々教員は絶え間なく皆さんにアプローチしていく方針です。皆さんが卒業する時に、「私は昭和女子大学会計ファイナンス学科に入って本当に良かった!」と思ってもらえるよう、知恵を絞り全力で教育にあたります。意欲のある学生には最大限の満足度を、この4年間で提供します。人に会えない時こそできること、それは1人で“考える”ことです。いろんなことを考えてみよう!思考は自由です。将来の夢なんかをもう一度真剣に考えよう! 最後に、もう一度、“我々は学びを止めません!”