入試

【A日程入試合格者の皆さんへ】 [2020年02月06日(木)]

合格おめでとうございます!学科長の山田です。

4月にこの世田谷のキャンパスで会えることを教員一同とても楽しみにしています。
会計ファイナンス学科は「勉強する」学科です。大学だから勉強するのは当たり前だろうと皆さんは思うかもしれませんが、実際にはバイトやサークル活動に浮かれて勉強を疎かにする学生が散見されるのも事実です。オープンキャンパスで学科説明を受けた学生なら覚悟ができているかもしれませんが、多くの一般入試の合格者は「こんなに勉強するの・・こんなに厳しいの・・。」といった感想をよくもらします。会計ファイナンス学科の目標は、皆さんが大学3年生になるまでに日商簿記検定2級とFP3級に合格することです。これは決して実現不可能な目標ではなく、努力した学生は1年次のうちに合格してしまいます。基本的には、専門学校に通うといったダブルスクールなしに、大学での学びだけで合格にもっていきます。ですから、入学後、皆さんの「やる気」次第で、いくらでも皆さんのレベルアップが図れます。皆さんは、本学の他に行きたい大学があったかもしれませんが、卒業するころには皆さんの方がはるかに成長していることでしょう・・。

また、会計だけでなくファイナンス教育においても、この学科には「株式仮想売買シミュレーション」といった画期的な学習ツールを装備しています。日経QUICK社の株価・財務データベースも使うことができます。皆さんの学修や研究に大いに活用できます。そして、教員はそれぞれがその道のプロフェッショナルであった実務家出身の教員から構成されています。理論と実践の架け橋となるような教育がなされます。

1・2年次に資格取得を励みに会計やファイナンスの基礎理論を叩き込み、3・4年次はそれを使えるものに変えるべく「ビジネススクール型」教育を行っていきます。経営者や株主の立場に立って、企業価値向上を考える実践的な授業が展開されます。もちろん、在学中に公認会計士や税理士の国家資格に挑戦する学生のサポートも徹底して行います。

是非、勉強して下さい。学ぶことはあなたの人生を助けます。学ばない人間は簡単に他人にだまされます。皆さんが抱えている多くの悩みは、「学ぶことでおおかた解決」していきます。ですから、入学したら、遊ばないで4年間じっくり勉強して下さい。社会に出てから遊べるように、この貴重な4年間を有意義に過ごしてもらいたいと思います。

<学科推薦図書>
①『スッキリわかる 日商簿記初級 第3版』滝澤ななみ, TAC出版開発グループ (著)  TAC出版
②『スッキリわかる 日商原価計算初級』滝澤ななみ, TAC出版開発グループ (著)  TAC出版
③『ビジネス・アカウンティング 第4版』山根節, 太田康広, 村上裕太郎 中央経済社
④『ざっくりわかるファイナンス』石野雄一著 光文社新書
⑤『新エコノミクスシリーズ 金融論 第2版』村瀬英彰著 日本評論社

<入学準備>
学科推薦図書①に示した『スッキリわかる 日商簿記初級 第3版』(すでに購入済みの場合には第2版も可)を活用して日商簿記検定初級の学習をしてください。入学後のオリエンテーション期間中に日商簿記検定初級を受験していただきます。すでに日商簿記初級の学習を終えた方は、日商簿記3級の学習をしてください。

【勉強してますか?】 [2019年03月25日(月)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。
4月から入学する皆さん、入学前の準備勉強はしていますか?入学するとすぐに「簿記初級」の検定試験を簿記入門という講義の中で受けてもらいます。4月からは「勉強漬け」の毎日です。オープンキャンパス等でも説明してきましたが、会計ファイナンス学科は「勉強する」学科です。ストイックに地道に勉強します。大学にお金をかけて進学するということは「もっと勉強したいから」だと我々は考えて皆さんと接します。ですから、皆さんの先輩である現1年生は、たった1年でも大きく伸びました。
さて、ここからが大切なのですが、学ぶことは皆さんの人生を助けます。もし、君が幸せな人生を送りたいと真面目に努力していても不幸になるケースはあります。それは「他人にだまされる」ケースです。しかし、勉強を積み、きちんとした知識と判断力が兼ね備われば、他人にそう簡単にはだまされなくなります。学ぶことは自分を守ってくれます。そうは言うけど、勉強はそんなに好きじゃない、でもこの学科しか進学するところがないから・・・という人もいるでしょう。そういう人は“チャンス”です!そういう人は、これが運命、これが縁だと思って、素直な気持ちになってこの学科に「どっぷりつかって」みて下さい。そうすると必ず「新しい自分」を発見します。それには多少の“我慢”と“根気”が必要ですが、それをサポートするのが我々教員です。皆さんのこれからの4年間は長い人生の中でのたったの4年かもしれませんが、真面目に取り組めば皆さんの将来を決定付ける貴重な人生の中での4年間になります。楽か厳しいかで悩んだら、「厳しい方を選ぶのが正解」です!
勉強は面白いです。毎日自分が進化していることを実感できます。そして、日々の食事や睡眠のように、勉強を「習慣化」してしまえば、やらないと気持ち悪くなってきます。勉強を自分の1日の中に自然と組み込みましょう。「習慣化」しましょう。困難と格闘していくことを“生きがい”にしていきましょう!学べば常に心新し、です。

簿記勉強会の風景

【試験に合格するには読解力!】 [2019年01月18日(金)]

こんにちは!会計ファイナンス学科教員の山田です。
いよいよ受験シーズンとなりましたが、皆さん、体調管理を充分に行い、全てを出し切る気持ちで臨んで下さい!応援しています!
本学の会計ファイナンス学科は専門学校とダブルスクールしなくても、大学に毎日来てきちんと授業を受ければ、効率よく簿記やファイナンシャルプランナーの資格を取得できるようなカリキュラムを組んでいます。そして、我々教員もどのように教えれば学生が理解しやすいかを探求しながら授業に取り組んでいます。教員自らも日々進化していかなければ、学生も成長していきません。
会計ファイナンス学科はグローバルビジネス学部に属する学科ですが、グローバルというと一般的には「英語」を思い浮かべる人も多いと思います。確かに英語ができることは国際社会で生きていくうえでは大切なことです。しかし、試験の合格率を高めたり、ましてや、英語が上達するためにはなによりも「国語の読解力」が基礎になります。日本語の文章を読んで何が書いてあるかが理解できることが大変重要です。この能力が、今の日本の若者は著しく低下しています。読書をしないことも原因かもしれません。高校生の皆さん、現代文などの国語をきちんと学んで来て下さい。問題文に何が書いてあるのかを(日本語で)読解できなければ正解を導くことはできません。会計ファイナンス学科が求めているのは「日本語のリーディングスキル」です。実際、国語を勉強し直したら簿記の合格率が上がる傾向があるのです。問題文が何をきいているのかを理解できなければ問題は解けません。もちろん、数学も重要で、本学科では会計やファイナンスのための基礎数学の授業が既にあります。我々は、将来的に「日本語のリーディングスキル」を涵養する科目も設けようと検討しています。資格試験に合格するためには、専門の科目だけを勉強していてはだめです。急がば回れで、直接は関係ないようなことが、実はとても重要であったりするのです。このように我々教員は学生の学力の着実な向上には何が必要かを常日頃から多面的に考えています。会計ファイナンス学科ときくと、高度に専門的なことを学ぶのだろうと思われるでしょうが、この学科に入学すると人生に役立ついろいろなことが学べるのです。高校生の皆さん、楽しみにしていてくださいね!

一生懸命に勉強する学生たち

会計ファイナンス学科オープンキャンパス(10月27日) [2018年11月13日(火)]

こんにちは。会計ファイナンス学科1年の黒川です。
10月27日(土)に本学のオープンキャンパスが開催されました。お越しくださった高校生と保護者の皆様、誠にありがとうございました。
AO入試は既に終えていたので、今回は推薦入試を控えている方が多かったように思います。

オープンキャンパスは誰でも気軽に学科の話を聞いたり質問をしたりできる場です。私たち会計ファイナンス学科の学生は、教員と一緒に学生ホール「会計ファイナンス学科特設ブース」でお待ちしております!
ここでは、主に教員が学科のカリキュラムや入試システムなどの説明を、学生が学生生活や皆様のお悩みなどの相談に乗っています。

会計ファイナンス学科は今年新しくできた学科なので、皆様の高校や先輩のアドバイスだけでは対策しづらいし不安だと思います。しかし、私たち在学生(1年生)が高校3年生のときにどのような試験対策をしていたか、試験で実際にどんな面接や問題があったのかというような情報も入手することができる機会です!

会計ファイナンス学科特設ブース

昨年度の問題と似たものが出るとは言い切れませんが、不安や緊張を少しでも減らすお手伝いをできるのではないかと思います。
実際に先日のオープンキャンパスでも「推薦入試の願書提出が近いから内容を見てほしい」、「面接対策はどんなことをするべきか」といった質問を多く受けました。その質問やお悩みにお答えしたところ、「全然わからないことばかりだったけど、アドバイスを聞けて良かった!」、「今からとても不安だったけど、少し気持ちが楽になった!」というお言葉をたくさんいただきました!!

会計ファイナンス学科はできたばかりの学科です。少ない情報で困っている方や不安な方は、短い時間でもお越しいただくことを強くおすすめします!

ところで、推薦入試がもう間もなくですので、私からいくつか面接のアドバイスをさせてください!
私は推薦入試で合格して、今、本学の会計ファイナンス学科で学んでいるのですが、昨年のこの時期は不安で仕方ありませんでした。あがり症の私は試験当日かなり緊張していましたが、面接を終えて事前対策で押さえておいてよかったと思った点が次の3つです。
① 対策で用意する質問の答えを文章で暗記しないこと。
② 聞かれたこと以上のことを答えないこと。
③ 素直に答えること。

どんなに対策しても本番は緊張されることでしょう。これらはあくまで私の考えですが、本番で少しでも落ち着いていられるように、よろしければ参考にしてくださいね。

本学の今年度のオープンキャンパスは、12月8日(土)が最後の開催となります。この頃には推薦入試も終わり、残すは一般入試の方々だと思います。焦ってくる時期ですし、ほんの少しの時間も惜しいとは思いますが、私たち学生や教員が皆様のお悩みや質問をお受けして少しでもお力になりたいと思います!
是非、会いに来てくださいね。

A日程試験 合格発表! [2018年02月01日(木)]

本日、2月1日(木)10時より、本学の合否速報サイトで、A日程試験の結果を確認できます。

以下のURLをクリックし、トップページの「Information」よりアクセスしてみてください。

昭和女子大学 入試情報サイト https://exam.swu.ac.jp/

※確認の際は「座席番号」ではなく「受験番号」を入力してください。
座席番号を入力するとエラーになってしまいます。

受験生の皆さん、応援しています! [2018年01月23日(火)]

会計ファイナンス学科教員の山田です。

受験シーズン本番となりましたが、受験生の皆さん、もうなるようにしかなりません。覚悟を決めて、平気な気持ちでぶつかっていきましょう。

かく言う私も自分が大学受験の時は、推薦入試を選べばよかったなど、いろいろ弱気になっていたものです。今が気持ちの上でも苦しい時期だと思いますが、あと少しです。頑張ったことだけが良い思い出になるのです。思い切りやりましょう!本学が第一志望でなくても、このブログを勉強の合間に読んでいる全ての受験生にエールを送ります。力を出し尽くしたと思った時が、本当の勝負の始まりです。真の勇者は最後に戦う力を残しているものです。

4月に先生とキャンパスで会おう!