研究会

【簿記研究会を立ち上げました】 [2019年12月09日(月)]

 こんにちは。会計ファイナンス学科教員の加納です。

 今般、会計ファイナンス学科では「簿記研究会」を立ち上げました。
 現在、会計ファイナンス学科に在籍するのは二年生と一年生だけですが、二年生はすでに日商簿記2級レベルの学習を終え、現在一年生も着々と2級の学習を進めています。
 このような中、より上位の内容を学習し、公認会計士や税理士、日商簿記1級取得を目指す学生が何人も出てきており、今後それらの試験にチャレンジしようとする学生も一定数存在しています。
 そこで、会計ファイナンス学科では、それらの学生をサポートするため「簿記研究会」を立ち上げました。
 年明けには後期の授業が終了し、その後学生は春休みに入りますが、より上位の内容の学習を希望する学生を対象に、簿記研究会では、まず手始めに春休みに集中講座を計画中しています。
 現在のところ、公認会計士試験の「財務会計論」や税理士試験の「簿記論」の重要論点と、日商簿記検定1級の商業簿記・会計学の論点を、約1ヶ月(3h×22回=66時間)でカバーする「修行」のような講座を開講する予定です。
 春休みにひたすら勉強する「忍耐力」が求められる講座となりますが、より上位の検定や国家試験を目指す学生にとっては、春休みを有効活用してステップアップできる集中講座となります。
 このように会計ファイナンス学科では、勉強したい学生をとことん応援する体制を整えて、学生の成長を本気でサポートしています。