2014年4月

「社会人コミュニケーション基礎力テスト」説明会を開催! [2014年04月30日(水)]

Z会国語力研究所が昨年度から開始した「社会人コミュニケ-ション基礎力テスト」実施にあたって、事前説明会を開催しました。

日本語・英語・コンピューターをスキルの三本柱とする現代教養学科では、これから就活を始める3年生、就活中で社会に出る日も近づいている4年生を対象に、社会生活を営むにあたって必要な理解力・発信力・コミュニケーション力がどの程度具わっているかを客観的に判定するテストとして導入しています。

今年度は5月17日(土)に「社会人コミュニケーション基礎力テスト」を受検し、その直後にZ会国語力研究所の方によるフォロー講座を実施します。テストだけでは終わらずに、社会で必要とされるコミュニケーション力について解説とトレーニングをしていただくフォロー講座付きで、2倍も3倍もお得な企画です!

(記事:J.F.)

“三軒茶屋まち道楽”ご来場ありがとうございました! [2014年04月30日(水)]

4月27日は朝から晴天!イベント日和となりました。
歩行者天国の茶沢通りと新緑がまぶしい烏山川緑道を会場に“三軒茶屋まち道楽”が開催されました。

茶沢通りの緑道入り口付近。ここからイベントスタート

緑道のハナミズキもちょうど満開

主催は太子堂商店街。私たちは“まち道楽実行委員会”と一緒に会場設営からスタートし、レモネードとサバサンドの販売、こいのぼりワークショップを担当。

準備風景:のぼりの設置(太子堂商店街)

準備風景:のぼりの設置(烏山川緑道)

レモネードの販売準備

サバサンドの販売

こいのぼりワークショップ。多くの子供たちが参加してくれました

茶沢通りのステージはサークルEncoreのパフォーマンスでスタート

実行委員のメンバーや他の出店者の方、立ち寄ってくださった方々ともおしゃべりを楽しみながら、目標の販売数を目指して頑張りました。
来場してくださった皆さま、ありがとうございました!

ゼミの卒業生も遊びに来てくれました!

次回は夏の開催予定です。
また、もっと多くの方がまちを楽しめる仕掛けを考えたいと思います。

(記事:Y.T.)

4月27日は三軒茶屋まち道楽! [2014年04月25日(金)]

今週末からゴールデンウィークですね。
27日は三茶へ遊びに来ませんか?
13:00-17:00 茶沢通りの歩行者天国の時間帯にイベント「三軒茶屋まち道楽」が開催されます。

URL:http://machidoraku.jimdo.com/ 詳しくはこちら

まち道楽のポスター


場所は、烏山川緑道と太子堂商店街です。
フリーマーケットやマルシェの露店が並びます。
鶴田研究室のメンバーも実行委員と一緒に会場設営から参加します。

太子堂商店街のシャッターの開催告知!みなさん、お待ちしています♪

緑道での会場下見。初めて参加する3年生はちょっとドキドキ。

茶沢通りの緑道入り口付近で“レモネード”と“サバサンド”の販売をサポート。
“サバサンド”はトルコのイスタンブールの味を目指して試作しました!
無農薬レモンを絞ったフレッシュなレモネードと一緒に味わってください。

レモネード用にたっぷりレモンを絞りました!

また、レモネード販売の向かい側の緑道入り口にステージが設置されます。
サークルEncoreのみなさんが13時から賑やかにパフォーマンスする予定です。
是非、のんびり街を楽しみにいらしてください。お待ちしています。

(記事:Y.T.)

上級生主催懇談会 [2014年04月10日(木)]

現代教養学科では、4月5日(土)に上級生主催の新入生向け懇談会が開催されました。
当日は、ラ・テールのランチボックス、クッキー詰め合わせなどの昼食をとりながら、学科の紹介、クイズなどを行いました。はじめは少し緊張ぎみだった新入生も、会が終わる頃にはすっかり打ち解けて、各テーブルの先生方や上級生に学生生活や履修相談など、積極的に質問していました。このように、先生や上級生との距離がとても近いのが、現代教養学科の特徴です。これからも、この伝統を守っていきたいと思います。

(記事:T.K.)

学科主催の新入生歓迎夕食会を開催しました。 [2014年04月10日(木)]

現代教養学科では、4月8日の17:30から、学科主催の新入生歓迎夕食会を開催しました。

上級生たちの協力のもと、新二年生2人の、流れるような進行で始まった歓迎会。目の前のおいしそうな料理が並ぶ中、新入生たちも空腹を我慢しつつ、朗らかな表情でパーティーはスタートです。小原副学長からは冒頭の挨拶で「現代教養学科の新入生のみなさんはもう馴染んでいますね。」というお褒めの言葉を頂きました。新入生のみなさん一人一人が、オリエンテーションを通して、よい雰囲気を作ってくれている証拠だと思います。

乾杯をして、お食事開始。事前に立食パーティーのマナーに関するアナウンスがありましたが、きっちりそれも守って、食事を楽しみつつ、たくさんの新入生が、これまでお話していなかった人とも積極的に話してくれていました。参加していた上級生たちに、授業やサークルの情報を聞く姿もたくさん見られました。

途中、坂東学長が登場。学長とともに、学園を訪問していた海外からのお客様もパーティーに参加して下さいました。学生たちも勇気を振り絞って、会話を楽しみます。そして、最後はビンゴ大会。豪華賞品に歓声があがっていました。

連日の長時間のオリエンテーションで、新入生のみなさんも疲れがたまっていると思いますが、たくさんの笑顔が見れて、学科としても一安心です。11日の金曜日にはいよいよ授業も始まりますが、自分のペースで頑張ってきましょう!

(記事 K.A.)

現代の教養はグローバルから始まる [2014年04月08日(火)]

オリエンテーション6日目の午後から英語カリキュラムのガイダンスがありました。現代教養学科では、教養ある人材を育てるために英語を専門科目としています。今日のガイダンスでは、「なぜ現代教養学科で英語を学ぶのか?」ということについて、英語科目のコーディネーターでありアメリカへ留学経験のある小林先生、シンガポール人で3か国語を操るシム先生による熱い講義がありました。
これに引き続いて、ボストンに留学経験のある先輩たちが、留学中の楽しそうな写真を見せながら留学体験談を話してくれました。
また、夜に行われた学科主催夕食会では、坂東先生がオーストラリアからいらしたお客様とご一緒にいらしてくださって、英語で楽しくコミュニケーションする機会がありました。
新入生にとって、「現代の教養はグローバルから始まる」ことを実感した1日になったのではないでしょうか?

(記事:M.O.)

ゆるキャラ「三茶のさんちゃん」誕生-大学生と地元商店街がコラボ [2014年04月02日(水)]

2014年3月31日(月)に三軒茶屋経済新聞に学生の活動が取り上げられました。
現代教養学科の新4年浅野ひかるさんが宣伝班のチーフ、田中明里さんスがサブリーダーとして、他の学科の学生と共に活発な活動を展開してきました。4月から学生の新企画でまたあらたな活動を展開したいと考えていますので、現代の新入生の皆さんも在学生の皆さんも、ぜひ活動に参加してください。以下は、三軒茶屋経済新聞に掲載された記事内容です。Face bookも合わせてご覧ください。

(記事:Y.S)

3月30日に世田谷・太子堂で開かれた三軒茶屋銀座商店街振興組合主催のイベント「ふれあい広場」で、新ゆるキャラ「三茶のさんちゃん」の発表会が開かれた。
発表会は昨年6月に発足した「さんちゃプロジェクト」が企画。三軒茶屋の特徴や魅力を若い力で全国的に多くの人に発信し、三茶に関わる人たちにより愛着を持ってほしいと、昭和女子大学と青山学院大学の学生の有志で立ち上がった。文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の採択プログラムでもあり、三軒茶屋の7つの商店街組合から協力を受け、地元密着型のプロジェクトを目指している。
ゆるキャラは、1月10日~2月10日の募集期間に応募があった189の作品から10点まで同プロジェクト内部で絞り込んだ。その後、2月23日~3月9日に一般投票を行った結果、同キャラ大賞に輝いた。アメーバブログやフェイスブックなどのSNSのほか、街頭投票や三軒茶屋の店舗に投票箱を設置するなどして、総投票数は1327票に上った。
同プロジェクトは約20人の学生から成り、企画チーム、三茶MAPチーム、宣伝チームに分かれ活動している。宣伝チームリーダーの浅野さんは「今後も今回のイベントのように商店会とコラボして地域を盛り上げていきたい」と話し、企画チームの新2年生の柴田さんは「三茶の商店街を普段から人が集まる全国的に有名な商店街にしていきたい」と意気込みを見せる。
同キャラをデザインした平塚大輔さんは「大きなイベントだけでなく、普段から三茶の路地裏を歩いているようなイメージでデザインした。街の人と触れ合えるキャラクターになれば」と期待を込める

————————————————————————————————————————————————————-

発表会風景

ゆるキャラコンテスト結果発表でご挨拶する小原副学長

三茶ゆるキャラコンテスト最優秀賞受賞者に表彰状・盾・副賞を授与しました

学生企画で、ゆるキャラの塗り絵作成に参加する子どもたち

ふれあい広場のオープニングで三茶PJの学生たちは大活躍