2018年9月

2018国際社会調査研修報告 (瀬沼) [2018年09月25日(火)]

皆さんこんにちは!!ドイツからの報告です。

9月17日に日本を出発した「国際社会調査研修」参加メンバーは、皆元気に研修をこなしています。
今年度はドイツのカールスル―エ市とフライブルグ市を中心に環境と持続可能なまちづくりの視点から、世界から注目されているドイツの取り組みの実際を視察しています。
毎日があっと言うまに過ぎています。
学生たちは10月のオープンキャンパスでの報告会と「報告書」を作成するために分担を決めて現地ではしっかりレポートをしています。勿論自分の担当ではなくても、メモを取りながら現地講師のお話を伺い現場視察を行っています。

他の地域では大学都市として有名なハイデルベルクも視察しました。23日は鉄道でバーゼルまで移動し、3国の国境地帯を視察しました。
3国とは、スイス・ドイツ・フランスです。

研修内容は、このグログだけではとても書ききれません。
これから学生たちが順次報告をしていきますので、時々ブログを覗いてみてください。
今回の研修で、ドイツ好きな学生が増えたような気がします。
10月27日のオープンキャンパスでの報告会には、高校生の皆さん、ぜひいらしてください。