現代教養学科学生の皆さんへ

現代教養学科学生の皆さんへ

 

こんにちは!

学科長の瀬沼です。

 

金曜日から授業がはじまり、学生の皆さんも少しほっとされているのではないでしょうか?

2週間遅れでのスタートですね。

本来ならば火曜日の授業は本日が3回目の筈でした。

 

どのような困難な状況下でも学ぶ意欲を持ち続けることは成長へとつながっていきます。

学生の本分は学ぶことです。

これからしっかり学んでください。

皆さんの祖父母から少し上の世代の小中学校の時代というと、特に小学科校の校庭には二宮金次郎の像が立っていて、子どもたちに勤勉を伝えていました(ふとそんなことを思い出しました。私の学んだ学校にはなかったのですが)。

 

さて、今朝の朝日新聞をご覧になりましたか?

坂東理事長・総長の記事が載っています。

ぜひ皆さんにもお読みいただきたいと思いますのでご紹介しておきます。

【新聞記事リンク】https://www.asahi.com/articles/DA3S14456839.html

 

それから、授業が始まって心配な事やお困りごとがありましたら、遠慮なく学科やCAにご相談ください。

外出自粛のこの期間をどう考えどう過ごすかで、オオバーに言えば人生が大きく変わってくると思います。

皆さんには、自分のため、人のため、社会のための行動をとっていただき、学生の本分である学びについても一人ひとりがよく考え努力してください!!

(瀬沼)