ゼミ活動

【シムゼミ】区民との交流会を通して多文化共生に思いを馳せました! [2020年02月25日(火)]

こんにちは、シムゼミ3年の鈴木です。私たちシムゼミ3年生は、2月上旬に行われたNPO法人「アジアの新しい風」(略称アジ風)の新春交流会に参加しました。「多文化共生への気づきと自己啓発に向けて」というテーマで、午前中はパネルディスカッション、午後は全参加者がグループに分かれ、テーマについてディスカッションを行いました。なお、このイベントは世田谷区国際平和交流基金助成事業助成金の対象事業でもあります。それから、何を隠そう、パネルディスカッションのファシリテーターは我らのシム先生です。

アジ風は、アジアの大学における日本語支援団体で、現在、中国、タイ、ベトナム、インドネシアの4大学と交流をしています。主な活動は、アジ風会員が交流大学の対象学生と一対一で行う電子メールによる支援活動(Iメイト交流)です。

この日の交流会を通して感じたことは、多文化共生をすることの重要性と難しさです。多文化とは、外国人との関わりではなく、LGBT、身体が不自由な方など、様々です。多様性が求められ、受け入れ始められている今後の社会において、多文化共生をすることに大きな意味と意義を持つことは間違いありません。。

これからの日本では、オリンピック・パラリンピックの開催もあり、それぞれのバックグラウンドやバックボーンを持った人が多く来日します。私たちは外国人とどのように関わればよいのかをその都度悩むはずでしょうが、閉鎖的な考えや仕組みの中に止まっているようでは変化は起こせません。ときに大変な思いをしながらも、異文化に身を置くことによって、それがきっと自分の成長、自己啓発になると信じています。

多文化共生に必要なことは、互いを尊重し、理解するためにも最後までコミュニケーションを取ることを諦めないことであり、大切なのは手と手を取り合って歩み寄りながら「一緒にやろう」という気持ちを忘れないことなのではないでしょうか。誰の心の中にも潜む差別意識を取り除き、固定観念で決めつけないことが大切です。1人ひとりの考え方や意識を少しでも変えることが、多文化共生への一歩につながるに違いありません。

当日は中学生からアジ風会員、留学生まで幅広い年代の様々な方々と親睦を深めることができました。それぞれの知識や経験を持ち寄って議論をすることができたのは、刺激的で有意義なプライスレス時間でした。心から深く感謝いたします。どうもありがとうございました!

記事:シムゼミ3年・鈴木

地域環境デザイン論ゼミ(瀬沼ゼミ)の3・4年生で合同ゼミを行いました! [2020年01月29日(水)]

1/22 水曜日3講時

本日は地域環境デザイン論ゼミ(瀬沼ゼミ)の3・4年生で合同ゼミを行いました。

3年生は、今後控えている就職活動についてや卒業論文の書き方について質問し、4年生から様々なアドバイスをいただきました。

特に、就活に向けて今の時点から自己分析をしっかりしておいたほうがいいということ、卒業論文の制作については現地調査に早めに行ったほうが良いということなど、とても参考になるお話ばかりでした。

先輩方からのアドバイスをもとに、来年もゼミ活動をしっかり努めていきたいと思います。

(現代3年 高橋)

【シムゼミ】イスラム教寺院にて宗教について考えさせられました… [2020年01月08日(水)]

私たちシムゼミ3年生は、ゼミ活動の一環として、去年の12月に東京ジャーミィ・トルコ文化センターに訪ねてきました。東京ジャーミィは、渋谷区にある、日本最大のモスク(イスラム教寺院)です。

見学の前に、まず東京ジャーミィの下山さんから、イスラム教についてお話を伺いました。明治維新を機に、服装、髪型、コスメなどあらゆるものがヨーロッパに偏ってしまったため、ヨーロッパ的なものが憧れの対象となる一方で非ヨーロッパ的と見なされたイスラム教は日本人にとって死角になってしまったこと、しかしながらアラビア数字、コーヒー、カメラなど日常的に使っている言葉や文化の中には実際に、文明発祥の地でもあるイスラム世界から広まったものが意外と多いということなどを教えていただきました。日本で生活していると遠い存在のように感じられてしまうイスラム教とその世界を知るヒントが、実はすぐ近くにあるのだということは新鮮でした。

その後、日本人の若い男性がイスラム教に入信する儀式に立ち会うという貴重な経験もさせていただきました。その時、私たちはイスラム教の慣例に習い、フードやスカーフを頭に被りました。一日三食のように、一日五回の祈りは「心の糧」「心のカロリー」という言葉が印象に残りました。

入信式に引き続き、礼拝も見学させていただき、イスラム教礼拝の特徴を教えていただきました。礼拝の際、肩の触れ合う距離で横一列に並んでおり、それが信者はみな平等であることを表すことや、他の人と共に礼拝をすると1人で礼拝を行う時の27倍良いとされていることを知りました。また、礼拝に集中してもらうため、女性信者は2階や少し離れたところで礼拝に参加することも教わりました。

最後に施設内にあるショップにも立ち寄りました。コンビニのように食べ物や雑貨が置いてあり、スーパーなどでは普段あまり見られない、ハラールマーク付き食品についても説明をしていただきました。日本にありながら、海外に来たかのような品揃えにただただ驚きました。

実際に目で見て直接にお話を伺い、私たちにとって理解を深めたり、宗教のあり方を改めて考えさせられたりするきっかけになりました。下山さんをはじめとする東京ジャーミィの皆様、お忙しい中、今回このような機会を下さり、本当にありがとうございました!

(記事:シムゼミ3年・角田)

【シムゼミ】テンプル大学にて学生にインタビュー! [2019年12月04日(水)]

ゼミ活動の一環として、私たちは11月18日から20日にかけて、今年9月に本学のキャンパスに移転してきたTUJ(Temple University, Japan Campus)をもっと知るために、そこに通う学生にインタビュー調査を行いました!

3人ずつの3グループに分かれ、各グループで考えた質問に対して日本語か英語でTUJの学生に答えていただきました。以下、各グループで得られた主な知見を簡単にご紹介します。

 

〈グループA 大塚・佐藤・八木〉:「未来予想図 ~言語は武器か?~」

英語を話せなくてもよいのか、話せる人が偉いのか、などの疑問をもってインタビューを実行しました。1人目の日本人女子は、日本の教育に疑問を抱いたことから、異なる国の教育を受けたいと考え、また英語をもっと話せるようになりたいという目的と経済的な理由によりTUJへの進学を決めたそうです。将来海外の大学に行き、日本で外資系企業など海外の人と関わる仕事も視野に入れています。

次に、日系アメリカ人とシンガポール在住経験のある2人の日本人男子は、英語よりもメディアを学ぶためにTUJに入学し、海外で母国語を話せるよりも日本で英語を話せるほうがより需要があると仰っていました。これは日本のグローバル化がまだそれほど進んでいないことを表しているとも受け取れます。

インタビューを通して、英語を話している人が偉いという概念は見られませんでした。私たちは「英語を話せる」ということに対する憧れや劣等感から、文法を間違いなく流暢に話すことを目的(ゴール)にしがちです。しかし英語はあくまでコミュニケーションのツールの一つであり、話せるからといって偉いわけでもありません。とはいえ、英語は自分を成長させ、将来の選択肢を広げるツールでもあることも確かである。

 

〈グループB 豊田・鈴木・三谷〉:「昭和女子大学との違いは?」

授業や就職活動についてインタビューしました。インタビューを受けてくださった学生は、とても積極的で主体性があるという印象でした。TUJの主な特徴として、学生と先生との距離が近いということが挙げられました。この点は昭和女子大学(以下:本学)と一緒だと思います。しかし、少人数の授業形態は同じでも先生と学生が一体となって授業を進めるという関係性は本学と異なると感じました。

次に就職活動です。学生の多くは、将来英語を活かした仕事がしたいと仰っていました。しかし日本の企業に就職しても、結局は日本式で仕事をするため、TUJでの学びを活かすことができないかもしれないと悩んでいる方もいました。これは私達にとって盲点であり、日本企業が目指す本当の「グローバル化」とは何なのかを考えさせられました…。

〈グループC 角田・下山・新保〉:「昭和女子大学のイメージは?」

本学の取り組みについては「ボストン校との提携、単位互換プログラムなど、グローバルに力を入れているのが良い」としつつ、本学に限らず日本の学生については「(もっと勉強すればできるのに)勿体ない、自発的な学びが少ない」などの意見が挙がりました。肯定・否定どちらもありましたが、インタビュー対象者の中でも特に日本人女子からは、ネガティブな意見が比較的多く得られました。彼女たちは日本の学校で過ごした経験から、日本人学生の学びに対する意欲などに疑問を抱いてきたと言います。そこで、日本でアメリカの教育カリキュラムを受けることのできるTUJに身を置くことで、日本の現状を客観視し、幅広い学びを深めることができていると仰っていました。

インタビューを通して、TUJの学生が持つ、私たちに対するステレオタイプに気づくことができ、相互理解がより深まったと感じています。そして、自分自身の学問に向き合う姿勢を見つめ直す良い機会にもなりました。

最後に、お忙しい中インタビューに答えてくださったTUJの学生の皆様、Thank you so very much!

 

(記事:シムゼミ3年・下山)

下の谷で縁をつなぐ「もちつき大会」開催! [2019年12月03日(火)]

こんにちは!鶴田ゼミの銭谷です。

10、11月は「世田谷パンまつり」「My People’s Market @ Setagaya」「三軒茶屋まち道楽」と、ゼミではイベントの企画・運営サポート活動が続きました。

世田谷の各地で地域の方だけでなく、いろんな職業のパン祭りサポートスタッフやポートランドの活動家の方など、多くの方と出会い、人とのつながりを広げてきました!

そして、2週間前の11月17日は、大学近くの下の谷で開催された「したのや縁日」に下の谷町会、下の谷商店街に協力する形で参加しました。

「したのや縁日」とは、下の谷恒例であった「もちつき大会」に2007年に合わせて企画され始まったおまつりです。下の谷と新しい「ご縁」を結ぶ意味を込め、「したのや縁日」と名付けられたそうです。

今回のメインは下の谷商店街のサポートのもと、下の谷町会が主催するもちつき!

地元で神輿を担ぐ睦会の方々がもちつきエリアを担当してくださり、子どもたちも杵をもって、もちつき体験!つきたてのお餅は大盛況でした。

その他には、町会名物の焼きそばと豚汁、丸新ベーカリーのサンドイッチが販売されました。丸新ベーカリーさんは、以前この商店街で店開きをしていたパン屋さん。一日限定の復活サンドイッチの販売でした。昔ながらのお店が減っていく中、蕎麦屋のほていやさんは健在です!この日も営業しながら、ご家族でイベントに参加してくださいました。

私たちゼミでは、もちつきにはたくさんの家族連れの方がいらっしゃるので、無料で子どもたちが遊ぶことができ、親御さんがゆっくり「したのや縁日」を楽しめるようにこのワークショップを企画しました。

【子ども向け折り紙ワークショップ準備中】

 

当日は最初から多くの子どもたちが参加して大賑わいで、私たちも子どもたちの元気に負けないように張り切って、子どもたちのリクエストに応えようとチャレンジ!

地域の子どもたち、保護者の方や、町会の方とコミュニケーションをとることができ、普段あまりご近所付き合いをしたことのない私にはとても新鮮な体験となりました。

遊びにいらしてくださった皆さん、ありがとうございました!

(記事:3年 銭谷)

【シムゼミ】中高生と日本のグローバル化について議論! [2019年11月19日(火)]

こんにちは!シムゼミ3年の佐藤です!先日、私達シムゼミ3年は、順天中学・高等学校にお邪魔しました。そちらで行われたGlobal Weekで、シム先生が中学生・高校生を対象に授業を行うということで、その授業のサポーター兼ファシリテーターとして授業に参加しました!
今回の授業のテーマは「あなたはグローバル人材になりたいか-シンガポール人から見た日本のグローバル人材育成教育-」です。事前にゼミの時間にも、『グローバル人材』について考え、それを基に中高生の授業に加わり、議論を展開したのでした。

授業には、留学生2人を含む高校生7人・中学生1人、シムゼミ3年8人が参加しました。グローバル化を目指す現代社会において、グローバル人材とはどのような人を指しているのか、またグローバル人材になるためにはいつ何をどうすればいいのか、そもそもグローバル人材は本当に必要かどうかなどについて、順天中学・高等学校の生徒と私たちシムゼミ生でグループになり、活発にディスカッションを行いました。

私の班のメンバーは、シムゼミ生2人、中学生1人、高校生1人でした。私自身、教職課程を履修していますが、中学生や高校生の意見を直接聞く機会はほとんどありません。そのため、実際に会って討論をすることはとても良い刺激になりました。

特に印象的だった事は、日本の英語教育についてです。「日本の英語教師の発音が劣っている」という留学生の意見や「教科書学習ではなく、新聞などで国際情勢をもっと扱ってほしい」という日本人生徒の見解など、ウィットに富んだ意見がたくさん挙げられ、大変感銘を受けました。高校教師を目指す身として、改めて日本の教育制度や学校におけるグローバル人材育成方針について、考えを深める良い機会となりました。

これからの卒論執筆のための、新たな視点をいただいたような、実りのある時間でした!順天中学・高校の皆さん、ありがとうございました!また一緒に議論できる日を楽しみにしていますね!

(記事:シムゼミ3年・佐藤)

【鶴田ゼミ活動】 地域イベント“まち道楽”と“したのや縁日” [2019年11月06日(水)]

おはようございます。鶴田ゼミ3年の小室です。
11月3日に茶沢通りの歩行者天国にあわせて13時~17時に烏山川緑道で「三軒茶屋まち道楽」を開催しました!

まち道楽は毎年春と秋に開催していますが、過去2年は悪天候のため開催できず、秋の開催は3年ぶりでした。寒い中足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

<烏山川緑道も少しずつ紅葉が始まっています>

さて、私たちは4月に開催されたまち道楽を参考に、今回はゼミで子供向けのワークショップを出店しました。私たちが企画したのは折り紙を使った「フラッグづくり」です。

<出店した子供向けワークショップブース>

フラッグとは飾りつけで使われる旗のことです。事前にフラッグを用意し、子供たちにフラッグに貼る折り紙を折ってもらいました。元々川が流れていた烏山川緑道に関連して、魚や花を一緒に折って、自分だけのオリジナルフラッグを作ってもらいました!
最初は子供たちが興味を持ってくれるか不安でしたが、参加してくれた子供たちは夢中になってフラッグづくりをしてくれました。

<子供たちは自由にお絵かき>

イベントで自分たちが企画したワークショップを開催するのは初めてでした。参加した子供と一緒にやる内に、改善点や新しいアイディアが浮かび、より楽しんでもらえるように工夫しながらできたと感じました。子供たちに折り紙を通して学びの機会を提供するだけではなく、私たちも学ぶことが多かったイベントでした。

まち道楽ではその他に芋煮、イカ焼き、ワイン販売など飲食や花販売の出店がありました!
2週間後の11月17日は下の谷で「したのや縁日」が下の谷町会主催で開催されます。

<チラシができました!>

当日は餅つきがあり、つきたてのお餅が振舞われますのでお楽しみに!
私たち鶴田ゼミも子供向けワークショップを行います。今回と同様の折り紙を使ったワークショップを行うので、是非、遊びに来てください♪

(記事:3年 小室)

【シムゼミ】国際シンポジウムに参加してきました:How you deal with that? [2019年08月19日(月)]

皆さんは、自分の「アイデンティティ」というものに疑問を持ったことはありますか?

自分は何人なのか、とか、自分って何者なのか、とか。そういうことを考えたことはありますか?私にはそういった経験はありません。なぜなら誰にもそんなことを聞かれたことがなかったからです。でもこの広い世の中には、「私」という至って単純(そう)なものを巡って葛藤している人が多くいます。もしかしたら皆さんもその一人かもしれませんね。

今回私たちシムゼミは、SGRAカフェという渥美国際交流財団主催のイベントに参加しました。テーマは「『混血』と『日本人』ハーフ・ダブル・ミックスの社会史」という、とても興味深いものでした。発表は下地ローレンス吉孝さん。名前からも察することができますが、彼自身、母方の祖父がアメリカ人というミックスルーツをお持ちの方です。

「ハーフ」と呼ばれる人々。彼らは時に日本人として、時に外国人として、自分の意志というよりも、他人の意志により判断されます。差別の対象になるのも、羨望の対象になるのも他人次第。とても曖昧なラインに立たされています。では「日本人」であることと「外国人」であることの境界線はどのように引かれているのか?そもそも「日本人」とは何なのか?そういったことについて考えさせられる興味深い内容でした。

私個人の感想として、諸説はあるものの日本は古くから世界でも稀に見るほぼ単一民族国家だと言われているせいか、「差別」というものにものすごく疎いように感じます。自分たちにとっては何でもない言葉・行動も、一歩間違えれば誰かを傷つけかねない、そのことがまだまだ理解されていない、そう感じます。

今これだけ人の流れが速くなり、色々な国と地域の人が日々行き交っています。日本も例外ではありません。街を歩けば外国人、外国人と日本人のカップル、そしてその子供たち、多種多様な人々とすれ違います。様々なバックグラウンド、ルーツが入り乱れる中で、「日本人」というものに固執する必要は果たしてあるのでしょうか?日本人、外国人、そういった枠で物事を考える必要があるのでしょうか?一度考えてみてください。

Put yourself in their shoes, just for once. Thank you.

(記事:シムゼミ3年・新保)

大学裏手の公園で防災イベント「水かけ祭り」開催! [2019年08月02日(金)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年の小室です。
梅雨が明け蒸し暑い時期ですね。
私たちは8月から2か月間の長い夏休みがやってきました!
今日は先日行われたゼミ活動について報告します。

2019三茶水かけ祭り(pts)

7月27日にこどものひろば公園で「三茶水かけ祭り」が開催されました。台風が近づき開催が危ぶまれましたが、日差しが強い中で行うことができました。

【準備中の様子】

水かけ祭りは今年で3回目の開催です。三軒茶屋まち道楽実行委員会、下馬二丁目北町会が主催する「防災訓練」と「打ち水」を目的とした子供たちがターゲットのお祭りです。私たちは、三軒茶屋まち道楽実行委員として企画から運営に携わっています。
こどものひろば公園は震災対策用応急給水施設があり、災害時の給水拠点となっています。当日は給水施設の見学が行われました。

【給水ステーション】

そのほかにもAEDの体験やカルピス、フランクフルトの屋台がありました。
水かけ祭りの最初はD型ポンプの放水が行われました。弧を描くように大きく放水され、迫力がありました!その後は頭につけたポイを狙って水鉄砲で撃ち合う「水かけバトル」や「バケツリレー」が行われ、参加者はびしょ濡れになって盛り上がっていました。

【水かけ中!D型ポンプが勢いよく放水】

私たちは3ヶ所に設置された火の的とまちかど防災車に水消火器を放出し、タイムを競う「消火器トライアル」というゲームを担当しました。

【消火器トライアルに挑戦する子供の様子】

何度も消火器トライアルに挑戦してくれる子供たちがいました。1番速い子供たちは30~40秒台のタイムが出ていました。私もコースの誘導で子供達と一緒に走り、楽しむことができました!同時に、消火器トライアルを通して消火器の使い方を覚えることができました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
大勢の親子連れに楽しんでもらえて大盛り上がりのお祭りとなりました。災害が頻発している中で、防災の意識を高めていくことの重要さを考えることができる機会でした。
暑い中、準備から一緒にもりあげてくださった関係者の皆様、ありがとうございました!

(記事:3年 小室)

現代教養学科、卒業論文中間発表会を開催! [2019年07月04日(木)]

こんにちは!現代教養学科3年シムゼミの豊田です!梅雨の季節、毎日どんよりとした日々が続きますね…。さて、先日6月29日の土曜日に4年生大学生活ラストを飾る卒業論文の中間発表会が行われました。私達シムゼミは常喜ゼミと合同で発表をしました。1人当たりの発表時間は3分でしたが、双方の4年生の報告は興味を惹かれるテーマが多く、各々の発表があっという間に過ぎてしまいました。

私が今回とても驚いたことは、4年生の先輩たちの発表の姿勢です!卒論概要集やメモを手にせず、自分の言葉で前をしっかりと向いて発表する姿は、とても堂々としており、自分のテーマに自信を持っている姿はとても格好良く、「私も来年このような姿を見せたい!」と強く感じました。テーマも十人十色で「酒が男女の関係性にあたえる影響とは」「痩せに囚われた日本人女性」「ラッコから考える水族館の未来」など個性的なものが多くありました。きっと3年生は今回の発表会を機に、今後の卒論のテーマ決定に気合いが入ったことでしょう…(笑)。

それぞれの発表後の質疑応答の時間には多くの質問がされ、とても活気のある時間でした。3年生も先輩たちの発表に感化されたのか、4年生に負けじと質問をしていました。他の会場を見る余裕はありませんでしたが、どの発表会もきっと同じ熱気に包まれていたに違いないと私は思います!

私は今回、司会を務めさせて頂きましたが、時間を計っていることを忘れてしまった程、思わず夢中になってしまう発表会となりました。しかし!4年生の卒業論文作成はまだまだ始まったばかり…。次回は2月の卒業論文審査会!4年生の皆さん、今後も引き続き頑張ってください!3年生の皆さん、4年生の先輩方に負けないように今後もゼミ活動や学問的探究に気合いを入れていきましょう!!

(記事:シムゼミ3年・豊田)