パン祭り

【世田谷パン祭り2020】開催報告! [2020年11月30日(月)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年岸本です。

秋も深まる中、11月14日~16日の3日間、世田谷パン祭り2020が開催されました。

今年は10回目の開催という記念すべき回でしたが、新型コロナウイルスの影響で対面での開催が難しかったためオンラインでの開催となりました。

昨年までのパン祭り会場である世田谷公園も秋の色どり

 

パン祭り実行委員会としても前例のない試みで、私たちゼミ生もオンラインでの地域取材やYoutube配信など新しい取り組みばかり!ワクワクする一方で心配なことも多い3日間でしたが、イベントを無事終わることができホッとしています。

オンラインパン祭りは以前のブログでもご紹介したようにパンの販売だけでなく、パンを楽しむコンテンツがたくさんありました。12月15日まで楽しめるものもありますので、よろしければパン祭りのサイトhttps://setagaya-panmatsuri.com/にアクセスしてみてください。3日間、アクセスしてくださった方、ありがとうございました!!

取材した地域紹介記事

 

イベント前には、地域の方々へ配布するパン祭りチラシ裏面に地域情報として、昔のパン屋さんへインタビューした記事を掲載しましたが、イベント当日は、紙面では伝えきれなかった懐かしい昭和のまちの様子など改めて取材先の丸新ベーカリーさんにお話を伺うコーナーを担当しました。

さて、この当日のインタビューコーナーというのは、「世田谷パン祭りチャンネル」というコンテンツの中の1つです。私たちは他のコンテンツ紹介にも出演しました!

聞いてみた!昔の町のパン屋さん!~昭和女子大学鶴田ゼミによるトーク~

 

3日間、関わらせて頂いた順に紹介をすると、

*1日目(11月14日)

「全部見せます『パンセット』一挙紹介」

*2日目(11月15日)

「聞いてみた!昔の町のパン屋さん!~昭和女子大学鶴田ゼミによるトーク~」

「予約前に聞いておこう『シュトレン』ラインナップ紹介」

*3日目(11月16日)

「お買い物の参考に!限定セット『パンのおともセット』一挙公開」

「今年は18種類も!世田谷パン祭り2020『限定パン』一挙公開」

「クロージングトーク」

です。パン祭りチャンネルはパン祭り2020公式サイトからYoutubeに飛んでいただくとアーカイブが見られます。是非ご覧ください。

「予約前に聞いておこう『シュトレン』ラインナップ紹介」の様子

 

今回の配信で、パン祭りで出品しているパンやシュトレンなどを試食させてもらい、食レポも行いました。ゼミ生、全員食レポは初めての体験で、うまくできたか心配していましたが、周りで見ていてくださったスタッフの方々からは「上手だったよ」などといっていただけて、安心していました。現代教養学科の必修科目「日本語表現(話し方)」によるものでしょうか??よかったです。

クロージングの様子

 

また、今回はオンラインでの開催となりましたが、来年3月に対面でのイベント開催を計画しています。新型コロナウイルスの影響で3月も開催可能かどうかまだわかりませんが、春に世田谷公園で開催できることを願っています。

(記事:3年 岸本)

【鶴田ゼミ】「世田谷パン祭り2020」まもなく開催! [2020年11月09日(月)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年の長島です。
たまに吹く冷たい風に、秋の終わりを感じるようになりましたがいかがお過ごしでしょうか。

大学正門前のコスモス

こちらは大学の正門前に咲いているコスモスです。ピンクの花びらがかわいらしく、癒されますね。例年パン祭りの会場となる世田谷公園の木々も色鮮やかに紅葉していました。

さて、先日もブログでご紹介しましたが、今年の世田谷パン祭りはオンラインで開催されます。
開催日が11月14日(土)~16日(月) 11:00-17:00。いよいよ今週末スタートです!

私たちも「世田谷パン祭りチャンネル」(無料YouTube配信)に出演することになり、準備も大詰めを迎えています。
昨日はパン祭り事務局の皆さんとリハーサルをし、配信中の役割分担や準備をしておかないとうまくいかないこと、音声や画面に提示する資料など、実際にzoomにつなぎながらYouTubeへ配信する難しさを目の当たりにしました。
台本もまだ細かい点を詰めていませんでしたが、インタビューで発生する間も考えながら、これからしっかりと台本を詰めていきます。

配信用の小道具を作成中

YouTube配信に出演することが決まったときは、慣れない作業や準備に不安を感じることもありましたが、コロナ禍だからこそできる貴重な経験に感謝をしつつ本番を楽しめたらなと感じるようになりました。
また、YouTube配信では私たちが地域情報誌に寄稿した下の谷商店街にあったパン屋さんに登場していただきます。ゼミで学んだ商店街の魅力を少しでも多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。

「聞いてみた!昔の街のパン屋さん!−昭和女子大学 鶴田ゼミ生によるトーク−」というコーナーです。(11月15日(日)11:45-12:15配信)

当日は3日間に渡るYouTube配信と、恒例の三宿三色パンや限定パン、今年初の試みであるシュトレンの販売などパンを楽しむためのコンテンツが盛りだくさんです。

世田谷パン祭り2020公式サイト▶ https://setagaya-panmatsuri.com/

 

みなさんもぜひ、オンライン世田谷パン祭り2020へお立ち寄りください。

* * * * * * * * * *
世田谷パン祭り2020
オンラインマーケット 2020年11月~12月15日(火)
オンラインイベント  2020年11月14日(土)~11月16日(月) 11:00-17:00
* * * * * * * * * *

(記事:鶴田ゼミ3年 長島)

「三宿三色パンコンテスト」でテイスト賞を受賞! [2018年10月09日(火)]

10月7日(日)・8日(月・祝)の2日間、世田谷区池尻にある世田谷公園周辺で、今年で8年目を迎えた「世田谷パン祭り2018」が開催されました。


世田谷公園会場

IID世田谷ものづくり学校前会場

(池尻小学校校庭)

 

現代教養学科からは、企画、準備から当日の運営・撤収までボランティアとして関わるをサポートスタッフ「OPEN SAND」や、「三宿三色パン」をパン屋とコラボさせていたく企画等、計54名が参加しました。

そのうちの、シニフィアン シニフィエとの世田谷パン祭りコラボ商品について報告します。

今年私たちが考えた三宿三色パン:noir jaune blancです。フランス語で「黒・黄・白」という3色を意味します。

試行錯誤を重ね、味やネーミング、チラシやPOP等を一から考えました。


三宿三色パン:noir jaune blanc

今年のパン祭りのテーマは「ジャ・パン」。

私たちはこのテーマから、「三宿三色パン」を

黒:竹炭(宮崎県産)を使用したインパクトある黒い生地で包み込み、

黄:秋の味覚の甘いかぼちゃペースト(北海道産)入り生地にして、

白:濃厚なクリームチーズが食べた瞬間、口の中にまろやかな風味が広がる

優しい甘さがお楽しみいただけるパンに仕上げました。

 

さらに、チーズには三宿四二〇商店会のチーズ専門店「ランマス」より仕入れたパルミジャーノも使用しています。

日本の伝統文化である竹炭を使用した黒色は、かぼちゃの色と形を表現。

この竹炭の利用は、「竹害」という社会的課題の解決と森林保護に貢献しています。


「テイスト賞」受賞!

「三宿三色パンコンテスト」ではまろやかな優しい味わいがお客様や審査員の方々にご好評頂き、光栄なことに「テイスト賞」を受賞することが出来ました。

私たちの希望を取り入れて作ってくださった、シニフィアン シニフィエの志賀勝栄シェフを始めスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。


TABLE FOR TWO対象商品も販売

また、4年ゼミ生の一人は、貧困問題とTABLE FOR TWO活動(以下TFT)についてを卒業論文のテーマにしており、今年のパン祭りではTFT対象商品「からだに優しいパンセット)」を販売させていただきました。

対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、TFTを通じて開発途上国の子どもの学校給食になる仕組みです。

これから卒業論文にまとめあげます!


志賀シェフと一緒に

このように私たちがこだわりぬいたコラボパンは2日間で計209個全て完売いたしました。

ご来場いただいた皆様、ご購入いただいた皆様、ありがとうございました!

(粕谷ゼミ一同)

世田谷パン祭り2018 準備中! [2018年10月01日(月)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年です。
今朝は台風の猛威で首都圏も交通網にも影響が出ています。お天気になった途端、夏が戻ったような暑さのようです。皆さん、くれぐれもお気をつけください。

さて、今週末のイベントのご案内です。
10月7日(日)・8日(祝・月)に、昭和女子大学の近くで「世田谷パン祭り」が開催されます。(写真は過去の世田谷パン祭りの様子です。)

「世田谷パン祭り」は、毎年世田谷で開催されている「パンを楽しむお祭り」です。世田谷からはもちろん、全国から美味しいパン屋さん、そしてパンを愛する人たちがたくさん集まります。全国の人から愛され、昨年は5万人もの人が訪れました。三宿エリア全体が大人から子供までパンという食文化を楽しめる「パンの街」となるのです。
詳しくは、公式サイトにアクセスしてください。

世田谷パン祭り http://setagaya-panmatsuri.com

昭和女子大学の学生も、オープンサンドと呼ばれるサポートスタッフとして参加します。世田谷パン祭りは雰囲気がとても良く、学生の中には4年連続で参加!という人もいます。

まだまだオープンサンドも募集中です。
学生のみならず、パンが好き!という人なら誰でもご参加いただけるので、ぜひぜひご応募ください!
詳しくは、下記ページをcheckしてみてくださいね。
http://setagaya-panmatsuri.com/staff-info/1978/

では、今週末、お待ちしています!
秋らしい爽やかなお天気になりますように。

(記事:3年 伊東)

【粕谷ゼミ】世田谷パン祭り2017に参加して [2017年10月10日(火)]

こんにちは。粕谷ゼミ3年の平間です。

10月8日(日),10月9日(祝)の2日間世田谷区池尻にある世田谷公園周辺で、今年で7年目を迎えた「世田谷パン祭り2017」が開催されました。

私たち粕谷ゼミ生は、シニフィアン シニフィエと世田谷パン祭りコラボ商品を企画しました。

試行錯誤を重ね、味やネーミング、チラシやPOP等を一から考える難しさ、楽しさを経験することが出来ました。

今年のパン祭りのテーマは「パンと世界(w.a.r.p.)」。

私たちはこのテーマから、日本らしさと表す桜と日本と世界をイメージしたフィリングの「三宿三色パン」を考えました! 「SAKURA mariage」と名付けた三色パンのピンク色は、ほのかに香るラズベリーを使った生地で、桜の塩漬けをアクセントとしてトッピングしました。フィリングとして、「和」を表した上品な甘さの抹茶あんと、世界でも愛され続けているクリームチーズを用い、相性の良い3色パンに仕上げました。パンの形は、桜をイメージしています。シニフィアンのスタッフの方と一緒に、私たちゼミ生も声を張って販売しました。そのおかげで1日目は108食、全て完売しました! ご購入いただきました皆さま、ありがとうございました。

お客様の中には、私たちがするパンの説明を聞いて下さり、その場では購入に繋がらなくても、「やっぱり買って行こうかな」と戻って来て買って下さる方もいました。

こういった貴重な経験はなかなか出来ないので、私たちゼミ生はやりがいや達成感を強く感じることができました!

10月8日(日)・9日(祝)に世田谷パン祭り2017開催!! [2017年10月05日(木)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年パン祭り担当、樋口と喜多です!

私たち鶴田ゼミ生は世田谷パン祭り開催に向けて、パン祭り実行委員会に参加し、夏ごろから打ち合わせを重ねてきました。会場周辺の地域の方々へ向けて、パン祭りと合わせて地域を知ってもらうためのチラシを作成。周辺をリサーチし、いくつかの施設では取材をさせてもらい、私たち自身も三宿地域を知る機会となりました。

さて、今回のパン祭りのメインテーマは「パンと世界」です。世田谷公園内では世田谷区内のパン屋さん、池尻小学校第二体育館では世田谷区外のパン屋さん、せたがやがやがや館では「買える!袋パンミュージアム」と題して地方で愛されているご当地パンが販売されます。

後期最初のゼミでは、今週末開催されるパン祭りに向けての最終確認が行われました!

ゼミ一同気合十分です!!

みなさんもパンの世界を楽しみに是非ご来場ください。お待ちしております^^

                                              (記事:3年樋口、喜多)