国内社会調査研修

【福岡_社会調査研修レポート①】[講義]アジア映画の翻訳・字幕のお仕事について [2021年06月27日(日)]

こんにちは!現代教養学科、「社会調査研修A(国内)」映画班です。

2021年6月12日(土)にアジア映画の翻訳・字幕作成に携わる企業、「スタンス・カンパニー」代表の坂口一直氏を講師としてお招きしお話しいただきました。

 

私たちは、社会調査研修の中で福岡市の「アジアンマンス(アジアンパーティ)」について調査しています。この研修は、福岡とアジア、アジアと日本の関係について知り、考えることが目的です。1990年代初めから約30年にわたりグローバルな視点で福岡市が進めてきた地域おこしのイベント「アジアンマンス」の一つに「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」があり、これは福岡としてはアジアとの交流、地域おこしのためのイベント、私たちにとっては映画を通してアジアに関心を持ち、学ぶことができるイベントです。

アジア映画について知ることがアジアへの理解を深めるための入り口になります。今回の講義では映画の翻訳や字幕作成から、アジアについていろいろ伺いました。

 

スタンス・カンパニーは元々、映像を作って写す仕事をしていた会社です。「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」では、30年もの間映画の翻訳や字幕作成を行ってきました。アジアの映画の翻訳といっても、アジアは大変広範囲にわたる地域である上に、言語も地域によって様々です。近年では、国際映画祭に出品するために多くの映画が既に英語字幕をつけているのでそこから翻訳を行います。しかし、昔は英語字幕なしの作品も多く、現地の言葉を翻訳できる人を探すところから始めました。特に少数言語の翻訳者は日本に数人しかいないほど少なく、大学や大使館などに協力してもらっていたようです。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭では、初めの10年間はインド、ベトナム、モンゴルなどといった国別の特集を多く取り入れていました。2000年以降は、国を超えた監督同士の合作なども見られます。さらに、歴史的事件を題材とした作品や、耳の不自由な方も楽しむことができるバリアフリー映画の上映も行われました。

 

映画字幕の作成では字数に制限があること、一度に画面にだせる分量が限られていることが特徴です。基本的に1秒4文字、タテで最大10.5文字×2行、ヨコで13文字×2行という制約の中で翻訳作業、字幕作成を行います。

字幕原稿を作る上で初めに、原語の台本を作成します。近年の映画は英語字幕がついているものも多いですが、90年代の映画では台本が存在しない、もしくは完成したものとセリフが異なる場合があります。その場合は、原語翻訳者に聞きおこしを行ってもらう作業が必要となります。その後、日本語全訳を行いハコ割り、スポッティング、日本語字幕、英語字幕をつけるなどの作業を行い映画の字幕作業を行います。

字幕を打ち込む作業は、2010年以前行われていたパチ打ち方式、レーザー方式の代わりにDCP(デジタルシネマパッケージ)に上映方式を変更したため、以前行われていた方式はDCPでのデジタル作業に移行しています。

現代の最新技術に伴って映画作成の方法も変化しています。今の技術で作られたものと過去に作られたものを比較してみたいと思いました!

 

今回の講義ではアジアフォーカス・福岡国際映画祭における字幕作成・投影方法や映画の変遷を社会的背景とともに学ばせていただきました。映画を作製する際の本国での厳しい検閲の目、映画祭作品選出の工夫や基準、少数言語の翻訳者を探す難しさなど、映画を上映するためにさまざまな努力がなされてきたことに驚くことが多かったです。改めて、日本におけるアジアとの文化交流に貢献してきた方々に尊敬の念を抱きます。

 

福岡の地域おこしやアジア映画の発展に貢献してきたアジアフォーカス・福岡映画祭は残念ながら第30回目の開催が最後となってしまいました。私たちは今回の講義で学んだことを活かして福岡におけるアジア映画の今までとこれからを考え、国境を越えて結びつきを深めるまちづくりについて学んでいきたいと思います。今後、映画班としては福岡市経済観光文化局国際経済・コンテンツ部コンテンツ振興課や福岡市総合図書館のフィルムアーカイブを訪れ、アジア映画に関する調査を行っていく予定です。私たちの社会調査研修が将来地域おこしの場面で役に立つものとなるよう、精一杯取り組んでいきます!

坂口一直先生、貴重なお話をして頂きありがとうございました。

現代教養学科/社会調査研修[映画班]

【東京社会調査研修レポート⑮】パネル報告会、無事終了! [2019年11月05日(火)]

こんにちは!東京社会調査研修広報担当の井落です。

 

11月2日土曜日、ついにパネル展示・報告会本番を迎えました!

ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。

来場者の皆さまから沢山の質問や感想をいただいたことで、私たちの学びをより深める事ができました。

準備も頑張りました!

ピクチャーレールも自分たちでつけました

これまで、チームで内容をまとめるだけでなく、それを形にするまで慣れない作業もあり最後まで大変でしたが、21人で作りあげた研究報告のパネルが並んでいるのを見て、達成感を得られました。

来場者の方に街の変化や思い出を書いてもらいました

先生方はもちろん、講演をしてくださった講師の方など多く方たちにご協力いただきました。そのおかげで無事成功させることができ、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

この研修を通して東京やオリンピックについて理解するだけでなく、今回のような展示や講演会の企画・運営など多くの経験を通して成長することができたと実感しています。

本当にありがとうございました。

報告書にまとめるまであと少し頑張ります。

(記事:3年井落)

【東京社会調査研修レポート⑭】パネル展示・報告会の準備をしています! [2019年10月26日(土)]

こんにちは!

東京社会調査研修広報担当の久村です。

 

ついに11月2日のパネル展示・報告会まで残すところ一週間となりました。

 

今回展示させて頂くパネルのほとんどは、私たち学生がゼロの状態から作成しています。

どうすれば見に来て頂いた方に伝わりやすいレイアウトにできるか、どうすれば研修で学んだことを一つのアーカイブスとして残せるか、パネルの完成に向けて未だに悪戦苦闘しています。

より良い展示・報告会にできるよう幾度となく確認作業を重ね、試行錯誤を繰り返しながら作成したパネルを、是非多くの方に見ていただきたいです!

 

さて、昨日は6月に開催した講演会の時と同様、学校周辺の16の掲示板に、今回の展示会ポスターを貼りに行きました!

4月から始まった東京社会調査研修では、オリンピック開催に伴って大きく変化を遂げた東京の街を、世田谷・渋谷・お台場・丸の内の4つの地域に分類し、大学生である私たちの視点から考察を行なってきました。

 

この研修は11月2日の展示・報告会を大きな目標地点として活動してきましたが、これで研修が終わる訳ではありません。

ご来場いただいた方からのリアルな声を聞くことによって新たな視点からさらに考察を深めることで、アーカイブスとしての記録が、より濃いものになるのではないかと考えています!

 

展示会は三軒茶屋のキャロットタワーで行いますが、是非様々な地域の方にご来場いただき、資料には載っていない皆様の「記憶」を教えていただければと思っております!!

1人でも多くの方にご来場いただけますように!!

学生一同、心よりお待ちしております!

 

パネル報告会の詳細はこちらのチラシをご覧ください!↓↓↓

 

【東京社会調査研修レポート①】視察船から東京港をみる [2019年04月16日(火)]

こんにちは。現代教養学科2年の斉藤です。

いよいよ新学期がスタートし、社会調査研修Aの一回目の授業が4月9日に行われました。

社会調査研修Aは「オリンピックを通して東京の変貌を探る ―過去から学ぶ。今を記録する。そして、未來を考える。」をテーマに、「東京」という都市を通して、歴史・文化・経済・環境などの視点から現代社会を捉え、分析し、表現する力を養う授業です。

今回の研修では、オリンピックの会場ともなるベイゾーンと東京の都市の発展について学ぶというテーマのもと、視察船「新東京丸」に乗船しました。この日は、前日の曇り空からは一転、晴天に恵まれました。

船から、スカイツリーやコンテナ船、豊洲新市場、羽田空港、東京ディズニーシーを見ることができました。どの建物も陸から見るのとは印象が違うこと、日本は島国のため港を中心に文化や経済が集積・発展することをあらためて実感しました。

また、船の中から見ることができた青海コンテナふ頭や大井コンテナふ頭などは日本一の物流拠点です。クレーンやコンテナ船など非常に大きく、迫力がありました。東京港では、アメリカや韓国など世界中から荷物が来ますが、そのうちの約43%が中国からくるそうです。

そして、乗船中一番歓声が上がり、乗客全員がカメラを向けたのは、富士山が綺麗に見えたときでした。ガイドの方も「11年ガイドをしていてもなかなか見ることができない」とおっしゃっていました。

海の森クロスカントリーコース

今回視察船に乗り、東京の物流の様子や、きたる2020年のオリンピック・パラリンピック会場を建設・整備している様子などを見ることができました。東京港は日本の物流拠点であると同時に、国際的なイベント会場としてさらなる機能も加わり、発展していることを学びました。これから約1年かけて社会調査研修Aのメンバーと、東京の過去、現在、未来を考えていきます。

これから研修の様子を交代でお伝えしていきます。お楽しみに!

(記事:2年斉藤)

魚沼での国内社会調査研修を振り返って 【教員編】 [2017年11月05日(日)]

後期の授業の開始や、学寮・AO入試・オープンキャンパスなどのイベントで、あっという間にもう1か月半以上も前のこととなってしまいましたが、現代教養学科では、9月12日(火)~9月15日(金)の3泊4日で、新潟県魚沼市にて、国内社会調査研修を行いました。普段は、学生が執筆することの多い、学科ブログですが、今回は、研修を担当した教員の天笠が、企画した当時の思いも含めて、少し長文になりますが、研修を振り返ってみようと思います。学科の学びについて少し突っ込んだお話しが知りたい方は是非ご一読を。

調査のフィールドの一つ。魚沼市福山新田地区。

(さらに…)

国内社会調査研修を振り返って【学生編】 [2017年11月05日(日)]

少々遅くなってしまいましたが、現代教養学科の授業の一環として先日(9月12日~15日)にかけて、新潟県魚沼市にて、3泊4日で現地研修を実施した、「国内社会調査研修」に参加した学生の振り返りをご紹介させていただきます!

(さらに…)

[国内社会調査研修] 魚沼へ行ってきます! [2017年09月11日(月)]

現代教養学科では、隔年で「国内社会社会調査研修」を開講しています。

東京社会調査研修と同時開講の今年のテーマは「地方の魅力を発見・発信する」。9月12日(火)から3泊4日で、新潟の魚沼市にお邪魔して、カメラを片手に、東京とは異なる地方の魅力を、自分たちの目で発見し、それを、ポスターやビデオなど様々な形に編集をして、広く発信するための素材を作ってきたいと思います。

地元の魚沼の関係者の皆様には、実施に当たり、多大なご協力を頂き、心より感謝しております。少しでも魚沼の皆様に貢献できるように。そして、学生たちにとっても、またとない経験をして、スキルを少しでも身に着けられるように。これまで、準備を重ねてきました。その準備の様子を、出発前直前スペシャルということで(笑)以下で少しご紹介したいと思います。

(さらに…)

国内社会調査研修1 [2015年08月05日(水)]

国内社会調査研修(「4年半後の東日本大震災被災地を訪れる」)の8月3日は、東京新聞の久野千恵子さんをお招きして、一眼レフを使った写真講座を行いました。
初めて一眼レフを持った学生もいて、最初は各々戸惑っていましたが、久野さんのご指導のもと、教室を出てキャンパス内で写真をとって見たり、お互いを撮り合ったりして確実に写真力が上がりました。
基本的なことだけではなく、インタビュー写真のコツや表情の引き出し方まで教えていただき私たち学生も、自信を持つことができました。
被災地でであう方々を少しでも上手に撮れるよう、9月の被災地訪問に向けて一人一人が自覚して準備を進めていきます。
久野さんから「学生さん達も、やっぱり現代っ子はスマホなどで撮りなれているからか、東京新聞のおじさん記者よりもキレイですてきな写真がたくさんでした!」というお言葉を頂きました。
久野さん、お忙しい中、大変貴重なご指導ありがとうございました!

(記事:現代2年・矢崎)

1

2

3

4

5

6

7