国内社会調査研修

【東京社会調査研修レポート①】視察船から東京港をみる [2019年04月16日(火)]

こんにちは。現代教養学科2年の斉藤です。

いよいよ新学期がスタートし、社会調査研修Aの一回目の授業が4月9日に行われました。

社会調査研修Aは「オリンピックを通して東京の変貌を探る ―過去から学ぶ。今を記録する。そして、未來を考える。」をテーマに、「東京」という都市を通して、歴史・文化・経済・環境などの視点から現代社会を捉え、分析し、表現する力を養う授業です。

今回の研修では、オリンピックの会場ともなるベイゾーンと東京の都市の発展について学ぶというテーマのもと、視察船「新東京丸」に乗船しました。この日は、前日の曇り空からは一転、晴天に恵まれました。

船から、スカイツリーやコンテナ船、豊洲新市場、羽田空港、東京ディズニーシーを見ることができました。どの建物も陸から見るのとは印象が違うこと、日本は島国のため港を中心に文化や経済が集積・発展することをあらためて実感しました。

また、船の中から見ることができた青海コンテナふ頭や大井コンテナふ頭などは日本一の物流拠点です。クレーンやコンテナ船など非常に大きく、迫力がありました。東京港では、アメリカや韓国など世界中から荷物が来ますが、そのうちの約43%が中国からくるそうです。

そして、乗船中一番歓声が上がり、乗客全員がカメラを向けたのは、富士山が綺麗に見えたときでした。ガイドの方も「11年ガイドをしていてもなかなか見ることができない」とおっしゃっていました。

海の森クロスカントリーコース

今回視察船に乗り、東京の物流の様子や、きたる2020年のオリンピック・パラリンピック会場を建設・整備している様子などを見ることができました。東京港は日本の物流拠点であると同時に、国際的なイベント会場としてさらなる機能も加わり、発展していることを学びました。これから約1年かけて社会調査研修Aのメンバーと、東京の過去、現在、未来を考えていきます。

これから研修の様子を交代でお伝えしていきます。お楽しみに!

(記事:2年斉藤)

魚沼での国内社会調査研修を振り返って 【教員編】 [2017年11月05日(日)]

後期の授業の開始や、学寮・AO入試・オープンキャンパスなどのイベントで、あっという間にもう1か月半以上も前のこととなってしまいましたが、現代教養学科では、9月12日(火)~9月15日(金)の3泊4日で、新潟県魚沼市にて、国内社会調査研修を行いました。普段は、学生が執筆することの多い、学科ブログですが、今回は、研修を担当した教員の天笠が、企画した当時の思いも含めて、少し長文になりますが、研修を振り返ってみようと思います。学科の学びについて少し突っ込んだお話しが知りたい方は是非ご一読を。

調査のフィールドの一つ。魚沼市福山新田地区。

(さらに…)

国内社会調査研修を振り返って【学生編】 [2017年11月05日(日)]

少々遅くなってしまいましたが、現代教養学科の授業の一環として先日(9月12日~15日)にかけて、新潟県魚沼市にて、3泊4日で現地研修を実施した、「国内社会調査研修」に参加した学生の振り返りをご紹介させていただきます!

(さらに…)

[国内社会調査研修] 魚沼へ行ってきます! [2017年09月11日(月)]

現代教養学科では、隔年で「国内社会社会調査研修」を開講しています。

東京社会調査研修と同時開講の今年のテーマは「地方の魅力を発見・発信する」。9月12日(火)から3泊4日で、新潟の魚沼市にお邪魔して、カメラを片手に、東京とは異なる地方の魅力を、自分たちの目で発見し、それを、ポスターやビデオなど様々な形に編集をして、広く発信するための素材を作ってきたいと思います。

地元の魚沼の関係者の皆様には、実施に当たり、多大なご協力を頂き、心より感謝しております。少しでも魚沼の皆様に貢献できるように。そして、学生たちにとっても、またとない経験をして、スキルを少しでも身に着けられるように。これまで、準備を重ねてきました。その準備の様子を、出発前直前スペシャルということで(笑)以下で少しご紹介したいと思います。

(さらに…)

国内社会調査研修1 [2015年08月05日(水)]

国内社会調査研修(「4年半後の東日本大震災被災地を訪れる」)の8月3日は、東京新聞の久野千恵子さんをお招きして、一眼レフを使った写真講座を行いました。
初めて一眼レフを持った学生もいて、最初は各々戸惑っていましたが、久野さんのご指導のもと、教室を出てキャンパス内で写真をとって見たり、お互いを撮り合ったりして確実に写真力が上がりました。
基本的なことだけではなく、インタビュー写真のコツや表情の引き出し方まで教えていただき私たち学生も、自信を持つことができました。
被災地でであう方々を少しでも上手に撮れるよう、9月の被災地訪問に向けて一人一人が自覚して準備を進めていきます。
久野さんから「学生さん達も、やっぱり現代っ子はスマホなどで撮りなれているからか、東京新聞のおじさん記者よりもキレイですてきな写真がたくさんでした!」というお言葉を頂きました。
久野さん、お忙しい中、大変貴重なご指導ありがとうございました!

(記事:現代2年・矢崎)

1

2

3

4

5

6

7