学校生活

現代教養学科ブログリレー―CLAプロジェクト:SWU Agri-Girlsの紹介― [2020年05月28日(木)]

現代教養学科では、1年生の基礎ゼミ科目として、「現代教養入門」という必修科目があります。5月20日の第4回授業では、全学的なものも含む計10の学生プロジェクトについて、2・3・4年生有志学生によるオンライン・プロジェクト紹介が行われました。

その後、これから紹介するSWU Agri-Girlsプロジェクトメンバーから、課外で、オンラインによる上級生との交流会を開きます!という連絡を受けました。学生さんたちが自主的に開催する交流会なので、ちょっとお邪魔してみると、なんと、2日間で、2・3・4年生約19名、1年生約52名が参加したそうです。

私が参加させてもらった1日目は、楽しそうに、しかし、真剣に、プロジェクトの内容、プロジェクトを掛け持ちしている学生からの話、単位を取得する場合としない場合について、スケジュール感、他のプロジェクトにも参加しているメンバーからは、過疎地域の農業と都市農業の異同と問題点を比較・分析できました、という感想等々について熱く語られていて、それに対する質疑応答が行われていました。

新型コロナ禍の中で、気持ちが暗くなりがちな毎日ではありますが、とても微笑ましく嬉しい一コマでした。

 

ということで・・・

今日は、現代教養学科 CLAプロジェクトのひとつであるSWU Agri-Girls ~Team Reiko Jr.~プロジェクトのご紹介をします。

このプロジェクトは、2017年度東京社会調査研修「世田谷の自然と農業を守る」(担当教員:粕谷美砂子・常喜豊)の受講学生18名の中から、1年生6名(そのメンバーがもう4年生!)が中心となって立ちあげた、現在4年目のプロジェクトです。

女性農業者が1人で農園経営をしている状況から、農業の多面的機能としての都市農業の役割・課題の把握、農業者の高齢化、離農、若者の就農の減少等による農業人口・農地面積の減少の問題等を学び、本学が立地している世田谷区内の都市農業について体験的に理解することが目的です。学科専門科目の「社会調査研修」を受講後に、「私たちにできる援農活動」で自分たちの力を少しでも役立てたい、と自主的に援農グループ「SWU Agri-Girls ~Team Reiko Jr.~」が立ち上がりました。

当時の1年生が新プロジェクトを立ち上げたことに、嬉しく、頼もしく思いました。

 

 

主な活動をさせていただいている農園は、世田谷区内桜丘にある「中杉キッチンガーデン」(農園主:中杉玲子氏)です。農園では、ご近所やママ友らで構成される援農仲間「Team Reiko」が組織され、農業をサポートしています。現代教養学科の学生メンバーも、そのJr.として、メンバー1人が月1~2回程度のペースで、グループで交代しながら活動しています。

プロジェクト活動に参加している学生の皆さんは、新鮮で美味しい世田谷ブランド「せたがやそだち」のエコ農産物や珍しい野菜を知って、播種や作付け、マルチの打ち方、苗の間引き、収穫、加工、販売、料理、広告・宣伝の方法など多くのことを学ぶことができ(朝採れのみずみずしい野菜や果物をお土産にいただけたりして)、「とっても楽しい!」と口々に言っています。ですが、ただ「楽しい!」だけではありません。農業は午前中から行いますので、始発電車に乗って、目をこすりながら参加したり(でも、その日1日はとても充実した日になる、との声あり。自己管理力が身につく)、さまざまな問題も沸き上がることもあり、涙ながらに(!?)議論したり、活動目的・問題意識が明確に次世代に伝わっていないことによる活動の停滞や、時には、活動継続の危機か!?なんてことも起きたりします。でも、そのような時は、メンバーで話し合い、コミュニケーションをしっかりとりながら、皆で解決策・改善策を見出します(対内交渉力が身につく)。これもプロジェクトを進めていくうえでとても大切なことです。

 

 

 

これまで、皆でアイディアを出し合い、学内での「一人暮らし学生応援野菜セット」販売、秋桜祭での野菜販売などを企画して、それらを成功させ、協働先からも喜ばれています(対外交渉力が身につく)。さらに活動は世田谷区内の他の組織からも評価・期待され始めています。例えば、「じゅんかん経堂日曜朝市」での野菜販売を手伝って欲しい、区内総合福祉センター喫茶「ぷらたなす」でのワンデイシェフ活動を一緒に行いたいという依頼や、「『農』と『食』で地域を繋ぐ『じゅんかんチャレンジ世田谷・桜丘』」の活動にも是非協力してほしいという依頼などの声がかかり、活動の幅が広がっています。

 

 

以上のように、SWU Agri-Girlsプロジェクトの活動は、援農活動として人的資源を提供しながら、課題発見と分析・解決方法の検討・提案、コンセプトの構築、ツール開発、アイディアをまとめ、企画を計画・進行する力、発信力、リーダーシップなどが少しずつ養われていると実感しています。各自がそれぞれの役割を考え、個性と持ち味を生かして、リーダーシップ及びフォロアーシップ力をつけていると評価しています。

このプロジェクトは、遡って常喜・粕谷両名が関わっていた2006~2008年度文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)「せたがやの環境共生の人づくり・街づくり-地域とつくる継続的な次世代リーダー育成プログラム」の時にお世話になった世田谷区内の方々との交流から発展したものでもあります。これまでの本学と世田谷地域との深い関連および循環型の地産地消、フードリサイクルの仕組みを推進している活動を学ぶ課題解決型学習として意義あるものと考えています。

 

 

3年前に活動を立ち上げた6名から、現時点での2年生以上のメンバー数は当初の6倍の36名となりました。上述の授業や交流会を経て、今、続々と新1年生が興味を示してくれています。1期生のリーダーである4年生のKさんは、特別顧問に就任し、現リーダー3年生のMさんがしっかりと協働先や学生間の連絡・調整を行ってくれています。そのまた下級生には、次々とリーダー格のメンバーが育っていることを感じます。確実に人材育成されていますね。彼女らのチーム牽引力には目を見張るものがあります。

新型コロナ禍の中で、毎月のように、まだ活動開始できないね、と残念な想いで相談をしています。活動が思うように再開できない状況にありますが、「今、出来ること」を模索して、学生の目線からみた「食」と「農」で地域を繋ぐ取り組みを是非継続してください。

新1年生のメンバーの皆さん、期待しています!

 

 

粕谷 美砂子

瀬沼ゼミ3年 ブログリレーNo.5 [2020年05月27日(水)]

こんにちは、瀬沼ゼミ3年の野口です!

この自粛中、皆さんはどのようにおうち時間を過ごしていますか?

私は今までの生活とは一変し、通学やバイトがないため外出を地元でしかしなくなりました。初めのうちは「田舎だし、三軒茶屋とは違って何もなくてつまらないな」と感じていました。しかし、コロナの影響でSNSにテイクアウト情報を投稿するお店が増え、今まで知らなかったカフェを見つけたり、新しい散歩道が見つかったり…意外と楽しい地元ライフを送っています。(笑)

先日は今まで一度も行ったことのなかった家の近くの洋菓子屋さんに行き、地元の野菜や特産物を使ったマドレーヌを買いました。おいしかったのはもちろんなのですが、自分の地域のことを知り、もっと地元について知りたくなりました。

 

オンライン授業も初めは不安でしたが、今ではだいぶ慣れてきました。何より大好きな

「くうちゃん」と一緒にいる時間が増えて嬉しいです!

 

この前、時間があるので木の棒を切るところからブランコを作ってみましたが、似合いすぎて悶絶しました。下の写真は寝ています(笑)

こんな感じで、おうち時間を楽しみつつ地元の新しい発見ができて毎日充実した日々を送っています。皆さんもコロナを機に、自分の住んでいる地域の新たな一面を発見してみるのはどうでしょうか?

長くなってしまいましたが、自粛中だからこそ出来ることを見つけて、充実した生活を皆が送ることができたらいいですね。早く学校で皆と一緒に先生方の講義に参加できる日々が戻ってくることを心待ちに、今できること、すべきことに取り組んでいきたいと思います!

瀬沼ゼミ3年 野口

三茶MAP最新号の完成 -さんちゃを楽しもう!プロジェクト- [2020年04月22日(水)]

さんちゃを楽しもう!プロジェクト(通称:さんプロ)のメンバーが制作した、《三茶マップ》の最新号が完成しました。

今回も《さんプロ》のメンバーが三茶界隈を歩いて取材し、素敵なお店を紹介しています!

1年生の皆さんにとっては、まだまだ三茶は知らない場所が多いかと思いますが、このマップで是非三茶の街をイメージしながら楽しんでくださいね。

印刷の完成版は学校へ登校して来てからのお楽しみ♪に待っていてください!

 

【学科長からのメッセージ】現代教養学科に合格したみなさんへ [2020年02月18日(火)]

合格おめでとうございます。

春も間近となり、それぞれが夢の実現に向かって新しい一歩を踏み出そうと、ご準備を進められていることと思います。
4月からは、昭和女子大学現代教養学科で、先輩やクラスメートと共に大いに勉強に励み、楽しく充実した学生生活を送られることを期待しています。

現代教養学科では幅広い学問分野を学べる講義科目に加えて、PBL(課題解決型学習)科目、スキルアップ科目、プロジェクト活動など多彩な学びのメニューを用意しています。
これをどう活かすかはみなさん次第です。

大学の4年間は長いように思えますが、瞬く間に時間は過ぎていきます。

一人ひとりが有意義な大学生活を過ごされることを教員一同願っています。
どうか現代教養学科という舞台で、しっかりとしたシナリオのもと自分だけのドラマをつくってください。

現代教養学科の学生生活の様子については、ぜひ学科ホームページやブログをご覧ください。

★学科ホームページ
https://swuhp.swu.ac.jp/university/gendai/

4月に皆さんと、ここ三軒茶屋キャンパスでお会いできるのを、教職員一同心より楽しみにしています。

 

現代教養学科 学科長 瀬沼頼子

************************

大学に入学してからの学習がよりスムーズに進められるよう、以下に推薦図書のリストを示します。現代教養学科の3つのスタディーズごとにピックアップしています。興味のあるスタディーズの本を読んでみるのはもちろん、複数のスタディーズの本を読んでみると、現代教養学科の学びの領域の幅の広さが体感できると思います。

【ソーシャルスタディーズ】
①『現代社会の理論-情報化・消費化社会の現在と未来-』(見田宗介、岩波新書、1996)
②『沈黙の春 改版』(レイチェル・カーソン、新潮文庫、1974)
③『ニッポン景観論』(アレックス・カー、集英社新書ヴィジュアル版、2014)
④『世界は宗教で動いている』(橋爪大三郎、光文社新書、2013)

【メディアスタディーズ】
⑤『今こそ読みたいマクルーハン』(小林啓倫、マイナビ新書、2013)
⑥『ビッグデータと人工知能―可能性と罠を見極める』(西垣通、中公新書、2016)
⑦『日本の同時代小説』(斎藤美奈子、岩波新書、2018)
⑧『うわさとは何か―ネットで変容する「最も古いメディア」』(松田美佐、中公新書、2014)

【グローバルスタディーズ】
⑨『コロンブスの不平等交換―作物・奴隷・疫病の世界史』(山本紀夫、角川選書、2017)
⑩『民族とネイション―ナショナリズムという難問』(塩川伸明、岩波新書、2008)
⑪『国際秩序―18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(細谷雄一、中公新書、2012)
⑫『世界地図を読み直す―協力と均衡の地政学』北岡伸一、新潮選書、2019)

DVや人間関係についていろいろ考えさせられて… [2019年07月08日(月)]

皆さんこんにちは! 現代教養学科シムゼミ3年の三谷です。今回は、先日シム先生が企画し、シムゼミの学生がほとんど受けた「DV・デートDVってなに?-「私なら大丈夫」って思い込んでいませんか-」の講演についてご紹介したいと思います。

今の時代、力の暴力だけではないDVは大きな社会問題になっています。「もし自分の身に起きたら…」「友達から相談されたら…」決して他人事ではないこの問題の講演を聞き、DVに対してのイメージがガラリと大きく変わりました。

私は講演の中で2つのことが心に刺さりました。まず1つ目は「周囲のサポートがサポートになっていない」という点です。例えば、パートナーから暴力を受けている友達がいたとします。そしたら「2人でよく話し合った方がいいよ」とか「嫌なことはきちんと言った方がいいよ」などと言ってしまいそうですが、そもそも暴力をふるう人と良いコミュニケーションなんてとれません。そのことを改めて気づかされました。先生はこれを「ドッジボール」に例えてお話ししていました。こちらが普通に取りやすいボールを投げたとしても、相手がとても速いボールで投げ返してきたらどうでしょうか?このような状態では会話のキャッチボールなんてできません。「2人で話し合った方がいいよ」と言うのはこの状態でもっとドッジボールをしろと言っているのと同じだと言っていました。とてもわかりやすい例えで衝撃的でした。これを聞いた時、第三者の声の重要性を感じました。

2つ目に印象に残ったことはトラウマティックボンディングという言葉です。例えば、“Aさん”と“暴力を振るうBさん”が付き合っているとします。このような時「AさんはBさんと別れればいいのに…」と思ってしまわないですか?しかし、もしAさんが別れたがっていたとしても、簡単には別れられないのです。その理由が「トラウマティックボンディング=ゆがんだ関係性」です。DVを受けた人はパニック状態になります。ですが、この状態を鎮めてくれるのは多くの場合において暴力を振るった人なのです。よくDVをする人は、その後謝ってきて優しいと聞きませんか?そうすると暴力を振るった人が点火した炎なのにその火を消すのも暴力を振るった人なのです。火を消してくれるのがこの人ならば、私にはこの人が必要だと思ってしまいます。このゆがんだ関係ができてしまい、離れにくくなっているのです。この”放火魔”も”消防士”も同一人物であるという鎮火の例がとてもわかりやすく「なるほど…」と思ってしまいました。

このような状況をもっと第三者が理解することが重要なのではないかと思います。DVは夫婦間の問題として大きく取り上げられていますが、DVが起きてしまう背景などを考えると、児童虐待の問題にもつながると思いました。『暴力』に対するゆがんだ固定概念を捨て、もっと勉強しなければと思わせていただいた貴重な講演でした!講師の中島幸子先生、目からウロコの体験をさせていただいて、心から感謝を申し上げます。

(記事:シムゼミ3年・三谷)

【現代教養学科】優秀卒業論文発表会に出席して [2019年03月11日(月)]

2月25日(月)の記事で学科長がご報告くださっている通り、2月18日(月)、現代教養学科の優秀卒業論文発表会が行われました。こちらの記事では、学生の目から見た印象や感想などをお伝えしたいと思います。

現代教養学科の卒業論文の特徴は、何と言ってもテーマが多種多様なことではないでしょうか。学際的に幅広く学ぶ現代教養学科らしく、観光・世界遺産・民族性といった土地や地域に根差したものから、演劇やコスプレといった文化的なもの、ラジオやスマートフォンといったメディアに関するもの、そして社会学的なジェンダーの問題まで、分野が多岐に渡り、タイトルを眺めているだけで自分の世界が広がるようです。

自分にとってあまり馴染みのない領域であっても、先輩方が高度な内容を分かりやすく噛み砕いて説明してくださったので、大いに知的好奇心を刺激されました。在学生はもちろん、スクーリングに来た高校生の皆さんからも活発に質問が飛び交っていましたよ。
大学生活の集大成である卒業論文の発表を堂々とされている先輩たちの姿は、私たちに勇気と学問へのモチベーションを与えてくれました。私たちも後に続き、少しでもよい論文を書けるよう精進したいと思います。先輩の皆さん、本当にお疲れ様でした。

(3年 M.K. & N.O)

【現代教養学科】MOS Excel 2016対策講座 [2019年02月20日(水)]

現代教養学科2年の髙島です!

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)はWordやExcelなどマイクロソフト オフィス製品のスキルを証明できる検定です。
今回私はMOS Exel(スペシャリストレベル)の取得に向けて大学で3日間の対策講座を受講しました。
ショートカットキーなど実務で使えることも多く学ぶことができ、有意義な時間を過ごすことができました。やることや覚えることが多くて途中でパンクしかけましたが、ひとつひとつ丁寧に解くことで理解を深めることができました。
対策最終日の模擬試験でどんどん点数か落ちていったときは、もうどうしようかと思い頭を抱えましたが、もうどうにでもなれ!!という気持ちで本番に臨んだところ無事MOS Exelを取得することができ、ホッとしています。
最後に、指導して下さった先生方ありがとうございました。今回習ったことを今後しっかりと実践に活用していきたいと思います。

二子玉川ライズへ提案! [2019年02月07日(木)]

こんにちは。1年の吉田です。
1月17日の授業「現代都市事情」(鶴田佳子先生)に、二子玉川ライズの都甲氏と内野氏のお二方がゲストスピーカーとしていらっしゃいました。
授業の前半では、二子玉川ライズの魅力や特徴をたっぷりと教えていただき、後半は、私たち学生が考えたライズへの提案をプレゼンし、評価していただきました。

(二子玉川ライズの魅力や特徴を分かりやすく説明してくださいました)

授業の前に、冬休みの課題として「再開発とタウンマネジメント」のレポート課題があり、事前に二子玉川ライズを各自見学し、提案内容を考えていました。
授業では、グループに分かれて、ディスカッションし、それぞれ問題点を指摘したり、あったらいいなということを語ったり、アイデアを絞りこんで、短時間でのプレゼンになりました。

(企業の方に直接提案させて頂く貴重な経験です)

わたしの所属したグループ9は、二子玉川ライズ内のショップと連携し、骨格診断、カラー診断をもとにお客様をトータルプロデュースするサービスを提案。
二子玉川ライズ内に美容クリニック、美容院、自然派化粧品店が多いことに着目して、この案を考えました。

嬉しいことにこの案は二子玉川ライズの都甲さん、内野さんから最もよかった提案に選んでいただきました!
その景品として、現在二子玉川ライズにて開催中のイベント「スケートガーデン」の入場無料券をいただいたので、早速メンバーの中野さんと行ってきました!

(スケートガーデン入口です。木製のアーチが可愛らしい♡)

スケートリンクには親子連れが多かったように思います。
私たちも楽しませていただきました!

(スケート靴に足を通します。ドキドキ。)

(中野さん、余裕の表情!)

滑れるかとても心配でしたが、スケートリンクを一周したあたりから徐々に慣れてきました。私たちは会話をしながらゆっくりと滑って楽しみました。氷上のお散歩感覚で滑れるので、誰でも気軽に楽しむことができると思います!

このイベントは2019年2月24日まで開催されています。
手袋着用必須です!手袋を持って是非みなさんスケートリンクに行きましょう!

今回、二子玉川ライズへ提案するにあたって考えたことは、わたしの視野を広げてくれたと思います。同時に、他のグループの自分にはない豊かな発想力にも刺激を受けました。
私たちの提案が少しでもライズのお力になったら嬉しいです!

ご講義いただいた都甲さん、内野さん、本当にありがとうございました!

(記事:1年 吉田)

自分らしく自分なりに自分のリーダー像を作っていけばいいのです! [2019年01月24日(木)]

さて、今年のリーダーズアカデミーで活躍したDチームと優勝したCチームの登場です!

(シム)

約1年間のリーダーズアカデミーの活動を終え、苦労も多くありましたが、それ以上に得たものが多かったと感じています。特に、「チームの中で一人一人の個性をどう生かすか」を常に考え、自分なりの答えを発見できたことは、私にとって大きな進歩でした。それぞれの個性を生かすことは、新たな自他の個性に気がつくきっかけとなり、チーム全体がより良いものを作り出すことに繋がるのだと感じました。

また、何をどう進めていくかは全て自分たち次第であったので、常にプレッシャーがありました。しかしそれは同時に「自分たち次第で何でもできる」ということでもあり、プレッシャーを楽しみながら活動することができました。お世話になったチームの皆やファシリテーターの方、先生方に本当に感謝しています。約1年間、本当に大変でしたが、心からリーダーズアカデミーを経験して良かったと言えます。今回得られたことを今後の学校生活に生かし、より充実したものにしていきます!

(Dチーム 田中)

 

リーダーズアカデミーでは大学の授業だけでは経験できないことがたくさん学べます。私は「議論することの楽しさ」を体験することができ、また「仲間とやり遂げたことによる自信」を感じることができました。グループ活動はどこか遠慮しがちなことが多いですが、リーダーズアカデミーでの活動ではむしろ自分の意見を言うことの楽しさを学べました。現代教養学科の授業で学んだことも多く役立ちました。

さらに、グループのメンバーと支え合いながら活動をするため、「自分の仕事をこなす力」と「他人を頼る力」が身につきます。この2つは生きていく上で必要な力だと思います。特に「他人を頼る力」は押し付けるという意味ではなく、相手と信頼しているからこそできる支え合いです。この1年間本当に勉強になりました。貴重な体験ができとても光栄に思います。ありがとうございました!

(Cチーム 三谷)

「人の上に立つことだけがリーダーではない」、一年間のリーダーズアカデミーを通して、私が身をもって学んだことのひとつです。自ら進んで人とコミュニケーションをとることが苦手な私にとって、このリーダーズアカデミーに参加したことは大きな挑戦でもありました。やはり、初めのうちは「何か話さなければ」という焦りがありました。しかし、チームでの議論を重ねていくうちに「今は話すべき時ではない」や「今このタイミングでこれを言おう」というようにコミュニケーションをとることに対して、自分をコントロールすることができるようになりました。

人に指図するのではなく、皆がそれぞれの特性を生かして主体的に行動することで、皆がリーダーになり得るのです。その点において私は「全体を俯瞰するリーダー」になれたのでは、と勝手ながら思っています。残りの大学生活、そしてこれからの人生を歩んでいく上で、このアカデミーでの学びはかけがえのない財産となりました!

(Cチーム 若泉)

リーダーズアカデミーへの参加:一歩踏み出す力をもって自分が自分を変える! [2019年01月24日(木)]

リーダーズアカデミー(Leaders Academy in Showa)は、坂東眞理子総長が主催する昭和女子大学学生のリーダー養成講座です。21世紀を生きる女性に必要な見識・リーダーシップを養うことを目的に、歴史、経営、政治・経済、社会、環境、起業など具体的なテーマについて各界で活躍する著名人による講義を聴講し、授業時間外を活用してグループ毎に討議や調査などを重ねながら、最終的に未来に向けて実現可能なビジョンを提示・発表するプログラムです。

今年は現代教養学科から学内最大人数の5名が参加し、各チームで活躍しました!1月16日に開催された最終発表会で優勝したCチームを始め、アカデミーを通して大きく変わった5名の2年生の声を2回に分けて紹介しますね!まずはAチームとBチームです。

(2年生クラスアドバイザー・シム)

 

今年のリーダーズアカデミーは「女性は未来を創る」という大きなテーマを与えられ、そこから各チームがオリジナリティのあるプロジェクト活動をするという主体性が試されるものでした。初めは学科・学年が異なるようランダムに構成されたチームに不安もありましたが、結果的にそれが新しい発見や今まで思い付かなかったような方向へ進むきっかけとなり、自分自身がメンバーと一緒に成長できたという実感を得ることができました。

また、メンバーそれぞれが持つ個性やリーダーシップの違いに気づくことができ、グループワークの大変さだけでなく、その中でどのように立ち回ればそれぞれがより良い形で活躍できるかということを考えるようにもなりました。主体性を持ちたい・成長したいと思っている人はもちろん、人見知りを克服したいという人にもリーダーズアカデミーに参加することをおすすめします!

(Aチーム 佐々木)

リーダーズアカデミーはグループでディスカッションを繰り返し、目標達成を目指す活動です。堅いイメージを持つかもしれませんが、他学科の友達とも仲良くなれます。もともと消極的な性格の私でも、活動を通して自分が出来ることを見つけて行動したり、グループのメンバーに助けられたりすることで、少し自分に自信が持てるようになり、頑張って良かったと大変貴重な経験になりました。私には無理だと思い込んでいる方にこそ、ぜひ挑戦してみてほしいです!一歩、踏み出しましょう~

(Bチーム 雫石)