学校生活

【瀬沼ゼミ】京都研修1日目(平安神宮、京都御所、本能寺) [2019年01月21日(月)]

瀬沼ゼミの研修の1日目は、金曜日の授業がない4人で京都のまちを散策しました。
訪れたのは、平安神宮、京都御所、本能寺です。


平安神宮の朱色の大きな鳥居が見えたときは、その大きさに思わず声があがりました。平日ということもあって割に空いていました。近くのお店では平安カレーを食べました。なんで平安カレーという名前なのかわかりませんでしたが、とても美味しかったです。


京都御所の広さにも驚きました。敷地がとても広いにも関わらず、細部にまで管理が行き届いていました。御所の造りは、「有職故実」という一般教養の授業で学んだ「紫宸殿」、「清涼殿」などを実際に見ることができました。


市役所の近くに本能寺があったため行ってみました。荘厳な雰囲気でした。織田信長や森蘭丸のお墓もありました。
個人的には平安神宮や本能寺で御朱印を頂くことができたので嬉しかったです。

(記事:3年佐久間)

現代教養学科の授業を紹介します②~エスニシティ論~ [2018年12月21日(金)]

2年の髙橋です。
私のおすすめの授業を紹介します。

フフバートル先生の「エスニシティ論」です。

この授業は、1冊の書籍を輪読(※数人が一つの本を順番に読んで解釈し、問題点について論じあったりすること)をします。
担当になった部分を詳しく読み、解釈した内容や自分の考えをレジュメにして発表しました。

少し難しい内容ではありましたが、普段あまり触れることのない「エスニシティ」という内容について考えることができて、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

エスニシティとは、「民族性」というような意味で、言語や宗教などの文化を共有する民族の意識(アイデンティティ)のことです。「国家」や「民族」といった枠組みの中で「エスニシティ」とは何か考えていく授業でした。

また、書籍を読んでまとめて発表するという作業は、卒論を書く練習にもなったかなと思います。

(記事:2年髙橋)

現代教養学科の授業を紹介します~プロジェクト・ファシリテーション~ [2018年12月21日(金)]

2年の島名です。

現代教養学科の授業を紹介します。
天笠先生が担当する「プロジェクト・ファシリテーション」という授業です。

「本授業では、現代社会におけるプロジェクトの役割とその価値について理解し、現代教養学科で展開する各種プロジェクトに参加する上で、必要な知識やスキル・態度をアクティブラーニングの中で実践的に身につける。」とシラバスにあり、プロジェクトの役割などについて学び、後半ではグループを作り、新たなプロジェクトの企画プレゼンテーションを行います。

このグループ分けは、エゴグラムという無料の性格診断を利用して学生それぞれの性格タイプを割り出し、すべてのグループにできるだけ均等に様々な性格の人が振り分けられるようになっています。そのため、グループワークをしていく中でそれぞれの役割や立ち位置などが自然と決まっていき面白さを感じました。

グループを組んだ直後に行ったバラバラになった雑誌のページをそろえる作業では、初めの一定時間は言葉を発してはいけないというルールがあったのですが、全く会話をしていないにも関わらず、ページの組み合わせを探す人、順番の分かったものから並べていく人、机の上を整理する人など役割分担が自然と行われていたことが非常に印象に残っています。

そして本題であるプロジェクトの企画では、各個人が考えてきた大枠から1つを選びグループでブラッシュアップをし、授業内で他のグループに向けてパワーポイントを利用してプレゼンをするという流れです。個人で考えてくる枠組みにそれぞれの個性が表れていて面白く、ブラッシュアップをし、授業内で他のグループに向けてパワーポイントを利用してプレゼンをするという流れでした。ブラッシュアップの段階でも自分では考えつかない案を持ってくる人がいて非常に刺激的でした。

また、作業をしていく上での連絡手段をメールやLINEではなく、chat workというビジネス向けのチャットアプリを利用することで、企業でのプロジェクトに近い環境を体感することができました。最終発表では、他のグループのプロジェクトを見て様々な人のアイディアを知ることができるため、今後企画をする機会があった際に発想やプレゼンの仕方が参考にできるのではないかと感じました。

このように現代教養学科では、PBL科目(課題解決型学習「Project-Based Learning」)でProjectの実施に必要なプロジェクト・ファシリテーションやPRの知識を身につけることが出来ます。多くの学生がプロジェクトに参加しているので、授業で習得した知識を実践で活かす経験をしています。

(記事:2年島名)

【特殊研究講座】真の大人になるために…! [2018年12月10日(月)]

皆さん、こんにちは! 12月5日に現代教養学科では、今年度2回目の「特殊研究講座」が開かれました。今回は、放送大学・千葉大学名誉教授であられる宮本みち子先生をお招きし、「若者にとって社会はどう動いているか~長期化する成人期への移行の時代~」と題して、若者が大人になるための課題と対処法についてお話をいただきました。

はじめに、宮本先生ご自身の大学時代や卒業後の社会環境についてのお話を聞きました。その後、昭和の時代は子供から成人期に入るルートがレール式であったことに対して、現在は何本もの道へと多様化しているという歴史的背景をもとに、「大人」の形の変容も教えていただきました。今後、日本では18歳で成人となるものの、18歳はまだ子供だという意見もあります。このことについて、「成人」と「大人」は決して同義ではなく、おそらく年齢が大人の決め手ではないだろうと宮本先生は考えていらっしゃいます。

次に、現在の若者が大人になるための移行政策(=transition policy)にはどのようなものがあるかを伺いました。具体例として、「積極的シティズンシップ(=active citizenship)」があげられます。ヨーロッパなどでは、小学生が街づくりに参加するようなプログラムがその一例だそうです。

そして、最後に21世紀社会の良い点・悪い点も含め、現代とはどういう時代なのかを教えていただきました。良い点は、①高い雇用率・低い失業率と②教育への高い期待・信頼があげられ、悪い点としては①日本型雇用・日本型福祉社会の崩壊および②離婚率の上昇がありました。それらを踏まえ、現代は確立した規範・人生行路・終焉の形がなくなるそうです。そこで、日々学び、皆で考え、新しいものを見出すことが重要だということでした。

以上のことから、宮本先生のお話を聞いて考えたことが2点あります。
1つ目は、若者の移行政策で大学教育がカギとなることです。宮本先生は、大学は将来を考える場であると仰っていました。私は、自分の価値観を広げる場でもあるのでは、と感じました。大学は中高とは違い、自らの教養を深めつつ、学問ができたり、様々な人と関われたりするからです。これまで自分にはなかった考えを積極的に取り入れて、多様な考えができるようにしていくことが求められるのではないかと考えました。
2つ目は、成人年齢についてです。日本でも18歳に選挙権が引きさげられ、2022年には成人年齢が18歳となります。ただ、成人としての自覚がないまま18歳になると突然「大人」としての責任を負わされる日本の制度、とりわけ教育制度は果たしてこのままで良いのか、という疑問が浮かびました。

今回は講演直後に別件のお仕事もあるというご多忙の中、貴重なご講演をいただいた宮本先生にこの場を借りて心から感謝の意を申し上げます。先生が教えてくださったことを肝に銘じ、良い大人になれるよう今日から頑張ります!

(記事:シムゼミ3年 鈴木・高島)

「独立後のウクライナ:女性、社会、メディアと社会規範の変化」に参加して [2018年08月17日(金)]

こんにちは、志摩ゼミ4年小林です。

私は7月27日(金)に開催された志摩園子先生がコーディネーターを務める「独立後のウクライナ:女性、社会、メディアと社会規範の変化」に参加致しました。
私が現在執筆している卒論がウクライナに関連するテーマなので、実際にウクライナの方に現地のお話を聞ける機会は滅多にないと思い、是非卒論の糧にさせていただこうと楽しみにしておりました。

講演では、ウクライナ本国についてはもちろん、ウクライナ独立後の歴史やそれに伴って変わって来た女性文化についてお話いただきました。
卒論でウクライナについて執筆する私ですが、まだまだ知識が浅はかなため、今回の講演内容は本当に多くのことを学ばせていただきました。
ウクライナでは典型的な良妻賢母が理想の女性像とされており、その固定概念がなかなか抜けず、ウクライナ女性の活躍の場を狭めているとお聞きしました。
元々ウクライナの女性はお母さんのような人ばかりだという話は聞いた事があったので、ウクライナ人である今回の講師オリガ・ホメンコ氏からもそうお聞きし、ウクライナの女性はよっぽど女性らしいんだと思いました。
しかし、ウクライナの女性の間ではウクライナの女性らしくある事を打破したい、このままではいけないと思う女性が、独立後増えて来たといいます。

講演中見せていただいたグラフデータで、ウクライナの男性がウクライナの女性をどう思っているかのアンケートで、女性は結婚したら家庭に入るべきだ、またセクシャルな話でもなんとも女性を下に見ているような内容ばかりで驚きました。日本も世界に比べて男尊女卑の文化が残りつつある国だとは思っていましたが、それを上回るウクライナの女性に対する現状を知り驚きを隠せなかったです。
また、2014年の自尊革命後には積極的に運動を起こす女性も増え、今までのウクライナの女性像を変える動きが強まったと言います。ウクライナ国内では、対立が続いており、今も尚緊迫した状況です。そんな中、ウクライナの女性達が何かを変えたい・変わりたいと願い行動する姿は同じ女性としてとても誇らしいと思いました。

講演中に見せていただいた女性活動で話題となっているウクライナの女性アーティストのミュージックビデオも、大変印象に残るものでした。
今回の講演で学んだ事は、卒論のための新たな資料やアイディアとしてアウトプットしていけたら良いなと思っております。

帰り際にはオリガ・ホメンコ氏がお書きになったご著書『ウクライナから愛をこめて』を購入させていただきました。先生方も絶賛の一冊とのことで、読むのがとても楽しみです。

今回は貴重なお話ありがとうございました。

卒論中間発表が開催されました! [2018年07月13日(金)]

東明・望秀で学寮研修が行われる直前の6月30日(土)、平成30年度卒業論文中間発表会が開催されました。ゼミ単位で5教室に分かれ、卒業研究に取り組んでいる4年ゼミ生が発表(3分間)を行い、3・4年生の質疑応答と教員からの指摘・コメントが各3分ずつ、活発なやりとりが繰り返されました。司会進行役・タイムキーパー役をつとめた3年生のみなさんから、各教室の様子を以下に報告いただきます。

教室1: 私たちの教室では映画・テレビ・SNS・ゲームなどとメディア関連の卒論テーマが多く、自分の興味のある分野でもあるためとても興味深く聞くことができました。また、今回の中間卒論発表会に参加したことで来年自分が4年生になり卒論を書くことに対して少しイメージをすることでき、さらに自分の卒論に関して改めて考え直すことのできる機会となりました。(M.S)

 

教室2: 今回の卒論中間発表会でわたしたちのゼミの会場では、3年生からも質問が出て、お互いにいい刺激を与えることができました。来年の卒論制作に向けて、今回の卒論中間発表を参考にしていきたいです。(S.R)

今回小川ゼミ・福田ゼミの司会をしてみて、会場にいる方々のおかげで進行もスムーズにできた上に質疑応答も続き、とても充実した発表会だったと感じました。また、来年私たちが先輩方の立場になるので、今後の参考にしたいと思います。(M.A)

教室3: 審査会では、先輩方の発表を聞きながら一年後の自分たちの卒論について考えることができました。また常喜ゼミの先輩方にも質問をすることで、異なったテーマへの知識を深めることもできました。(Y.I)

 

教室4: 私達シムゼミ、常喜ゼミの合同発表では3年生一人一人が4年生の発表を聞き、来年の自分達をイメージしました。活発に質問をし、3年生・4年生お互いに良い刺激を得ることができました。(K.N)

教室5: 今回は初めて中間卒論発表会に参加させていただきましたが、先輩方の卒業論文に対する熱意や教授方のご指導の様子をみて、これからの自分たちも、先輩方のようになるために頑張らねばならないと感じました。会場内はとても厳粛で、背筋の伸びる思いでした。(Y.T)

各教室とも充実した発表会となった様子がお分かりいただけたでしょうか。

それぞれの卒業研究がどのような実を結ぶのか、これからの取り組みにも期待がたかまった一日でした。

[現代教養学科 望秀学寮] 詳細レポート4日目 [2018年07月11日(水)]

少し遅くなってしまいましたが、望秀学寮での笑いあり、涙ありの最終日の様子をお届けします。

朝早くから、寝具係が寮室のシーツ類を回収しました。昨日は夜遅くまでルームメイトと歓談していた学生も多く、みんな眠い目をこすりながら荷物をまとめます。

今日の朝食が、食堂の職員さんが作ってくださる最後の食事でした。4日間 私たちのために美味しいご飯を準備してくださり、本当にありがとうございました!特に千葉の名産・枇杷を使った”手作りの枇杷ゼリー”はとっても美味しかったです。

そして、お世話になった学寮の建物をみんなで大掃除しました。
また来週は、違う学科が学寮研修に来るそうです。次の学生たちのことを考えながら、私たちが来た時よりも綺麗に掃除をしました。

学寮中にある先生がこんなお話をしてくださいました。
「最近話題のW杯。日本人サポーターが試合後のスタンドでごみを拾う姿が話題を集めた。また日本代表のロッカールームにはゴミひとつ見当たらず、床はピカピカに輝いていた。」

「立つ鳥 跡を濁さず」。この日本人の精神は、学寮が終わっても意識し続けたいと思いました。

大掃除を終え、お弁当を食べてから閉寮式が行われました。
各係の先生からの講評では「3年生がしっかりリーダーシップをとっていた。」「1年生も初めてながら、イレギュラー事態にも臨機応変に動くことができていた。」とそれぞれの学年にお褒めの言葉がありました。一人一人が頑張ることはもちろん、1年生と3年生が”協力”しあうことで大変有意義な学寮研修を送れたと思います。
「学生の所感」として、学生を代表して私が壇上に上がりました。その時、同じ壇上であるはずなのに、開寮式で見た景色とは確実に違う景色でした。それは学生たちの表情です。開寮式の時には初めての学寮に“不安だな…”と緊張した面持ちの1年生、“4日間もめんどくさいな…”と楽しそうではない面持ちの3年生。そんな暗い表情が並んだ開寮式でした。しかし閉寮式はどうでしょう。“友達もたくさんできて楽しかった”“先輩たちのリーダーシップをとる姿がカッコ良かった”といい刺激を受けて生き生きとした面持ちになった1年生、”なんだかんだやっぱり学寮に参加してよかった”と素敵な思い出を得て満足した面持ちの3年生。みんなキラキラした目で、表情は柔らかく、とても明るい雰囲気で 閉寮式をしめました。

3年生にとっては最後の学寮研修でした。”学寮研修” の目的である「自主性・責任感を高める」をこの3年間で身につけ、それぞれ自己の成長を感じることができました。この3年間で身に着けた力をこれからの大学生活でも、社会に出ても、存分に発揮していきたいと思います。

1年生は来年、1学年だけで学寮研修に行きます。今年の1年生はたくましくて、しっかりしてて、ノリがよくて、個性溢れていて、明るくて…、いいところがたくさんありすぎる素敵な学年でした!この学年なら、きっと来年も素敵な学寮を作り上げることでしょう。

1,3年生のおかげで思い出に残るとっても楽しい学寮を作れました!学生の皆さん、私たち学寮委員に協力してくれてありがとうございました!
今年の学科全体目標 “熱くなれ”。この言葉を胸に、これからも実り多い学生生活を送ってくださいね。

以上、学寮委員長を務めました私「ぴよ」から、望秀学寮4日間の様子をお送りしました!最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。

[現代教養学科 望秀海浜学寮] 詳細レポート3日目 [2018年07月05日(木)]

おはようございます!現代教養学科の望秀海浜学寮3日目の様子を「ぴよ」がレポートしたいと思います。

学寮前から用意していたワークシートを使って、スピーチ発表を行いました。1年生は目取真俊の「水滴」、3年生は朝井リョウの「何者」を読んで、自分なりに問いをたてて考察した内容を発表しました。

自由時間に、3年生は海岸をバックにクラス写真を撮りました。3年生にとって今回が最後の学寮です。先生も加わって、クラスごと、ゼミごと、部屋ごと、で楽しく写真を撮りました。3年間で仲を深めた学友たちと楽しい一時を過ごせました。

午後には優秀スピーチ表彰及び発表を行いました。
1年生のグループ発表では、現地での観察・ガイドさんの話・もらった資料・自分で調べた資料をしっかりまとめられており、1年生とは思えないほど立派な主張のグループプレゼンテーションでした。3年生も、現代教養学科での3年間の学びや経験を活かすように、先輩として手本となる姿を見せることができました。

最後に個人発表の優秀者のスピーチを行いました。3年生の個人発表は、聞き手とコミュニケーションととりながらスピーチすること、3分で収めるために一貫したこと軸として 余分な主張を切り捨てる技術、作品を読んだあとに自己分析すること、形にとらわれない発表方法、など、プレゼンテーションの上級者レベルの講評を受けたようでした。この学寮でのプレゼンテーションで学んだことを活かして、世田谷キャンパスでも学習も充実させたいと思いました。

夜には係ミーティングを行いました。明日は最終日。各係”有終の美”を飾れるように、最後の大仕事のチェックを念入りに行いました。

[現代教養学科 望秀海浜学寮] 詳細レポート2日目 [2018年07月05日(木)]

こんにちは!こちら、現代教養学科の望秀学寮(1,3年チーム)の「ぴよ」です。

2日目は、朝から労作を行いました。学寮のすぐ外にある海岸の清掃です。1・3年生あわせてリアカー2台分のゴミを回収しました。労作を通して、奉仕の心を養うと共に、自分たちが海に行った時にはペットボトルやお菓子のゴミなど自分のゴミは自分で持ち帰るようにしたいと環境保全について考えるきっかけになりました。

労作のあとは美味しいジュースで体を休め、歌の練習にのぞみました。3年生が主体となり、全員で校歌と祝歌を練習しました。

美味しいカレーを食べたあとは、先日のアクティビティで学んだことや疑問に思ったことをグループ発表のためにまとめました。
1時間という大変短い時間の中、意見を出しながら各グループでアクティビティに対して問題提起をして発表をまとめました。1年生は初めてながらもしっかりした主張と意見を、3年生は去年の反省をいかして短時間でもレベルの高い発表を行うことができました。まったく同じ問題提起をしているグループはおらず、十人十色の意見を聞くことで「こんな考え方もあるのか」と学寮ならではの大きな収穫もありました。

夜には灯の集いが行われました。1年A組は「心に残っている思い出」、B組は「1年後自分たちがどういう人になりたいか」、3年生は「大学在学中に成長することに繋がった経験」について、灯(ともしび)を中心に囲んで語り合いました。約1時間の時間を設けていましたが、各部屋 時間オーバーになるまで語り合いました。それほど1人1人が真剣にこの伝統行事に臨んでいたことがわかりました。

私の所属する3年B組では、サークルやアルバイトでのリーダー経験、自分を成長させてくれた人物の存在、留学経験など、同じクラスメイトでも「そんなことを経験していたんだ!」と知らなかったエピソードがたくさんありました。

他者の経験や成長したことを聞くと、「そういえば自分もこんなことがあったな…」と忘れていた過去を思い出すきっかけにもなり、この3年間がいかに充実していたかを身に染みて感じました。クラスメイトの頑張ってきたことや長所をたくさん知ることができました。これから就活に向けて、学年一体で力を合わせて頑張りたいと思いました。

[現代教養学科 望秀海浜学寮] 詳細レポート1日目 [2018年07月05日(木)]

こんにちは! 今回の学寮のリーダーをしているニックネーム「ぴよ」です。
学寮1日目の詳しい様子をレポートしたいと思います。

世田谷キャンパスをあとに、1・3年生は、千葉県館山市にある望秀海浜学寮に向かいました。

まず、1年生は“過去の館山を探る”という題して、赤山地下壕をはじめとする戦跡見学をしました。第二次世界対戦の時に軍事基地であった赤山地下壕でガイドさんの話を聞いていると、より多くの日本人が戦争の“真実”を知ることが大切であることを学びました。また「戦争の準備は平和な時に進められる」というガイドさんの言葉に、胸を打たれた学生が多くみられました。「日本で戦争は起こらないから…」と平和な社会に無関心ではいけないことを実感したようです。

同時刻に3年生は、木更津市にある「かずさアカデミアパーク」を見学しに行きました。会議室やホール、ホテル、娯楽施設、そして研究所などこの敷地全体で外来客から消費を生むことで、千葉県の経済成長に貢献していることがわかりました。

続いて、15時頃に1年生と3年生が合流し、開寮式と導入集会、避難訓練を経て、係ミーティングを行いました。

学寮では全学生が8種類の係に所属します。食事の配膳をするのも、入浴を取り仕切るのも、室員の健康状態を管理するのも、すべて学生たちが主体で行います。今日のミーティングでは、係の仕事内容を確認しました。学生はこれから4日間、自分の役割に責任感を持って仕事に臨みます。1年生は学寮の目的である「責任感を高める」ことを達成するために、3年生の背中を見ながら初めてのお仕事にワクワクドキドキしている様子でした。

夜の「交歓会」では、1・3年生合同チームに分かれ、労作係が企画した謎解きゲームに挑みました。

1・3年生が仲良くしていなかったら「イエローカード」とW杯にちなんだルールを作って、1年生も遠慮しないで楽しくゲームに参加することができました。
謎解きゲームには実は隠れ問題も含まれており、最後にどんでん返しの順位発表と豪華な景品に、会場が大いに沸きました。