学生動向

SWU Agri-Girlsの活動を紹介します! [2019年03月01日(金)]

私は、2017年度に立ち上げられたプロジェクト、SWU Agri-Girls に所属しています。立ち上げた初期メンバーとして、プロジェクトの代表も担っています。

【農業のお手伝い】

このプロジェクトは、2017年度の東京社会調査研修から派生したプロジェクトです。授業の中で、都市農業の役割や重要性について学び、同時に農産物の輸出入や、若者の離農問題にも触れ、その現状を目の当たりにしました。プロジェクト活動をする際にいつもお世話になっている中杉キッチンガーデンは、世田谷区内の1反ほどの畑で、女性一人で農業を営んでいらっしゃいます。ご友人がお手伝いに来られることもありますが、それでも私たちは同じ女性として、現役で農業をされているご負担や、中杉さんの農業に対する思い、農業自体の楽しさに触れ、東京社会調査研修が終わった後でも、農業のお手伝いをすることを決め、プロジェクトを立ち上げました。

【学内販売の様子】

プロジェクト発足から2年目になり、後輩が入ってきたことで、2年生全員にも先輩としての責任感が増え、1年時よりも活動に参加してくれる人も増えました。なにより、昨年よりも活動の幅が大きく広がりました。昨年はただ農業のお手伝いに伺ったり、中杉さんの野菜の販売の手伝いなどのみでしたが、平日に学内販売を行ったり、秋桜祭にも出店し、一人暮らしの学生に向けた「一人暮らし学生応援野菜セット」の販売を行いました。調理されていない野菜の完売はもしかしたら難しいかもしれないという懸念が私の中にはありましたが、学内販売も秋桜祭も予想していた以上の盛況で、学内販売は30分で完売、秋桜祭は両日午前で完売しました。また出店してほしいという声も多く上がり、メンバーとしても自信につながったと思います。

【秋桜祭も大盛況でした】

また、外部の方から依頼され、世田谷区の総合福祉センター内にある「喫茶ぷらたなす」で、中杉さんと私たちでワンデーシェフとして参加しました。福祉カフェも大変盛況で、予定していた以上の集客になりました。同日に世田谷FMにこの活動が取り上げられ取材を受けました。自分の立ち上げたプロジェクトが取材を受けることになり、とても誇らしく、嬉しかったです。

メンバー内で多少ぶつかることもありますが、話し合い、前に進もうと日々努力をしています。まだまだ至らない点が多く、プロジェクトの活動が上手くいかないことも多々ありますが、間違いなく一番伸びしろのあるプロジェクトだと私は考えています。

(記事:2年中村)

【昭和リエゾンセンター認定プロジェクト】「チョコレート映画祭2019」を開催しました!① [2019年02月21日(木)]

2019年2月10日(日)、11日(月・祝)、今年で3回目となる「チョコレート映画祭」を開催しました。下北沢にある劇場をお借りし、しもきた商店街振興組合・株式会社ハッスルしもきた・下北沢大学との協働により実現したイベントです。
現代教養学科の福田ゼミ3年が中心となり、今年は1年生・2年生からもメンバーを募集して、24名での実施となりました。

バレンタインデー間近ということから、昨年と同様に映画祭のテーマは「愛」。様々な角度から「愛」を描いた5作品を選定し、パネル展示と研究発表を行いました。

1日目は、邦画2作品(「空中庭園」・「永い言い訳」)と洋画2作品(「幸せへのキセキ」・「世界一キライなあなたに」)の研究発表を行いました。それぞれの映画が捉えた社会的事象や映像描写の特色などに目を向けて考察しました。

2日目は洋画「チョコレートドーナツ」の上映と研究発表を行いました。私はこの映画を担当したのですが、研究発表に加えて映画上映があったことで、より緊張感を持って作品分析に取り組みました。

「映画祭」というと映画上映だけのことが多いと思いますが、私たちの映画祭は事前にメンバーで映画についてディスカッションし、分析・考察を深めます。それをパネル化して展示し、2日間にわたってステージでプレゼンテーションをするところが大きな特色です。お客様からは、映画の見方が分かりました、映画を様々な角度から考えることができて楽しかった、という感想をいただきました。

もう一つのイベントとして、2日間にわたって参加型企画を行いました。劇場の隣にある「Studio B.us Shimokitazawa」で、来場された方に「好きな映画」・「『愛』のメッセージ」のいずれかを書いていただきました。参加してくださった方には、ホットチョコレートを差し上げました。「好きな映画」では、両日とも多様なジャンルの映画が集まり、これから卒業論文を執筆するゼミ生として、研究の参考になるものが多くありました。

また、チャイ専門店“エクスプレッサー”さんにお願いして、上映映画「チョコレート・ドーナツ」にちなんで、オリジナル・ドーナツとオリジナル・ドリンクを作っていただいて販売しました。

私たちの中での大きな苦労は、1階のイベントスペースに来てくれた方に、どうしたら3階の映画祭会場に足を運んでもらって、展示や研究発表を見てもらえるかということでした。そのための工夫として、研究対象とした映画作品のタイトルをデザイン化し、階段アートを作成しました。また、3階へ上がっていただいた方には、私たちがデザインした映画祭オリジナル・クリアファイルを、チョコレートと一緒にプレゼントしました。メンバーで頭を悩ませたかいがあって、階段アートもプレゼントも好評でした。

後期から本格的に準備を始め、予想もしない困難が数多くありました。ですが、その度にお互いに意見を出し合い、解決策を導き出しました。自分の担当以外の係であったとしても、来てくださる方に楽しんでいただく方法をともに考え、困ったときに手を差し伸べてくれる仲間に感謝しながら当日を迎えることができました。

ゼミ内に限らず、今年度から1・2年生もプロジェクトに加わったことで、映画研究および係の企画は、ゼミ生だけでは思いつかないアイディアであふれた映画祭となりました。ゼミ生としても、学年の違いがある中で円滑に運営する方法を学ぶ機会となりました。

今後は、アンケートの分析を行い、今回の反省を踏まえて来年度以降に生かせるものを見つけようと思っています。
4年生になると、卒業論文の執筆を本格的に開始します。映画研究で得た思考力を生かせるように頑張ります!

最後になりましたが、イベントに際して多くのご協力をいただいた、しもきた商店街振興組合・株式会社ハッスルしもきた・下北沢大学の皆様に深く感謝申し上げます。

(福田ゼミ3年清田)

【瀬沼ゼミ】京都旅行3日目(東寺見学) [2019年02月20日(水)]

瀬沼ゼミです。
12月のクリスマスの時期に3年ゼミ生全員で京都でのゼミ研修を実施しました。
3日目の報告をMさんに書いていただいていましたが、すっかり掲載が遅くなってしまいました(お詫び)。

間もなく春休みですね。今回の報告は京都のシンボルマークである五重塔がある東寺を紹介していますので、是非ご参考にして世界遺産を訪ねてみてください。(S)

 

こんにちは。瀬沼ゼミ3年です!
今回は京都視察第5弾として、3日目の報告をします。
3日目は、東寺に行ってきました~!
京都駅から歩いて行きました。20分ほど歩くと東寺の五重塔が目の前に見えてきました!

五重塔

3日目は晴れていたので、とても綺麗に東寺が写っています!
東寺に到着。まず、南大門の前で集合写真。大きくて、とても立派な門でした。

南大門

少し、紅葉が残っていて、素敵な光景でした。京都らしい雰囲気だなと思いました。
東寺は世界文化遺産に登録されています。五重塔は国宝に指定されており、高さは約55mで、木造の建築物としては日本一の高さだそうです。中に入って、金堂と講堂も見学しました。


五重塔と紅葉

東寺を見学した後は、京都駅に戻ってお昼ごはんを食べ、京都伊勢丹6階にある「茶寮都路里」で抹茶を飲みました。とっても美味しかったです~!

「都路里」のお抹茶

次回は、京都のごはんについてです。お楽しみに~!

(記事:3年松本)

【鶴田ゼミ】“新橋”へゼミ研修! [2019年02月13日(水)]

こんにちは!
鶴田ゼミ3年の手嶋と川崎です。
近頃は雪が舞うなど、寒いですね。

さて、私たち鶴田ゼミは「都市」を切り口に社会で起こる事象を「なぜそうなるのか?」という視点で考えていくゼミです。

今回は、新橋にてゼミ研修を行いました。

まず訪れたのは浜離宮恩賜庭園。江戸時代から続く庭園の1つで、国の特別名勝及び特別史跡に指定されています。この庭園の特徴は、都内唯一の海水の池である「潮入の池」があること。東京と海の関係の一部を「三百年の松」などの緑と歴史と共に肌で感じられる場所なのです。
後ろに広がる高層ビルの数々と潮入の池の共演は都市と緑の未来について考えさせられるものがありますね…。
まちを歩くと様々な発見があります。時々、ふらっと歩いてみてもいいかもしれません。


【梅の花と菜の花の共演】


【潮入りの池】

夕方には、パナソニック汐留ミュージアムで開催されている「子どものための建築と空間展」を見学しました。
館内は撮影が禁止されていたため詳細をお見せすることはできませんが、日本全国の小学校や公園などの子どもが利用する施設の紹介パネルや模型の展示が並び、楽しく見学することができました。

夜には、サラリーマンの街・新橋と憧れのオトナな街・銀座を、鶴田先生のガイドのもとまちあるきしました。
夜の新橋を女子8名で歩くのはちょっぴり勇気がいりましたが、実際に歩いてみると昭和な雰囲気の残る立ち飲み屋さんやガード下の飲み屋街など、立ち寄りたいお店がたくさんありました。

【東京タワーもちらり】

まちあるきのあとはゼミ交流会を行いました。
銀座のおしゃれなお店でおいしい料理とおしゃべりにすっかり夢中になり、楽しいひとときを過ごせました。

鶴田先生、ゼミのみなさん、1年間ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いいたします!

(記事:3年 手嶋・川崎)

【教職課程】介護等体験について紹介します! [2018年12月10日(月)]

2年の千葉です。

わたしは現在、教職課程を履修しています。

今回は教職の科目である介護等体験について紹介したいと思います!

小学校と中学校の教員免許取得のためには「介護等体験」が必修です。

「なぜ教員なのに介護?」と疑問を持った方も多いですよね?

そんな方に向けて介護等体験のはじまりや、わたしの体験記を紹介していきたいと思います!

まずは教職課程において介護等体験は「体験によって人の心の痛みを理解し、人間1人1人が違った能力や個性を有していることを知る。介護等体験を自分の体験として持ち、その体験を教育の現場に活かすことによって各人の価値観の相違を認められる心を持った人づくりの実現」のために20年前に導入されました。

「実習」とは異なり、学んだことを実践するわけではなく、体験を通じて身に持って感じることが目的です。

社会福祉施設5日・特別支援学校2日の計7日、介護等体験をすることになっています!

 

説明はこのへんにしておいて…(笑)

わたしは10月に高齢者在宅サービスセンター、11月に特別支援学校に介護等体験に行きました!

高齢者サービスセンターでは、主に利用者さんとお話しをし、職員の方のお手伝いをしました。最初は緊張しましたが、施設の方に優しく、気さくに話しかけていただきました!

午前・午後の体操を一緒に行い、利用者の方のお誕生会にも参加させていただき、とても楽しい5日間になりました☆

特別支援学校では学習発表会のお手伝いをしました。それぞれ担当のクラスがあり、担任の先生の指導の下、児童の誘導をしたり、休み時間に一緒に遊んだりしました。特別支援学校では先生方が連携・協力して、児童の安全・学びをサポートしているのがとても印象的でした。

発表会にも参加させていただき、児童と一緒に楽しむことができました!

短い期間でしたが、介護等体験で学んだことをこれからの大学生活にいかしていきたいです!

(記事:2年千葉)

8/26 「三茶ふれあいマルシェ」に参加します!≪三茶プロジェクト≫ [2018年08月23日(木)]

皆さんこんにちは!

台風の影響が心配されますが、今日もとても厳しい暑さになっていますので、どうかご体調には十分ご留意ください。

さて、三茶を楽しもう!プロジェクトは、先週のラテンフェスに続き、三軒茶屋ふれあい広場で今度の日曜日(8月26日)に行われるイベント「三茶ふれあいマルシェ」にも参加します。
三茶を楽しみたい、三茶をもっと知りたいと思う方は、是非お遊びにいらしてください。

三プロのメンバーはいつもの通り、緑色のはっぴが目印です。

ふれあいマルシェ夏2018チラシ

(Y.S)

「独立後のウクライナ:女性、社会、メディアと社会規範の変化」に参加して [2018年08月17日(金)]

こんにちは、志摩ゼミ4年小林です。

私は7月27日(金)に開催された志摩園子先生がコーディネーターを務める「独立後のウクライナ:女性、社会、メディアと社会規範の変化」に参加致しました。
私が現在執筆している卒論がウクライナに関連するテーマなので、実際にウクライナの方に現地のお話を聞ける機会は滅多にないと思い、是非卒論の糧にさせていただこうと楽しみにしておりました。

講演では、ウクライナ本国についてはもちろん、ウクライナ独立後の歴史やそれに伴って変わって来た女性文化についてお話いただきました。
卒論でウクライナについて執筆する私ですが、まだまだ知識が浅はかなため、今回の講演内容は本当に多くのことを学ばせていただきました。
ウクライナでは典型的な良妻賢母が理想の女性像とされており、その固定概念がなかなか抜けず、ウクライナ女性の活躍の場を狭めているとお聞きしました。
元々ウクライナの女性はお母さんのような人ばかりだという話は聞いた事があったので、ウクライナ人である今回の講師オリガ・ホメンコ氏からもそうお聞きし、ウクライナの女性はよっぽど女性らしいんだと思いました。
しかし、ウクライナの女性の間ではウクライナの女性らしくある事を打破したい、このままではいけないと思う女性が、独立後増えて来たといいます。

講演中見せていただいたグラフデータで、ウクライナの男性がウクライナの女性をどう思っているかのアンケートで、女性は結婚したら家庭に入るべきだ、またセクシャルな話でもなんとも女性を下に見ているような内容ばかりで驚きました。日本も世界に比べて男尊女卑の文化が残りつつある国だとは思っていましたが、それを上回るウクライナの女性に対する現状を知り驚きを隠せなかったです。
また、2014年の自尊革命後には積極的に運動を起こす女性も増え、今までのウクライナの女性像を変える動きが強まったと言います。ウクライナ国内では、対立が続いており、今も尚緊迫した状況です。そんな中、ウクライナの女性達が何かを変えたい・変わりたいと願い行動する姿は同じ女性としてとても誇らしいと思いました。

講演中に見せていただいた女性活動で話題となっているウクライナの女性アーティストのミュージックビデオも、大変印象に残るものでした。
今回の講演で学んだ事は、卒論のための新たな資料やアイディアとしてアウトプットしていけたら良いなと思っております。

帰り際にはオリガ・ホメンコ氏がお書きになったご著書『ウクライナから愛をこめて』を購入させていただきました。先生方も絶賛の一冊とのことで、読むのがとても楽しみです。

今回は貴重なお話ありがとうございました。

ミュージカル『エビータ』を鑑賞して [2018年08月09日(木)]

私はミュージカルや舞台、コンサートなど、現場で鑑賞し、空気を感じることが好きだ。

また、行った時に貰えるフライヤーの束は、私に夢を与えてくれる。

今回は福田先生よりご紹介いただき、渋谷の東急シアターオーブで上演されたミュージカル「エビータ」を鑑賞した。

1978年初演時のオリジナル演出版として、遂に初来日を果たした。

【ロビーに立てかけられた巨大ポスター】

「エビータ」の愛称で親しまれた、アルゼンチン大統領夫人であったエヴァ・ペロンの人生に関する物語である。貧しい生活を過ごしていたエヴァは、女優を志しブエノスアイレスへ。下積みののち、ラジオ女優として成功を収める。やがて、陸軍大佐であるホワン・ペロンと出会い、恋に落ち、共に政治での成功を目指していく。労働者階級から絶大な支持を集めた2人は、アルゼンチンを動かしていくことに。その中でエヴァは、貧困層を救う活動を繰り広げ、アルゼンチンの象徴として絶大な支持を集める存在となった。

1978年の初演以来、長きにわたり、世界中で上演されているこのミュージカル。時代が変わっても人々に愛されている理由は、素敵な音楽や演出はもちろんだが、一番はエヴァのリーダー像だと考える。

 

エヴァは終始、強い女性として描かれている。自分の意見をはっきり主張し、自分の手で上り詰めていく。自分の魅力という武器を遺憾なく発揮している。だけど憎めない。

女性の活躍が期待されるようになった今の時代に、力強くのし上がる女性リーダーの姿に憧れを持つ人は少なくないだろう。

自分を犠牲にしてでも弱い人を救う。等しく愛を与える。どんな圧力にも負けない。でも、時に弱さを見せる。そのすべてがとても魅力的に感じるのではないだろうか。

 

持つ権力は違えど、エヴァ=エビータの生きる姿に感動した。それを彩る他のキャストの皆さんや、音楽、舞台演出など全てが色濃く重なり合って、エビータの世界を創り上げていく。そして、それらが心を動かす迫力となる。

 

私は舞台『エビータ』から、たくさんのことを学び、感じることができた。やはり現場に行かないと分からないことがたくさんある。

舞台は一期一会。その回にしか観られないものがある。『エビータ』に限らず、一回限りの貴重なものを、皆さんもぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。

【ヒカリエのロビーの様子】

 

【ヒカリエからの夜景】

(シアターオーブでのエビータの上演は、7月29日に終了しています)

(4A 滝島)

[現代教養学科 望秀海浜学寮] 詳細レポート3日目 [2018年07月05日(木)]

おはようございます!現代教養学科の望秀海浜学寮3日目の様子を「ぴよ」がレポートしたいと思います。

学寮前から用意していたワークシートを使って、スピーチ発表を行いました。1年生は目取真俊の「水滴」、3年生は朝井リョウの「何者」を読んで、自分なりに問いをたてて考察した内容を発表しました。

自由時間に、3年生は海岸をバックにクラス写真を撮りました。3年生にとって今回が最後の学寮です。先生も加わって、クラスごと、ゼミごと、部屋ごと、で楽しく写真を撮りました。3年間で仲を深めた学友たちと楽しい一時を過ごせました。

午後には優秀スピーチ表彰及び発表を行いました。
1年生のグループ発表では、現地での観察・ガイドさんの話・もらった資料・自分で調べた資料をしっかりまとめられており、1年生とは思えないほど立派な主張のグループプレゼンテーションでした。3年生も、現代教養学科での3年間の学びや経験を活かすように、先輩として手本となる姿を見せることができました。

最後に個人発表の優秀者のスピーチを行いました。3年生の個人発表は、聞き手とコミュニケーションととりながらスピーチすること、3分で収めるために一貫したこと軸として 余分な主張を切り捨てる技術、作品を読んだあとに自己分析すること、形にとらわれない発表方法、など、プレゼンテーションの上級者レベルの講評を受けたようでした。この学寮でのプレゼンテーションで学んだことを活かして、世田谷キャンパスでも学習も充実させたいと思いました。

夜には係ミーティングを行いました。明日は最終日。各係”有終の美”を飾れるように、最後の大仕事のチェックを念入りに行いました。

[現代教養学科 望秀海浜学寮] 詳細レポート2日目 [2018年07月05日(木)]

こんにちは!こちら、現代教養学科の望秀学寮(1,3年チーム)の「ぴよ」です。

2日目は、朝から労作を行いました。学寮のすぐ外にある海岸の清掃です。1・3年生あわせてリアカー2台分のゴミを回収しました。労作を通して、奉仕の心を養うと共に、自分たちが海に行った時にはペットボトルやお菓子のゴミなど自分のゴミは自分で持ち帰るようにしたいと環境保全について考えるきっかけになりました。

労作のあとは美味しいジュースで体を休め、歌の練習にのぞみました。3年生が主体となり、全員で校歌と祝歌を練習しました。

美味しいカレーを食べたあとは、先日のアクティビティで学んだことや疑問に思ったことをグループ発表のためにまとめました。
1時間という大変短い時間の中、意見を出しながら各グループでアクティビティに対して問題提起をして発表をまとめました。1年生は初めてながらもしっかりした主張と意見を、3年生は去年の反省をいかして短時間でもレベルの高い発表を行うことができました。まったく同じ問題提起をしているグループはおらず、十人十色の意見を聞くことで「こんな考え方もあるのか」と学寮ならではの大きな収穫もありました。

夜には灯の集いが行われました。1年A組は「心に残っている思い出」、B組は「1年後自分たちがどういう人になりたいか」、3年生は「大学在学中に成長することに繋がった経験」について、灯(ともしび)を中心に囲んで語り合いました。約1時間の時間を設けていましたが、各部屋 時間オーバーになるまで語り合いました。それほど1人1人が真剣にこの伝統行事に臨んでいたことがわかりました。

私の所属する3年B組では、サークルやアルバイトでのリーダー経験、自分を成長させてくれた人物の存在、留学経験など、同じクラスメイトでも「そんなことを経験していたんだ!」と知らなかったエピソードがたくさんありました。

他者の経験や成長したことを聞くと、「そういえば自分もこんなことがあったな…」と忘れていた過去を思い出すきっかけにもなり、この3年間がいかに充実していたかを身に染みて感じました。クラスメイトの頑張ってきたことや長所をたくさん知ることができました。これから就活に向けて、学年一体で力を合わせて頑張りたいと思いました。