社会調査研修

【福岡_社会調査研修レポート①】[講義]アジア映画の翻訳・字幕のお仕事について [2021年06月27日(日)]

こんにちは!現代教養学科、「社会調査研修A(国内)」映画班です。

2021年6月12日(土)にアジア映画の翻訳・字幕作成に携わる企業、「スタンス・カンパニー」代表の坂口一直氏を講師としてお招きしお話しいただきました。

 

私たちは、社会調査研修の中で福岡市の「アジアンマンス(アジアンパーティ)」について調査しています。この研修は、福岡とアジア、アジアと日本の関係について知り、考えることが目的です。1990年代初めから約30年にわたりグローバルな視点で福岡市が進めてきた地域おこしのイベント「アジアンマンス」の一つに「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」があり、これは福岡としてはアジアとの交流、地域おこしのためのイベント、私たちにとっては映画を通してアジアに関心を持ち、学ぶことができるイベントです。

アジア映画について知ることがアジアへの理解を深めるための入り口になります。今回の講義では映画の翻訳や字幕作成から、アジアについていろいろ伺いました。

 

スタンス・カンパニーは元々、映像を作って写す仕事をしていた会社です。「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」では、30年もの間映画の翻訳や字幕作成を行ってきました。アジアの映画の翻訳といっても、アジアは大変広範囲にわたる地域である上に、言語も地域によって様々です。近年では、国際映画祭に出品するために多くの映画が既に英語字幕をつけているのでそこから翻訳を行います。しかし、昔は英語字幕なしの作品も多く、現地の言葉を翻訳できる人を探すところから始めました。特に少数言語の翻訳者は日本に数人しかいないほど少なく、大学や大使館などに協力してもらっていたようです。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭では、初めの10年間はインド、ベトナム、モンゴルなどといった国別の特集を多く取り入れていました。2000年以降は、国を超えた監督同士の合作なども見られます。さらに、歴史的事件を題材とした作品や、耳の不自由な方も楽しむことができるバリアフリー映画の上映も行われました。

 

映画字幕の作成では字数に制限があること、一度に画面にだせる分量が限られていることが特徴です。基本的に1秒4文字、タテで最大10.5文字×2行、ヨコで13文字×2行という制約の中で翻訳作業、字幕作成を行います。

字幕原稿を作る上で初めに、原語の台本を作成します。近年の映画は英語字幕がついているものも多いですが、90年代の映画では台本が存在しない、もしくは完成したものとセリフが異なる場合があります。その場合は、原語翻訳者に聞きおこしを行ってもらう作業が必要となります。その後、日本語全訳を行いハコ割り、スポッティング、日本語字幕、英語字幕をつけるなどの作業を行い映画の字幕作業を行います。

字幕を打ち込む作業は、2010年以前行われていたパチ打ち方式、レーザー方式の代わりにDCP(デジタルシネマパッケージ)に上映方式を変更したため、以前行われていた方式はDCPでのデジタル作業に移行しています。

現代の最新技術に伴って映画作成の方法も変化しています。今の技術で作られたものと過去に作られたものを比較してみたいと思いました!

 

今回の講義ではアジアフォーカス・福岡国際映画祭における字幕作成・投影方法や映画の変遷を社会的背景とともに学ばせていただきました。映画を作製する際の本国での厳しい検閲の目、映画祭作品選出の工夫や基準、少数言語の翻訳者を探す難しさなど、映画を上映するためにさまざまな努力がなされてきたことに驚くことが多かったです。改めて、日本におけるアジアとの文化交流に貢献してきた方々に尊敬の念を抱きます。

 

福岡の地域おこしやアジア映画の発展に貢献してきたアジアフォーカス・福岡映画祭は残念ながら第30回目の開催が最後となってしまいました。私たちは今回の講義で学んだことを活かして福岡におけるアジア映画の今までとこれからを考え、国境を越えて結びつきを深めるまちづくりについて学んでいきたいと思います。今後、映画班としては福岡市経済観光文化局国際経済・コンテンツ部コンテンツ振興課や福岡市総合図書館のフィルムアーカイブを訪れ、アジア映画に関する調査を行っていく予定です。私たちの社会調査研修が将来地域おこしの場面で役に立つものとなるよう、精一杯取り組んでいきます!

坂口一直先生、貴重なお話をして頂きありがとうございました。

現代教養学科/社会調査研修[映画班]

【東京社会調査研修レポート⑯】1年間、本当にありがとうございました。 [2020年04月10日(金)]

こんにちは!

現代教養学科「東京社会調査研修」広報担当の久村です。
昨年11月にパネル展示会を終えてから久しく更新していませんでしたが、2019年度の社会調査研修ブログは今回のブログで最終回を迎えます。
去る2019年11月、パネル展示会を無事に終えた私たちは、研修の最終段階である報告書の作成に取り掛かりました。

展示用のパネルとして、魅せ方に拘りながら作り上げたレイアウトを、今度は報告書という形でアーカイブスにすべく、報告書チームを中心に昨年から作成していたのですが、、、
先月、遂に報告書が完成しました!!!
完成した報告書はまだ実際に見ることが出来ていませんが、私たちの1年間の活動記録とも言える報告書がどの様な作品になっているのか、完成品を見るのがとても楽しみです!

今回の研修の目的は、東京の過去・現在を私たちの目線から捉えた上で未来について考え、記録として残す事でしたが、
研修を終えてみて、私たちがいかに多くの方々に支えられているかということを実感した1年でもありました。
最後になりますが、「東京社会調査研修」を実施するにあたり親切にご指導くださいました講師の先生方、講演会や展示会に来てくださった皆様、アンケートに協力してくださった皆様、2019年度の「東京社会調査研修」に関わってくださった全ての皆様にこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

私たちはこの研修で学んだことを糧に、今後も様々なフィールドで力を発揮しながら活動していきます!

1年間、本当にありがとうございました。

【東京社会調査研修レポート⑨】岡本哲志先生と丸の内まちあるき! [2019年07月11日(木)]

こんにちは!社会調査研修広報担当の井落です!

6月15日に本学にて開催された公開講座を経て、岡本哲志先生解説のもと、6月29日に丸の内のまちあるきを行いました。

東京国際フォーラムの太田道灌像前に集合し、東京駅周辺→明治生命館→日比谷公園→東京ミッドタウン日比谷のテラスというルートで歩きました。

まずは太田道灌像前の展示からスタート!

幸い、降っていた雨も上がり、賑わう丸の内界隈へ。

先日の鑑賞会でも勉強した鉄道橋下、壁の赤レンガをチェック。

その後、賑わう東京駅前へ。

東京駅のレンガも確認しつつ、行幸通りとの関係や丸の内オフィス街の成り立ちについて伺いました。

一丁ロンドンと呼ばれたオフィス街の歴史を学びに三菱一号館へ。

続いて、土曜に施設内部を公開している明治生命館を見学。

部屋ごとに家具のデザインやカーペットの色や柄が異なり、豪華で華美な雰囲気です。

壁や天井の装飾は隅々までみどころが多く、 吹き抜けのホールや会議室など歴史の断片を垣間見ることができました。

何をみているでしょうか?
(答えは、明治生命館で確認してみてください!)

次に向かった日比谷公園では、石垣など歴史を語るものとあわせて、青々とした木々や池など自然が広がっていました。

ミッドタウン日比谷では、6階に上がり、パークビューガーデンから、皇居前に並ぶビル群と日比谷公園全体を眺めました。

岡本先生の解説を伺いながら歩くことで、まちの変遷や特徴について理解が深まる3時間のまちあるきでした。

次回は8ミリフィルムで過去から世田谷のまちを学びます!

【東京社会調査研修レポート④】講演会準備!特別講師の岡本先生と打ち合わせ [2019年06月03日(月)]

おはようございます。東京研修広報チーム、斉藤です。

現代教養学科の学寮研修が終わり、本格的に6月15日の講演会に向けて準備が始まっています。そんな中、5月27日に講演会でお話していただく、岡本哲志先生(都市形成史家)のオフィスへ伺い、打ち合わせをしました。

岡本先生の御著書も拝見しながら打ち合わせ

今回の講演会では、首都東京はオリンピックの節目での変化も含め、どのように栄え、発展していったのかを地図や当時の写真資料なども見ながら教えて頂きます。

岡本先生はNHK「ブラタモリ」の案内人を7回も務められている都市を読むプロフェッショナル!私たちも“ブラタモリ的なまちの読み方”を教えて頂きます。

 

最初は、学生4人とも初対面の岡本先生に緊張しましたが、気さくに様々な興味深いお話をしてくださったので、あっという間に時間が過ぎていました。中でも、ブラタモリ出演時の裏話や本を出版する際の裏事情など、大学ではお伺いできない(!?)お話もしていただきました。

まちあるきルートの下見

また、6月29日に社会調査研修で丸の内周辺のまちあるきの打ち合わせも同時に行いました。丸の内の歴史と発展を学ぶルートを当日の天候状況も配慮しながら決めて頂きました。

私は丸の内チームなので、本番がより一層楽しみ!!まちあるきまでの1ヶ月、事前学習をしっかり進めていきます。

 

さて、講演会当日まで2週間を切りました!

たくさんの方に講演会に来てくださるよう、広報チームも頑張って発信していきます!

この学科ブログを読んで頂き、講演会に関心をもってくださった方、講演会情報はこちらです。

↓   ↓   ↓ 

「東京とオリンピック 1964→2020」公開講座

⽇時:2019年 6⽉ 15⽇(⼟) 13:00-16:30(開場12:30)

*先着100名・申込み不要(参加費無料)

会場:昭和女子大学 オーロラホール

20190615講演会_東京とオリンピック (チラシPDF)

また、大学HPにも記事に取り上げてもらいましたので、よろしければご覧ください!↓

https://univ.swu.ac.jp/course_events/2019/05/16/32366/

【東京社会調査研修レポート③】臨海部見学の続き [2019年05月30日(木)]

こんにちは。広報チームの中本です。

前回のブログに引き続き、5月11日(土)に行われたベイゾーン視察の様子を渋谷チームと世田谷チームからご紹介します!

 

こんにちは。渋谷チームの千葉です。

私たち渋谷チームは、テレコムセンターからセントラル広場まで直進し右折、夢の広場を通って夢の大橋までを散策しました。

途中東京2020オリンピック・パラリンピックの競技会場である、青海アーバンスポーツパークを見学しようとしたのですが、まだ建設されていませんでした。

調べたところ、仮設会場らしく直前になるまで建設はされないようです。まっさらな駐車場から、どのようにして会場が整備されるのか、とても気になりました。

 

***

世田谷チームです。私たちは、湾岸エリアの”過去”と”今”の共存について考えながらまちあるきをしました。

近未来的な施設や綺麗に整備された歩道、海上に架かるレインボーブリッジが目に入ってくる一方で、「台場」という歴史の足跡もきちんとその風景の中に溶け込んでいました。

異国を撃退するために建設された台場一帯が、今や世界有数の貿易港となり、平和の祭典・オリンピックの中心エリアとなる…。この奇妙な巡り合わせは、単に「時の流れ」という一言では語りきれない、都市の変貌の必然であったような気がします。

今後の社会調査研修でも、都市における”過去”と”今”がどのように共存しているか、どのような繋がりがあるのか、まちあるきや講義を通してしっかりと学んでいきたいです。

 

***

 

このように今回の研修ではTOKYOミナトリエの見学の後、4チームに分かれて東京2020オリンピック・パラリンピックの競技会場であるベイゾーンのまちあるきをしました。

4月初めには、同じくベイゾーンを船上から視察し、海から変化を観察しましたが、今回は実際に歩いてのリサーチ。オリンピックの競技会場を目指して周辺の観察をしながら歩いたチームが多かったのですが、実際に行ってみると、本当にこの場所が会場になるのかと、どのチームも驚き、あと1年でどう発展するのか…期待と不安が入り混じりました。

2020年のオリンピックが迫ってくる中、次にこの場所を訪れたときにはどんな進展があるのか。また新しい発見に出会えることでしょう。

そしてまちあるきをしている際に大変多くの外国の方を見かけました。2020にはもっと多くの観光客で賑わい、そこで一緒にオリンピックを感じ、それが歴史の1ページとなる!日本の中でも時代の流れの早さを実感する東京。その東京の面白さを私たちなりに捉えていきたいと思います。

【東京社会調査研修レポート①】視察船から東京港をみる [2019年04月16日(火)]

こんにちは。現代教養学科2年の斉藤です。

いよいよ新学期がスタートし、社会調査研修Aの一回目の授業が4月9日に行われました。

社会調査研修Aは「オリンピックを通して東京の変貌を探る ―過去から学ぶ。今を記録する。そして、未來を考える。」をテーマに、「東京」という都市を通して、歴史・文化・経済・環境などの視点から現代社会を捉え、分析し、表現する力を養う授業です。

今回の研修では、オリンピックの会場ともなるベイゾーンと東京の都市の発展について学ぶというテーマのもと、視察船「新東京丸」に乗船しました。この日は、前日の曇り空からは一転、晴天に恵まれました。

船から、スカイツリーやコンテナ船、豊洲新市場、羽田空港、東京ディズニーシーを見ることができました。どの建物も陸から見るのとは印象が違うこと、日本は島国のため港を中心に文化や経済が集積・発展することをあらためて実感しました。

また、船の中から見ることができた青海コンテナふ頭や大井コンテナふ頭などは日本一の物流拠点です。クレーンやコンテナ船など非常に大きく、迫力がありました。東京港では、アメリカや韓国など世界中から荷物が来ますが、そのうちの約43%が中国からくるそうです。

そして、乗船中一番歓声が上がり、乗客全員がカメラを向けたのは、富士山が綺麗に見えたときでした。ガイドの方も「11年ガイドをしていてもなかなか見ることができない」とおっしゃっていました。

海の森クロスカントリーコース

今回視察船に乗り、東京の物流の様子や、きたる2020年のオリンピック・パラリンピック会場を建設・整備している様子などを見ることができました。東京港は日本の物流拠点であると同時に、国際的なイベント会場としてさらなる機能も加わり、発展していることを学びました。これから約1年かけて社会調査研修Aのメンバーと、東京の過去、現在、未来を考えていきます。

これから研修の様子を交代でお伝えしていきます。お楽しみに!

(記事:2年斉藤)

魚沼での国内社会調査研修を振り返って 【教員編】 [2017年11月05日(日)]

後期の授業の開始や、学寮・AO入試・オープンキャンパスなどのイベントで、あっという間にもう1か月半以上も前のこととなってしまいましたが、現代教養学科では、9月12日(火)~9月15日(金)の3泊4日で、新潟県魚沼市にて、国内社会調査研修を行いました。普段は、学生が執筆することの多い、学科ブログですが、今回は、研修を担当した教員の天笠が、企画した当時の思いも含めて、少し長文になりますが、研修を振り返ってみようと思います。学科の学びについて少し突っ込んだお話しが知りたい方は是非ご一読を。

調査のフィールドの一つ。魚沼市福山新田地区。

(さらに…)

国内社会調査研修を振り返って【学生編】 [2017年11月05日(日)]

少々遅くなってしまいましたが、現代教養学科の授業の一環として先日(9月12日~15日)にかけて、新潟県魚沼市にて、3泊4日で現地研修を実施した、「国内社会調査研修」に参加した学生の振り返りをご紹介させていただきます!

(さらに…)

[国内社会調査研修] 魚沼へ行ってきます! [2017年09月11日(月)]

現代教養学科では、隔年で「国内社会社会調査研修」を開講しています。

東京社会調査研修と同時開講の今年のテーマは「地方の魅力を発見・発信する」。9月12日(火)から3泊4日で、新潟の魚沼市にお邪魔して、カメラを片手に、東京とは異なる地方の魅力を、自分たちの目で発見し、それを、ポスターやビデオなど様々な形に編集をして、広く発信するための素材を作ってきたいと思います。

地元の魚沼の関係者の皆様には、実施に当たり、多大なご協力を頂き、心より感謝しております。少しでも魚沼の皆様に貢献できるように。そして、学生たちにとっても、またとない経験をして、スキルを少しでも身に着けられるように。これまで、準備を重ねてきました。その準備の様子を、出発前直前スペシャルということで(笑)以下で少しご紹介したいと思います。

(さらに…)

東京社会調査研修報告会(10/3) [2015年10月05日(月)]

今年の東京社会調査研修に参加してきた私達は、10月3日(土)に行われたオープンキャンパスでほぼ半年をかけて東京の下町・谷中を中心に取り組んできた調査の成果を在学生やオープンキャンパスにお越しいただいた高校生と保護者の方々を相手に発表をしました。

東京報告4

東京5

この日のために私達は何度も打ち合わせや練習を行ってきましたので、嬉しいことに、当日は本学の学生を除いて30人近くの高校生と保護者の方々が発表を聞きに来てくださいました。その空気は練習のときとは全く違い、とても緊張しましたが、伝えたいことがうまく伝わるように全員全力を出しました。

東京報告会③

東京報告②

東京6

1時間ほどの発表では、谷中にたくさんある魅力を「リノベーション」「いろかたち」と「変わらぬ谷中」といった三つのテーマで伝えるのには短かったかもしれません。しかし、最後の質疑応答の際に「とてもいい内容だったから、この発表を谷中でする機会を作ったらどうか」というご意見をいただいたとき、私達18人はこの東京社会調査研修に参加して本当によかったと心から思うことができました。「調査・分析する力」もさることながら、「表現・発信する力」も大変重要であることが改めて感じました。

今の時点では谷中での発表の予定はまだないのですが、私達が最終的にまとめる報告書をこれまでお世話になった方々にお送りしたいと思います。そして、機会が得られれば、ぜひ現地でも発表を行いたいと思います!

東京社会報告①

 (記事:現代教養学科2年・高口)