今日もいるかな?だんごむし探し [2020年06月29日(月)]

れんげ組のブームは、だんごむし探し。

「じめじめしたところにいるんだよ~!」「赤ちゃんダンゴムシもいるかな?」と

夢中になっています。

園庭だけでなく、昭和の泉にもだんごむし探しに出かけています。

見つけただんごむしは、大事に虫かごにいれ、クラスで飼育します。

「だんごむしってね、なんでもたべるんだよ!」「えー!ほんとう?」

「ぞうりむしとなにがちがうの?」と興味が広がったり、調べたり。

 

ある日、「だんごむしが脱走した!」と男の子が言うと、

皆が部屋中を探し回ります。

無事に見つかると、「もう、足が速いんだからー」と笑い合う子どもたち。

それをみていた女の子が「どの子が、一番速いかレースしない?」と

アイデアを出し、だんごむしレースが始まりました。

「これもおもしろそう!」とジェンガ(積み木)を使って迷路も作られ、

あそびが広がっていきました。

 

じーっと見ているだけでもたのしい、かわいいだんごむし。

今ではすっかり大好きな友だちです。

 

今朝も、「だんごむし、おはよう!」と元気な声が聞こえてきました。

だんごむしに親しみを感じながら、興味・関心を深め、

命も大切に感じている子どもたちです。