すみれ組 図工活動 [2020年09月28日(月)]

9月には、初めての図工活動がありました。

図工は初等部の相原先生に教えていただく、すみれ組のみの特別活動です。

今回は「自画像」。

1人ずつ机に鏡を置き、自分の顔を見ながら位置や大きさ・形を確認して描きます。

普段見慣れた自分の顔もじっくり見ると、鼻の穴の形・二重の瞼・耳の大きさなど新たな発見が沢山ありました。

相原先生から、髪の毛は一本一本描くように話があると、「いっぱいあるけどできるかな?」と不安の声も聞かれましたが、描いているうちに「この方が本当の髪の毛みたい。」と最後まで丁寧に描いていました。

徐々に自分の顔そっくりに出来上がる自画像と、鏡に写る自分の顔を見比べて「本物みたい出来た!」と最後は満面の笑みが見られました。