第9期生・韓国留学便り ~国民大学校 5月編~ [2019年07月10日(水)]

<大学の授業は語学堂の授業とどのように違いますか>
大学の授業と語学堂の授業での一番大きな違いは、韓国語だと感じます。韓国語を使って社会問題、国際問題や歴史などを学ぶため、単語の難易度がかなり高いです。そういう部分で違いがあるのはもちろん、大学の授業は語学堂の授業と違って、生きた韓国語を学べると感じます。語学堂では、文法通りの正しい韓国語のみを使い、言い換えると少し硬い韓国語を学んでいましたが、大学の授業では、辞書には載っていないような生きた韓国語も学ぶことができるのが大きな違いだと思います。

<学生寮で心がけていることは何ですか>
学生寮ではルームメイトの中国人とたくさんおしゃべりするようにしています。日本人と話すとやはり日本語しか使わないので韓国語の実力は伸びません。ルームメイトの中国人とは韓国語で会話しますが、そのほかにも私は今学期中国語の授業を受講していて、ルームメイトの中国人は今学期日本語の授業を受講しているのでお互いにお互いの言語を使ってみたり、教えあったりしています。テスト期間になると一緒に勉強するようにしています。

中国語の勉強に使用しているテキストとノート

中国語の勉強に使用しているテキスト

<こどもの日または釈迦誕生日はどのように過ごしましたか>
こどもの日には、日本人の友達2人韓国人の友達2人の4人で、ロッテワールドに行きました。ロッテワールドの近くで、韓国の高校の制服のレンタルをしているのでみんなで着ました。韓国人高校生になりきって1日過ごしました。韓国の制服は可愛いのでとても気分が良かったです。人がとても多くて、アトラクションにはたくさんは乗れませんでしたが、おいしいものを食べたり、写真を撮ったりして、楽しい時間を過ごしました。良い思い出になりました。

ロッテワールド

☆N・T☆