◆全学科対象

コロナ後の観光再開:GoogleMapに写真を投稿しよう [2021年09月27日(月)]

ホイアン・ドンラム・カイベー等の文化財観光地では観光再開に向けた努力が活発化しています。ホイアン市チャム島、ゲアン省カインソン村などこれからの観光地では、Google Mapに位置を入れ写真を投稿することも重要です。カイベーの観光推進のために投稿した写真は、表示回数が3万回を超え新記録を達成したとしてGoogleから感謝状が届いたこともあります。

「失われたクメール美術」国際文化交流―恒久的世界平和を目指して- [2021年08月12日(木)]

カンボジア王立プノンペン大学でクメール美術に関する国際文化交流が行われます。
場所 王立プノンペン大学 絆ホール
展示日程:2021 年8 月12 日ー16 日10 時00 分―15 時
シンポジウム日時:8 月15 日10 時00 分―15 時
ワークショップ・ポスターセッション日時:              8 月14 日15 日10 時00 分―                     カンボジアの文化は宮廷文化と民衆文化に大きく分かれ、絵画、彫刻、建築、古典舞踊など多岐の分野にわたっています。アンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていました。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持した背景を持っています。1970 年代に国家の人口約800 万人中、約300 万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺されました。その後約2000 年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は崩壊、アジア最貧国に落ち入り結果クメール美術の再興はなされていません。すでに正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景があります。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな指導者不足であり、日本からの人的支援は大きな貢献といえます。現在カンボジアはプノンペンを中心に欧米文化を吸収しながら、急速な経済発展を遂げています。その結果、国家の独自性が弱まっていることを危惧しています。欧米とは違った文化を持つクメール的個性は、今後のカンボジアが世界の中でさらなる発展を成し遂げるために必需なものだと考えています。カンボジア現代作家による失われたクメール美術展2021 を開催します。

世界で活躍する国際文化研究所研究の活動をGISに載せて [2021年06月08日(火)]

世界で活躍する昭和女子大学の先生方の研究を、GIS地理情報システムに載せて紹介することになりました。国際文化研究所の地理情報システム勉強会には、金子副理事長、小原学長、志摩副学長を先頭に、ベトナム・モンゴル・ヨーロッパ・アメリカはじめ多くの海外で活躍されている先生方が参加、講師の指導の下に熱心に地理情報システムのコンピュータ操作した。

https://www.informatix.co.jp/gcmap-e/swu/

2021年度 国際文化研究所 所員会議 [2021年05月11日(火)]

第一回国際文化研究所所員会議を開催。今年度から長代理に就任された志摩園子副学長の挨拶、各所員からの今年度の活動計画と協力体制についての協議を行いました。また、金子副理事長・小原学長・志摩副学長から本学研究所全体への見直し結果と、本研究所への要望をいただきました。また、今年度の勉強会はGIS地理情報システムとすることを決定いたしました。

日越大学-昭和女子大学の提携協議 [2021年04月19日(月)]

日越大学古田元夫学長と昭和女子大学志摩園子副学長(国際交流担当)が、日越大学への協力について公式提携へと高めるため協議を行いました。古田学長からは従来の教員派遣と学生交流に加え、大学院への留学推進、日越大学コンソーシアムへの昭和女子大学の参加などが要望され、志摩副学長からは正式に協定を締結した上でこれらを実施したいとの回答がなされました。

伝統集落保存女性リーダー育成プログラムが外務大臣賞に [2020年12月14日(月)]

「1993年開始のホイアン市歴史的町並み保存事業から,同市チャム島での草の根ヘリテージツーリズム事業まで,ホイアン市への国際協力に長年従事した。また,ベトナム北部ドンラム村,中部フクティック村,南部ドンホアヒエップ村で文化財修復や観光促進事業を実施。更に,2019年,伝統集落の保存に活躍したベトナム人女性らによる国際討論会を開催するなど,女性の社会進出にも貢献している。」として外務大臣賞を受賞しました。

2019年度日越大学の昭和女子大学担当授業が修了 [2020年01月14日(火)]

昭和女子大学は東京大学から依頼され日越大学の協力校として「地域遺産の継承と活用」「地域開発論」「都市計画」の授業を担当している。本年も日越大学修士2年生は日本留学研修があり、9月から来日し地域研究専攻は1月中旬まで日本に滞在。12月と1月は帰国した学生も含め、昭和女子大学と日越大学ハノイ校をTV会議システムで結んで実施した。2019年度の一連の授業は、1月13日に無事終了した。

講義とアフタヌーンパーティと三軒茶屋カルチェラタンProject [2019年12月24日(火)]

37() 14時~コスモスホール   環境デザイン学科・友田博通

14時から「最終講義:様々なプロジェクト紹介」 (入試日で13時から正門入校可)

1520分から「アフタヌーンパーティ」

 皆様への感謝を込め、軽食と各種飲み物サービス・各プロジェクト間の交流が少ないので、諸先輩方・仕事仲間・OG・学生同士が交流し、新たな出会いを創造

16時40分から「三軒茶屋カルチェラタンProject」 (太子堂地区指定店・各自負担)

 様々なグループが三軒茶屋太子堂地区の様々な店で久しぶりの再会をお楽しみください。私も梯子して各店に参ります。坂東先生も参加していただけるとのことです。なお、今回は環境デザイン学科としての最終講義で、国際文化研究所にはさらに3年間勤務させていただきます。申し込み:tomodaken2020@gmail.com

シンポジウムや市長賞授与式、各邸宅イベントはVTVニュースに [2019年11月11日(月)]

ティエンザン省主催シンポジウム「文化財保存と活用における女性の役割」、カイベー市長賞授与式、各邸宅で行われたベトナム書道・日本書道、折り紙、生け花教室などのイベントにはVTVのカメラが入り、その模様はベトナムTVのニュース番組で繰り返し放映されました。

カイベー文化観光祭開幕式がホーチミンTVで2時間番組として生放送 [2019年11月10日(日)]

カイベー文化観光祭は、開幕宣言から知事表彰式、JICA代表挨拶、ベトナム側歌謡ショーと日本側日本文化紹介、最後の全員参加のフィナーレまで、全体で90分に渡り全国ネットのホーチミンTVで生中継されました。以下のページから全体100分程度がダウンロードできます。1GB程度のファイルです。お楽しみいただければ幸いです。https://1drv.ms/u/s!At95KEMX7B7t2nfL-72fjKdWKEOn?e=9OaPm5